あいお金

グローバルAIファンドは、分配金利回りが43%を超え、また、モーニングスター総合レーティング★5と超優良ファンドである。また、ダイワ-JREITオープンは分配金利回り25%を超えて、こちらも人気の高いファンドである。グローバルAIファンドを解説し、ダイワ-JREITオープンと比較する。

5つの魅力

グローバルAIファンドは、世界の株式市場の中からAI(人工知能)の進化・応用に、より高い成長が期待される企業に投資しています。
グローバルAIファンドは、5つの魅力があります。

楽天証券:海外株式ファンド ランキング2位

楽天証券の運用タイプ別ランキングで、海外株式ファンドの分野でランキング2位になるほど人気の高いファンドです。
分配金はファンドの純資産から支払われるので、収益が悪化したときはその分の基準価格が下がる場合がありますが、人気が高く純資産が増えていると基準価格の下落を抑える効果があります。
高い分配金利回りのファンド選びは、人気があるファンドを選ぶことが重要であり、その点はこのファンドはクリアしているので安心できます。

分配金利回り:43.21%

何といっても魅力は43%を超える分配金利回りです。
基準価格を維持することができれば分配金だけで3年で元本を超えていきます。
ただ、注意することは基準価格によって分配金が変わることです。
次の表を参考にしてください。
直近1年間は、基準価格が14,000円を超えていたため1口500円の分配金がありましたが、14,000未満になると分配金が減額されていきます。
分配金が基準価格の変動によって変わることは悪いことばかりではありません、AI関連株価の下落によってファンドの基準価格が下がったときに、43%を超えた分配金を支払っていると更に基準価格が下がり、資産価値が減って持ち主に不利益となります。
株価が下落したときに分配金を変えることは、このファンドの資産価値を保つために必要なことだと思います。

分配金利回り

出典:三井住友DSアセットマネジメント

1,000銘柄以上から選別された40〜100銘柄でポートフォリオ構築

このファンドの銘柄選びは、きっちりとした選定方法があります。
1,000銘柄以上の企業から、AI関連企業500社以上を抽出し、さまざまな要素に着目し分析します。
そこから投資候補銘柄150〜200銘柄をしぼり、さらに株価の割安度、流動性を勘案して40〜100銘柄にしてポートフォリオを構築します。
したがって、このファンドの銘柄はAI関連企業の中でも選び尽くされた優良企業です。

運用プロセス

出典:三井住友DSアセットマネジメント

分散された資産構成

リスクを分散するために、このファンドは次のような分散をしています。
・資産別による分散
・セクター別による分散
・企業規模による分散
・ポートフォリオの偏りがない銘柄比率

資産別構成

セクター出典:三井住友DSアセットマネジメント

組入れ銘柄の上位10(7月次レポート)

銘柄名業種比率(%)
ロクメディア・娯楽アメリカ4.8
テスラ自動車・自動車部品アメリカ4.7
スナップメディア・娯楽アメリカ3.5
スクエア情報技術アメリカ3.3
ゼネラル・エレクトリック資本財アメリカ3.2
トゥイリオ情報技術アメリカ3.2
フリーポート・マクモラン素材アメリカ3.1
ズームインフォ・テクノロジーズメディア・娯楽アメリカ3.0
シュルンベルジュエネルギーアメリカ3.0
マーベル・テクノロジー情報技術アメリカ2.9

他の代表的な資産クラスと比較して、騰落率が優れている

このファンドの騰落率を他の代表的な資産クラスと比較しています。
図のように、他の資産クラスを圧倒したリターンをあげています。
ただ、調査された期間が短いので参考程度にしかなりませんが、、
テクノロジーの発展にはAIは欠かせない存在であり、今後も期待できる分野であることに疑いがありません。
懸念されることは、テーパリングや金利上昇によりハイテク株が下落するような局面では、このファンドも影響を受けることが予想されます。
基準価格が維持できれば、分配金で高いリターンを得ることができるので中・長期的な戦略でのぞむことが重要と考えます。

騰落率

出典:三井住友DSアセットマネジメント

ダイワ-Jリート(毎月分配型)との比較

1年チャートの比較(2021/8/26調査)毎月分配型

チャートを比較すると、変動が激しいのはグローバルAIファンドの方で、ダイワJ-REITオープンはそれほど値動きがありません。
比較しているのが不動産とグローバル企業なので当然ですが、どちらを選ぶかはハイリスク・ハイリターンを望むならグローバルAIファンドとなり、安定したリターンを望むならダイワ-JREITオープンということになります。
アフターコロナで考えると、不動産やホテル需要の回復が期待できるのでダイワ-JREITオープンを今のうちに仕込んでおく戦略もアリだと思います。
分配金を比較すると、グローバルAIファンドの43%以上は凄いです、ファンドの評価もモーニングスターで★5と優良ファンドであることは間違い無いので期待できます。
どちらを選ぶではなく、分散という意味で両方に投資をするのもアリと考えます。

1年チャート

大和Jリート

分配金利回り、信託報酬

グローバルAIファンドの分配金利回りが圧倒しています。
いやいや、ダイワ-JREITオープンの25.4%もかなり高い分配金ですが、、
信託報酬はグローバルAIファンドの方が高いですが、この差は分配金利回りの差で埋めることができます。
ハイテクより比較的に安定した日本の不動産業種に投資するか?
より高いリターンを追求してグローバルAIファンドを選ぶかは投資家の未来予測とリスク許容度の違いですね。
どちらかでなく、両方に投資するハイブリッドもアリだと思い私も検討しています。
ただ、現在もフルで積立投資の設定をしているので何かを崩さないと新規投資ができないので悩みます。
資金に余裕のある人なら、一部を高分配金ファンドに投資する戦略は、とてもアリだと思います。

グローバルAIファンドダイワ-JREITオープン
分配金利回り(年)43.21%25.4%
信託報酬(税込)/年1.925%0.792%

分配金込み・再投資の基準価格の比較、1年チャート(2021/8/26調査)

分配金を再投入するパターンの比較になります。
いやいや、今配当をちょこちょこもらうより将来のために資産を増やしたいと人は分配金を再投入する方を選ぶのが良いと思います。
または、分配金をもらい、その分配金を違うファンドの資金にする方法もあります。
分配金を込みにした基準価格の推移は、どちらも右肩上がりなので投資する価値がありますね。
年金の足しにするのなら毎月分配型が良いと思います。
若い人で積極的な資産形成を考えているのなら分配金を再投入する方が資産が増えて良いと思います。

配当なし

グローバル

Tell us about you

Find us at the office

Eastmond- Sukel street no. 62, 79540 Hanga Roa, Easter Island

Give us a ring

Jaquelinee Wrate
+74 201 709 645
Mon - Fri, 9:00-15:00

Reach out