フランシス デュブリュイ。 2018年、一番最初に咲いたバラは…?

フランシス・デュブリュイ(Francis Dubreuil)

フランシス デュブリュイ

6 ~ 0. 作出年が不明のものについては、まれに発表年を作出年としている場合があります。 あらかじめご了承ください。 撮影場所については、撮影時点での庭園名などです。 現時点で、植えられているかは不明です。 バラデータについては、正確性が維持できるよう努力いたしておりますが、 必ずしも100%のデータ保証をするものではありません。 また、自然物ですので、研究家によっては、異なる表記、同定などをされる場合もありますので、あらかじめご了承ください。 データ引用については、URLリンクは公序良俗に反しない常識・一般マナーの範囲で、自由にリンクいただけます。 データは、随時更新されていきますので、文面のコピーや引用はしないでください。 ただし、データ保守の都合上、URLリンクを変更する場合がありますので、リンク切れには引用者の方が適宜、ご確認とリンクしなおしをお願いいたします。 2 自分の庭の環境とバラ品種の環境を比べて、工夫する。 3 仕立て方と、その品種の樹形や系統の癖が合致しているかよく考える。 4 コメント欄に育て方の注意などがあれば、それも参考にする。 ,ltd. All rights reserved. フランシス・デュブリュイは、四季咲きに咲きます。 花のかんじ、イメージとしては、 アンティークです。 フランシス・デュブリュイという薔薇は、 日向を好むという条件の庭で咲きます。 フランシス・デュブリュイには という別名もあります。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 フランシス・デュブリュイの花の形、咲き方はアンティークタッチです。 フランシス・デュブリュイの育てやすさや育成の難易度は、普通です。 フランシス・デュブリュイには、芳香種という特徴もあります。 フランシス・デュブリュイは、Francis Dubreuilが作出者です。 フランシス・デュブリュイの香りは、強香です。 フランシス・デュブリュイには鉢植え向きの仕立て方が向いています。 フランシス・デュブリュイの原名はFrancis Dubreuilです。 フランシス・デュブリュイは、O オールドローズT ティーの系統です。 フランシス・デュブリュイの樹形は木立です。 フランシス・デュブリュイには、という受賞暦があります。 フランシス・デュブリュイの作出国は、フランスです。 不明が品種親です。 まちがいやすいバラの名前はです。 フランシス・デュブリュイのバラ図鑑データは以上です。 詳しくはクリックして参照ください。 ; 緑の館 バラ図鑑(ばら図鑑、薔薇図鑑 : : フランシス・デュブリュイという薔薇は、 赤黒の色の花です。 フランシス・デュブリュイは、四季咲きに咲きます。 花のかんじ、イメージとしては、 シックです。 フランシス・デュブリュイという薔薇は、 日向を好むという条件の庭で咲きます。 フランシス・デュブリュイには という別名もあります。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 フランシス・デュブリュイの花の形、咲き方はカップ咲きです。 フランシス・デュブリュイの育てやすさや育成の難易度は、初心者向けです。 フランシス・デュブリュイには、人気品種という特徴もあります。 フランシス・デュブリュイは、Francis Dubreuilが作出者です。 フランシス・デュブリュイの香りは、強香です。 フランシス・デュブリュイには庭植え向きの仕立て方が向いています。 フランシス・デュブリュイの原名はFrancis Dubreuilです。 フランシス・デュブリュイは、O オールドローズT ティーの系統です。 フランシス・デュブリュイの樹形は横張りです。 フランシス・デュブリュイには、という受賞暦があります。 フランシス・デュブリュイの作出国は、フランスです。 不明が品種親です。 まちがいやすいバラの名前はです。 フランシス・デュブリュイのバラ図鑑データは以上です。 詳しくはクリックして参照ください。 ; 緑の館 バラ図鑑(ばら図鑑、薔薇図鑑 : : フランシス・デュブリュイという薔薇は、 赤黒の色の花です。 フランシス・デュブリュイは、四季咲きに咲きます。 花のかんじ、イメージとしては、 華やかです。 フランシス・デュブリュイという薔薇は、 日向を好むという条件の庭で咲きます。 フランシス・デュブリュイには という別名もあります。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 フランシス・デュブリュイの花の形、咲き方はカップ咲きです。 フランシス・デュブリュイの育てやすさや育成の難易度は、初心者向けです。 フランシス・デュブリュイには、育てやすいという特徴もあります。 フランシス・デュブリュイは、Francis Dubreuilが作出者です。 フランシス・デュブリュイの香りは、強香です。 フランシス・デュブリュイには庭植え向きの仕立て方が向いています。 