テレビの映りが悪い 対処法。 【ソフトバンク光テレビ】障害や地上波などの映りが悪い場合

テレビの電波障害は突然起こる!地デジでテレビが見れないときの対処方法|生活110番ニュース

テレビの映りが悪い 対処法

先日の台風以降、時間帯によってBSの映りが悪いことが多くなりました。 テレビ画面には、 「アンテナレベルが低い」と表示されています。 数字にはブレがあり、「レベル36」ぐらいの時もあれば、「レベル17」ぐらいの時もあります。 とにかく、一刻も早くテレビ映りを改善したいです。 テレビのアンテナレベルとは何ですか? そして、どうすればアンテナレベルを上げられますか? 千葉県 K. テレビのアンテナレベルとは 「電波の強さ」のこと!アンテナレベルが下がったら、受信環境を改善しましょう! こんにちは! みんなのアンテナ工事屋さんの中沢です。 集中してテレビを見ている時に 突然映りが悪くなったり、アンテナレベルの表示が出ると、びっくりしますよね。 テレビのアンテナレベルとは、地上デジタル放送を見るために受信する 電波の強さのことです。 そのまま「受信強度」とも呼ばれ、テレビのメーカーごとに一定レベルの電波を受信しなければ、放送が視聴できない仕組みになっています。 受信環境が悪くなる原因は、大きく分けて2つ。 アンテナからテレビへ、電波がうまく伝わっていない• アンテナやケーブルなど、機器に不具合がある 主にこの2点を調べて、問題を改善すればOKです。 ただしこのアンテナレベル、ただ上げればいいのかというとそうではありません。 アンテナレベルを上げすぎて、逆に映りが悪くなってしまうケースもあるんです。 また、メーカーやテレビの機種によってアンテナレベルの基準が違います。 現在使っているテレビの基準に合わせる必要があるので、注意が必要です。 この記事では、アンテナレベルを適切な状態に保つために、次の 4つの項目について紹介します。 アンテナレベルの意味• メーカー別アンテナレベルの基準• アンテナレベルが下がる原因と対処法• アンテナレベルの上げ方 とくに 「アンテナレベルの上げ方」では、私たちアンテナ工事スタッフが現地調査で必ず行う 「プロ目線での受信環境チェック方法」も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 それではまいりましょう! そもそもテレビの「アンテナレベル」って何なの? アンテナレベルとは、 「電波の強度」のこと。 受信強度、受信レベルと書かれていることもあります。 「テレビを見ている最中に、アンテナレベルが突然低くなって困った…」 という人、実はとても多いんですよね。 うーん.... やっぱりアンテナレベルが低すぎる.... アンテナレベルの段階は、大きく分けて3つ。 まったくない状態• 不足している状態• 十分にある状態 「十分にある」状態が理想ですが、仮にこの表示が出ていても映りが悪い場合があります。 この記事を見ている方は、おそらくアンテナレベルが 「不足している」「まったくない 0 」と表示されたのではないでしょうか。 アンテナレベルの基準はメーカーごとに違います。 以下の表は、主要メーカー6つのアンテナレベル基準をまとめたものです。 現在テレビに表示されているアンテナレベルと照らし合わせてみてください! メーカー別アンテナレベルの基準 まったくない 不足している 十分にある Panasonic 0 44未満 44以上 50で安定 SONY 赤 黃 緑 SHARP 0 60未満 60以上 東芝 0 30未満 30以上 推奨は30〜65 三菱 0 22未満 22以上 日立 0 18未満 18以上 推奨は18〜37 テレビメーカーは各社独自の数値設定をしているので、 異なるメーカーの受信レベルを見て、合わせるのはNGです。 厳密な数字はテレビの製造年や機種によって異なりますので、詳しくは使っているテレビの取扱説明書を見て確認してみてください。 さて、ここからは アンテナレベルが下がる原因について見ていきましょう。 テレビのアンテナレベルが下がる原因と自力でできる対処法 「アンテナレベルが下がった……。 昨日まで普通だったのに、なぜ?」 アンテナレベルが下がる原因は、主に 6つあります。 電波の経路が途切れている• アンテナからテレビまでの経路が長い• アンテナの周りに障害物がある• 住んでいる地域の電波が弱い• 機器の劣化、故障• アンテナの向きがずれている 1つずつ順番に紹介します。 まずは1つ目、 「電波の経路が途切れている」場合。 電波の経路が途切れている アンテナが受信した電波は、以下のような経路でテレビに届きます。 