柏餅 葉っぱ 食べ れる。 柏餅の葉っぱの種類や意味は?何の葉っぱを使っているの?

柏餅の葉っぱは食べられる? 正しい食べ方は?

柏餅 葉っぱ 食べ れる

柏餅の葉っぱにはどんな意味があるの? 柏餅は柏の葉っぱで包んであります。 モスグリーンのちょっと産毛のあるはっぱ。 いい匂いもしますよね。 では、どうして柏餅は柏の葉っぱで包むようになったのでしょうか? 柏餅を包んでいる柏の葉っぱには、いくつかの意味があります。 ・柏は子孫繁栄の象徴だから ・柏の葉っぱの形が柏手に似ているから ・柏の葉っぱは神様のお皿だったから ・抗菌作用があるから などです。 子孫繁栄の象徴だからというのは、いかにもこどもの日に食べる柏餅ならではの意味という感じがしますよね。 柏という木は、落葉樹に分類されます。 落葉樹というのはご存知の通り、冬になると葉っぱが落ちる木のことですよね。 しかし柏の木は少し変わっていて、落葉樹なのに葉っぱが冬になっても落ちません。 枯れた葉っぱは木にとどまってそのまま春を待ちます。 春にはもちろん、新芽が出ます。 柏の木には、古い葉っぱと新しい葉っぱが混在するようになるのです。 このことから、「お家が絶えることなく繁栄していく」という意味につながったんだそうです。 柏餅の習慣を始めたのが、男子直系がメインだったお武家さんだということですから、柏が選ばれたのも納得ですよね。 また、柏の形が柏手に似ているというのもあります。 柏手というのは、神社やお寺で「パンパン!」と手を鳴らすアレです。 柏がその形に似ていることから、神様と通じることが出来る。 転じて、神様のご加護をいただけるものの象徴だという意味になったそうです。 昔、神様の器だったのも柏。 確かに固いしいい匂いもするので、お皿にするのはイイかも! 昔というのは「縄文時代」とかくらいの昔です。 確かに…使われていそうな感じですよね。 その他にも、柏の葉っぱには殺菌効果や防腐効果があると言われています。 だから柏餅を柏の葉っぱで包んだ!というのはちょっと眉唾ですが。 疫病が流行っていた時代では、「柏餅を食べた子だけ疫病にならないぞ!」的な感じになったのかもしれませんね(笑) ちなみに今現在、柏餅の葉っぱは基本的に中国や韓国から輸入しています。 スポンサーリンク 柏餅の葉っぱは食べても良いの? 柏餅の葉っぱを食べていいのか問題。 毎年ありますよね(笑) 柏の葉っぱは、かなり固いです。 食べてもおいしくありません。 桜餅のように、美味しく塩漬けにもなっていません。 (桜の葉っぱも、美味しくするために塩漬けしてるんじゃないんですけどね!) 食べていいのかという質問に対しては、「食べれるなら食べてもOKだけど自己責任」だとお答えします。 食べる人も居るんだそうですよ! 最近では、葉っぱも高いのでビニールに印刷した柏で巻いて売っているお店もあるようです。 食べてもいいけど自己責任…と濁したのにはわけがあります。 柏の葉っぱは、実は食べるための処理をしていません。 美味しく食べる前提のものではなく、防腐剤や香りを付ける目的でつけられています。 また、先ほどもお話したように葉っぱは中国産がほとんどです。 国産の柏を使っています!なんてのはほとんどお目にかかりません。 一応、食べ物を包むということで農薬などの検査はしているようですが…。 なんとなく不安になりますよね。 ちなみに、柏の葉っぱは食べてもおいしくありません。 かなり固いですし、葉脈もしっかりしています。 味は青臭い感じ。 (私は食べたことがあります) 青汁…をひどくしてる感じです(汗) 柏餅の美味しさが、全部なくなるくらいのテイストです(笑) このことからも柏餅の葉っぱは食べてもいいけど、自己責任でね!という話になりました。 食品としても、基準に入っている植物です。 便秘の解消などに、効果があると言われています。 しかしアカメガシワは、「柏餅の葉っぱのように食べ物を包むから」という意味で「カシワ」という名前がついている植物。 柏餅の柏とは、別のものなのかもしれませんね。 柏自体には防腐効果や抗菌作用があるのですが、食べることによって得られると考えるのは少し微妙な気がします(笑) 柏餅の葉っぱの意味まとめ 柏餅の葉っぱの意味や、食べられるかどうかの問題を見ていきました。 柏餅の葉っぱは、食べていいのかという話はきっと話題になると思います! そんな時は、今回読んだことを参考にお話してあげて下さい。