フランシス・デュブリュイの原名はFrancis Dubreuilです。 フランシス・デュブリュイは、O オールドローズT ティーの系統です。 フランシス・デュブリュイの樹形は横張りです。 フランシス・デュブリュイには、という受賞暦があります。 フランシス・デュブリュイの作出国は、フランスです。 不明が品種親です。 まちがいやすいバラの名前はです。 フランシス・デュブリュイのバラ図鑑データは以上です。 詳しくはクリックして参照ください。 ; 緑の館 バラ図鑑(ばら図鑑、薔薇図鑑 : : フランシス・デュブリュイという薔薇は、 赤黒の色の花です。 フランシス・デュブリュイは、四季咲きに咲きます。 花のかんじ、イメージとしては、 銘花です。 フランシス・デュブリュイという薔薇は、 日向を好むという条件の庭で咲きます。 フランシス・デュブリュイには という別名もあります。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 フランシス・デュブリュイの花の形、咲き方はカップ咲きです。 フランシス・デュブリュイの育てやすさや育成の難易度は、初心者向けです。 フランシス・デュブリュイには、耐病性高いという特徴もあります。 フランシス・デュブリュイは、Francis Dubreuilが作出者です。 フランシス・デュブリュイの香りは、強香です。 フランシス・デュブリュイには庭植え向きの仕立て方が向いています。 フランシス・デュブリュイの原名はFrancis Dubreuilです。 フランシス・デュブリュイは、O オールドローズT ティーの系統です。 フランシス・デュブリュイの樹形は横張りです。 フランシス・デュブリュイには、という受賞暦があります。 フランシス・デュブリュイの作出国は、フランスです。 不明が品種親です。 まちがいやすいバラの名前はです。 フランシス・デュブリュイのバラ図鑑データは以上です。 詳しくはクリックして参照ください。 花のかんじ、イメージとしては、 アンティークです。 日向を好むという条件の庭で咲きます。 という別名もあります。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 花の形、咲き方はアンティークタッチです。 育てやすさや育成の難易度は、普通です。 芳香種という特徴もあります。 Francis Dubreuilが作出者です。 香りは、強香です。 鉢植え向きの仕立て方が向いています。 原名はFrancis Dubreuilです。 O オールドローズT ティーの系統です。 樹形は木立です。 という受賞暦があります。 作出国は、フランスです。 不明が品種親です。 まちがいやすいバラの名前はです。 フランシス・デュブリュイのバラ図鑑データは以上です。 詳しくはクリックして参照ください。 緑の館 バラ図鑑(ばら図鑑、薔薇図鑑 : : フランシス・デュブリュイという薔薇は、 赤黒の色の花が四季咲きに咲きくのでお気に入りです。 花のかんじ、イメージとしては、 アンティークですので、私の好みにぴったりです。 日向を好むという条件の庭で咲くのでいいですね。 という別名もありますね。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 花の形、咲き方はアンティークタッチなので、いいと思います。 育てやすさや育成の難易度は、普通ですから注意してください。 芳香種という特徴もありますから、特徴をいかして育てるといいですね。 Francis Dubreuilが作出者です。 香りは、強香ですので、私の好みです。 鉢植え向きの仕立て方が向いていますから、我が家の庭にぴったりです。 原名はFrancis Dubreuilです。 O オールドローズT ティーの系統です。 樹形は木立ですから、植える場所を考えて育ててください。 という受賞暦がありますので、おすすめです。 作出国は、フランスです。 不明が品種親です。 まちがいやすいバラの名前はです。 フランシス・デュブリュイのバラ図鑑データは以上です。 詳しくはクリックして参照ください。 ; 緑の館 バラ図鑑(ばら図鑑、薔薇図鑑 : : フランシス・デュブリュイという薔薇は、 赤黒の色の花が四季咲きに咲きます。 花のかんじ、イメージとしては、 シックです。 日向を好むという条件の庭で咲きます。 という別名もあります。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 花の形、咲き方はカップ咲きです。 育てやすさや育成の難易度は、初心者向けです。 人気品種という特徴もあります。 Francis Dubreuilが作出者です。 香りは、強香です。 庭植え向きの仕立て方が向いています。 原名はFrancis Dubreuilです。 O オールドローズT ティーの系統です。 樹形は横張りです。 という受賞暦があります。 作出国は、フランスです。 不明が品種親です。 まちがいやすいバラの名前はです。 フランシス・デュブリュイのバラ図鑑データは以上です。 詳しくはクリックして参照ください。 