妊娠後期 貧血 対処法。 妊娠中の血圧が低い!低血圧の症状と改善法は?

我慢しないで!妊娠中期の頭痛の原因と対処法について

妊娠後期 貧血 対処法

妊娠をすると女性の身体にはさまざまな変化が現れます。 血液量が妊娠前の最大1. 5倍にまで増えることで、心臓のドキドキ(動悸)を感じやすくなります。 また、血液量の増加に比べて血球成分はさほど増加しないため、妊娠前と比べて血液が薄まって酸欠状態になったり、お腹の赤ちゃんを育てるために鉄分が不足し鉄欠乏性貧血になったりすることがあります。 これらの要因により妊婦の方は「貧血」になりやすいといわれています。 妊娠中に妊婦さんが貧血気味になるのは決して珍しいことではありません。 なかでも妊婦さんの貧血の多くが「鉄欠乏性貧血」です。 めまい・動悸・息苦しいといった症状が代表的です。 妊婦さんの貧血は、分娩時の出血増加や微弱陣痛、流産・早産の原因になる恐れがあります。 ひどい貧血を感じたり貧血が続いていたりする場合には、病院に相談しましょう。 妊娠中に息苦しいと感じる原因には血圧が関係する場合や不安・ストレスといった心理的なものが関係している場合もあります。 妊娠中には、女性ホルモンの影響で妊娠初期から中期にかけては血圧が低く、妊娠後期には血圧が高くなる場合があります。 血圧の変化によって起こる症状のひとつである動悸によって息苦しいと感じる人もいます。 妊娠は身体だけでなく心にも変化を引き起こす場合があります。 第一子の場合には親になるという新たな社会的役割に直面したり、出産後のお金・仕事・家族関係に悩んだり、程度に差はあれど妊婦は不安になることが多いといわれています。 出産や妊娠における変化に対する強い不安やストレスが「不安障害」に発展し、息苦しいと感じたり、過呼吸になったりする妊婦も少なくありません。 他にも風邪や花粉症などで鼻づまりになって息苦しさを感じるといった人や双子を妊娠しているため身体に負担がかかり息苦しいといった人もいるようです。 息苦しいという症状だけで原因を特定するのは難しいかもしれません。 妊娠は身体だけでなく、心にも変化を引き起こす場合があります。 特に第一子の妊娠の場合には親になるという新たな社会的役割に直面したり、出産後のお金・仕事・家族関係に悩んだりするのは珍しくありません。 程度に差はあれども、妊婦さんはストレスや不安を抱えることが多いといわれています。 なかには「不安障害」に発展し、息苦しいと感じるだけでなく、パニックや過呼吸になる妊婦さんもいます。 妊娠中の不安は、ひとりで抱え込まずに誰かに相談することが大切です。 夫やパートナー、家族、友人、地域や企業の専門窓口への相談でも良いでしょう。 パニックや過呼吸といった強い症状が出ている場合には、かかりつけの産婦人科医にも対処法を相談しましょう。 妊娠中は身体の血流量が増えるために、妊娠前よりも水分が必要となります。 頻尿や足のむくみを気にして、妊娠中に水分をなるべくとらないようにする妊婦さんもいますが、妊娠貧血や血栓症などの予防のためにも水分は積極的にとることが推奨されています。 吐き気などを引き起こすつわりの治療としても水分補給は重要な役目を果たすため、意識的に水分摂取を行うようにしましょう。 赤ちゃんに影響をおよぼす飲み物もあるため、妊娠中にとれる水分は限られています。 カフェインは妊娠中も禁止はされていませんが、大量に摂取するのはやめましょう。 カフェインはコーヒー以外にも、緑茶や紅茶、チョコなどにも含まれているため注意が必要です。 夏の暑い日には冷たいものが飲みたくなってしまいますが、なるべく常温の水分を摂取し、身体を冷やさないように気をつけてくださいね。 息苦しくて眠れないという妊婦さんは少なくありません。 妊娠中期以降にはお腹が大きくなるにつれてお腹の圧迫感で睡眠不足になる人もいます。 寝ているときに息苦しいと感じることがあれば、寝方を工夫してみましょう。 仰向けではなく、横向きになってやや身体を起こすと重力で子宮が少し下がり、胃や肺の圧迫がとれていくらか呼吸が楽になる人もいます。 慣れない姿勢で寝ていると、腰や背中、胸の筋肉に負担がかかり、痛みを訴える人もいます。 片膝もしくは両膝を軽く曲げて左を下にして横向きに寝る「シムス位(シムス体位)」を試してみても良いかもしれません。 寝るときの息苦しさがシムス位によって解消される人もいます。 足のあいだにクッションを挟めば、より身体の力が抜けて楽になります。 妊娠後期の息苦しさは多くの人が経験しますが、赤ちゃんが生まれればこの症状は必ずなくなります。 自分なりの楽な姿勢を見つけられると良いですね。 妊娠中に息苦しいと感じたことがある妊婦さんは多いといわれています。 息苦しさは日常生活に大きな影響を与えるものなので、大変な日々を過ごしている方もいるかもしれません。 原因によっては妊娠初期から息苦しいと感じる場合があり、妊娠後期には子宮による肺の圧迫があるため、妊娠中からいつからいつまで影響が出やすいと断言することができない症状である点もつらいと感じる人が多い理由のひとつなのかもしれません。 仕事や家庭の忙しさにより、携帯用の酸素吸入器(酸素ボンベ)などを使用して息苦しさに対処する方もいるようですが、酸素中毒になる可能性もあるため、使用する際には必ず医師に相談しましょう。 息苦しさにより胸焼けを感じたり冷や汗が出たりする人もいるため、可能な限りは異常を感じたら無理せず安静にしましょう。 自分なりの対処法を見つけられると良いですね。

