しょっぱい もの が 食べ たく なる 原因。 口の中がしょっぱいです!病気の原因は腎臓って本当!?

妊娠だけじゃない! “甘い”“辛い”“すっぱい”ものを無性に食べたくなるのはなぜ?|「マイナビウーマン」

しょっぱい もの が 食べ たく なる 原因

みなさんは、無性に甘いものが食べたくなる時ってありますか? この記事を読んでいる方の中には、日常的に甘いものを食べている人、たまに食べる人、ほとんど食べない人といろいろな人がいると思います。 私は甘いものが大好きで毎日食べているので、甘いものがとても身近です。 甘いものがない生活は考えられないし、私の心のよりどころです。 仕事が終わった後の、甘いものを食べる時間がとても楽しみですし、そのために仕事も頑張ることができます。 甘いものを食べることが最早当たり前にもなっていますし、ただそれ以外にも、ある時無性に、「 とにかく今甘いものが食べたい!」と思う時もあります。 しかしある日、そんな私を見て、同僚が私にこう言いました。 「 そんなに甘いものが食べたくなるなんて病気じゃないの?」 私はびっくりして思わず「え?!」と聞き返してしまいました。 甘いものが食べたくなるのは病気、なんて考えたことがなかったからです。 毎日当然のように甘いものを食べていたけれど、もしかしてあまり良くないことなのか、本当にそんな病気があるのか。 急に不安になってしまいました。 今回は、そんな同僚に言われた「 甘いものが食べたくなるのは病気なのか」 について、徹底的に調べてみました。 甘いものを食べることは私の毎日の楽しみですし、同じ境遇の人もたくさんいると思います。 それが病気かもしれないなんて不安で仕方ないですよね。 その真相を確かめることで、今後も安心して甘いものを楽しみたい。 今回私は情報を調べていくうちに、何気なく食べていた甘いものと病気の関連性についてとても良く知れましたし、 今後の甘いもの生活を安心して送れるようになりました。 たくさんの甘いものをこれからも楽しむために、本当に甘いものを食べたくなるのは病気なのか。 その真相を見ていきましょう。 甘いものが食べたくなるのはどんなとき? みなさんが「甘いものを食べたいな」と思うのはどんな時でしょうか。 ストレスが溜まっているとき、疲れたとき、一息つきたいとき。 いろいろな場面があると思います。 ちなみに私はすべてあてはまってしまいます。 仕事で疲れたりストレスがたまったとき、ついついコンビニでスイーツを買ってしまったり、休日にゆっくりしたいとき、ストックしているお菓子を食べたり。 甘いものには、 心も体もリラックスさせる効果があるとのことなので、ティータイムなどにはもちろん必要不可欠ですよね。 それほどに、甘いものは私たちの生活に欠かせません。 今や、どんなお店にもお菓子やスイーツが売っている気がします。 ご当地スイーツなんかも増えて、スイーツ特集番組なんかも放送されていますよね。 雑誌なんかでもスイーツを特集したページがありますし、最近ではスイーツ好きな男子が増えているなんてこともよく聞きます。 子供から大人まで、老若男女問わず親しまている甘いもの。 しかし、今まで考えたこともありませんでしたが、そもそも 甘いものが食べたくなるのにはなにか理由があるのでしょうか。 甘いものが食べたくなる理由 甘いものが食べたくなる理由の1つとして「 心や身体が疲れているから」ということが挙げられるそうです。 糖分というのは、体内で素早くエネルギーに変わります。 そのため、甘いものを食べることで、身体が素早く効率的にエネルギーをチャージしようとしているのだとか。 「疲れたときは甘いもの」というのは昔からよく聞きますが、それは間違いではないんですね。 確かに疲れているときに甘いものを食べると、とても身体に染み渡る気がします。 そのほか、 特定の甘いものが食べたくなる場合には別の理由がある場合もあるのだそう。 例えば、チョコレートが無性に食べたくなる時。 それはマグネシウム不足の可能性があるんだそうです。 他にも、甘いものではありませんが、油っこいものが無性に食べたくなる時は、カリウム不足など、それぞれに原因があり、 私たちの身体からのサインなんだとか。 確かに理にかなっている説ですよね。 特定の栄養が足りていないのでそれを補うために、これを食べなさいと 身体が指示を出しているんですね。 なかなか毎日の食事ですべての栄養素を摂取するのは難しいですし、当てはまる方も多いかもしれません。 