豊臣 秀吉 が 行っ た こと。 【豊臣秀吉がしたことは?】生涯年表を小学生向けに簡単にまとめるぞ。

太閤検地とは?豊臣秀吉が行った目的と理由をわかりやすく解説

豊臣 秀吉 が 行っ た こと

Contents• 豊臣秀吉がしたことは?生涯年表まとめ! スポンサーリンク バッチコイ!下剋上!足軽出身の「サル」! 「下剋上」っていう風潮は知ってるかな? 下の身分の者が実力で上の身分の者を倒してのし上がっていくことなんだけど、戦国時代はこの風潮が当たり前になっていた。 この秀吉だってそうなんだ。 元々は足軽といって武士と農民の間のような身分が低い生まれだったんだ。 名前も最初は「木下藤吉郎」といっていかにも農民!って感じだよね。 それが出世、出世、大出世。 天下に名高い大名にまでのし上がり、ついには朝廷から関白の地位と「豊臣」の姓を与えられて天下人となったんだ。 そう「豊臣秀吉」という名前は天下人となってから名乗るようになったんだよ。 さて、この秀吉。 出世するきっかけはなんだったのか。 秀吉は元々頭が良く、口も達者で野心もあった。 このまま足軽で一生を終えるなんて嫌だべ! そこで秀吉は尾張を統べる大名、織田信長の家来になりに行った。 信長はすぐ家臣として重宝した…わけじゃないんだよね。 「とりあえずこれでもしとけ」と秀吉に自分の草履番をしろといった。 草履番とはその名の通り、信長が出かけるときにそっと草履を差し出すという仕事。 これ、おもしろいと思う? おもしろくないよね。 でも、 秀吉はそんなつまらない仕事でも機転を利かせて一生懸命取り組んだ。 ある寒い日、信長が草履に足を入れると冷たいはずの草履が温かい。 これはいったいどうしたことかと秀吉に聞くと、 なんと自分の懐に入れて温めていたという。 信長はこの秀吉の行動に感心して家臣とした。 秀吉はめきめきと頭角を現し、合戦で重要な役を任されるようになってからはどの合戦においても見事に信長の期待に答えていった。 秀吉は頭が良くて口も上手い。 その2つを用いて合戦を有利に持ち込んでいたし、元々陽気な人物で信長から も「サル」と呼ばれて可愛がられていたんだ。 「人たらし」なんて呼ばれていた秀吉。 この性格が出世へと導いていたんだね。 親方様の敵討ち!からの天下ゲット! このまま信長が治める天下の元、有能な右腕として一生を終えると思っていた矢先。 あの天下を揺るがす大事件が起きた。 本能寺の変だ。 なんと自分を重宝してくれた信長が同じ家臣団の1人である明智光秀に討たれたというではないか! その時、秀吉は中国地方を平定するために信長の命を受けて毛利氏を水攻め真っ最中。 あとは降伏を待つだけだったんだけど、お家の一大事! こんなところでトロトロしてられない! と、すぐさま水に浮かぶ孤城と化した備中高松城の中にいる毛利氏と交渉開始 光秀に寝返りそうな武将に手紙を書いて時間稼ぎ、 猛スピードで岡山から京都まで引き返し、山崎の戦いで 明智光秀撃破! この間、およそ11日。 これを 中国大返しといって秀吉の生涯でも大盛り上がりのところだ。 10日間で230キロも移動したとかすごすぎるよね。 この驚異的なスピードで見事信長の敵を討ち、正式な後継者となった秀吉はその後 自分に刃向ってくる武将を合戦で薙ぎ払ったり、 はたまた話し合いで手なずけたり こういうのも得意=人たらし してついに天下統一を成し遂げたんだ。 天下人秀吉!その治世とは? 朝廷から関白・太政大臣の地位と「豊臣」という姓を与えられた秀吉。 自分は大阪に築城した大阪城に住み、いよいよ本格的な治世を行います。 では主な秀吉の治世をみていこう。 刀狩 まず秀吉は 刀狩令を出して、民衆から武器を奪ったんだ。 刀や弓や槍や鉄砲など全ての武器となるものを没収した。 これは民衆の武力を削ぎ、一揆などを起こさせないためなんだ。 室町幕府が弱体化した理由の1つに民衆の一揆が多発したことがあげられる。 武器を手にした農民の力は歴史が物語っていたし、自分も農民出身だからよく分かっていたんだね。 また、農民を農業に専念させて安定して年貢を納めさせるという狙いもあったんだ。 この刀狩令、農民には「お寺に大きな大仏を作るために鉄が足りない。 みんなが武器を差し出してくれたらそれを基にして大仏を作るよ。 大仏のために協力してくれたんだから、その後は幸せに暮らせるよ。 」って内容でお触れを出したんだ。 さすが秀吉。 本音はどうであれ、人の心を動かすのが上手いよね。 農民は素直に刀を差し出したようだよ。 太閤検地 太閤検地とは全国規模で行われた土地調査のことだよ。 山崎の戦いの後から死ぬまで続けられたんだ。 なぜ「太閤」と言われているのかというと、当時は関白だった人が地位を譲った後、太閤という呼び名で呼ばれていた。 秀吉も関白を甥に譲っていたから、太閤殿下と呼ばれていたんだ。 その人が行った検地だから太閤検地というわけ。 この検地の目的は 全国各地の生産量を把握して効率よく年貢を取ることだ。 当時、土地制度は複雑化していて結局誰のものかわからず、グチャグチャになっていたんだ。 