電波の経路• テレビアンテナ• 部屋の壁に付いているアンテナ端子• アンテナケーブル• 分配器、分波器、ブースター、アッテネーター、地デジチューナー• BDレコーダー• とりあえず アンテナの端子やケーブルが緩んでいないか を確認してみましょう。 また、端子やケーブルが対応品でない場合も電波が届きません。 続いて、テレビからアンテナまでの距離が長い場合。 テレビからアンテナまでの距離が長い 「テレビを別の部屋に移して、アンテナとの距離が遠くなった…」 「テレビの延長ケーブルを付けたけど、映りが悪い…」 このように、テレビとアンテナの間に物理的に距離があると、電波が届きにくくなることがあります。 このような時は、本体の位置を調整するか、 電波強度を上げるブースターなどを設置 して対処 する必要があります。 続いて、アンテナ周りに障害物がある場合。 アンテナの周りに障害物がある 近所に高い木があったり、高層ビルが建設されたりしていませんか? アンテナの近くに障害物があると、電波がうまく届かいことがあります。 改善方法は、 庭の木の枝の剪定や、敷地内の障害物の撤去など。 ……なのですが、自力でできる改善方法は数が限られていますよね。 そこで、このような時には 近隣の人にテレビ映りについて相談してみてください。 近隣の家でも同じように映りが悪くなっている場合、地域の問題となります。 速やかに 自治体や地域の受信環境クリーン協議会に相談してみましょう。 共同アンテナの設置や、ケーブルテレビ加入の案内をしてしてくれるかもしれません。 続いて、もともと電波の弱い地域に住んでいる場合。 住んでいる地域の電波が弱い 自然が豊かな場所や、テレビの電波塔から離れている場所には、電波が届きにくいことがあります。 このような地域を 「弱電界」といい、電波の強い地域 「強電界」と区別されています。 専用の機材を用いずに電波の強度を調べる簡単な指標として、 「屋内のどこでも携帯でテレビ ワンセグ を視聴できるか」 を確認する方法があります。 家の中を歩いて、ぜひ試してみてください。 以下の3つのうち、どれに当てはまるでしょうか?• 電波強度を強めるブースターの導入を検討してください。 ほとんどの場所で視聴できない 「弱電界」の場合は、 地域のケーブルテレビへの加入を検討してみてください。 続いて、機器が劣化したり故障している場合。 機器の劣化、故障 アンテナや端子、ケーブルが壊れていると、電波の通りが悪くなります。 とくに多いのは、 アンテナが壊れている場合です。 アンテナの寿命は 「10〜15年」と言われています。 屋外に設置するアンテナの場合、雨風にさらされるため、どうしても劣化は避けられません。 長く使ったアンテナは、そろそろ交換を検討した方がいいかもしれませんね。 最後に、アンテナの向きがずれている場合。 アンテナの向きがずれている 雨風や台風などでアンテナの向きがずれてしまうと、電波が届かなくなる場合があります。 このような時は、正しい向きに調整し直す必要があります。 ただし、 アンテナの角度調整は非常に難しいと頭に入れておいてください。 地デジアンテナの場合は、 1番近い電波塔の方向に。 テレビアンテナは、たった数mm角度が違うだけで映りが悪くなってしまいます。 もし自力で動かす場合はくれぐれも慎重に行うようにしてください。 アンテナの向きの調整方法はで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。 以上、アンテナレベルが下がる原因でした。 それでは、いよいよ アンテナレベルを上げる方法をお伝えします! テレビのアンテナレベルを上げるために…まずはテレビ本体を確認しよう 前のトピックで、アンテナからテレビまでの 電波の通り道についてお伝えしましたよね。 ここではその通り道とは逆に、 「テレビ本体」から「アンテナ」に向かって確認するようにしてください。 テレビ本体の電源を入れ直す• B-CASカードを確認する• BDレコーダーの電源を入れ直す• テレビ背面の端子を確認する• アンテナケーブルを接続し直す• 機器の劣化や故障を確認する この1〜6段階の確認方法なら、電波の知識のない方でもカンタンにできるのでオススメです。 1つずつ見ていきましょう。 (1)テレビ本体の電源を入れ直す テレビ本体の電源を切り、コンセントを抜いて電源を入れ直しましょう。 (2)B-CASカードを確認する テレビ本体にB-CASカードが入っている場合は、一旦取り出して、拭いてから入れ直してみましょう。 (3)BDレコーダーの電源を入れ直す ブルーレイ・DVDレコーダーの電源を切り、一旦コンセントを抜いて接続し直しましょう。 (5)アンテナケーブルを接続し直す テレビからコンセントまでに接続端子やケーブルが抜けていないか、緩んでいないか確認しましょう。 もう1度しっかりと接続してみてください。 (6)機器の劣化や故障を確認する テレビ本体やレコーダー、チューナー、ケーブルといった各機器の劣化や破損を確認し、必要があれば交換してください。 自力でできるアンテナレベルを上げる方法は以上です。 テレビからアンテナまでの経路の途中にブルーレイレコーダーを介していたり、複数のテレビをケーブルで接続している場合は、 必ずすべての機器を確認するようにしてくださいね。 これらを試してもアンテナレベルが改善しない場合は、少し問題が深刻になります。 ここからは、アンテナ本体を見ていきましょう。 専門スタッフ直伝!プロが行うアンテナ調査と修理方法 さて、ここで紹介するのは、私たち アンテナ専門スタッフが現地調査で実際に行う調査方法と修理の内容になります。 そのため、少し専門的な内容となっていますが、試せるものがあるかどうか見てみてください。 アンテナ側からアンテナレベルを上げる方法• アンテナ本体が倒れていないか確認する• アンテナ本体やケーブル、端子に破損がないか確認する• 測定器を接続し、電波強度や電波の受信方向を確認する• 必要があれば、アンテナや付属品を新しいものに交換する• ワイヤーを張り直し、アンテナの角度を調整する いかがでしょうか。 ご覧の通り、アンテナ側の調整にはかなりの 専門的な技術が必要になります。 もし自力でやる場合は、調査〜部品の調達〜作業完了まで、 1週間程度かかると思った方がいいでしょう。 屋外のアンテナは高所に設置されていることが多いので、 屋根から落ちてケガをすることのないように注意してください。 「すぐにアンテナレベルの不具合を解消したい!」 という場合は、ぜひ業者に相談してみてください。 私たちでは、アンテナ工事歴8年のベテランスタッフが対応。 お問い合わせから 最短30分で駆けつけ、あなたの家に合ったアンテナをすみやかに設置します。 ぜひお気軽にご相談ください! 続いて、アンテナレベルの調整を楽にする おすすめアイテムについてお伝えします。 テレビのアンテナレベル調整を楽にするために…「測定器」を使うのもアリ 先ほどの「アンテナレベルの上げ方」で紹介した「測定器」について、少しお伝えしようと思います。 測定器とは、 「電波強度計」「レベルチェッカー」などと呼ばれるものです。 これを使えば、テレビ画面に表示されるアンテナレベルよりも さらに精度の高い電波状況を調べられるので便利です。 値段は機能によってピンキリで、1,000円台から数万円するものまでさまざま。 ものによっては、最新の 4K8K放送に対応していたり、 チャンネルごとに電波状況を調査できるものもあります。 電波の受信方向を探知し、アンテナの角度調整を格段に楽にしてくれる測定器は、私たちアンテナ工事スタッフにとっての必需品。 しかし、実は一般の人でも ネットショップなどで簡単に購入できます。 台風の多い地域や、アンテナの向き調整を頻繁に行う方は、この機会に1つ買っておいてもいいかもしれません。 ただし、せっかく便利グッズを購入しても、根本的な問題が解決しなければ 出費がムダになってしまいます。 「この1回のためにわざわざグッズを買うのはもったいないな…」 という方は、ぜひ私たち専門スタッフに相談してくださいね。 お問い合わせは下記の番号から、24時間 365日対応中です。 記事のポイントは、以下の3つです。 アンテナレベルは、テレビのメーカーによって異なる• 自力でアンテナレベルを上げるには、テレビ側から経路の確認を• アンテナの向きを調整するには、測定器を使うか業者に相談しよう 「色々試してみたけど、アンテナレベルが上がらない…。 」 「アンテナレベルは十分あるのに、テレビが映らない…。 」 このような時は、 プロ目線での現地調査が必要かもしれません。 過去に 「雨の日には電波の調子が悪い」というご相談を受け、電波を増幅させるブースターを設置したところ、症状が改善したというケースがありました。 その逆に 「アンテナレベルは良好にもかかわらず、映りが悪い」というお客さまに、アッテネーターという電波を抑える機器を設置したこともあります。 このように、電波の不具合の原因はさまざまです。 困った時は、ぜひ私たちにご相談ください。 アンテナレベルが悪いというご相談では、よく 「自力でやろうとしたんだけど…」というお客さまがいらっしゃいます。 所要時間を伺ってみると、八木式アンテナの取り寄せから設置まで、だいたい1週間程度かけていらっしゃる印象です。 その点、私たちスタッフの場合、電話でのお問い合わせから現地調査まで、 最短で30分。 屋根の上に八木式アンテナを設置する作業でだいたい 1〜2時間。 状況にもよりますが、 半日かからず終了するケースがほとんどです。 私たちは、電波障害の原因をピタリとつきとめ、速やかに問題を解消します。 お気軽にご相談くださいね。 私たちは、今回ご紹介した記事内容のように、 突然テレビが映らなくなってしまったお客さまからのお問い合わせも多数いただいております。 工事後にご記入いただいたアンケートハガキでは、下のようなコメントを頂戴しました。