緑の館 バラ図鑑(ばら図鑑、薔薇図鑑 : : フランシス・デュブリュイという薔薇は、 赤黒の色の花が四季咲きに咲きくのでお気に入りです。 花のかんじ、イメージとしては、 シックですので、私の好みにぴったりです。 日向を好むという条件の庭で咲くのでいいですね。 という別名もありますね。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 花の形、咲き方はカップ咲きなので、いいと思います。 育てやすさや育成の難易度は、初心者向けですから注意してください。 人気品種という特徴もありますから、特徴をいかして育てるといいですね。 Francis Dubreuilが作出者です。 香りは、強香ですので、私の好みです。 庭植え向きの仕立て方が向いていますから、我が家の庭にぴったりです。 原名はFrancis Dubreuilです。 O オールドローズT ティーの系統です。 樹形は横張りですから、植える場所を考えて育ててください。 という受賞暦がありますので、おすすめです。 作出国は、フランスです。 不明が品種親です。 まちがいやすいバラの名前はです。 フランシス・デュブリュイのバラ図鑑データは以上です。 詳しくはクリックして参照ください。 ; 緑の館 バラ図鑑(ばら図鑑、薔薇図鑑 : : フランシス・デュブリュイという薔薇は、 赤黒の色の花が四季咲きに咲きます。 花のかんじ、イメージとしては、 華やかです。 日向を好むという条件の庭で咲きます。 という別名もあります。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 花の形、咲き方はカップ咲きです。 育てやすさや育成の難易度は、初心者向けです。 育てやすいという特徴もあります。 Francis Dubreuilが作出者です。 香りは、強香です。 庭植え向きの仕立て方が向いています。 原名はFrancis Dubreuilです。 O オールドローズT ティーの系統です。 樹形は横張りです。 という受賞暦があります。 作出国は、フランスです。 不明が品種親です。 まちがいやすいバラの名前はです。 フランシス・デュブリュイのバラ図鑑データは以上です。 詳しくはクリックして参照ください。 緑の館 バラ図鑑(ばら図鑑、薔薇図鑑 : : フランシス・デュブリュイという薔薇は、 赤黒の色の花が四季咲きに咲きくのでお気に入りです。 花のかんじ、イメージとしては、 華やかですので、私の好みにぴったりです。 日向を好むという条件の庭で咲くのでいいですね。 という別名もありますね。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 花の形、咲き方はカップ咲きなので、いいと思います。 育てやすさや育成の難易度は、初心者向けですから注意してください。 育てやすいという特徴もありますから、特徴をいかして育てるといいですね。 Francis Dubreuilが作出者です。 香りは、強香ですので、私の好みです。 庭植え向きの仕立て方が向いていますから、我が家の庭にぴったりです。 原名はFrancis Dubreuilです。 O オールドローズT ティーの系統です。 樹形は横張りですから、植える場所を考えて育ててください。 という受賞暦がありますので、おすすめです。 作出国は、フランスです。 不明が品種親です。 まちがいやすいバラの名前はです。 フランシス・デュブリュイのバラ図鑑データは以上です。 詳しくはクリックして参照ください。 ; 緑の館 バラ図鑑(ばら図鑑、薔薇図鑑 : : フランシス・デュブリュイという薔薇は、 赤黒の色の花が四季咲きに咲きます。 花のかんじ、イメージとしては、 銘花です。 日向を好むという条件の庭で咲きます。 という別名もあります。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 花の形、咲き方はカップ咲きです。 育てやすさや育成の難易度は、初心者向けです。 耐病性高いという特徴もあります。 Francis Dubreuilが作出者です。 香りは、強香です。 庭植え向きの仕立て方が向いています。 原名はFrancis Dubreuilです。 O オールドローズT ティーの系統です。 樹形は横張りです。 という受賞暦があります。 作出国は、フランスです。 不明が品種親です。 まちがいやすいバラの名前はです。 フランシス・デュブリュイのバラ図鑑データは以上です。 詳しくはクリックして参照ください。 緑の館 バラ図鑑(ばら図鑑、薔薇図鑑 : : フランシス・デュブリュイという薔薇は、 赤黒の色の花が四季咲きに咲きくのでお気に入りです。 花のかんじ、イメージとしては、 銘花ですので、私の好みにぴったりです。 日向を好むという条件の庭で咲くのでいいですね。 という別名もありますね。 よみかたは、ふらんしすでゅぶりゅいです。 花の形、咲き方はカップ咲きなので、いいと思います。 育てやすさや育成の難易度は、初心者向けですから注意してください。 耐病性高いという特徴もありますから、特徴をいかして育てるといいですね。 Francis Dubreuilが作出者です。 香りは、強香ですので、私の好みです。

