三輪壽雪 買取。 三輪壽雪

【十一代三輪休雪(壽雪)】山口県萩市出身の陶芸家

三輪壽雪 買取

このページの目次 2. 掛け軸作家「三輪 壽雪」についての概要 三輪壽雪の作風は、萩焼の伝統を受け継ぎながらも独自の感覚を吹込んだもので、因習的な茶陶の作風に新たな展開を示し、豪快かつ大胆なスタイルで人気を博した三輪壽雪は近代萩焼の革新者とも称されました。 掛け軸作家「三輪 壽雪」の生い立ちや歴史 三輪壽雪(1910〜2012年)は山口県萩市で生まれ、生家は代々萩焼を家業としていました。 三輪壽雪は、旧萩藩御用窯でもあって家督を継いでいた次兄の三輪休和を助けながら陶技を学びました。 兄の三輪休雪とともに、藁灰釉を活かした伝統的な萩焼の白釉を革新させ、純白に近い、いわゆる「休雪白」を創造しました。 三輪 壽雪の掛け軸作品の代表作一覧• 萩茶碗• 萩焼徳利 5. 三輪 壽雪の掛け軸作品の買取査定ポイントのご案内 三輪壽雪はそれまで注目されてこなかった桃山時代のダイナミックなスタイルを現代に甦らせることで、美術としての萩焼を創出させました。 知名度が高いことから、贋作も多く出回っています。 そのため三輪壽雪の真作であるかどうかが大きなポイントとなっています。 鑑定書や証明書などがあれば、高額査定になる可能性があるでしょう。 また保存状態が良いか、箱があるかなども査定額UPの重要な要素です。 代表的な掛け軸作品の査定ポイント• 真作であるかどうか(証明書や鑑定書があればなお良い)• 作者の署名・落款(らっかん)があるか• 希少な作品であるか(欲しがる人が多いほど買取価格はあがります)• 素材の質、種類• 付属品の欠けはないか(共箱・共布・栞などが揃っているか)• 傷み具合はどうか(保存状態が良好であれば評価額が高くなります) 6. 三輪 壽雪の掛け軸作品の取引相場や取引参考価格 三輪壽雪の作品は100万円を超える高値がつくことも珍しくありません。 国内のネットオークションで三輪壽雪の『白萩窯変割高台茶碗』は130万円、『割高台萩茶碗』が110万円で落札されました。 これらの作品は無傷完品、本物保証という条件で出品されたものです。 このように三輪壽雪の真作であることが証明できるなら、掛軸作品も同様に高値で取引される可能性は高いでしょう。 三輪 壽雪の掛け軸作品の買取についての情報まとめ 三輪壽雪は土練機を用いず土踏みでの粘土作りを続けるなど、全ての作陶過程を自らの手で行う事にこだわりを持ち、晩年まで活動を続けました。 三輪壽雪の作品の売却を考えているなら、人間国宝として認められた三輪壽雪の作品はすぐに買い手が付くでしょう。 高額査定を希望するなら真作証明できることはもちろん、作品の保存状態、付属品が揃っていることも確認しておく必要があります。 その他の掛け軸について.

次の

三輪休雪 壽雪 人間国宝 萩茶碗【茶道具からき】販売買取京都通販

三輪壽雪 買取

山口県萩市出身。 代々萩焼を家業とし、旧萩藩御用窯であった三輪窯の九代休雪・三輪雪堂の三男として誕生する。 1927年旧制萩中学校卒業後、兄である十代休雪(隠居後は休和)を助けながら伝統技法を学んだ。 1941年に三重県津市に工房を構えていた川喜田半泥子に師事し、茶陶の制作技法を身につける。 独立までの約30年間ひたすら修練に打ち込み、召集令が出された1944年以外は作陶の手を休める事はなかった。 1955年に雅号を「休」と称し作家活動を開始。 1957年日本伝統工芸展に初出品した「組皿」が入選し、1960年には日本工芸会正会員になるなど、十代休雪と並び高い評価を受けた。 萩焼の伝統を受け継ぎながらも独特な感覚による作陶を為し、因習的な茶陶の作風に新たな展開を示した。 長石を原料とした釉薬を用いる伝統的な萩焼に加え、休雪が大成した純白の藁灰釉による「休雪白」の作品を発表しているが、特に後者は豪快かつ大胆な意匠と融合し大きな特色となっている。 1967年、兄の休雪の隠居後、三輪窯を受け継ぎ十一代休雪を襲名。 1976年紫綬褒章、1982年(昭和57年)には勲四等瑞宝章を受章、1983年4月13日に重要無形文化財「萩焼」保持者に認定された。 兄弟での人間国宝認定は陶芸界で前例の無い快挙であった。 その後も作陶への探究を続け、粗めの小石を混ぜた土を原料とした古くからの技法である「鬼萩」を自らの技法へと昇華させた。 2003年(平成15年)に長男龍作へ休雪を譲り、自らは壽雪と号を改めた。 土練機を用いず土踏みでの粘土作りを続けるなど、全ての作陶過程を自らの手で行う事にこだわりを持ち、晩年まで活動を続けた。 2012年(平成24年)12月11日、老衰のため死去。 102歳没。

