クラブ ツーリズム インターン。 クラブツーリズム 開催レポート

クラブツーリズムのインターンシップ体験談|インターンシップガイド

クラブ ツーリズム インターン

クラブツーリズムのES(エントリーシート)内容、企業研究のやり方、セミナー情報、インターン・リクルーター情報、筆記試験・webテスト、志望動機、面接内容などを記載しています。 400字以内 ・あなたがこれまでにした『旅』をふりかえり、最も感動した、もしくは成長できた旅について、述べてください。 その旅があなたに与えてくれたものとは何ですか?考察してください。 400字以上600字以内 ・あなたは自分自身をどのように成長させていきたいですか?良いところと改善したいところを踏まえて、お書きください。 テーマ性のある旅を大切にしている点が興味深かった。 また、説明会も選考も企業理解が深まる内容だったので、自分の働いているイメージもしやすかった。 旅行業界の中でも、特に人物を重視してくれると感じた。 この2点を軸に企業選びをしていました。 特に旅行業を志望していましたが、中でも添乗をしたかったので、数ある旅行会社の中でも添乗ができるところを選びました。 クラブツーリズムは社員皆が『旅のデザイナー』で、企画から添乗まで旅の全てに関わることができる、という点が非常に魅力的でした。 また、「テーマ旅行」も魅力のある商品だと考えていました。 私は日本の歴史や文化が好きな ので、旅の目的は大体史跡巡りや寺社仏閣巡りです。 しかし、趣味が合う人が周りにいないため、いつもひとり旅です。 クラブツーリズムでは、そんな人達が参加しやすいよう、仲間を作りやすいよう、テーマを設定している旅があります。 そんなツアーの添乗をしたい!と強く思いました。 そのため、クラブツーリズムを志望しました。 私は旅をすることが趣味であり、これまでの旅で多くの感動を得てきました。 旅で経験する感動や楽しさ、魅力を伝える仕事がしたいと思い、旅行業界への就職を希望しています。 その中でも、貴社がお客様に「テーマのある旅」を提供しているという点に特に魅力を感じました。 どこへ行くかではなく何を経験するかを重視する貴社の考え方は、きめ細やかなお客様のニーズにも対応することができると感じました。 そしてそのような旅を創れるのは、企画から添乗まで全ての業務に一貫して携わるという貴社の体制にあると思います。 現場の生の声を聞き、それを活かした旅行を企画ができるのは貴社ならではの魅力だと感じました。 私は企画から添乗という幅広い業務を行う中で、「お客様の喜ばせ方」を常に追求し、様々な角度からお客様に旅の魅力を伝えていきたいです。 私は「今までの人生で最も頑張ったこと」「いくつかのキーワードの中から2つを選んでプレゼン」などの質問をされました。 人事の方がどんどん話を引き出してくれます。 以下に面接の内容と流れを記載しますので参考にして頂ければと思います。 ・学生時代、特に力を入れたこと。 ・これまでの人生で困難だったこと、またそれをどのように切り抜けたか。 ・企業選びで大切にしていること。 集団面接は学生2人でしたが、同じ質問はされませんでした。 個人面接はプレゼンが中心で、内容についての感想も頂けました。 以下に面接の内容と流れを記載しますので参考にして頂ければと思います。 ・複数のカードから自分が大切にしていることが書かれている3枚を選び、それを述べ、その中から更に大事にしているものについて意見を述べる。 1週間前くらいにお題の発表があるので、準備はなんとかできるはずです! ・会社への志望度 などだと思います!最終面接は面接というより、プレゼンを発表した後、本当に会社に来てくれるのかの意思確認という印象が強かったです! 何にせよ、クラブツーリズムは本当に人物重視の会社だと思います。 ですから、もちろんこの会社だけでなく共通して言えることですが、とにかく笑顔で、熱意をもって気持ちを伝えてください!「ここに入りたいです!」という気持ちが相手に伝われば、きっと上手くいくと思います。 もちろん、インターンに行かなくても色んなことに積極的に挑戦することで、自分の視野も広がると思います!辛いこともあると思いますが、そういう時こそ笑顔で楽しんで自分らしく、頑張ってください! 【内定直結型の個人面談】 ここの面談を1度受けておくと、通常の選考ルートより短縮された選考をうけることができます。 昨年ここの個人面談をうけた就活生の大手企業内定率は80. 4%です。 最短1週間で内定です。