次の

テレビの電波が受信できない時や急にテレビの電波が悪くなった時の対処法を解説!

テレビの映りが悪い 対処法

テレビが映らないと「故障かな?」「アンテナの問題?」と電気屋さんや業者に相談したくなる方は多いでしょう。 マンションなら他の部屋ではどうかも気になりますよね。 でも実は、案外単純なことが原因だったりします。 地デジが映らないときは、アンテナ関連の設定や、エラーコードの意味、ケーブルの接触不良などを調べることで、原因と対処法の手がかりが見えてきますよ。 難しく感じるかもしれませんが、リモコン操作での確認など、どなたにもできることがたくさんあります。 まずは本コラムでご紹介するチェック点や、エラーがおきた原因、自分でできる対処法を試してみてください。 それでもテレビが映らないときは、電波トラブルやアンテナの破損などの可能性があります。 集合住宅にお住まいなら管理会社へ、それ以外の方はプロのアンテナ業者に相談し、適切な対処をしてもらいましょう。 テレビの故障であれば修理や買い替えることで解決しますが、はたして本当にテレビの故障なのでしょうか。 慌てて答えを出す前に、原因究明のためひとつずつ確認をしていきましょう。 B-CASの確認はしましたか? B-CASカードが奥までしっかり挿入されているか確認してください。 カードを見た際に汚れているようなら、 接触不良が起きている可能性があります。 金色のICチップの部分を柔らかな布で優しく拭いてください。 B-CASカードの挿入口は上部、右側、左側とテレビの機種によって異なります。 カバーがついて見えにくいこともあるので、挿入口がわからないときは、付属の取扱説明書を見ると記載されています。 B-CASカードは3種類あります。 赤、青、オレンジです。 それぞれ色によって視聴できる番組が違うので、自分が希望している色のカードかチェックしてください。 青 ・・・ 地デジ専用 赤 ・・・ 地デジ、BS、CS用 オレンジ ・・・ CATV用 電源は確認しましたか? 単純なことですが、コンセントが外れている、電源がOFFになっているということがあります。 足で引っ掛けてコンセントがゆるくなっていたり、主電源ごと落としていたりすると当然ながらテレビは映りません。 コンセントがきちんとさしこまれているか、主電源がONになっているかを確認しましょう。 コンセントと電源に問題がないのに、電源が入らないときはブレーカーが落ちている可能性もあります。 設定を確認しましたか? アナログのときとは違い、 デジタルは自分で放送局の設定が必要です。 最近では自動で設定してくれる製品もありますが、そうではない機種では自分でおこなわなければいけません。 チャンネル設定は付属のリモコンでメニューボタンや上下左右ボタンで操作します。 製品によって操作手順は違うので、説明書で確認しましょう。 また、地域設定はできているが、リモコンの設定が違うこともあります。 リモコンに「アナログ」「デジタル」「BS」「CS」と書かれた各ボタンがありますが、地デジなら「地デジ」に切り替えをしないと映りません。 BSは映るけど地デジだけ映らない、一部のCHだけ映らない…… 他のチャンネルは問題なく視聴できるのに、地デジのみ映らないといった現象もあります。 この場合、どこに問題があり、どのように対処するのかを解説していきます。 BSは映るけど地デジだけ映らないときはアンテナレベルに問題がある? アンテナレベルとは、地デジやBS、CS放送を映す際に受信する電波の強度のことです。 電波が弱い、強すぎる、 どちらでも不具合が起こります。 アンテナの受信レベルは、リモコンを操作すれば確認できます。 操作手順はテレビの種類やメーカーごとに違いますが、リモコンのホームボタンやスタートメニュー、サブメニューなどから放送受信設定の項目に進む形式が多いようです。 その際は、表示している放送局(地デジ・BS・CS)やチャンネルを確認してから始めてください。 分からない場合は取扱説明書を見てみましょう。 受信レベルは赤、黄、緑のバーで表示されます。 緑のラインは、快適な電波環境で問題ありません。 黄のラインは、電波状況がやや悪いですが、なんとか受信はできているので視聴できる範囲です。 