かぐや様は告らせたい 漫画 最新話。 かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第168話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

『かぐや様は告らせたい』 タイトルリスト 一覧

かぐや様は告らせたい 漫画 最新話

『』 100話 感想 最新話 感想 ネタバレ注意 アニメ化決定&連載100回記念カラー! 先日発表があったとおり、『』もついにアニメ化が決まりました。 そして、同時に連載100回突破である。 喜ばしいこと尽くしですね。 きっと、かぐや様も「おめでたいこと... 」と言ってるに違いない。 今週の本誌で、作者の先生が今回のアニメ化に際しての想いをコメントしています。 それを読むと、やっぱりアニメ化って 漫画作品としてひとつの目標地点でもあるんだなぁ... そりゃもちろん、アニメはアニメで漫画は漫画なんですけど、アニメで漫画を知る人もいれば、漫画が大好きでアニメを観る人もいて、 作品との出会い方や媒体は色々あっても、毎週作品を楽しみにすることに変わりはない。 そういうファンが増えることは作り手としては嬉しいはずなんですよ。 漫画を読むことが日々を生き延びる糧になっている自分としては超共感できるコメントでありましたわ..。 <関連記事> 祝・アニメ化にテンションが上がる会長と石上! 桃缶アニメ化 祝・アニメ化! というわけで、 アニメ化決定&連載100回の記念すべき回はどんな話になるのかなーと思ったら、 完璧にアニメ化をネタにしたお話でした。 「桃缶」のアニメ化が決まり、大興奮する会長と石上の構図である。 もうね、「桃缶」アニメ化の報せを知って、喜びまくってる 会長と石上の姿が完全に僕ら過ぎて笑うしかない。 「今週は桃缶載ってる?」「良かった 先週また休載だったからな」って、それ完全に 『かぐや様』のメタじゃないですかー。 完璧にメッタメタなお話なり!確かに休載の理由が「単行本作業」のためだとか、漫画好きの読者でもなければ意識しない部分でもあるんだろうね。 さりげなく 羽川さんネタをぶちこんでくる石上はやはり完全にオタクだが、会長はかなりライトだと思うよ。 知ってる事だけ 石上から漂うオタク感...。 しかしまぁ、アレですね。 好きなものについて情熱的に語り合う2人の姿はいいもんですね。 読んでる漫画のアニメ化決定の瞬間に初めて立ち会った会長がいちいちうぶな反応してるのもお可愛いんだけど、 先輩風吹かせてる古参オタクの石上も笑える。 ほんとオタクってこういう生き物なんですよ。 やっぱりさ、こうやって楽しみを共有できる相手がリアルにいるってのは幸運な事だなって。 一人で楽しみたい時もあるけど、誰かに語りたくなる時もあるもんね。 ホント、2人が好きな作品の事で語り合う姿は微笑ましい限りですな。 ある意味で青春よ...。 藤原書記、襲来 あ・・・(察し) うわ...。 ダメだ...。 この流れで 一番ダメな人来ちゃったよ! 「へー会長ってアニオタさんなんですね~!」と笑顔でぶっこんでくる藤原書記。 もはや、安住の地にいきなり核爆弾を投下されたような衝撃である。 オタクってこういうのナイーブなんだよ...。 オタ話に花を咲かせている時に興味のない人が侵入してきたときの気まずさ感ね。 まぁ自分はこういうのあんまり気にしない方だけど、それでも趣味の違う人にわざわざこの手の話題を振ったりしないしなぁ...。 何事も棲み分けが大切ってことですよ。 好きな者同士で語り合えればいいんじゃないかな。 きっとそれが一番平和! いや 僕は見ませんけど で、 秒速で裏切っていく石上である。 なんか嬉しそうですねと言われ、 「いや僕は見ませんけど」と一言。 こいつ.... さっき、超笑顔で声優のチョイスも重要とか言ってたじゃんかよぉぉぉ! そして、初期からの古参オタク石上選手の守りの体制を見て、自身のスタンスを決め兼ねる会長。 確かにね、別に誰にられるわけでもないのに、謎の後ろめたさを感じたりはするのよね、実際今の中高生って隠れオタ多いんじゃないかな。 