次の

クラブツーリズム株式会社のインターンシップ情報|あさがくナビ2022

クラブ ツーリズム インターン

exam-interview 選考はグループディスカッションとプレゼンテーションでした。 グループディスカッションでは10名ずつ程度のグループに分かれ、指定されたお題に対して全員で話し合い、1つの答えを導き出すというものでした。 仕切ってくれる人、がんがん発言する人、何も発言できない人、色々な人がいますが、後から聞いた話では仕切りすぎもダメ、発言しなさすぎもダメで、理想的なのは人の話をよく聞き、ここぞという時に重要な発言ができる人だそうです。 プレゼンテーションは最終選考ですが、5名ずつ程度のグループに分かれ、何をしてもいいので、自分のホスピタリティを発揮した旅行を提案するというお題でした。 とにかく目立ったもん勝ちという印象で、大学時代にチアリーディングをしていた人は踊ったり、茶道を習っていた人はお茶をたてたり、各々の特技を生かして少しでも面接官の印象に残ろうとしている感じでした。 ただ1つ言えるのは他社の選考と違い、エントリーシートだけで落とされることもなく、個人面接で縮こまって自分の実力を発揮できない選考ではなく、多くの人達の中で自分の存在をアピールでき、自分の考えや思いを余すことなく訴えることのできる、人物重視の面接だったと思います。 そのおかげで私も内定をもらえたのだと思います。 入社後も人物重視は変わらず、皆いい人達で熱く、義理堅いという印象でした。 体育会系で女子も呼ぶ時は苗字の呼び捨てですし、飲み会やイベントが多く、若い力で盛り上げているような会社でした。 私は国内旅行センターの配属となり、北海道旅行の企画・仕入・手配の部署になりました。 自分で企画し、仕入して、手配して、予約電話を取り、添乗にも行くという、全ての仕事を自分で完結できるというのが会社の特色でした。 その為日々の業務に追われ、添乗も多かったので、忙しく体力勝負という所はありますが、自分の力を試したい、風通しのいい会社で働きたいという人には向いていると思います。 あと本当か嘘か、私は某ファーストフード店で大学時代にアルバイトをしていたのですが、その店でアルバイト経験がある人は、この仕事に向いていると言われました。 体育会系で、活力があるアルバイト内容と確かに似ていたかもしれません。 その後、諸事情で私は退職してしまいましたが、この会社で知り合った同期や先輩、後輩とは今でも連絡を取っており、本当に人物重視で採用している会社なのだと実感しています。 大変なことも多く、泣いたことも多々ありましたが、その分笑っていられたことの方が多く、必死に生きてこられた会社でした。 ぷーこより.