確かに、上記以外にも単純に「気分」で食べたくなるときももちろんあるかもしれません。 見極めは難しいですが、私も偏った食生活が続いており、チョコレートだけが無性に食べたくなる時があるので、気を付けなければなりません。 私たちの身体からのサインである可能性があるということであれば、見逃すわけにもいきませんよね。 甘いものが食べたくなって、尚且つ疲れているなと感じたときには素直に甘いものを食べるべきということですね。 でも、そういった身体のサイン以外に甘いものが食べたくなる場合もあります。 その場合、 ズバリ病気の可能性はあるのでしょうか。 甘いものが食べたくなるのは必ずしも病気ではない! 結論から言うと、 甘いものが食べたくなるのは必ずしも病気ではありません。 先ほど述べたように、心身が疲れているときの身体からのサインだったり、ただ単に甘いものが良い意味で習慣化しているだけの場合がほとんどだそう。 毎日甘いものがたべたくなったとしても、あくまで悪い意味ではないことが大半、ということですね。 甘いものを愛してやまない私たちにとって、とても安心できる情報です。 病気かも、と気にしていては、美味しいはずのスイーツも楽しむことができなくなってしまいます。 私ももちろん、そんな不安を抱えて美味しいスイーツを食べるのは嫌ですし、みなさんも嫌ですよね。 しかし、「必ずしも」病気ではないということは、 一部例外があるということですよね。 その例外とはどういったケースなのでしょうか。 唯一注意すべき「砂糖依存症」と「糖化」 甘いものが食べたくなる、やめられない。 そんなとき注意したいのが、「砂糖依存症」です。 砂糖依存症(さとういぞんしょう、Sugar addiction)とは、砂糖などの甘味料を多く含む甘い飲料・食品の過剰摂取によって様々な罹患症状を発現させる依存症の一種である。 引用: その名の通り、 依存症の1種です。 甘味料を多く含む食品等を過剰に摂取してしまうことが原因で陥る砂糖依存症。 この依存症に陥ると、どういった症状が出てしまうのでしょうか。 砂糖依存症は、陥ることで主に• 冷え性• 骨粗しょう症 を引き起こす恐れがあるのだそうです。 甘いものを過剰に摂取することにより、その大量の糖分を消化するため、 カルシウムやビタミンB群が併せて大量に必要になります。 そのため、こういった栄養素・ビタミンが不足状態になり、様々な悪影響を及ぼすんですね。 気持ちが不安定になりイライラしやすくなる等、鬱状態になってしまったり、低体温を招いたり。 カルシウム不足により骨粗しょう症を招く場合もあり、非常に危険な依存症です。 砂糖依存症になると、常に甘いものがそばに無いと不安になったり、過剰に摂取をしてしまうという症状が現れます。 重度の場合、3食ごはんの代わりに甘いものを摂取してしまう場合もあるのだとか。 また、下記のような説明もあります。 砂糖は「マイルドドラッグ」と呼ばれるほど、高い依存性があるといわれている。 健康体であれば甘いものを食べても、一定量で満足する。 しかし、極端なダイエットや妊娠・出産・成長期など 体の栄養バランスが大きく崩れている時に砂糖をとることで中毒症状を起こし、 依存を引き起こすことがあるという。 糖分を体に入れると、血糖値が緩やかに上がる。 上がった濃度を下げるため、 膵臓からインスリンというホルモンが分泌。 そのため血糖値は再び安定する。 しかし糖の摂りすぎによって血糖値が急上昇すると、インスリンの分泌量も増え、 血糖値が下がりすぎてしまう。 これが続いてしまうのが低血糖症。 今度は下がりすぎた血糖値を上げるため、体の外から糖分を欲するようになってしまうのだ。 引用: とても分かりやすいメカニズムですね。 砂糖依存症は、特に身体のバランスが崩れているときに陥りやすいのだそうです。 また、砂糖依存症とは別に、「 糖化」という症状もあります。 糖化とは、身体の中でタンパク質と余分な糖が結びついてタンパク質が変性、劣化してAGEs(糖化最終生成物)という名の老化物質を生成する反応をいいます。 この老化物質AGEsは分解されにくく、そのAGEsの蓄積は肌や髪、骨など全身の老化を進行させ、さらに体調不良や様々な病気(糖尿病、高血圧、がん等々)の温床にもなります。 引用: 甘いものを過剰に摂取すると、身体に糖が蓄積されていき、その結果上記のような事が起きてしまうんですね。 砂糖依存症も糖化も、甘いものを過剰に摂取することで、そこから いろいろな病気に広がっていきます。 