次の

フランシスデュブリュイ(薔薇)が続々と…。

フランシス デュブリュイ

植え付けには大神ファームが自信をもっておすすめできるオリジナルのバラ専用土を使用しています。 直接根にあたっても問題のないタイプの元肥も適量混ぜ込んでいますので、長期間ゆっくりと肥料効果が持続しますが、追肥は必要です。 バラ苗と一緒にご注文いただければ、同梱致しますので送料がお得です。 バラが葉を落としている冬の間は追肥はお休みします。 花壇や菜園など広い範囲に植えるときなど土全体と混ぜられない場合は、植え穴に入れるだけでもOK。 既に植えてある地植えの樹木・果樹・バラなどは、適期に根を切りながら穴を掘り、その土とよく混ぜ合わせてお使いください。 (適期:落葉するもの…1〜2月/常緑…4〜5月) 赤玉土と鹿沼土をベースにピートモスやココチップ、くん炭などの植物性堆肥の他、動物性堆肥(完熟馬糞)を加えています。 保水性・保肥力・排水性などバラの生育にとって大切な要素を十分に考えぬいた配合です。 また、天然鉱物であるゼオライトを適量混ぜ込むことで肥料の流亡を防ぎ、窒素、リン、カリウムなどの栄養分を吸着し保肥力を高めています。 カップ調にうなだれて咲く姿は気品が満ちています。 甘く濃厚な香りです。 夏は赤色に咲きます。 5月頃には綺麗なお花を咲かせるでしょう。 鉢植えで育てる場合は、一番花が終ってから一回り大き目の鉢に鉢ましをするいいでしょう 株が充実しており、鉢植えにもしていますので、初心者の方でも安心して育てられます。 1〜3本でのお申込みの場合の送料は下表をご覧ください。 請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願いします。 後払い手数料:154円(振込手数料はかかりません。 代金譲渡等株式会社SCOREが提供するサービスの範囲内で個人情報を提供します。 与信審査の結果により他の決済方法をご利用していただく場合もございますので同意の上申込下さい。 予めご了承ください。 ・郵便局留め・運送会社営業所留め(営業所での引き取り) ・商品の転送 ・「病院」「ホテル」「学校」のご住所でご名義が職員以外の場合 ・コンビニ店頭での受け渡し 「 あと 払い」のバナーをクリックしたリンク先のページで、必ず詳細を確認してください。 お急ぎの方は代金引換かクレジットカードまたは後払いでのお支払をお勧め致します。 一箱ごとに下記の送料がかかります。 1鉢でも2鉢でも送料は同じです。 そのため、配送に関する料金体系を変更させて頂きます。 何卒、ご理解の程お願い申し上げます。 ハーブ苗と一緒にご注文いただいた場合はバラ苗の送料とハーブ苗の送料がかかります。 4の倍数以外での御注文の場合の送料は下記の通りです。 バラ苗と一緒にご注文いただいた場合は別途バラ苗の送料かかります。 一箱ごとに配送料がかかります。 ご希望の場合は宅急便へ変更致します。 アパートやマンションの方は必ずお部屋番号をご記入下さい。 あらかえじめご了承下さい。 ) 【配送について】 ・配送業者はヤマト運輸、ゆうパックもしくは佐川急便です。 (配送業者を指定する場合は別途料金がかかることがあります。 ) ・ご注文後48時間以内ににこちらからメールにて お支払い総額をお知らせいたします。 ・ご希望のお届け日時がある場合は承ります。 指定できる時間帯は[午前中]、[14:00-16:00][16:00-18:00][18:00-21:00]です。 ・運送業者の運賃が高騰したため、条件付き送料無料は廃止しました。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間うけつけております。 お電話でのお問い合わせは下記の時間帯でお願い致します。

次の

2018年、一番最初に咲いたバラは…?