秀吉はそんなグチャグチャを1回全部やめて、きれいに整え直すことにした。 土地を耕している人が土地の所有者だから、その人が責任を持って年貢を納めることで全国を統一した。 また、京枡を使って基準を統一し、米の生産量を正確に割り出せたんだよ。 兵農分離 簡単にいうと、 身分を武士と農民と分けることなんだけど、なぜこれを徹底したのか。 この戦国時代は武士と農民の身分の差がほとんどなかったんだ。 戦があったら足軽(=歩兵)として参加、なかったら作物を作って生活と、中途半端だったんだね。 しかも、武器を持ってるからすぐ一揆一揆と刃向ってくる。 農民が耕作してくれないと田畑は荒れるし、年貢システムも上手くいかない。 だから秀吉は刀狩や太閤検地を行って、武士は武士!農民は農民! 武士の真似事しなくていいから、しっかり農作物を作りなさいって身分をしっかり区別したんだ。 また、人掃令という法律も出して、農民が勝手に武士に、武士が勝手に農民になることを禁止した。 これらの政策により、国内が平和になり、作物の生産量もアップし、人々の生活も安定したんだ。 でも秀吉はもう1つ。 ある大きな目標があったんだ。 それはなんと 日本を飛び出して大陸へと出兵すること。 そのために秀吉はその足掛けとしてお隣の朝鮮に兵を出したんだ。 朝鮮出兵 この政策は今までの陽気な秀吉像とは違い、彼の野心家としての冷血な一面がよく表れている。 国内も安定した晩年、 秀吉は中国の明国を征服しようとした。 そのために朝鮮へ日本の属国となるよう要求したが、朝鮮はこれを拒否。 秀吉は第1軍を朝鮮に出兵させ、一時は朝鮮を占領するも、明が軍を率いてやってきて泥沼化。 結局、秀吉の死とともに朝鮮出兵は取りやめられたんだけど、 なぜ秀吉は朝鮮へ出兵し民国まで占領しようと考えたのか。 今までは秀吉耄碌(もうろく)説、野心説などが一般的だったんだけど、 最近の学者さんの中で研究されているものが 対スペイン説。 そして、スペインはイエズス会というキリスト教の宣教師を日本に送り込み日本人を改宗させようとした。 スペインのやり方は調子いいこと言ってキリスト教に改宗させた後、国に一気に攻め込み植民地にするというもの。 秀吉はこのたくらみを阻止しようと考えた。 まず、バテレン追放令を出し、イエズス会を追い出した。 そして、スペインに対抗し、日本の国力を見せつけようとして明を征服しようとした。 という考え。 歴史って面白いよね。 物事1つでも様々な説があり、突き詰めていくと今まで知らなかったものが見えてくるね。 この朝鮮出兵はまだはっきりとは分かっていないんだけど、結果は失敗。 京都には大名が頑張った証しとして持ち帰った朝鮮人の耳塚や鼻塚があるよ。 まとめ 天下人となり、栄華を誇った秀吉なんだけど、 なかなか子宝には恵まれず、57歳の時やっとのことでできた世継ぎ秀頼。 秀吉はこの秀頼を溺愛し、自分の跡継ぎとして決めておいた甥を処刑したり、自分の死後も秀頼が天下人であり続けられるように体制を整え直すんだけど、62歳でその生涯を閉じた。 これは秀頼が5歳の時だった。 病死だったんだけどその病名までははっきりとされていない。 その後豊臣家は、あれよあれよという間に徳川家康によって滅ぼされてしまう。 身分の低い足軽から天下人にまでのし上がった秀吉の生き方。 その生き様は今なお人気を誇る理由の1つだね。 社会の勉強が苦手だ! とにかく覚えられない。 参考書を読んでいても頭に入ってこないんだよ! こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 それは理解しているんだけど… 山の名前、国の名前、偉人の名前… 参考書を眺めていても、想像力が働かなくて ただの文字としてしか頭に入ってきません。 これでは、ただの暗記であって 知識にはなっていないのです。 にもかかわらず、ほとんどの社会の参考書は 大事なポイントが文字でまとめてあるばかり。 社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw と、まぁ 参考書を眺めてばかりで 一向に理解が深まらなかった私は 社会の学習を半ば諦めていました。 しかし ちょっと学習する方向性を変えてみました。 すると! 楽しいくらいに理解が深まるようになってきました。 参考書では学ぶことができなかった 深い部分までの理解、そして知識のつながりが 頭の中にすっと入ってくるようになったのです。 理解が深まってくると、学ぶ意欲も高まり どんどんと積極的に社会を学ぶようになりました。 こうなってくると、参考書に書いてあった 今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も サクサクと理解できるようになってきました。 こちらのスタディサプリという学習コンテンツを利用して 社会の授業を聴くことにしました。 > プロの社会講師が授業をしているので 話が面白い!! 雑学的な感じで、いろんな知識を話してくれるので どんどんと興味がわいてきて 知識欲が深まってきます。