赤のラインはエラーメッセージが出るレベルになります。 電波障害があるか受信状況がよくない状態です。 アンテナレベルが低い場合、 地上デジタルアッテネーターをONにすることで電波レベルを上げることができます。 アッテネーターとは、別名 減衰器とも呼ばれ、受信信号を適切な信号レベルに合わせる役割をします。 ・配線の接続環境 アンテナに問題がなければ、次は配線をチェックします。 配線が抜けている、ゆるんでいる、亀裂が入っている、など問題がないか確認しましょう。 特にアンテナプラグは抜けやすいので気をつけてください。 テレビの裏を見て、アンテナ線が「 地上デジタル入力端子」に接続されていることを確認してください。 何かの不具合で接触不良が起きているかもしれません。 一度すべての接続を外して、もう一度接続し直してみると映ることがあります。 また、室内に ブースターがあるなら電源が入っているか確認しましょう。 切れているとテレビは映りません。 特定のCHが映らないとき 特定のチャンネルが映らない場合は、 アンテナケーブルと接続ケーブルを確認してください。 ちょっとした接続不良で映像が映らなくなります。 また、設定チャンネルがあっていないこともあります。 チャンネルスキャンをしてみましょう。 エラーコードが出た!よくあるE202、E203、その他の意味 エラーコードにはそれぞれ意味があり、どの製品も共通です。 エラーコードが何を意味しているのか説明します。 E201(アンテナレベルが低下しています) E201が出た場合、何らかの原因で アンテナレベルが低下している可能性があります。 先述したように、このアンテナレベルが低すぎたり高すぎたりすると、テレビが映らなくなるといった不具合が生じます。 E201が出たらアンテナレベルを調べる必要がありますので、こちらも先述のような手順でリモコンの該当メニューから、調べたい放送局とチャンネルの受信強度を確認しましょう。 【アンテナレベルが低下する原因】 アンテナレベルを確認して値が低かった場合、その原因は以下のようなケースが見られます。 配線ミスなどの接続不良、接続箇所のゆるみ、断線• アンテナ本体や、配線・分配器・テレビ端子などの劣化• アンテナの角度や近隣の建物による電波障害 このような原因は複数が同時に発生していることもあり、 自分で特定・解決するのは難しい場合がほとんどです。 アンテナレベルの低下に気付いたら、専門業者に相談して適切な対処をしてもらうとよいでしょう。 E202(受信できません) E202が出たら、 メンテナンス中か、障害が発生している可能性があります。 「 障害確認情報」がネットで見られるので、ご自分の地域で障害がないか確認してみましょう。 E203(現在このチャンネルは放送を休止しています) E203が出たら、そのまま放送が終わったか、チャンネル自体が放送休止しているかです。 テレビ欄で放送番組があるかを確認してください。 その他のエラーコードについて E100 ・・・ B-CASカードのエラーです。 カードを抜き挿ししたり、表と裏の確認をしてみたりしましょう。 E204 ・・・ チャンネルがありません。 配信していないチャンネルを選局している可能性があります。 番組表で正しいチャンネルを確認してください。 E205 ・・・ 契約していないチャンネルを選局している可能性があります。 ご自分の契約内容を確認しましょう。 また 「契約が切れています」と出たら、B-CASカードに関する問題です。 なんらかのトラブルで一時的にうまく受信できていないとこのようなエラーコードが出るので、15分ほど待ってみると改善される場合があります。 マンションなど集合住宅でテレビが映らないときは マンションやアパートで地デジが映らない場合、まずはアンテナの種類を確認しましょう。 集合住宅は、 共聴アンテナという1本のアンテナで全室へ電波を届けていることが多いです。 もし設置されているのが 個別アンテナであれば、上記でご紹介した方法で配線やテレビ本体、アンテナ設定などを確認してみてください。 その上で解決できない場合は、 共有設備であるアンテナ本体のトラブルかもしれないので、管理会社か大家さんに相談しましょう。 共聴アンテナのマンションでテレビが映らない場合も、個人では対処できない状況であることがほとんどです。 配線や分配器、アンテナ本体にトラブルが発生しているケースが多いため、業者による調査や作業が必要になってくるからです。 この場合も、 設定や配線、テレビ本体をよく確認の上、管理会社に連絡をしましょう。 雨や台風で突然テレビが映らなくなることも 天候により、電波障害やアンテナの破損が起きてテレビが映らなくなることもあります。 