次の

妊婦は貧血になりやすい!外出中に具合が悪くなった時の対処法

妊娠後期 貧血 対処法

妊娠中はつわりを皮切りに様々なマイナートラブルが起こります。 症状にもその辛さにも個人差はありますが、少しでも楽しく快適にマタニティライフを過ごしたいものですね。 つわりを乗り越えてからの安定期は妊娠中の中でも一番活動しやすい時期のため、旅行に出かけたり妊婦向けのスポーツを楽しむ人も多いことでしょう。 しかし、そんな 安定期に入る頃からは貧血に注意が必要なことをご存知でしょうか? 妊娠すると疲れやすくなったり息切れしやすくなりますが、実はこれらの原因も貧血だと言われています。 貧血は症状がひどいと急に意識を失って倒れることもあります。 意識をなくしてお腹を下にして倒れてしまう危険もあるため、赤ちゃんを守るためにもしっかりと対処したいものです。 では、どのように対処したらよいのでしょうか? 貧血対策というとレバーを食べるなど食事を改善するイメージがありますが、どのような方法がよいのでしょうか? 今回は、妊娠中の貧血の症状や対処法、食事での改善法について調べてみました。 ・めまい、立ちくらみ ・耳鳴り ・疲れ、体がだるい ・視界が暗くなる ・動悸、息切れ ・顔色が悪い ・寒気 私は妊娠7か月の頃に貧血で倒れたことがありますが、まさに上記の症状でした。 貧血は突然血の気が引いて立ちくらみするので倒れてしまうこともあります。 意識を失っていたらお腹を打ったり下にして倒れてしまう危険もあるため注意が必要です。 貧血の初期症状 では、貧血症状がひどくなる前に気付くことはできないのでしょうか? 妊娠中期になると、産院では貧血を調べるための血液検査を行います。 そのため進行具合がまだひどくないうちに気付くことができますが、検査よりも前に貧血が進行している場合もあるため要注意です。 自覚症状がないままに進むこともあるので、もし次に挙げるような初期症状があれば貧血を疑ってみてください。 ひどくなってしまう前に病院で相談することをオススメします。 ・軽いめまい、立ちくらみ ・疲れやすい ・動悸、息切れしやすい ・顔色が悪い ・朝起きるのが辛い ・口内炎、口角炎 妊娠中の貧血の対処法は? もし貧血症状が起こってしまったら、無理をしないで休むことが大切です。 そして症状が回復するまで安静にすることです。 もう大丈夫と思って行動したらまたすぐに症状が起こることもあります。 仕事や家事などやらなければならないことに追われている時はつい急いでしまいますが、それは赤ちゃんにもママの体のためにもよくありません。 決して無理をせず治まるまで待ちましょう。 周りの人の邪魔にならないように、まずは 楽な姿勢で横になれる場所を確保します。 もしスペースがなければ椅子に座るなど無理のない姿勢を取りましょう。 血流をよくするためにも体の上にひざ掛けや上着などをかけて体を温めましょう。 【スポンサーリンク】 そもそもなぜ妊娠中は貧血になるの? 実は 女性の5人に1人は貧血だと言われています。 月経や妊娠出産で血液を失うため男性よりもなりやすいそうです。 そのため、 もともと貧血気味の人は妊娠中により強く症状が出る可能性がありますし、貧血でなかった人も妊娠をきっかけに貧血になるケースもあります。 では、なぜ妊娠すると貧血になりやすいのでしょうか? 