会長の真面目さ しかし!そんな後ろめたさを感じながらも 「隠し事とかしたくない」「ありのままで四宮に接したい」とか言っちゃう会長はやっぱかっこいいじゃんって。 まぁ、最近ハーサカさんのこととかもあったし。 かぐや様の前では 嘘偽りなく誠実でいたいっていう真面目さは好印象ですわ。 こういう気持ちが芽生える時点で、会長はオタクじゃないと思うな。 好きなものは好き!それでいいんだよ。 さっすが人気漫画のもう一人の主人公だけありますね。 会長マジでイケメン! ガチガチに隠れる! あ、はい。 というわけで、この有様である。 おいおい。 ちょっと、ちょっと。 この会長さん 、石上より盛大にお隠れになってるんですけど...。 さっきの感動返してよ! あの前フリから期待を裏切らない完璧なオチ。 「ありのままの自分」とはなんだったのか...。 あぁ、 石上と熱く語り合っていた頃の会長の姿が懐かしい...。 そもそも「アニオタ」っていう単語さえ知らないんだし。 実際、73話で「漫画は嗜まない」ってかぐや様は言ってたわけで。 その後、少女漫画読んで泣いたりもしてんだけど、ラと少女漫画じゃ全然ジャンルは違うしねぇ...。 特に男子が女子に語るにはなかなかハードルが高いジャンルではあると思うよ...。 今週のかぐや様も大変お可愛い.... アニメのキャラと結婚 純粋なかぐや様がお可愛い...... まぁ、こんなにも純粋なかぐや様に「アニメのキャラと結婚したいんですか?」とか言われちゃうと、後に引けない気まずさがマッハだよね。 冷静に 自分の想い人にこれ言われるのはなかなかにシュールだと思う。 要するにめちゃくちゃ笑える。 もはや、大体は藤原書記のせいですから。 「年下のキャラをママ扱いしたり」「自分の嫁と言い張って結婚しようとしたり」って、完全に悪意のあるぶっこみ方やんけ!笑顔で場をかき乱していくスタイル、ホント良いキャラしてますよ。 石上も石上で自分から裏切りかましておいて、日和った会長の「気持ち悪い」発言でがっつり傷付くめんどくささね。 そんで、慰めようとすればかぐや様にもドン引かれそうになるしで、 謎の三角関係が出来てて笑う。 概ね、藤原書記が悪いんだけど。 (2回目) ブチ切れる会長 そして、結果 ブチ切れる会長である。 「アニメ見たいと思ったらアニオタなの!?」がなんか無性にツボに入るな... やっぱり振り切れた会長は最強ですよ。 顔芸で圧倒していくスタイルには腹筋崩壊を禁じえないってもの。 「はいオタクゥー!」って。 かぐや様がオタクだったら、世界中の9割近くはアニオタで構成されることになるんじゃないかな! 藤原書記の声優さんが気になりますね... 鏡見たことねーの... ?案件 盛大にブーメランを放ってくる藤原書記! また、この藤原書記のツッコミがなんともブーメランで笑える。 あぁ、ついに言っちゃったよ....。 それもう アニメ業界じゃデフォルト設定だからさ。 自然の摂理なのよ。 疑問に思っちゃいけないの! 「目が大きくて」「子供っぽい顔立ちで」「胸が大きくて」「声がかわいい」。 この4点セットはアニメ漫画(特に萌え系)業界では当たり前なんですよ。 だって、 そっちの方がかわいいから!なんだもん...。 「そんな子現実にいません」なんてのは当然である。 いないから描くんじゃないですか、理想を。 理想の追求と体現こそがアニメや漫画の醍醐味ってもんですよ。 特にラ漫画というものは90%が「夢」で出来ていますから。 残りの10%は「読後に襲われる少しばかりの虚無感」ね。 (おい) そんな儚くも甘酸っぱいお話に熱くなれるのが人間の感受性の極みなり!まぁ、 何事も楽しめたもん勝ちですし。 ラはいかに「夢」を見れるかが楽しむためのポイントですよ。 つまり.... 結論としては。 アニメ化ばんざーい! オタクでもオタクじゃなくても、楽しめれば万事オッケーってことですな! 驚愕してるミコちゃん登場までアニメでやるのかわかりませんが、ひとまず アニメ化&連載100回突破おめでとうございます!全力で楽しみにしてます! huwahuwa014.

