ハイキュー 385。 ハイキュー385話最新話ネタバレ(あらすじ)と感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

▷ ハイキュー!!385最新話ネタバレあらすじ確定&感想! 感想 !

ハイキュー 385

黄金川貫至(こがねがわかんじ)22歳• 自動車メーカー(宮城)勤務• 来年から仙台フロッグス(Vリーグ Division2)セッター• ビーチバレーのときから日向が「ニンジャ」と呼ばれていたことを知る彼は、インドアでも相手選手を翻弄する日向を見てこう表現する。 インドアニンジャ…! 最強の囮に引っかかれるアドラーズもやばい 日向の守備囮も充分ヤバいけれども、それに引っかかれるアドラーズの選手たちもそうとうヤバいと語る 東峰旭。 なぜなら、 攻撃の直前の一瞬に相手の守備を正確に把握していないと、日向がわざと空けているコースに攻撃することは不可能だから。 東峰の持論を聞いた大地と菅原の2人も同じことを思っていたようで。 3人とも別世界の住人を眺めるような表情で試合観戦を続けます。 ウチの日向はすごいでしょ 試合展開はというと、点の取り合いの大接戦でポイントは16対16。 AD ロメロのサーブで後衛の佐久早のバックアタックが封じられるが、そこで前衛の日向が即座に逆側へ駆け出しADはブロードを警戒。 日向がとんでもな動きを見せるたび、思いきり歯を食いしばり 悔しそうな表情で戦況を見守るツッキーが印象的。 観客もADの守備陣もみな日向の移動攻撃を警戒する中、 セッター宮侑はそれを嘲笑うように、レフトの明暗にフワッとトスを上げBクイック(速攻)で得点をあげます。 AD守備陣を自分の思い通りに翻弄した宮は心底嬉しそうにガッツポーズ! 気持ちのいいガッツポーズを見せつけられたアドラーズ影山と昼神はネット越しにイライラをつのらせます。 日向のプレイが初見の観客たちは口々に「また21番が何かやるかと思った」と言い、それを聞く大地、東峰、菅原の3人は照れくさそうに誇らしげに心の中でこう唱えるのでした。 「どうも、それはウチの最強の囮です。 変わらず無口な青根高伸と一緒に観戦していたようで。 2人の進路情報はこんな感じ。 青根高伸(あおねたかのぶ)23歳• 建設会社(宮城)勤務• VC伊達 ミドルブロッカー そんな二口の言葉を聞いた観客は、「漁業」をなにかバレーの専門用語なのかと困惑している様子。 そのボールをフォローしたセッターの宮が呼んだのはなんと日向翔陽。 セッターの宮に呼ばれる日向を見てツッキーは以前、 日向が 「ぜんぶ 全部できる様にならなきゃ」と決意していたのを思い出し有言実行する日向に目を丸くして驚いています。 呼ばれた日向は期待通り、フワッと打ちやすいボールを バックトスでライトから駆け上がってきた宮にあげ 強烈なスパイクがリベロ 平和島の前に炸裂! 「おめぇーってやつはいつでもキラキラ輝いていやがるな、ちくしょーかっけぇ」 とでも言い出しそうな表情で、その様子を見ているのは角川学園出身で2メートル超えの巨漢 百沢雄大。 宮城選抜の練習で心がバキバキに折られていた彼を的確なアドバイスで救いの手を差し伸べたのは日向でした。 ボール拾い係で選手として練習に参加すらさせてもらえない日向が、 ダメダメな自分を助けてくれることに対する疑問をぶつけた百沢に返した日向のセリフが懐かしく思い返されます。 「だって お前を倒したい」 主人公のセリフって本当にしびれますよね。 ちなみに、百沢くんの進路情報はこちらです。 百沢くんプロになりました!おめでたい!• 百沢雄大(ひゃくざわ ゆうだい)22歳• 大日本電鉄(Vリーグ Division1)ミドルブロッカー• 角川学園高校出身 全部できる様になった日向にぐうの音も出ないツッキー 両手を叩いて日向のプレーを絶賛する谷地さんと対象的に嫌味っぽく感想を述べるツッキー。 「あのくらいできなきゃバーンズに代わって出る価値が無いデショ」 あくまでも日向の成長を「すごい」と言わないスタイルを突き通すツッキー、だんだん愛おしくなってきます。 純粋な攻撃力では到底対抗できないからこそ、日向は多彩な技術を武器にしてスタメン出場を勝ち取ったことを解説する谷地さん。 一方、山口は日向がプレイする場合と主砲バーンズがプレイする場合で、 チームのタイプがガラリと変わるブラックジャッカルを 「全く違う種類の強さの手札を持っている」と表現します。 なんだか谷地さんも山口くんも高校1年の時に比べてグググッと知的に論理的に話すようになりましたね〜 大学4年間で遊び呆けていたわけではなく、しっかりと学んだということが伝わってきました笑 、、、という2人の翔陽分析を聞いたツッキーの顔は面白くなさそうに歪んでしまいます。 それでもめげずにツッキーはさらに一言重ねて、「オポジットで個人で点取れなきゃねぇ〜」とぼやきます。 黄金川貫至:自動車メーカー(宮城)勤務来年から仙台フロッグス(Vリーグ Division2)セッター• 百沢雄大:大日本電鉄(Vリーグ Division1)ミドルブロッカー• 二口堅治:エネルギーメーカー(宮城)勤務 VC伊達(社会人チーム)アウトサイドヒッター• 青根高伸:建設会社(宮城)勤務VC伊達 ミドルブロッカー ハイキュー!! 最新話ネタバレ記事一覧 385話 ハイキュー最新43巻を無料で読むには? 「ビーチバレーで鍛え上げた日向の進化したスパイクのシーンを単行本で読みたい!」 という方にはU-NEXTの無料トライアルがおすすめ。 なぜなら31日間無料トライアルに登録すると、600ポイントがもらえるからです! *無料トライアル期間中に解約した場合、月額料金は発生しません.