雨の影響を受けやすい場合は、 防水グッズや屋内アンテナを活用するといった対処が有効です。 また、台風や落雷などでアンテナが破損している場合、 二次被害などの危険もありますので早めに修理依頼をすることが大切です。 あわせて読みたい 自分で解決は難しい?プロへまかせるべき原因とは? 自分での確認方法や対処法をお伝えしましたが、どうしても解決しないときや異常が見つからないこともあります。 アンテナ本体の問題や壁中のケーブル配線などに問題があれば、自分では対処できません。 以下の状態に当てはまるようであれば、自分で無理に解決しようとせずにプロにまかせましょう。 ・ブースターや分配器が故障している ブースターとはテレビ信号を増幅させる機器です。 分配器は、電波を複数のテレビに分けて使用できる機器です。 そもそもブースターがついていないこともあります。 ブースターも分配器もどちらも専門の知識が必要なため、初心者での解決は難しいです。 ・アンテナが折れている 自然災害によってアンテナが折れたり、曲がったり、角度がずれることがあります。 アンテナ整備は屋根の上での高所作業となるので、不慣れな人が屋根の上で対処するのは大変危険です。 ・CATV、光などの設備不良 電柱側のトラブルの可能性があります。 電柱が原因だとまったく素人は手が出せません。 まとめ いかがでしたでしょうか。 いままで普通に映っていた地デジが映らなくなると、誰でも慌ててしまいます。 そんなときは、今回ご紹介したポイントに沿ってひとつひとつ、自分で確認できる点を確認していきましょう。 そこから問題点がわかれば、専門業者への相談もスムーズにできます。 ここであげた方法は、ちょっとしたことでテレビが映らなくなったときの簡単解決法です。 しかし中にはやはり、専門知識がなければ解決できないトラブルもあります。 自分ではよくわからないときは、アンテナ全般への対応ができる業者へご相談を。 フリーダイヤルでの相談や、無料調査、見積りフォームなどを気軽に利用して、いくつかの業者を比較してみるのが安心かつ一番の近道ですよ。

次の

テレビの電波障害は突然起こる!地デジでテレビが見れないときの対処方法|生活110番ニュース

テレビの映りが悪い 対処法

マイカーに乗車している方の中には、 ロングドライブ中退屈しないように 車に搭載している カーナビの ワンセグを利用して テレビ番組を見ているという方が 結構いらっしゃると思います。 ですが、カーナビのワンセグで テレビ番組を見ているときに 電波の状態が悪くなり テレビが見れなくなる時って ありますよね。 そんな時に、 「どうすればカーナビの電波が改善するの?」 とやきもきされる方は多いと思います。 そんな事態に備えて、ここでは、• カーナビの電波を 改善する 5つの方法• カーナビの ワンセグとフルセグ どちらの感度がいいのか について解説させて頂きたいと思います。 カーナビのワンセグの 感度を良くする方法や カーナビのワンセグとフルセグ、 どちらの感度が良いのか 知っておきたい方は、 ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。 カーナビの電波を改善する5つの対処法! 車に乗っている方は、 ロングドライブの時に 何もしない状態で景色を見るだけでは 退屈してしまいますよね。 特にお子さんは、 大人よりも我慢ができないので、 長い時間車に乗っていると すぐに退屈して ぐずりだしてくると思います。 そんな時に カーナビのワンセグで テレビ番組を見せれば、 大人はもちろん、お子さんも ロングドライブでも退屈しないで すみますよね。 でも、 カーナビのワンセグって時に 電波が繋がりにくくなり、 テレビが見れなくなったりしますよね。 高感度の後付けアンテナには ブースターが内蔵されているものも ありますので、 これを購入し、取り付ければ、 カーナビのワンセグの電波の感度を アップさせることができます。 ブースター付きの地デジワンセグ用 フィルムアンテナの感度を よりアップさせたいのであれば、 できるだけ車の窓上部に 貼り付けることをおすすめします。 同じブースター付きのアンテナでも フィルムアンテナよりも 外部アンテナの方が より電波の感度を改善する効果が あります。 やり方は簡単で、 ロッドアンテナの長さに切ったストローに 同じ長さのアルミホイルを巻き付け セロハンテープでとめ、 ロッドアンテナに被せるだけです。 これで、多少カーナビのワンセグの 電波を改善することができます。 ただし、ロッドアンテナよりも ブースター付きの フィルムアンテナにしたほうが 見た目もよく、 受信感度も良くなるようです。 