次の

かぐや様は告らせたい185話ネタバレ!バレンタインの行方は!?|漫画市民

かぐや様は告らせたい 漫画 最新話

かぐや様は告らせたい168話ネタバレ最新話の考察 今週号で早坂が、まさかの側近の職務を終えるよう打診するようにとの連絡が入っていました。 次回ではそれを巡って一波乱あることと思います。 側近だけでなく姉のような存在でもある早坂がいなくなることは、かぐやにとっても辛いことだと思うので、この状況をどう乗り越えていくのかが見ものです。 前回166話のあらすじ 念願のつばめ先輩とのデートの約束を結べた石上でしたが、デートプランについて自信がないようで、かぐやにアドバイスをもらいます。 石上の提案は、レンタルファッションデートら行く先々に、バラの花が落ちてて拾っていくという奇抜なものばかり。 異常な人間が気をてらったことをするとヤバい、といい石上のプランは却下されます。 かぐやは家に帰り、早坂にもデートプランの相談をします。 早坂はデートにディズニーを提案するのは論外です、つばめ先輩は東京デートにもなれてると思うので、横浜デートを提案しますといい、聞いたプランを次の日に石上と確認します。 が、早坂が実際にデートに行ってないことがバレバレになり、恥ずかしさのあまり生徒会室を早足で立ち去ります。 そして内心でかぐやがひとりぼっちじゃなくなってよかった・・・と呟き、かぐやの側近を解任する意思確認のメールを見つめて終わりました。 早坂はどうなる? 次回の目玉は、早坂の行方がどうなるかだと思います。 まだスマホの画面に意思確認を問うメールを見つめてるだけだったので、おそらくかぐやを含めた四宮家の人間には言ってないと思われます。 次回できっぱり辞めることを言うのか、それとも黙ったままいなくなるのか、はたまた辞めることを拒否して戦うのか、いろいろなパターンがあり得ます。 自分の予想では、今回の最後の話の流れから、留まるということを早坂からは提案しないと思います。 なので辞めることを前提に話が進んでいくでしょう。 その過程でかぐやが引き留めたり、他の生徒会メンバーが関わったりしていくだろうという展開を想像します。 かぐやはどう動く? かぐやにとって、早坂はとても大切な存在となってます。 幼いときから心を閉ざしてきたかぐやが、心を許せる数少ない人物の一人です。 これまでも早坂とかぐやのやりとりは、かぐやが生徒会メンバーとするそれに比べて、だいぶ表情も心境も豊かなものでした。 そんな早坂がいなくなるとなっては、かぐやは黙ってないと思います。 早坂の側近解除を食い止めるために、大きく動いていくと思います。 また生徒会メンバーも、特に会長などは早坂と持ちつ持たれつの関係なので、かぐやと一緒に行動していくかもしれません。 とにかくこの騒動のキーマンとなるのは、かぐやだと思うので、今後のかぐやの動きにも注目です。 令和元年度にして、創刊40周年のヤングジャンプ作品では初となります。 全ては読者の皆様のお陰です。 改めまして、ありがとうございました。

次の

最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』175

かぐや様は告らせたい 漫画 最新話

かぐや様は告らせたい【第178話】のネタバレ 石上と伊井野の仲は依然として悪かった 修学旅行を終えて戻った白銀たち。 白銀はかぐやに早坂と一緒に居ても良かったというが、気掛かりなことがあるという。 それは石上と伊井野の件。 自分たちが居ない間、喧嘩していなか心配だったのだ。 文化祭以降、伊井野の方から歩み寄ろうとしている言う藤原。 3人が生徒会の扉を開けると、 案の定石上と伊井野は喧嘩していた。 しかも喧嘩の内容はお互いをバカやアホと言ったという小学生レベルのもの。 それを解決すべく、 藤原が頭脳で勝負すべきと提案したのは「しりとりカードゲーム」だった。 しりとりカードゲーム 「しりとりカードゲーム」とは、50音カードが書かれたカードを各々5枚引き、場に出ているカードから始まり、手札から出したカードで終わるワードを言ってしりとりをするゲーム。 手番はないので、スピードのようにバンバン繋げ、先に手札がなくなった方の勝ちである。 「て」からスタートし、順当にカードを切っていくのは伊井野。 早くも残り一枚のリーチに。 が、伊井野の残ったカードは「こ」。 ここから石上の反撃が始まる。 石上は横暴といって「う」のカードを出す。 藤原は早く「う〇こ」出してあがるよう囁くが、伊井野は恥じらった。 その後も場に出てくるカードは「ち」や「ま」で、伊井野と藤原は完全に発想がそっちにもっていかれていた。 しかも、それを知らない石上は、女子に何を言わせようとしているのかと何故か怒られるとばっちり様である。 結果、勝負は石上の勝利となり、藤原は謝罪。 しかし伊井野のは、石上に謝るのは嫌だと断るのだった。 修学旅行全日程終了 白銀は、そもそも何故罵り合いになったのか尋ねる。 それは、石上とつばめとのデートが気になり声をかけた伊井野に対し、 野次馬と言ったことが原因だった。 かぐやは、仮にも生徒会メンバーの一大事で、関心があって当たり前なので石上が悪いと言う。 石上はその言葉を素直に認め伊井野に謝るが、藤原が自分はその件について知らないと喚き始める。 藤原が絡むと滅茶苦茶になるという石上。 さらには藤原に一度も助けられたことがないと言うと彼女の怒りは頂点に達し、2人は「しりとりカードゲーム」で決着を着けることに。 騒がしい生徒会に、いつもの日常に戻ってきた感があると思う白銀とかぐやだった。

次の