土剣豪 ティターン。 【グラブル】 念願のティターン編成でのハイランダーデビュー カイム、英雄王の戦斧、支配の天秤でどこまで戦えるか・・・

【グラブル】土オメガ刀vs土無銘金重、メインで持つにはどちらが強いのか

土剣豪 ティターン

現実的に達成しやすいジョブは、 ・奥義2連のクリュサオル ・奥義特化のメカニック ・4凸鰹使用での剣豪もしくは、ライジングフォース(ただしシエテが使えなくなったので以前よりハードルが上がっています) の上記ジョブです。 装備が極まっていれば鰹剣豪の1召喚やレスラー(ゼタ&バザラガ、クリスマスナルメアなど使用した)などでも行けます。 得意武器が刀などもポイントが高い。 本人の火力自体は低めのため、防御デバフ入れないと奥義ダメが低い。 召喚石は、 可能なら与ダメージが上がるアーカルム石のハングドマンを入れたいところ。 なければステータスの高い石を並べるだけでOK。 なお、 フレ石は装備が整っているなら4凸マグナ石、それ以外だと属性石(ゴブロ) マグナ石使うのは4凸マグナ石で確定クリティカルができる場合でそれ以外は、ゴブロの方がダメ出ると思います。 これはご自身の編成で変わってくるので、トライアルで試していただいた方が良いかと。 土有利古戦場 向け動画 試した限り普通のマグナ編成完成(神器4凸だと)で2100万達成は3or4ポチ1召喚、6ポチぐらいになりそうです。 片面フレ石:マグナでも5本4凸ゴブロ斧を集められたら、確定クリティカルが出せるので、アビポチの短縮ができるのが強みですが、それをするには装備のハードルが高くなりますね。 <武器> 神石ならバンカーやエーケイフォーエイ、マグナなら、ゴブロ斧、ユグ剣やオールド・ペルセウス、神器、オメガ武器がポイントになってきます。 <召喚石> フレ石は装備編成が整っているならマグナ4凸のユグドラシル・マグナ、それ以外だと、属性石のゴブロです。 <キャラ> ・最終オクトー、最終サラーサ、ジークフリート、SRルリア、クリスマスナルメア、ダーント、バザラガ などが適性が高いですね。 あとは試行錯誤して、編成を古戦場までに詰めていくしかないですね。

次の

グラブル ティターン理想編成を調べてみた

土剣豪 ティターン

武器編成 終末武器4凸とウリエル拳4凸してとりあえず土マグナ剣豪用装備完成です。 オメガの第2スキルは奥義上限、終末武器の第2スキルはチェインバースト上限にしています。 終末武器は5凸できなくもないんですが、火力的には十分なのと、将来的にサブカイムのティターン移行を予定しているので今回は保留しました。 召喚石編成 ハングドマンをこの前4凸としたのと、ウリエルを1枚3凸しました。 ウリエルはもう1枚持っているので、古戦場ではデバフが大丈夫なようならゴブロと入れ替えるかもしれません。 キャラ編成 全員刀得意編成です。 場合によっては剣パや格闘パも作ろうかなと思っています。 土マグナ剣豪トライアル試し 土メイン金重ウリエル召喚ありの開幕3ターン動き 1ターン目:10,985,840 2ターン目:13,938,765 3ターン目:25,930,976 合計:50,855,581 連撃で前後しますが3ターンで5000万ダメ出せるのは強力です。 — tkグラン tkgran0322 ターンあたりダメージ 合計ダメージ 1ターン 10,985,840 10,985,840 2ターン 13,938,765 24,924,605 3ターン 25,930,976 50,855,581 4ターン 14,009,197 64,864,778 5ターン 10,445,644 75,310,422 6ターン 16,621,765 91,932,187 7ターン 9,323,380 101,255,567 8ターン 16,576,975 117,832,542 9ターン 6,909,627 124,742,169 10ターン 12,076,237 136,818,406 開幕以外は3ターン目に主人公が無明斬、6ターン目にオクトー1アビ使っただけです。 古戦場HELL95のHPは1億3125万なので、トライアルと同じ防御係数なら10ターンで倒せることになります。 剣豪やる場合はウリエルの有無が大きいですね。 初速が違います。 ウリエルない場合はベルセルクで剣パの方がいいのかもと思います。

次の

土有利古戦場 ex+1ターン2100万 を考える【スマホ・グラブル攻略】

土剣豪 ティターン

リミテッド武器の有無は理想編成を目指す場合だけでなく、マグナ編成を超える場合にも重要となる。 新リミ武器「八幡薙刀」実装 6月下旬のリミテッドレオナ実装に合わせて、新たな土属性リミテッド武器「八幡薙刀」が追加。 5凸後は第2スキルのメイン装備縛りがなくなり汎用性が高まる。 メイン武器や英雄王の槍などは通常軸や奥義軸など、運用によって変動する枠となります。 高難易度を想定しており上限UPの恩恵が少ないため、「支配の天秤」の優先度は低めとなっています。 最大HPが高いほど堅守を活かして低HP時に受けられる攻撃が増えるため、守護によるHP上昇も重要な要素ですね。 自発的にHPを減らす手段が少ないため、初動の火力を補える「一期一振」を採用しています。 上記の編成例をベースにしつつ、敵の火力や行動次第で守護武器でや背水武器の本数など、場面に応じた細かい調整をしていくことになります。 TA率UPの効果量は控えめだが、高いATKと34%の攻刃で基礎ダメージを大きく底上げ可能。 一期一振の方が4凸優先度は高いが、 状況次第で理想編成に入るため、無理なく作成できるなら4凸しておきたい武器。 HPを確保したい場面で攻刃と守護を兼ねた枠として編成候補。 Lv120で取得する攻刃 中 に加え、守護IIを併せ持つのが特徴。 既に所持している場合はHPを確保したい高難易度マルチ等で編成候補となるが、 代用武器も多くサプチケやムーン交換での取得優先度は低い。 パラシュと同様に既に所持している場合はHPを高くする必要がある 高難易度バトルで編成候補だが、優先して入手を目指す必要性は低い。 2倍、4凸時点で1. 23倍にする強力なスキル持ち。 神威でHP底上げもでき、対水属性の場合は必須武器。 上限付近のダメージを出せる編成では火力を伸ばす手段として有効。 一振など刀武器の数を用意できる場合は編成に組み込んでいきたい。 白虎邪に比べて攻刃量では劣るが、Lv150ならATKの差でこちらが優先される。 ソロモンドライブと比較するとHP最大時の攻撃力が下がる代わりに、低HP時の攻撃がより強力になる。 低HP想定のバトルならこちらを優先。 背水寄りのティターン編成では、空いた枠にはこの武器を入れたい。 5凸後は第2スキルのメイン装備縛りがなくなり、サブ装備時にも恩恵を得られるようになる。 ユグドラシルブランチより優先度は下がるものの、5凸追加で奥義の回復性能やHP確保も可能となり、フルオート適性も高まった。 高難度のソロバトルなど耐久編成を組む際に候補となる。 5凸SLv20まで強化済みなら1本程度編成しておきたい。 必殺武器.

次の