次の

ハイキュー!!ネタバレ385話最新話確定|テンションが上がると同時に悔しさも感じます

ハイキュー 385

ハイキュー!!【第386話】のネタバレ あらすじ 西谷の夢 アドラーズが2回目のタイムアウトを取る。 菅原は、西谷が今何をしてるのか東峰に尋ねると、イタリアでカジキを獲ってるという。 それを聞いた澤村は、一瞬理解ができなかった。 カジキを抱えた彼の写真を見せられ、菅原は世界は広いと言うと、澤村も同意する。 東峰は、東京に出るか迷ってる時に、西谷は将来どうするのか話したという。 漠然とバレーをやると思っていたが、金を稼いで日本でも世界でも行けるところまで行くという西谷。 そして、見たことも聞いたこともないことをたくさんやってみたいと打ち明けていた。 ブラックジャッカルセットポイント! タイムアウトが明け、ソコロフのサーブから試合再開。 ボールはネットを超えると軌道が変わり、日向の真正面へと飛んでくる。 ヒナはしっかりとレシーブし、トマスが速攻で決める。 トマスのサーブをロメロがレシーブし、流れるように自らスパイクを決めに行くロメロ。 ボールは木兎の真正面に迫り、 間に合わないと判断した彼は胸で受け止める。 その判断に驚くロメロや観客たち。 木兎はロメロのように自分のスパイクへ繋げようとするが、宮がツーアタックを決める。 観てる側としては「ここで!?」という感じだが、宮的には「ここぞ!」という感じだと言う実況。 ブラックジャッカル 24-19 アドラーズ ブラックジャッカルがセットポイントとなる。 第一セットを先取したブラックジャッカル トマスの2回目のサーブもロメロを牽制し、影山は牛島へとボールをあげた。 牛島は、日向がコースにいることを承知で強烈なスパイクを放つ。 日向がこれを受けるが、ボールは彼の手を弾いた。 強くぶつけてすまないとジェスチャーで謝る牛島。 日向は悔しそうな表情をみせる。 コースに入られようとも、ふっとばせば関係ないのだ。 影山サーブから試合再開。 ボールはネットインし、身構え過ぎた日向たちは出遅れてしまうが、なんとか宮が拾う。 そこへ、間髪入れずにスパイクを決めに行く日向。 ブロックが2枚入ったことを確認すると、彼はトスに切り替える。 ボールは木兎へと渡り、がら空きのスペースへとスパイクを決めた。 こうして、第一セットを先取したブラックジャッカルだった。 ジャンプネタバレ記事はこちら!.

次の

ハイキュー385話ネタバレ!最強の囮日向翔陽がとにかく決める!ブラックジャッカルが先制?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ハイキュー 385