次の

選考方法と社風について

クラブ ツーリズム インターン

クラブツーリズムのエントリーシート ES の書き方のポイントは、クラブツーリズムがどのような旅行会社であるのか、またどのような方をターゲットとして事業を行っているのかをあらかじめ把握しておくことです。 旅が好き、そして自身と同じ旅が好きな人の旅をサポートしていきたい。 そんな熱意のある方をクラブツーリズムは求めています。 書き方ポイント:企業研究が選考突破のカギ ずばり、企業研究が鍵となるでしょう。 クラブツーリズムがどのような企業であるのかは、表面上だけであれば誰でもわかることです。 それ以上に知っておくべきは、その企業が過去に修めてきた業績や、何を目指しているのか、そしてどのような人材を求めていると思うのか、ということです。 書き方としては企業研究で探ったうえでエントリーシート ES を作成しましょう。 大手企業の内定を得たエントリーシート(ES)から学ぶ 大手企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。 内定者の回答から、 どのような考え方、アピールをしているのかを把握しましょう。 「」では、なかなか見ることのできない ESを100社分ご用意しました!ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、IBMなど、就活でも人気が高い企業のESを 無料でダウンロードできるため、内定者の回答だけでなく設問の確認がしたいという就活生にもおすすめです。 クラブツーリズム対策:エントリーシート ES の質問例まとめ クラブツーリズムでは例年同じ質問を出題しています。 その質問例がいかの3つです。 ・志望動機 ・最も感動した旅の思い出、そしてその旅があなたに与えた影響 ・将来どのように成長をしたいのか 「将来どのように成長をしたいのか」については、この他に自身の良いところと、直したいところも含めて記述します。 こちらでは回答例をご紹介します。 「最も感動した旅の思い出・そしてその旅があなたに与えた影響」の回答例 私が人生で最も感動した旅の思い出は、高校生時代の頃に経験した初めての京都旅行でした。 京都に行くまでの道中は新幹線で、全て一人で行動を取りました。 遠出をしたのはこの旅が初めてであったため、新幹線のことも、電車のことも良く分からない私でしたが、駅員さんに道を尋ねるなどしてなんとか目的地にたどり着けました。 あまり外に出る経験のなかった私が京都まで一人で行くことができたことに、自身の成長を感じました。 現地で友人と合流し、伏見稲荷大社に行きました。 荘厳な千本鳥居を見て、興奮と感動が湧きあがったあの感覚は今でも忘れられません。 体力に自信がなかったものの、せっかくここまで来たのだからと思い、千本鳥居を潜って頂上まで登ることにしました。 すっかり暗くなってしまった頃にようやく頂上に登りきることができ、写真撮影をしてすぐに下山をしました。 その途中で京都の街明かりが見えるスポットに立ち寄った時、街明かりの美しさに大変感動をしました。 自分が今京都にいること、京都の文化に触れていること、日常では体験できない体験をしていることにさらに大きな感動を覚えました。 この旅を通して、私は今まで狭い空間の中にいたのではないかと思うようになり、辛いことがあった時はあの時の感動を思い出すようにしています。 この経験が今の私を強くしていると確信しています。 以下のような回答の仕方が挙げられます。 「どのように成長したいのか?」の回答例 私は、自分の良い所をどんどん伸ばしていきたいと考えています。 私の良い所は、思いやりの心が強いという点です。 分け隔てなく、誰にでも優しくすることができるというのは、私の生まれ持っての才能だとも感じています。 この思いやりの心をもっと伸ばして、どんなお客様にも積極的に、冷静に、そして真摯に対応ができるようにしていきたいと考えております。 ただ、その反面で八方美人というように捉えられてしまうこともあるのも事実です。 そこで私は、いかに人を思いやる気持ちを八方美人に捉われないようにするのかを考えました。 過去の経験を遡ると、私は人から頼まれた事に対して断ることができていませんでした。 できないことも引き受けたことにより、失敗をしてしまったこともありました。 そのため、出来ないことははっきり出来ないと言い、またその出来ないことがしっかりと出来るようになるために、出来る人からその方法を教わることにしようと思っています。 クラブツーリズムのエントリーシート ES の書き方は企業研究をしたうえで回答例を参考にしながら作成すること クラブツーリズムのエントリーシート ES の書き方と、質問例・回答例は参考になりましたでしょうか。 書き方を学ぶ前に旅をすることが好きという方は、一度クラブツーリズムがどのような企業なのかを調べてみてください。 そして、もしもここに就職したいと感じるようになったのであれば、こちらでエントリーシート ES の書き方を学びましょう。 そして忘れずに企業研究をした上で回答例を参考にして書き方のコツを掴んでいきましょう。

次の