円グラフ 順番 入れ替え。 二重ドーナツグラフを作成する:エクセル2013基本講座

データ系列の並び順を変更する

円グラフ 順番 入れ替え

グラフの凡例 まずは基本から。 グラフの凡例とは、下のグラフの 赤枠の部分のことです。 元データを合わせてみると下のようになっています。 元データの表の並びには問題ありませんが、横棒グラフにすると凡例が意図した並びにならず反転しています。 では、凡例の順番を逆にしてみましょう。 凡例の順番を逆にする 上の横棒グラフの 凡例の並びを反転させます。 グラフ全体を選択すると、エクセルのメニューに「グラフツール」が表示されます。 この [デザイン] タブの中のメニューにある「データの選択」をクリックします。 [データソースの選択] というフォームが表示され、左側に凡例が表示されています。 この右上に表示されている矢印ボタンを使って凡例の順番を編集します。 凡例の位置を変更する 凡例の表示位置の変更についても触れておきます。 さきほどの「グラフツール」にある [レイアウト] タブを開きます。 [ラベル] セクションにある「凡例」をクリックします。 すると凡例の表示位置に関するオプションが表示されます。 この中から任意のオプションをクリックすれば、凡例の表示位置を変更が完了します。 下の例は、凡例の位置をグラフの上にしたものです。 下のグラフは凡例を削除してしまった例です。 この場合も、手順は「凡例の位置の変更」と同じです。 グラフ全体を選んだ状態で、メニューに表示される「グラフツール」のレイアウトタブを開きます。 [凡例] アイコンをクリックします。 そこに表示される表示位置オプションから、凡例を復活させたい表示位置を選んでクリックします。 他の関連記事とあわせて仕事や趣味に役立ててください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 エクセルグラフ 「見やすいシリーズ」第二弾!エクセルで見やすいグラフ・きれいなグラフの作り方。 グラフがあることで、数値の差や変化などが視覚的に伝わることで資料を見る人が理解しやすくなります。 複合グラフ・チャート エクセルで複合グラフの作り方を解説。 Excel複合グラフの作り方は意外とカンタン。 Excel2010以前そしてExcel2013などバージョンによる複合グラフ作成手順の違いについてもわかりやすく説明します。 エクセルグラフ エクセルのグラフタイトルをグラフの下に表示させたり、セルの値を参照させたり、変更したりする方法などグラフタイトルについていろいろ解説します。 目からウロコです。 グラフ・レーダーチャート レーダーチャートの最大値を固定する方法を解説。 レーダーチャート とは、模擬試験の結果表や自己分析表などで一度は目にしたことがある、文字どおりレーダーのようなグラフ(チャート)のことです。 グラフ・スパークライン エクセルの「スパークライン」をご存じですか?文字どおり電気がスパークしているように見える極小の折れ線グラフです。 今回はスパークラインの作成方法と有効な見せ方・使い方についてわかりやすく解説。 Excelグラフ 株価チャートの作り方と見方を図解します。 株価のグラフがうまく作成できないという方は「表の並び」が良くないかもしれません。 ローソク足の見方にも触れていますので、ぜひ当サイトをご一読ください。 株価・移動平均 Excelで 株価チャートに移動平均線を加えて2軸化する方法を解説。 「移動平均線」は、ローソク足のチャートを合わせると株の売買のタイミングを判断する材料となるのです。

次の

エクセルのグラフで軸を入れ替える【横軸と凡例】|エクセルドクター

円グラフ 順番 入れ替え

円グラフは時計回りで数値の大きい順に構成するのが作法 下図のような表から円グラフを作るときには、 大きな数値から小さな数値へと順に並べ替える必要があります。 表データが大きい順に並べ替えられました。 この表で円グラフを作成すると、 12時の位置から時計回りに、数値の大きい順番で円グラフが切り分けられていますね。 データラベルの表示と配置 円グラフは出来ましたが、凡例がゴチャゴチャ。 円グラフでは通常凡例の代わりにデータラベルを使います。 そこで、この凡例は削除し、 データラベルを表示させましょう。 グラフを選択すると右横に現れるグリーンの十字型アイコンをクリック、吹き出し型の「 グラフ要素」ボックスが開いたら、「 データラベル」にチェックを入れて「 凡例」のチェックを外します。 円グラフ内にデータ数値の入ったデータラベルが表示されました。 このラベルのどれか一つをクリックして作業ウィンドウを「 データラベルの書式設定」に切り替えます。 (作業ウィンドウが開いてない時は右クリックで「データラベルの書式設定」を選択) 棒グラフ型のアイコンをクリックして「 ラベルオプション」の「 ラベルの内容」のチェックリストの内、 「分類名」「パーセンテージ」「引き出し線を表示する」にチェックを入れ、その他はチェックを外します。 数値が項目名とパーセンテージに置き換わりました。 書式と位置を修正して、ラベルの体裁を整えましょう。 データラベルの位置修正と書式の最終調整 データラベルの文字色を白にしたいと思います。 配分の少ない扇型のラベルは引き出し線を使ってグラフ外部に置くことになるので、グラフエリアにグレーのグラデーションを適用しておきました。 データラベルを選択した状態で右クリックし、メニューから「 フォント」を選んでダイアログを開きます。 フォントサイズを少し大きくして太字に設定、フォントの色を白に変更しました。 全てのデータラベルが選択された状態で、どれか一つデータラベルをクリックするとそのラベルだけが選択できます。 選択されたデータラベルの枠にポイントしてマウスポインタが 矢印の付いた十字形に変わったところでドラッグして移動させ、適切な位置へ配置します。 一つ移動させたら、次のデータラベルをクリック。 この場合は2度クリックしなくても一つだけ選択されます。 引き出し線のある数値の小さい扇型のデータラベルは互いに邪魔にならないように左右に振り分けてうまく配置しましょう。 ここでは分かりやすくするために引き出し線付きのデータラベルには枠線を設定し(下図左)、引き出し線も少し太くしました(下図右)。 グラフが大きすぎると感じたら、プロットエリアを適宜縮小しましょう。

次の

エクセルの表と横棒グラフで項目の順番が逆になっちゃう問題、解決法

円グラフ 順番 入れ替え

円グラフの順番を変える方法は? グラフというのは、 表(ひょう)が元となりそれが反映されて「データ」となりグラフになります。 表(ひょう)が無いと、グラフはできないんですね。 なので、グラフの順番を変える事になると、表(ひょう)を変えないといけないのです。 普通に考えると「グラフ」の方を変えればいけそうな気がしますね。 ですが、それは間違いなのです。 グラフを作成している元のデータである表(ひょう)を変えてみてください。 その反映された「データ」を円グラフ上のどこの部分にどの順番で配置するのかで、円グラフで何を強調したいのかを分かりやすく表現することができます。 具体的操作方法 【1】 表を選択します 円グラフの順番を変えるには、円グラフ上ではなく「データ」のもととなっている表からでないと変えることができません。 【3】「並べ替え」の変更 表示には・・・「最優先されるキー」は、並べ替えをしたい列を選択します。 「並べ替えのキー」は、並べ替える値を選択します。 「順序」は、降順と昇順があります。 並べたい順序を選択します。 表示の設定をしたことにより、表の順番が変わり円グラフの順番も変わります。 設定をしたら必ず表と円グラフが変わったか確認してください。 この方法で行ってみてください.

次の