毎日甘いものを食べていたとしても、適量であれば問題は無いのですが、こういった病気が存在しているとなると、いつ自分がそうなってしまうのか少し不安になってしまいますよね。 私自身も、甘いものを良く食べるということは、こういった病気のリスクが高いということになります。 では、砂糖依存症や糖化を避けるために、なにか予防策はあるのでしょうか。 砂糖依存症・糖化への対策 唯一気を付けるべき 砂糖依存症と糖化。 とても怖い病気であることが分かりましたが、そんな事態を避けるために、なにかできることはあるのでしょうか。 やはり一番の対策は、生活習慣の改善、そして甘いものの食べ過ぎを防ぐ、だそうです。 いろいろなダイエットや健康法で出てくる「 生活習慣の改善」。 これって、簡単なようで一番難しいですよね。 それが出来れば苦労しないと思うこともしばしばです。 ただ、今回は砂糖依存症及び糖化の予防なので、極端に食事を制限したりするわけではありません。 また、ジムに通ってたくさん運動を、というわけでもありません。 お家から一歩も出ず、ずっと座ったまま横になったまま、というのが一番良くないのです。 私はジムに通ってはいませんが、通勤で少し歩くのでぎりぎりセーフといったところでしょうか。 また、上記の軽い運動に加え、気を付けたいのが食事です。 みなさんは「 GI値」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 GIとは食後血糖値の上昇を示す指標、グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略。 GIは、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までの血液中の糖濃度を計ったものです。 オーストラリアのシドニー大学ではグルコースを基準とした場合、GIが70以上の食品を高GI食品 56~69の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と定義しています。 引用: つまり、「GI値」が低い食品ほど、血糖値の上昇が緩やかということですね。 このように、低GI食品を意識して選ぶことによって、甘いもの以外の食生活改善が見込めます。 低GI食品は、卵やバター、マグロやカツオ、その他お肉等たくさんあります。 どれもスーパーで気軽に買うことができるので、無理なく続けられますね。 また、もう1つ重要な対策が、 「甘いものを食べ過ぎない」ことです。 毎日甘いものを食べることは悪いことではありません。 また、砂糖依存症や糖化に直結するわけでもありません。 一番危険なのが、 「食べ過ぎる」ことなのです。 甘いものに限らず、食べ過ぎってよくないですよね。 なんでも「適量」を意識しなければなりません。 例えば、スイーツをいくつか買っても1日1つまでにする、お菓子は開けても1袋全部食べない、など、急には無理でも 徐々に適量へ戻す必要があります。 ちなみに、私もスナック菓子等日によっては1袋開けてしまうことがあるので、気を付けようと思います。 頭の片隅にこういった意識を置いておくだけでも、予防・対策に効果が期待できそうです。 甘いものが食べたくなるのは必ずしも病気ではない• しかし、「砂糖依存症」や「糖化」等一部例外がある• 身体の栄養素が不足しているサインの場合もある• 対策をきっちりすれば問題なし といった事実が判明しました。 甘いものがとても食べたくなる、だから病気、というわけではなく、単純に気分であったり、疲れていたりする場合がほとんど。 但し、異常に欲してしまう場合には「砂糖依存症」や「糖化」といった病気、もしくは特定の栄養素が不足している場合もあるので注意が必要ということですね。 見分け方は難しいですが、24時間常に欲してしまう、食べてしまうといった場合には気を付けた方が良いかもれません。 正直、私は「砂糖依存症」や「糖化」といったものがどういうものなのか、 まったくわかっていませんでした。 今回調べていくうちに、初めて知る情報ばかりでとても役にたちましたし、これからも正しく安全に甘いものを食べていくことができます。 何気なく口にしているものでも、とても奥が深いですよね。 調べれば調べるほど、初めて聞く知識がたくさんで自分でもびっくりしました。 糖が起因となる病気が存在していることを認識し、普段の食生活改善や甘いものの食べ過ぎを防止しましょう。

