勢喜遊 ドラム。 King Gnuのドラム/勢喜遊の経歴&使用機材とメーカー調査!髪型がウケる

King Gnu勢喜遊の紹介① 【基本情報と略歴】

勢喜遊 ドラム

来歴 [ ] 幼少期の頃、家にあった電子ドラムを叩いていた。 プロミュージシャンの両親であったため、音楽活動のことでも反対はされなかった。 小・中学生時代にはダンススクールに通い、ダンサーを志望していた。 高校からドラムに転向した。 両親から「何かやりたいなら早く東京に行けば?」と言われ上京した。 その後セッションバーに通い新井と出会い、三味線デュオのいる輝&輝バンド初期メンバーとして参加した。 ミュージックバーでSrv. Vinciの常田と出会う。 2017年、King Gnu始動。 2019年、King Gnuメジャーデビュー。 2019年10月30日、自身のInstagramアカウントにて三味線奏者のと結婚したことを報告した。 人物 [ ] King Gnuではドラム、サンプラー、コーラスを担当している。 他には同バンドのメンバーであるのソロプロジェクトmillenium paradeにもバンドメンバーとして参加している。 なども好んで聞く。 交友関係としてskillkillsや踊Foot Worksらとも親交が深い。 脚注 [ ] [].

次の

勢喜遊の出身中学高校や父親について!結婚した妻や髪型もチェック!

勢喜遊 ドラム

常田さんのプロジェクトである「millenium parade」 にもバンドメンバーとして参加している ところでこれって本名なんでしょうか ・・? 調べてみたところ、なんと 本名! 「勢喜」の苗字は出身地の徳島県にはあるそうで 実在している苗字なんだとか。 高校はどこなのかわかりませんでしたorz 勢喜遊の奇抜な髪型が面白い! 2019年にメジャーデビューを果たし 瞬く間にブレイクしたKing Gnu。 CMなどにも出演しています。 今日は今大注目のバンド、King Gnu キングヌー のドラマー勢喜遊さんにTAMA Drumsの工場にお越しいただきました! 工場の生産工程を見学いただき、試奏室では新商品含め、色々とお試しいただきました。 個人的には金髪坊主が好き — 元社畜ちゃん 27 mypain6661 こちらを見てみると、本当にバリエーションが豊富ですね。 輝&輝(キキ)の三味線デュオ・武田佳泉さんの相方です。 初詣で大変賑わう境内の皆さんのアツい視線の先には、いつにも益して熱の入る彼女たちの演奏が… こりゃ、最高に幸先のいい一年のスタードだ! アーティスト — summit K. 6年程の交際でゴールインしたということは 上京して数年で交際に発展したのかと思われます。 なんだか勢喜遊さんってアホっぽく見えますけど 一途なんですね。 「イノセンス 冤罪弁護士」も観てましたが 最初にこの曲を聴いた時、女性と勘違いしてました。 1億越えの回数には、個人的に確実に入っていると思いますw 「勢喜」ってかなり珍しいですよね。 調べてみたら 日本中で90~100未満ほどの苗字だそうです。 6年交際して結婚ってめっちゃ純愛じゃないですか。 羨ましい限りです。

次の

キングヌー・ドラム勢喜遊 インスタで結婚を発表。相手は三味線奏者白藤ひかり。

勢喜遊 ドラム

血液型はO型。 元プロミュージシャンで血液型B型というご両親のうちお父様はドラマー、ダンスもされていました。 お母様はシンガー。 現在は趣味の範囲だそうですが、ご両親とも地元で音楽活動を続けていらっしゃいます。 幼い頃から練習用の電子ドラムを叩いていたという勢喜さん。 小学4年生の頃、ご両親のすすめでダンススクールに通い始め、ストリートダンスにのめり込みます。 中学・高校時代 中学時代はソロダンサーとして活躍しつつ、吹奏楽部にも所属。 パーカッション(打楽器全般)を担当されました。 中学時代からバンドは始めていたそうですが、高校に入ると先輩にドラムを叩くよう頼まれ、ライブハウスでも演奏。 高校3年生になる頃、先生についてドラムを習い始めます。 先生はラテン(中南米発祥の音楽)のバンドに所属。 勢喜さんはパーカッションでそのバンドの練習に参加されたこともあるようです。 音楽活動が活発化するきっかけとなったのは、地元のプロミュージシャン、元スペクトラムのギター&ボーカル西慎嗣(にし しんじ)さんとの出会い。 高校卒業後 高校卒業後は徳島県内のセッションバーにも顔を出すようになり、上京したのは2012年の元旦。 勢喜さんが19歳のときでした。 東京でもアルバイトをしながらセッションバーに通ううちに様々なミュージシャンと出会い、ライブや仕事へとつながっていきます。 ちなみにセッションバーとは、基本的に誰でもセッション(即興演奏)で参加できるバーのこと。 ジャズ系・ファンク系などのジャンルや参加方法などのスタイルはお店によります。 アンダーグラウンドながらも音楽的な交流が盛んなことから、セッションシーンと呼ばれています。 こうしたセッションシーンでお互い20歳の頃に出会ったのがベースの新井和輝(あらい かずき)さん。 場所は東京・西荻窪のバー「CLOP CLOP」(クラップ・クラップ)だったそうです。 勢喜さんは、後藤克臣さん率いる「エレクトリック神社」のハウスバンド「エレクトリック神社バンド」など、常田さんはSrv. Vinci(サーバ・ヴィンチ)を1人でやっていて、ドラマーを探していた時期でした。 常田さんに新井さんを紹介されたのも勢喜さんです。 勢喜さん・新井さん・常田さんの3人はこうしたセッションシーンで出会ったわけですね。 以上、このページでは勢喜さんの基本情報と経歴をお伝えしました。 次のページでは勢喜さんの人間性についてお伝えいたします。

次の