次の

柏餅の葉っぱは食べれるの?食べるのと残すのどっちが正解!?

柏餅 葉っぱ 食べ れる

柏餅の葉っぱにはどんな意味があるの? 柏餅は柏の葉っぱで包んであります。 モスグリーンのちょっと産毛のあるはっぱ。 いい匂いもしますよね。 では、どうして柏餅は柏の葉っぱで包むようになったのでしょうか? 柏餅を包んでいる柏の葉っぱには、いくつかの意味があります。 ・柏は子孫繁栄の象徴だから ・柏の葉っぱの形が柏手に似ているから ・柏の葉っぱは神様のお皿だったから ・抗菌作用があるから などです。 子孫繁栄の象徴だからというのは、いかにもこどもの日に食べる柏餅ならではの意味という感じがしますよね。 柏という木は、落葉樹に分類されます。 落葉樹というのはご存知の通り、冬になると葉っぱが落ちる木のことですよね。 しかし柏の木は少し変わっていて、落葉樹なのに葉っぱが冬になっても落ちません。 枯れた葉っぱは木にとどまってそのまま春を待ちます。 春にはもちろん、新芽が出ます。 柏の木には、古い葉っぱと新しい葉っぱが混在するようになるのです。 このことから、「お家が絶えることなく繁栄していく」という意味につながったんだそうです。 柏餅の習慣を始めたのが、男子直系がメインだったお武家さんだということですから、柏が選ばれたのも納得ですよね。 また、柏の形が柏手に似ているというのもあります。 柏手というのは、神社やお寺で「パンパン!」と手を鳴らすアレです。 柏がその形に似ていることから、神様と通じることが出来る。 転じて、神様のご加護をいただけるものの象徴だという意味になったそうです。 昔、神様の器だったのも柏。 確かに固いしいい匂いもするので、お皿にするのはイイかも! 昔というのは「縄文時代」とかくらいの昔です。 確かに…使われていそうな感じですよね。 その他にも、柏の葉っぱには殺菌効果や防腐効果があると言われています。 だから柏餅を柏の葉っぱで包んだ!というのはちょっと眉唾ですが。 疫病が流行っていた時代では、「柏餅を食べた子だけ疫病にならないぞ!」的な感じになったのかもしれませんね(笑) ちなみに今現在、柏餅の葉っぱは基本的に中国や韓国から輸入しています。 スポンサーリンク 柏餅の葉っぱは食べても良いの? 柏餅の葉っぱを食べていいのか問題。 毎年ありますよね(笑) 柏の葉っぱは、かなり固いです。 食べてもおいしくありません。 桜餅のように、美味しく塩漬けにもなっていません。 (桜の葉っぱも、美味しくするために塩漬けしてるんじゃないんですけどね!) 食べていいのかという質問に対しては、「食べれるなら食べてもOKだけど自己責任」だとお答えします。 食べる人も居るんだそうですよ! 最近では、葉っぱも高いのでビニールに印刷した柏で巻いて売っているお店もあるようです。 食べてもいいけど自己責任…と濁したのにはわけがあります。 柏の葉っぱは、実は食べるための処理をしていません。 美味しく食べる前提のものではなく、防腐剤や香りを付ける目的でつけられています。 また、先ほどもお話したように葉っぱは中国産がほとんどです。 国産の柏を使っています!なんてのはほとんどお目にかかりません。 一応、食べ物を包むということで農薬などの検査はしているようですが…。 なんとなく不安になりますよね。 ちなみに、柏の葉っぱは食べてもおいしくありません。 かなり固いですし、葉脈もしっかりしています。 味は青臭い感じ。 (私は食べたことがあります) 青汁…をひどくしてる感じです(汗) 柏餅の美味しさが、全部なくなるくらいのテイストです(笑) このことからも柏餅の葉っぱは食べてもいいけど、自己責任でね!という話になりました。 食品としても、基準に入っている植物です。 便秘の解消などに、効果があると言われています。 しかしアカメガシワは、「柏餅の葉っぱのように食べ物を包むから」という意味で「カシワ」という名前がついている植物。 柏餅の柏とは、別のものなのかもしれませんね。 柏自体には防腐効果や抗菌作用があるのですが、食べることによって得られると考えるのは少し微妙な気がします(笑) 柏餅の葉っぱの意味まとめ 柏餅の葉っぱの意味や、食べられるかどうかの問題を見ていきました。 柏餅の葉っぱは、食べていいのかという話はきっと話題になると思います! そんな時は、今回読んだことを参考にお話してあげて下さい。