カーナビのワンセグとフルセグどちらの感度がいいの? 「カーナビのワンセグの 受信感度を改善する方法は わかったけれど、 ワンセグとフルセグ、どちらの方が 感度がいいのか知りたい!」 というかたのために、 以下に カーナビの ワンセグとフルセグの違いと ワンセグとフルセグ どちらがいいのかについて 解説させて頂きますね。 カーナビのワンセグとフルセグの違い カーナビのワンセグとフルセグの 大きな違いは画質です。 能力的には画素数が12倍は違います。 それぐらい違うと、 映像はフルセグの場合は ハイビジョン画質、 ワンセグの場合は 何度もダビングを繰り返した 旧式のVHSビデオ並みの画質ぐらい 違います。 youtubeにてワンセグとフルセグの 画質の違いを比較している動画を 見つけました。 ワンセグとフルセグはどれくらい 画質が違うのか 実際に見てみたい方は、 以下の動画をご覧になってくださいね。 フルセグの方がワンセグより感度がいい? 実は、 ワンセグの方が フルセグ(地デジ)よりも 解像度が低い、つまり 画質が荒いけれど 受信は安定しています。 ただし、 電波の感度が安定している場合は フルセグの方が画面に出るテレビ番組の 文字のテロップがはっきり読めるくらい 画質が良いです。 まとめ いかがでしたか? 車のカーナビのワンセグの感度を 改善する対処法は、 以下の 5つの方法があります。 画質の良さを優先するのであれば、 フルセグを、 感度の良さを優先するのであれば ワンセグをチョイスし、 感度が悪いときには、 上記でご紹介しました 5つの対処法を試してみてくださいね。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・複数社に車を持って行って見積もりを 出してもらうのは面倒 ・相場がわからないからダマされた ・急な転勤で引越しに追われて時間がない ・買取の交渉をする自信がない ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう などの悩みがあるからではないでしょうか? そんなあなたには 車のネット査定がオススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で愛車の査定額が スグにわかる。 ・複数社の見積もりを取る必要がないから、 手間がかからない ・信頼できる業者しかいないので、 安心して査定を任せれる ・査定をしたことがない 女性や年配の方にも親切 ・複数の業者間の見積りを『比較』 するから、高額買取が期待できる ・高く買い取ってもらうことで、 浮いたお金を次の車の購入資金に 回すことができる また下取り相場を知ることで、 見積もりで買い叩かれる心配がないですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。 車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。 もし公開車両を自分で探すと、 ・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない ・自分で調べる手間が大幅にかかる ・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない など悩みが尽きません。 しかし、 「非公開車両」を扱う 「ズバット車販売」なら申し込むだけで、 ・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える ・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる ・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える など、メリットがたくさん。 自分で時間をかけて選んた後から、 故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒 ・知り合いにお願いされてそのまま加入した ・昔から使って変更の手続きが面倒だから などの理由からではないでしょうか? そんなあなたには 車保険の一括見積もりがオススメです。 ・複数社で比較するから一番安く選べる ・安くなった分はプランの充実にまわせる ・無料でたった3分で申し込みができる ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる 比較することで、平均で25000円以上 中には 最大50000円お得になった という声もあります。

次の