ポケモン 歴代。 歴代ポケモンストーリー難易度ランキング!

「ポケモン」歴代ゲームソフトを一気に紹介!進化を続ける名作シリーズ

ポケモン 歴代

初めてのポケモンゲームではなかったが、一番ハマった作品だった。 インターネット経由でのポケモン交換や対戦、参加特典目当てに大会にも参加したがかなり楽しんだ。 ニンテンドー3DSでの初めてのポケモンゲームだったわけが、よくできていたと思った。 フェアリータイプが追加されただが、バランスも見事だったと思う、というかバランスを取ったのがすごいと思った。 交換のためだけではあるが、3DSのフレンドもたくさんできてうれしかった。 また、色違いを捕まえるのにもハマったし、交換で色違いを手に入れたりした。 色違いのポケモンで対戦をして自慢をしている気分になった。 あと、ゲームからはしばらく離れていた状態で始めたせいか、とにかくハマった。 面白い、楽しいことだらけだった。 7位 ポケットモンスター サン・ムーン 11票 ジムリーダー制ではなく、代わりに大試練や島の主などと戦うことになります。 そして、クリアするとZリングという物が貰え、Z技という技が使えるようになります。 ひでんマシンが無く、代わりにライドポケモンが使えます。 ポケモンに乗って海を渡ったり 岩を押してくれたり 自転車の代わりに乗ったり出来ます。 このポケモンは手持ちに数えられないので、勝負には出せないです。 ストーリーを進めると使えるライドポケモンも増えていきます。 他にも新しい機能が多数あるので、ポケモンシリーズが好きな方にはオススメです。 ストーリーはボーイミーツガール?ボーイミーツポケモンではない感じですね。 イーブイ 12票 まず、第2世代のリメイクとあって、内容的にボリューミーであったことと、ハードがDSであるのでGBAよりも扱いやすく、ある程度スムーズに遊びやすいため。 また、ポケモンの連れ歩きが出来るということや、ポケスロン(ゲーム内の遊び)にて進化の石をゲットできるため、図鑑埋めも比較的やりやすかった。 加えて、第2世代の金銀水晶では10人分しかポケギア(ゲーム内の携帯電話)の番号を登録できなかったが、このHGSSでは全てのトレーナー等を登録できるので、トレーナーとの再戦はもちろん、通話・会話に含まれる各人物の側面を知ることができて、とても面白い。 4位 ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ 30票 そんなにポケモンの数が増えたわけではないので、必死になって集める事が出来ました。 また、周りに持っている人が多かったので、対戦や交換ができ、当時はものすごく流行っていました。 また、昼夜で出てくるポケモンが違うと言う点がすごく当時では画期的だったと思います。 そのため、夜もこっそり起きてやっていたりしたので、すごく寝不足だった思い出があります。 また、フリーザーやファイヤーなどのおなじみのポケモンはもちろん、ルギアやホウオウなどの伝説のポケモンが出てくるし、金と銀で遭遇レベルが違う、また強さが全く違うことで、2台持ちをしていたと思います。 一方でつかまえて、もう一方に交換するというのが通説でした。 それ以降のポケモンのゲームはかなり、ポケモンの数が増えてしまったので、全部GETするということが容易ではなかったので続きませんでした。

次の

歴代ポケモンシリーズのリアルな人気ランキング【ファン300人におすすめを聞いた上で決定】|サブかる

ポケモン 歴代

歴代ポケットモンスター映画作品一覧 公開年 タイトル 興行収入 1998年 72. 4億円 1999年 62億円 2000年 48. 5億円 2001年 39億円 2002年 26. 7億円 2003年 45億円 2004年 43. 8億円 2005年 43億円 2006年 34億円 2007年 50. 2億円 2008年 48億円 2009年 46. 7億円 2010年 41. 6億円 2011年 43. 3億円 2012年 36. 1億円 2013年 31. 7億円 2014年 29. 1億円 2015年 26. 1億円 2016年 21. 5億円 2017年 35. 5億円 2018年 30. 0億円 2019年 29.

次の

【ポケモン】サトシの歴代手持ち・戦績一覧!最強はカントー?カロス?

ポケモン 歴代

初めてのポケモンゲームではなかったが、一番ハマった作品だった。 インターネット経由でのポケモン交換や対戦、参加特典目当てに大会にも参加したがかなり楽しんだ。 ニンテンドー3DSでの初めてのポケモンゲームだったわけが、よくできていたと思った。 フェアリータイプが追加されただが、バランスも見事だったと思う、というかバランスを取ったのがすごいと思った。 交換のためだけではあるが、3DSのフレンドもたくさんできてうれしかった。 また、色違いを捕まえるのにもハマったし、交換で色違いを手に入れたりした。 色違いのポケモンで対戦をして自慢をしている気分になった。 あと、ゲームからはしばらく離れていた状態で始めたせいか、とにかくハマった。 面白い、楽しいことだらけだった。 7位 ポケットモンスター サン・ムーン 11票 ジムリーダー制ではなく、代わりに大試練や島の主などと戦うことになります。 そして、クリアするとZリングという物が貰え、Z技という技が使えるようになります。 ひでんマシンが無く、代わりにライドポケモンが使えます。 ポケモンに乗って海を渡ったり 岩を押してくれたり 自転車の代わりに乗ったり出来ます。 このポケモンは手持ちに数えられないので、勝負には出せないです。 ストーリーを進めると使えるライドポケモンも増えていきます。 他にも新しい機能が多数あるので、ポケモンシリーズが好きな方にはオススメです。 ストーリーはボーイミーツガール?ボーイミーツポケモンではない感じですね。 イーブイ 12票 まず、第2世代のリメイクとあって、内容的にボリューミーであったことと、ハードがDSであるのでGBAよりも扱いやすく、ある程度スムーズに遊びやすいため。 また、ポケモンの連れ歩きが出来るということや、ポケスロン(ゲーム内の遊び)にて進化の石をゲットできるため、図鑑埋めも比較的やりやすかった。 加えて、第2世代の金銀水晶では10人分しかポケギア(ゲーム内の携帯電話)の番号を登録できなかったが、このHGSSでは全てのトレーナー等を登録できるので、トレーナーとの再戦はもちろん、通話・会話に含まれる各人物の側面を知ることができて、とても面白い。 4位 ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ 30票 そんなにポケモンの数が増えたわけではないので、必死になって集める事が出来ました。 また、周りに持っている人が多かったので、対戦や交換ができ、当時はものすごく流行っていました。 また、昼夜で出てくるポケモンが違うと言う点がすごく当時では画期的だったと思います。 そのため、夜もこっそり起きてやっていたりしたので、すごく寝不足だった思い出があります。 また、フリーザーやファイヤーなどのおなじみのポケモンはもちろん、ルギアやホウオウなどの伝説のポケモンが出てくるし、金と銀で遭遇レベルが違う、また強さが全く違うことで、2台持ちをしていたと思います。 一方でつかまえて、もう一方に交換するというのが通説でした。 それ以降のポケモンのゲームはかなり、ポケモンの数が増えてしまったので、全部GETするということが容易ではなかったので続きませんでした。

次の