妊娠中は血液を通してお腹の赤ちゃんに酸素や栄養を運ぶため、体内を循環する血液量が増えます。 しかし、赤血球の数はそれほど増えないので血液中の赤血球の割合が減り、同時に水分量が増えるために血液が薄くなってしまいます。 そのため、全身に酸素が行き届かなくなり、めまいや立ちくらみなどの貧血症状が現れます。 特に妊娠中期以降は赤ちゃんの成長が加速するため、より鉄分が必要となり貧血が起こりやすくなります。 そのため、 妊娠中は貧血になりやすいことを念頭に置いて予防するための工夫が必要になります。 妊娠中の貧血を改善させる食事とは? 赤ちゃんに必要な酸素と栄養を送るためにも、分娩時の出血に備えるためにも早いうちから貧血に備えることが大切です。 貧血の症状でママ自身の活動が制限されないためにも早めに改善しておきたいですよね。 では、貧血を改善するためにはどうしたらよいでしょうか? 貧血の原因は赤血球の血液中の割合が減ることなので、赤血球を構成するヘモグロビンの量を増やすことが大切となります。 ヘモグロビンの材料は鉄分です。 つまり、 鉄分を普段よりも多く摂取することが必要です。 では、どうすれば鉄分を摂取できるでしょうか? 病院での血液検査の結果によっては鉄剤が処方されたり、ご自身で鉄分のサプリメントを購入して摂取することもあるでしょう。 不足している鉄分を補うのに有効なため医師の診断に従ってください。 しかし、薬やサプリメント以外に自宅でできることもあります。 それは 食事の改善です。 鉄分を豊富にとるよう普段の食事を工夫してみましょう。 薬とサプリメントについては、をご参照ください。 鉄分といえばレバーが有名ですが、実はその他の肉や魚、野菜にも含まれています。 バランスのよい食事をとることが大切です。 鉄分はこのような食材に多く入っています。 ヘム鉄 ・肉類・・・・・レバー、牛肉 ・魚介類・・・・カツオ、マグロ、カキ、ひきじ非ヘム鉄 ・野菜類・・・・ほうれん草、小松菜 ・豆類・・・・・豆乳、納豆 ・フルーツ類・・プルーン、レーズン 鉄分は、肉や魚介類に多く含まれるヘム鉄と野菜類に多く含まれる非ヘム鉄の2種類があります。 ヘム鉄は非ヘム鉄よりも吸収率が高いという特徴があるものの、一方で妊娠中の過剰摂取に注意が必要なビタミンAを多く含む食材もあるため食べ過ぎに気を付けなければなりません。 ビタミンAの過剰摂取は奇形のリスクがあると言われているからです。 大事なのは、これらの食材をバランスよく食べることと、吸収力をよくするための食べ方の工夫をすることです。 ではどのような工夫をするとよいでしょうか? 食べ方の工夫をご紹介していきます。 例えば副菜に野菜サラダや果物を食べると効果的です。 しかし、 肉や卵などの動物性タンパク質と一緒に食べると吸収率がアップするのでオススメです。 このタンニンは鉄分の吸収を悪くするため、 麦茶などタンニンを含まない飲み物を選ぶようにしましょう。 私も妊娠中は家にあった鉄製の鍋でよくお鍋をしていました。 どうぞ試してみてください。 最後に 妊娠中の体は赤ちゃんの成長のために自然と血液量を増やすため、貧血は赤ちゃんが育っている証拠なのかもしれません。 しかし、症状が出るとママは辛いですよね。 貧血を予防するためにも、症状がひどくなる前になるべく早いうちから食事の改善をする必要があります。 鉄分を摂取しやすくする工夫をして貧血対策ができるとよいと思います。