次の

三輪休雪 買取について|骨董品・茶道具等の買取、販売の古美術やかた【京都】

三輪壽雪 買取

三輪壽雪は山口県萩市に生まれ、代々萩焼を家業としており旧萩藩御用達の窯であった三輪窯の九代目休雪であった三輪雪堂の三男として誕生しました。 1927年に旧制萩中学校を卒業したのち、兄である十代目休雪をサポートしながら伝統技法を学んでいきます。 1941年には三重県津市で工房を開いていた川喜田半泥子に師事、茶陶の製作技法を習得します。 独立するまでの30年間はただひたすら修練し、召集令が発令された1944年以外は作陶を休むことはありませんでした。 1955年になると雅号を休と称し、作家活動を始めます。 1957年に日本伝統工芸展に初出品し、組皿が入選して、1960年には日本工芸会正会員になるなど、十代休雪と並んで高評価を受けます。 萩焼の伝統を継承しつつ、独特な感性による作陶を行い、因習的だった茶陶の作風の中に新しい風を吹き込みました。 なお、長石を原料としている釉薬を使った伝統的な萩焼に加えて、休雪が大成した白い藁 灰釉による休雪白の作品を発表。 豪快で大胆な意匠と融合しているのが大きな特徴です。 1967年には兄の休雪が隠居し、そののち三輪窯を受け継いで十一代目を襲名しています。 1976年には紫綬褒章を受賞、1982年になると勲四等瑞宝章を受章し、その後重要無形文化財萩焼の保持者に認定され、兄弟での人間国宝認定は陶芸界では例を見ないことだったそうです。 その後も作陶の研究を続けており、粗い小石を混ぜた土を原料としている古い技法である鬼萩を自らの技法へと発展させ、2003年には長男龍作へ休雪を譲って自らを壽雪と改めました。 土練機を使わず土踏みによる粘土づくりを続けるなどといったすべての作陶過程を自分自身の手によって行うことにこだわりを持って、晩年まで作陶活動を続けました。 そんな壽雪の代表作として萩焼盃があります。 この作品は壽雪が96歳の頃のもので、大振りなたて型のぐい飲みで、円熟枯淡のゆったりとしたロクロさばきで製作されており、神々しく重々しい存在と言われています。 三輪壽雪の略歴と代表作 三輪壽雪は山口県萩市に生まれ、代々萩焼を家業としており旧萩藩御用達の窯であった三輪窯の九代目休雪であった三輪雪堂の三男として誕生しました。 1927年に旧制萩中学校を卒業したのち、兄である十代目休雪をサポートしながら伝統技法を学んでいきます。 1941年には三重県津市で工房を開いていた川喜田半泥子に師事、茶陶の製作技法を習得します。 独立するまでの30年間はただひたすら修練し、召集令が発令された1944年以外は作陶を休むことはありませんでした。 1955年になると雅号を休と称し、作家活動を始めます。 1957年に日本伝統工芸展に初出品し、組皿が入選して、1960年には日本工芸会正会員になるなど、十代休雪と並んで高評価を受けます。 萩焼の伝統を継承しつつ、独特な感性による作陶を行い、因習的だった茶陶の作風の中に新しい風を吹き込みました。 なお、長石を原料としている釉薬を使った伝統的な萩焼に加えて、休雪が大成した白い藁 灰釉による休雪白の作品を発表。 豪快で大胆な意匠と融合しているのが大きな特徴です。 1967年には兄の休雪が隠居し、そののち三輪窯を受け継いで十一代目を襲名しています。 1976年には紫綬褒章を受賞、1982年になると勲四等瑞宝章を受章し、その後重要無形文化財萩焼の保持者に認定され、兄弟での人間国宝認定は陶芸界では例を見ないことだったそうです。 その後も作陶の研究を続けており、粗い小石を混ぜた土を原料としている古い技法である鬼萩を自らの技法へと発展させ、2003年には長男龍作へ休雪を譲って自らを壽雪と改めました。 土練機を使わず土踏みによる粘土づくりを続けるなどといったすべての作陶過程を自分自身の手によって行うことにこだわりを持って、晩年まで作陶活動を続けました。 そんな壽雪の代表作として萩焼盃があります。 この作品は壽雪が96歳の頃のもので、大振りなたて型のぐい飲みで、円熟枯淡のゆったりとしたロクロさばきで製作されており、神々しく重々しい存在と言われています。

次の