フランシス デュブリュイ

雨は降るものの降らない時間が多い日も有り、なんとかつぼみを開かせてきた しかし上の写真は濡れているのが判るだろうが、これから紹介する写真も違う日に撮影したものにも関わらず よく見ると少し花弁が濡れているのが判る事だろう、そう毎日雨だった こんなにコロンと丸い愛らしい蕾も とてもシックな色合いだ、今年は色もちゃんと表現できていると思う 最初はあまり紫がからずに、赤黒い感じだ この辺でもう濃厚な香りが漂うようになる。 いい感じに開いてきた、色も良い、あともう少し。 違う花だが辺りに香りを振りまきながら咲きだした 雨にも負けずに いい感じいい感じ。 ・・・しかし無常にも強い雨・・・ でももう少し頑張れそうだ、もうちょっとだけ辛抱だ。 と、思ったら土砂降りの雨 これまで耐えたフランシスもさすがにもう限界だったようだ。 涙 外側の花弁が少し腐り始めている・・・ そしてなんと、この春薔薇を栽培して以来初めて灰色カビ病を目撃してしまった ポツポツ斑点が付いた初期症状は見たことが有るが、白っぽくなったの初めての事だった それでも外側の花弁一枚のみ傷んでいて、内側の花弁は無傷だ 外側の花弁がもう動かないだろうからこれ以上開けなくなるだろう。 これで彼と僕の一番花はもう終わりとなった 四季咲き性は良いので早めに切りとって明日は水に受けてみるかな でもこの10日も続く長雨なのにここまでよく頑張ったと言いたい 非常にコンパクトなバラ、花弁は薄くないがボーリングしやすい事から来年度は鉢上げしても良いかなと思っている。 昨日過去100年以来の長雨と伝えられていたが、今朝になって130年以来と訂正されていた・・ 明日も雨、そしてこの大気の依然不安定さは木曜まで続く見込みだそうだ・・ってまた伸びている。 大汗 これが開花前だったら嬉しい雨だったのだが・・・ さすがに他の品種にも花が傷み始めてきたものが出てきてしまった。 早咲きの薔薇は雨でべたべたのまま見所無く終わってしまいそうなものも有るが まだこれからの薔薇も数多く有るので期待したいと思う ランキング用バナーです。 記事を見てくださった方、いつも応援してくださっている方有難うございます。 記事に共感した、役立った、写真が好み、などの方は バナーを押してくださると励みになりますのでよろしくお願いします フランシス デュブリイ Francis Dubreuil 作出 1894年 四季咲き性の高いコンパクトなバラ 濃厚なダマスク香と黒味が非常に魅力的なバラだ。 今年は冬の間室内で育てていた挿し木のバラに耐性が付いたうどん粉病を発症させてしまい・・いや自分で作り出してしまい、それを外に出したことによって消えないうどん粉病に酷い目にあった。 一番被害があったのはこのフランシスデュブリュイで、春の葉の出足からすぐにうどん粉病に侵され一番花はブラインド。 涙 紹介する写真は7月に入って復活した二番花とも言える花達、もともとうどん粉に強くないがそれ以降はうどん粉は発症していない。 この紹介した後にもう一度開花し、今は三番目の蕾が付いている、とにかく四季咲き性の高いバラである。 それと嬉しいのはいつ開花しても最高の香りを放ってくれることだろう。 フランシス デュブリュイ 1894年 フランス T 連続開花性が良く、コンパクトながらも樹勢も良いバラ。 芳香の有る赤バラは病気になりやすい印象があるが、このバラも少しうどん粉病が出る。 突飛すべきは濃厚なダマスク香、一輪咲いただけで辺りに撒き散らす濃厚な香り。 パパメイアンの香りに感動し、パパメイアンの香りがバラの香りの基本の香りになってしまった僕は大好きな香りだが、数種類のバラの香りを嗅いだ事の有る人にはきつ過ぎるようにも感じるようだ。 一般的にフルーツ香のバラが一番誰にでも好まれる香りに思う。 このバラの最大の特徴と言えばやはり黒味を帯びたシックな花色だろう。 しかし、赤い薔薇はカメラで本来の色をとらえるのには困難を強いられる、殊更黒味を帯びたバラの色はカメラで実際の色を出すのが難しく、何度も写真を撮り直した人も多いのではないだろうか。 挿し木のフランシスデュブリュイがまた開花し、まだ花びらは少ないが香りを振りまきながらシックな色合いで咲いていた、今回もあれこれ撮ってみたがなかなか気に入った物は撮れなかった。 自分としては最初と最後の写真がソレらしいと思うが、挿し木のこの花はもう少し紫がかっていた。 赤バラの写真は難しい。

次の