次の

【体験談】妊娠中に息苦しくなる原因と対処法

妊娠後期 貧血 対処法

ホルモンや貧血、圧迫が原因にも 妊娠中の動悸の原因は様々なものがあります。 まず一つ目は、妊娠によるホルモンバランスの変化によるものです。 妊娠すると、多量に分泌されるプロゲステロンというホルモンの作用によって自律神経が乱れ、その影響で動悸が起こることがあります。 二つ目は、妊娠中の貧血によるものです。 妊娠中は胎児に栄養や酸素を送るために妊婦さんの血液量や血球量が増えます。 この時、赤血球の量よりも血液量の増え方が多いため、妊婦さんは貧血になりやすく、貧血になることで動悸や息切れ、めまいなどの症状が起きます。 三つ目は大きくなった子宮が肺や横隔膜を圧迫することで動悸が起こることがあります。 また、血液量が増えることで心臓が今まで以上に頑張り、その結果として動悸を感じることもあります。 吐き気、頭痛の症状も 妊娠初期の動悸の主な原因はホルモンバランスの変化によるものです。 妊娠するとプロゲステロンというホルモンの分泌量が増加します。 そのホルモンの作用により、自律神経が乱れ、動悸が起こります。 また自律神経の乱れは動悸だけでなく、冷や汗、吐き気、便秘、下痢、頭痛といった体の不調をきたすこともあります。 また、妊娠初期はこの他にもつわりがありつらい時期であるため、体調がすぐれないときは無理せずにしっかりと休息をとるようにしてくださいね。 ですが妊娠初期はまだ見た目にはわからないものの、お腹の中の赤ちゃんにとっては重要な臓器や器官の作られる大事な時期です。 自己判断で薬を飲んだりせず、つらい時は医師に相談をしてください。 貧血によるめまいや息切れに注意 妊娠中期の動悸の原因は初期に引き続き、ホルモンバランスの変化によるものに加え、貧血によるものがあります。 妊娠中期(妊娠5ヶ月~7ヶ月)頃になると妊婦さんの血液量や血球量もどんどん増えていきます。 ですが、この時に同じ量の血液と血球が増えるわけではなく、赤血球の量よりも血液の量の方が増える量が多いため妊婦さんは貧血になりやすいのです。 貧血になると動悸だけでなく、めまいや息切れ、体のだるさといった症状が現れることがあります。 貧血は度合いによっては薬を処方されることもあります。 貧血がすすみ、めまいが頻繁に起こると転倒などの危険性もあるため無理はせずにしっかり鉄分をとるように心掛けてくださいね。 横になるだけでもつらい ごんたれさんからの体験談: 30週頃、お腹の張りがきつくなってきました。 普通の量のご飯を食べたくてもすぐにお腹がパンパンになってしまい苦しくなってしまいました。 その後も息苦しさが続き、横になって休む日々でした。 またお腹も徐々に大きくなるので、腰痛もその分悪化しました。 寝ている時の寝返りができずいつも痛い思いをしながら起き上がっていました。 それから動悸や息切れが多くなってきました。 普通に座っていたり、横になったりしているだけなのに息切れし始め、とてもつらかったです。 夜も寝つきが悪くなり何度も起きてしまいました。 トイレも近くなるのでぐっすり寝れるということがなくなってしました。

次の