次の

豊臣秀吉が行った『刀狩り』って何?その効果と庶民に与えた影響とは?

豊臣 秀吉 が 行っ た こと

キリスト教の勢いは? 最初はキリスト教が広まっていくことをそれほど制限せず、宣教師のことも追放しようとはしていなかった豊臣秀吉。 しかし、そんな豊臣秀吉がバテレン追放を行うことになるのはキリスト教を警戒し始めたからです。 警戒されることになった理由には当時のキリスト教の勢いの凄さをあげることができます。 実は1594年にフランシスコ・ザビエルが鹿児島に来てキリスト教を伝えてから最初の1年の信者は一般庶民層が中心であり、信者の数は6千人ほどにしかすぎませんでした。 しかし、そこから洗礼を受けるなどしてキリシタン大名が誕生し、領民をキリスト教に誘導していったことで布教の勢いに拍車がかかります。 その結果、信者数がなんと1614年には50万ほどにまで膨れ上がるのです。 一般庶民だけではなく大名までキリスト教に親しんだこと、そして一気に信者数が膨れあがったことが豊臣秀吉のキリスト教への警戒心を煽ることとなったのです。 バテレン追放令とは? そしてついに宣教師を日本から追放するバテレン追放が起こってしまいます。 そのバテレン追放の動きの中心にあったのがバテレン追放令でした。 バテレン追放令は5カ条からなっており、最初の3カ条まででキリスト教の布教を禁止し、宣教師は20日以内に国外に退去することとしています。 しかし実は、そのあとの4、5カ条ではポルトガル船の商売を保証し、キリシタン国からの来航を許すことが書かれているのです。 こうしてキリスト教を警戒する一方で、ポルトガル船との南蛮貿易が経済力の源の一つとなっていたことにより、豊臣秀吉のバテレン追放は今一つ徹底されてはいませんでした。 どうしてうまくいかなかったのか 豊臣秀吉が行ったバテレン追放は結局中途半端に終わってしまいます。 バテレン追放令で宣教師たちの国外退去を求めたものの、宣教師の国内滞在を最終的には許してしまうこととなったのです。 この失敗は、豊臣秀吉の思い違いによるものでした。 豊臣秀吉の出したバテレン追放令からわかるように、豊臣秀吉はキリスト教の布教と貿易を区別し、別物としてとらえていることがわかります。 しかし、実際はキリスト教の布教と貿易は固く結びついており、宣教師を完全に締め出してしまえば貿易もうまくいかなくなってしまう状態だったのです。 自らの経済力の源である南蛮貿易をなくすわけにはいかなかった豊臣秀吉は結局はキリスト教の布教を見逃さざるを得なかったのです。

次の

豊臣秀吉が行ったこと(刀狩・太閤検地)と後の影響とは!?

豊臣 秀吉 が 行っ た こと

前回は、太閤検地を行う上で重要だった「石高制」、「石盛」の話について見てきたね。 さて、今回紹介するのは秀吉が行ったもう一つの有名な政策、 刀狩についてだ。 刀狩って何のため? 刀狩は、刀狩令という法令が出されたことで行われた。 その法令は三条の条文によってできている。 百姓が刀や脇差、弓や槍、鉄砲などは持ってちゃダメ!年貢払わなかったり一揆を起こそうとした奴は処す!• 没収した武器は全部、今作っている方広寺の釘とかにするから安心してくれよな!• 一つアドバイスだけど、百姓は田畑を耕すことが一番の幸せなんだぜ。 今回の刀狩もみんなの幸せを思ってのことだから。 というもの。 まあ、一番重要なのは 1だね。 一揆をおこされないように、 余計な反乱を起こされないようにするためだ。 ・・・とはいっても、完全に百姓たちの武装を解除したわけではない。 許可をもらった百姓は武器を持っていてもよいことになっていたりなど、結構ザルな法令だった。 この法令の真の狙いは、 「百姓がだれでも武器を持って武士になったりはできないんだぞ!」という、兵農分離を行おうとしたことにある。

次の