次の

甘いものが無性に食べたいときは、●●が不足している!? 食欲と身体の関係とは|ビフィックスマガジン|BifiX(ビフィックス)ヨーグルト|グリコ

しょっぱい もの が 食べ たく なる 原因

無性にしょっぱいものが食べたくなる時ってありませんか? 私はホットヨガのレッスン後によくラーメンが食べたくなります。 笑 疲労感を感じる時って「甘いもの」を食べたくなる人も多いようですが、「しょっぱいもの」 塩分を欲する人も多いようです。 体調によって特定の味を欲する事を「クレービング」といいます。 スポンサードリンク 無性に塩っ辛いものがが欲しくなる時は、体内でミネラル不足が起こっている時かもしれません。 ミネラル不足は免疫力を低下させてしまいます。 特に激しい運動や肉体労働をしていて頻繁に汗をかく人は、汗によってミネラルが失われやすいため、クレービングになりやすくなります。 もう一つ 塩分を欲する原因として、副腎が疲れていることが考えられます。 副腎とは内分泌器のひとつであり、主に健康を維持するホルモンを作る働きがあります。 副腎はストレスの影響をとても受けやすく、それにより疲れが生じると、無性に塩分が欲しくなるなどの症状が出ることがあります。 毎日のようにストレスを抱えていると、通常ストレスを緩和させるホルモンを分泌する副腎の働きが弱まってしまい、身体がストレスの影響を受けやすくなり、余計に疲労感を感じることが増えてしまいます。 激しい運動や肉体労働で汗を大量にかく方以外は、塩分の摂取量に気をつけなければいけません。 健康な成人の場合の一日の食塩摂取量は 男性 : 8. 0g未満 女性 : 7. 0g未満 (2015年4月からの厚生労働省推奨食塩摂取量の目標量) 高血圧の治療を要する人は 6g以下 (高血圧治療ガイドライン2015年版) 腎臓疾患者の場合は3~6g以内 (厚生労働省 慢性腎臓病(CKD)PDF資料) ちなみに、世界保健機関(WHO)世界の人の減塩目標は5gです。 5g!!!!! ってかなり少ないですよね。。。 世界的に見ると日本人は塩分を摂りすぎているようです。 日本の食文化は味噌や醤油など塩分が高いものが調味料としてよく使われるが原因です。 ちなみに何を食べれば5gになるのかを、わたしもよく行く美味しい定食屋さん『大戸屋』を参考に見てみましょう。 さばの炭火焼き定食 795円(税込:858円) 893kcal 塩分:5g 白米、小鉢、さばの炭焼き、ひじき煮、大根おろし付き(昆布酢付き)漬物、お味噌汁 丁度5gがこの定食でした、わたしもよく食べてました! 魚が食べたい時はこのさばの炭焼き定食か、しまほっけの炭焼き定食をよく注文します! ちなみにしまほっけ炭焼き定食は塩分4. 9gでセーフでした。 ですが、、、大根おろしにお醤油をつけるので実際はアウトです。。。 定食メニューのなかで一番塩分が高いのは こちらの四元豚ロースの味噌かつ煮定食でした。 四元豚ロースの味噌かつ煮定食 924円(税込:997円) 1155kcal 塩分:7. 6g 白米、四元豚ロースの味噌かつ煮、漬物、お味噌汁 おそらく味噌を多く使うことで、塩分量が多くなってしまっているのかと思います。 この次に塩分量が高かったのも、チキンの味噌カツ煮定食でした。 またセットメニューになると驚きは増します!! 特製ソースチキンかつ重と温うどん 832円(税込:898円) 1155kcal 塩分:11. 8 これだと一日の摂取量をもオーバーしてしまいますね、、、 おなじソースチキンかつ重ですと「そば」の方がオススメですね! 特製ソースチキンかつ重と温そば 832円(税込:898円) 1123kcal 塩分:7. 塩分濃度を薄めるためには水が必要なので、結果のどが渇くのです。 この時、細胞外液(血液など)に水分を多く取り込もうとするため、血液量が増えて血圧が上昇します。 また、ナトリウムの排出は主に腎臓の機能によって行われますが、大量のナトリウム排出によって、腎臓に負担がかかり濾過機能が衰えていきます。 このときに濾過機能を十分に働かせるため、自律神経が腎臓を通る血液量を増やし血圧が高くなります。 塩分の過剰摂取が続くと常に血圧が高い状態になるため、高血圧になると考えられています。 これが腎臓に負担をかけてしまい、腎臓疾患の原因になる可能性があります。 心臓は心臓の筋肉である心筋に電気信号が伝わることで鼓動しています。 塩分過剰な状態が続くと刺激伝導に異常が起こり、心臓の鼓動が不規則(不整脈)になる可能性があります。 状態がさらに悪化すると、心疾患を引き起こす可能性が高まります。 塩分を摂り過ぎた場合の救世主 飲み会や友人、会社の人との食事など、塩分を調整できない場面もありますよね? 特に外食となると塩分量が自然と多くなってしまいます。 では、とってしまった塩分を体外へ排出するにはどうしたらよいでしょうか? それは「カリウム」と「水分」をとることです! カリウムは体内の塩分と水分をくっつけてくれます。 水分を摂ることで尿の量が多くなります。 カリウムと水分を同時に摂ることで、体内の塩分を水分と一緒に尿として体の外に排出できるわけです。 カリウムの働きは他にもナトリウムによる血圧上昇を抑制したり、筋肉の収縮を円滑にする、腎臓における老廃物の排泄を促すなどがあります。 カリウムを多く含む食品 干し柿、トマトジュース(無塩のものがオススメです)、焼き芋、バナナ またアボガド、枝豆、納豆、マグロ、カツオにも多く含まれているので、外食の際はこれらを含む料理やお酒のお供をチョイスするといいですね! お疲れ時に塩分を欲するときは、ミネラル不足になっている場合もありますが、 大体の人は塩分の摂りすぎに気をつけなければなりません。 少なすぎても、多すぎても身体に悪影響が及びます。