黄金川貫至(こがねがわかんじ)22歳• 自動車メーカー(宮城)勤務• 来年から仙台フロッグス(Vリーグ Division2)セッター• ビーチバレーのときから日向が「ニンジャ」と呼ばれていたことを知る彼は、インドアでも相手選手を翻弄する日向を見てこう表現する。 インドアニンジャ…! 最強の囮に引っかかれるアドラーズもやばい 日向の守備囮も充分ヤバいけれども、それに引っかかれるアドラーズの選手たちもそうとうヤバいと語る 東峰旭。 なぜなら、 攻撃の直前の一瞬に相手の守備を正確に把握していないと、日向がわざと空けているコースに攻撃することは不可能だから。 東峰の持論を聞いた大地と菅原の2人も同じことを思っていたようで。 3人とも別世界の住人を眺めるような表情で試合観戦を続けます。 ウチの日向はすごいでしょ 試合展開はというと、点の取り合いの大接戦でポイントは16対16。 AD ロメロのサーブで後衛の佐久早のバックアタックが封じられるが、そこで前衛の日向が即座に逆側へ駆け出しADはブロードを警戒。 日向がとんでもな動きを見せるたび、思いきり歯を食いしばり 悔しそうな表情で戦況を見守るツッキーが印象的。 観客もADの守備陣もみな日向の移動攻撃を警戒する中、 セッター宮侑はそれを嘲笑うように、レフトの明暗にフワッとトスを上げBクイック(速攻)で得点をあげます。 AD守備陣を自分の思い通りに翻弄した宮は心底嬉しそうにガッツポーズ! 気持ちのいいガッツポーズを見せつけられたアドラーズ影山と昼神はネット越しにイライラをつのらせます。 日向のプレイが初見の観客たちは口々に「また21番が何かやるかと思った」と言い、それを聞く大地、東峰、菅原の3人は照れくさそうに誇らしげに心の中でこう唱えるのでした。 「どうも、それはウチの最強の囮です。 変わらず無口な青根高伸と一緒に観戦していたようで。 2人の進路情報はこんな感じ。 青根高伸(あおねたかのぶ)23歳• 建設会社(宮城)勤務• VC伊達 ミドルブロッカー そんな二口の言葉を聞いた観客は、「漁業」をなにかバレーの専門用語なのかと困惑している様子。 そのボールをフォローしたセッターの宮が呼んだのはなんと日向翔陽。 セッターの宮に呼ばれる日向を見てツッキーは以前、 日向が 「ぜんぶ 全部できる様にならなきゃ」と決意していたのを思い出し有言実行する日向に目を丸くして驚いています。 呼ばれた日向は期待通り、フワッと打ちやすいボールを バックトスでライトから駆け上がってきた宮にあげ 強烈なスパイクがリベロ 平和島の前に炸裂! 「おめぇーってやつはいつでもキラキラ輝いていやがるな、ちくしょーかっけぇ」 とでも言い出しそうな表情で、その様子を見ているのは角川学園出身で2メートル超えの巨漢 百沢雄大。 宮城選抜の練習で心がバキバキに折られていた彼を的確なアドバイスで救いの手を差し伸べたのは日向でした。 ボール拾い係で選手として練習に参加すらさせてもらえない日向が、 ダメダメな自分を助けてくれることに対する疑問をぶつけた百沢に返した日向のセリフが懐かしく思い返されます。 「だって お前を倒したい」 主人公のセリフって本当にしびれますよね。 ちなみに、百沢くんの進路情報はこちらです。 百沢くんプロになりました!おめでたい!• 百沢雄大(ひゃくざわ ゆうだい)22歳• 大日本電鉄(Vリーグ Division1)ミドルブロッカー• 角川学園高校出身 全部できる様になった日向にぐうの音も出ないツッキー 両手を叩いて日向のプレーを絶賛する谷地さんと対象的に嫌味っぽく感想を述べるツッキー。 「あのくらいできなきゃバーンズに代わって出る価値が無いデショ」 あくまでも日向の成長を「すごい」と言わないスタイルを突き通すツッキー、だんだん愛おしくなってきます。 純粋な攻撃力では到底対抗できないからこそ、日向は多彩な技術を武器にしてスタメン出場を勝ち取ったことを解説する谷地さん。 一方、山口は日向がプレイする場合と主砲バーンズがプレイする場合で、 チームのタイプがガラリと変わるブラックジャッカルを 「全く違う種類の強さの手札を持っている」と表現します。 なんだか谷地さんも山口くんも高校1年の時に比べてグググッと知的に論理的に話すようになりましたね〜 大学4年間で遊び呆けていたわけではなく、しっかりと学んだということが伝わってきました笑 、、、という2人の翔陽分析を聞いたツッキーの顔は面白くなさそうに歪んでしまいます。 それでもめげずにツッキーはさらに一言重ねて、「オポジットで個人で点取れなきゃねぇ〜」とぼやきます。 黄金川貫至:自動車メーカー(宮城)勤務来年から仙台フロッグス(Vリーグ Division2)セッター• 百沢雄大:大日本電鉄(Vリーグ Division1)ミドルブロッカー• 二口堅治:エネルギーメーカー(宮城)勤務 VC伊達(社会人チーム)アウトサイドヒッター• 青根高伸:建設会社(宮城)勤務VC伊達 ミドルブロッカー ハイキュー!! 最新話ネタバレ記事一覧 385話 ハイキュー最新43巻を無料で読むには? 「ビーチバレーで鍛え上げた日向の進化したスパイクのシーンを単行本で読みたい!」 という方にはU-NEXTの無料トライアルがおすすめ。 なぜなら31日間無料トライアルに登録すると、600ポイントがもらえるからです! *無料トライアル期間中に解約した場合、月額料金は発生しません.

次の