次の

葉っぱも食べられる柏餅を作りたい :: デイリーポータルZ

柏餅 葉っぱ 食べ れる

サクッと流し読み• 槲(かしわ)を餅に巻くのは「子孫繁栄」の願いから 端午の節句が近くなると、スーパーなどでも柏餅が売られているのをよく見かけるようになりますね。 そこで 柏餅に巻かれている葉は「柏(かしわ)」ではなく、本当は「槲(かしわ)」と書くカシワの葉だそうです。 「柏」と書くカシワは、中国産のコノテガシワという針葉樹のことで、実はまったく別のものなのだとか。 そして、 柏餅に巻かれている葉である「槲」は、ブナ科の落葉広葉樹で高木で、北海道から九州まで、幅広く生育しているそうです。 この槲の樹皮からはタンニンが取れるため、昔から皮をなめすのに使われていたとか。 現在は、ハッキリした木目と重厚感から、建材やウィスキーの樽などに使われているようです。 そんな槲の葉っぱですが、どうして端午の節句に食べる餅に巻くようになったのでしょうか。 槲を餅に巻くようになった理由 槲の葉には殺菌効果があるため、もともと葉で食べ物を包むということが行われていたそうです。 カシワの語源は、食べ物を盛る器という意味の「炊ぎ葉」(カシギハ)が由来になっているという説が有力なのだとか。 そして、槲は、枯れた葉が木から落ちることなく枝に残り、そのまま翌春になると新しい葉が生い茂ります。 この 「世代の間に切れ目がない」ことが縁起が良いとされ、子孫繁栄の願いと結びつき、端午の節句に使われるようになっていったのだそうです。 ちなみに、四国地方など、地域によっては槲の葉のかわりに、サルトリイバラという植物の葉を使うこともあるようです。 槲の葉を使うことになった由来には、サルトリイバラを使って柏餅を作っていた人が、江戸に出るとサルトリイバラは生えていないのでカシワを代用したという説もあるのだとか。 サルトリイバラもとても香りのよい植物ですから、地方ではそちらが使われていたのかもしれませんね。 柏餅の葉っぱは食べることができるの? では、そんな柏餅の葉っぱを食べることができるのでしょうか? その答えは 「食べられるけど、食べても美味しいものではない」です。 調べてみたところ、 体に悪いということはなさそうですが、硬く筋張っているので消化は良さそうにありませんよね。 桜餅の桜の葉と違って、本当に葉っぱを食べているという感じがします。 柏餅に槲の葉っぱを巻いている理由は2つあり、 槲の葉の良い香りを活かした「香りづけ」と「保存がしやすい」という理由なのだそうです。 もともと食用のためではないのですね。 まとめ:柏餅の葉っぱはあまり食べない方が良いのかもしれません 今回は、柏餅の葉っぱについて、巻かれている理由など紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 前述のように、 柏餅の葉は「香りづけ」と「保存」のために巻かれているのです。 そのため、柏餅の葉っぱは、別に食べても良いですが、あまり美味しいものではないので、お餅を食べながら剥がしていった方が良さそうですね。

次の