次の

妊娠だけじゃない! “甘い”“辛い”“すっぱい”ものを無性に食べたくなるのはなぜ?|「マイナビウーマン」

しょっぱい もの が 食べ たく なる 原因

「トマトが好きになりすぎて、箱買い」 「フライドポテトに激ハマり」 「炭酸水以外ムリ!」 「あめが手放せない」...... など、 『たまごクラブ』に寄せられる、つわり妊婦さん「食べ物あるある体験」に共通するのは、「妊娠前と好みが変わった」「特定の食べ物・飲み物しか受けつけなかった」という点。 そして、つわり妊婦さんがハマるものには、なんとなく法則があるようです。 いったい、どんな関係があるのでしょう? つわりの原因と対策について詳しい「つわり博士」こと、産婦人科医・恩田威一先生にお聞きしました。 そうすると、体が自然に足りない成分を補おうとして、特定の食品にハマりやすくなるのです。 赤ちゃんをはぐくむために、カリウムとマグネシウムが母体の筋肉や子宮、胎盤、赤ちゃんへと取り込まれ、さらにカリウムは尿への排せつが増えるので、不足した状態になります。 また、ホルモン変化の影響でカルシウム値が高くなりやすいことから、腸の動きが鈍り、胃液の分泌も増えて、これが、つわり期の胃腸の不調や気持ち悪さの原因となります。 カリウムをとると腸の働きが改善されることも、カリウムを多く含む食材を食べたくなる理由です。 トマトや、柑橘類、すいか、バナナなどの果物にはカリウムが豊富。 しかも、トマトや柑橘類にはほどよい酸味があるため食べやすく、つわりの症状が緩和されやすいから好まれるのです。 また、血糖値が下がるとつわりの症状が悪化することがわかっていますが、果物にはブドウ糖、蔗糖、果糖が含まれ血糖値を上げるのに有効なので、つわり中の妊婦さんに好まれるのです。 そのため、塩素とナトリウム不足になりがちです。 体内の塩素は、唾液、膵液の濃度を整えてでんぷん質の消化を助け、ナトリウムは糖の吸収を助ける作用があります。 この2つの栄養素が不足すると消化力が下がり、つわりは悪化。 だからつわり期には、本能的に塩分を好む傾向があるのです。 とくにつわり妊婦がハマる食べ物の代表格・フライドポテトは、塩がまぶしてあるので塩分がたっぷり。 さらにじゃがいもはカリウムを多く含み、血糖値も上がりやすい食材。 そして、血糖値が下がると、つわりがひどくなることがわかっています。 そのため、つわりのときはとくに、血糖値が上がりやすい食材を好むようになります。 また、何か食べていないと気持ちが悪くなる『食べづわり』は、低血糖状態を防ぐための防衛反応ともいえるのです。 あめは、血糖値を上げるのに最も手っ取り早い食べ物。 つわりがひどい場合は、ナトリウムと塩素を含む塩あめのほうが食べやすくなります。 ゼリーも甘みがあり、血糖値を上げてくれる食品。 つるんとしてのどごしもよく、カリウムを含む果物が入っていることが多いのも、好まれる理由です」 「炭酸水」にハマるのはなぜ? 「つわりのときは、血中のミネラル量の乱れと女性ホルモンの増加から、腸のぜん動運動が鈍くなりがちです。 さらに、『気持ちが悪くて水分がとれない』『まともな食事がとれない』といった悪循環に陥ると、さらに腸の動きが悪くなります。 炭酸水には、停滞しがちな腸の動きをよくする働きがあります。 飲むといくらかスッキリするので、つわり妊婦さんに好まれるのです。 炭酸水は常温より冷えているほうが、腸の動きを促す効果も高くなります。 ただし、大量に飲みすぎると逆効果になってしまうので、1回につき150ml程度までにしておきましょう」 つわりのときにハマる食べ物には、こんな明快な理由があったのですね。 恩田先生によると、つわりを軽く終わらせるには「そのとき食べたいものを食べる」ことがいちばん! 体にいいものを食べようと、無理をして食べたくないものを口にすると、かえってつわりが長引いてしまうこともあるそうです。

次の