コロナ ゲーセン。 コロナショックに苦しむゲームセンターを支援し、ゲーセン文化を守りたい!ゲーセン版さきめし「さきクレ」がサービス開始!|Gigi株式会社のプレスリリース

新型コロナ:イオン系ゲーセンや文化教室、新型コロナで相次ぎ休業 :日本経済新聞

コロナ ゲーセン

新型コロナウイルスに関する当社施設の各種対応について 2020. 18 2020. 13 最終更新:2020. 18 お客様各位 日頃より、バンダイナムコアミューズメント運営施設をご利用いただき誠にありがとうございます。 また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方およびご家族、関係者のみなさまに心からお見舞い申し上げるとともに、医療従事関係者のみなさまに深く感謝申し上げます。 当社では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止措置として以下の対応をさせていただきます。 新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」ならびに自治体要請の発出に伴い、対象となる当社施設は一時休業等をさせていただきます。 詳しくは各施設の公式ホームページおよび公式ツイッター等をご確認ください。 《当社運営各施設の情報はこちら》 上記以外の当社施設につきましては、関係業界団体および各自治体による感染拡大予防ガイドラインを踏まえ、以下の対応をいたします。 母体施設等が臨時休業や営業時間変更、フロアを限定した営業などをする場合、当施設もこれに沿ったものとなりますので母体施設の情報をご確認ください。 《お客様と従業員の安全のために》• 対人距離確保のため、従業員はお客様と一定の間隔を取ってご案内いたしますことをご了承ください。 従業員には就業前の健康チェックを義務付けるとともに、うがい、手洗い、消毒の励行、マスクの着用や咳エチケットの徹底など、各種感染対策を強化いたします。 巡回時に機器等の除菌清掃を行っておりますのでご協力いただきますようお願いいたします。 キッズ向け有料施設では、営業時間前後に加え、営業時間中にも遊具および設備などに対する除菌清掃を実施いたしますのでご協力いただきますようお願いいたします。 お客様のご来場状況により入場制限をさせていただく場合がございます。 一部の機器やコーナーの稼働を休止しております。 また、換気向上のため一部機器の遮蔽物等を撤去しております。 機器や環境音などの音量を低く設定しております。 地域や施設により、必要に応じてこのほかの感染予防対策を実施いたします。 《お客様へのお願い》• ご来場の際はマスクの着用や咳エチケット等と併せてお客様同士の対人距離確保へのご協力をお願いいたします。 また、各施設内または店頭等に手指消毒液をご用意しておりますのでご利用ください。 風邪の症状や37. 土日祝等を除く臨時休校期間中の開店から15時までの間、保護者様ご同伴を除く小中高生のみでのご入場をお断り申し上げます。 なお、新型コロナウイルス感染拡大防止措置に伴い、今後も急な営業時間の変更・臨時休業が発生する可能性がございます。 そのため、各施設のページに掲載している営業日・営業時間が異なる場合がございます。 お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞ上記事情をご賢察いただき、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 株式会社バンダイナムコアミューズメント•

次の

新型コロナ対策で「ゲームセンターが一蘭に」Twitterの投稿に注目集まる

コロナ ゲーセン

東京都が6月12日からロードマップ「ステージ3」への移行を決定したことによって、東京都内でもようやくゲームセンターの営業再開が認められた。 だが、新型コロナウイルスの脅威が完全に消滅したわけではなく、各店舗ではクラスターの発生源とならないよう、しっかりとしたウイルス対策が求められることは、改めて言うまでもないだろう。 かつて、ゲーセンで勤務していた経験を持つ筆者は、プレーヤーのひとりとしてゲーセンで遊べる元の生活が戻って来たことを喜ぶのと同時に、各店舗ではどのようなウイルス対策を実施しているのか、オペレーションにも非常に気になっていた。 ならば、百聞は一見にしかずということで、ゲーセンへ取材に行かない手はない。 「ステージ3」に移行したまさにその日、府が緊急事態宣言を出して以来、約2か月ぶりに営業を再開したタイトーステーション池袋西口店にてオペレーションを見せていただいたので、読者の皆さんにも早速ご紹介しよう。 3密を回避し、筐体の消毒を徹底する独自のオペレーションを実践 タイトー広報によると、6月12日から東京都内の全27店舗で一斉に営業を再開したとのこと。 営業にあたり、ウイルス感染拡大防止の取り組みとして、スタッフが各コーナーでのアルコール消毒や水拭きによる清掃を実施するとともに、3密を避けたプレイ環境を用意するため、以下の写真のように筐体の消毒を実施したかがひと目でわかる、面白いアイデアを採用している。 換気のため可能な限り出入口や窓を開放し、空気洗浄機の設置も行っているほか、一部のゴミ箱の利用を中止している。 各スタッフは入店時に検温を実施し、勤務中はマスクの着用のほか、1時間ごとに手洗い、うがい、消毒を実施し、希望者には手袋の着用も認めているそうだ。 また、プライズゲームで景品を取った客に対する景品袋の手渡しをやめ、フロアに置かれた袋をセルフで利用するようお願いしている。 来店客に対しては、上記の写真のようにマスクの着用、入・退店時に手指の消毒をお願いするとともに、 体調が優れない、風邪の症状や発熱(37. 5度以上)ある場合や、14日以内に感染症の流行地域から帰国した人の入店を禁止している。 店内ではプレイ中、または並ぶ際は間隔を空け、ソーシャルディスタンスを確保するようにお願いをしているほか、店内の状況によっては入場制限をする場合があるとのこと。 なお、都道府県をまたぐ移動の自粛要請にともない、県外からの入場は控えてほしいとのことだ。 また、6月12日から同店ではダーツバー「MEGARAGE メガレイジ 池袋」を新たにオープンした。 酒やドリンク、フードを飲んだり食べたりしながらダーツが遊べ、イベントスペースも用意されているが、現在はイベントスペースの貸し出しは一時中止している。 こちらのテーブルにも消毒液が常備され、バーカウンターには飲食店などと同様に透明のビニールカーテンを設置していた。

次の

全国ゲーム屋コロナウイルス対応支援窓口一覧

コロナ ゲーセン

東京都が6月12日からロードマップ「ステージ3」への移行を決定したことによって、東京都内でもようやくゲームセンターの営業再開が認められた。 だが、新型コロナウイルスの脅威が完全に消滅したわけではなく、各店舗ではクラスターの発生源とならないよう、しっかりとしたウイルス対策が求められることは、改めて言うまでもないだろう。 かつて、ゲーセンで勤務していた経験を持つ筆者は、プレーヤーのひとりとしてゲーセンで遊べる元の生活が戻って来たことを喜ぶのと同時に、各店舗ではどのようなウイルス対策を実施しているのか、オペレーションにも非常に気になっていた。 ならば、百聞は一見にしかずということで、ゲーセンへ取材に行かない手はない。 「ステージ3」に移行したまさにその日、府が緊急事態宣言を出して以来、約2か月ぶりに営業を再開したタイトーステーション池袋西口店にてオペレーションを見せていただいたので、読者の皆さんにも早速ご紹介しよう。 3密を回避し、筐体の消毒を徹底する独自のオペレーションを実践 タイトー広報によると、6月12日から東京都内の全27店舗で一斉に営業を再開したとのこと。 営業にあたり、ウイルス感染拡大防止の取り組みとして、スタッフが各コーナーでのアルコール消毒や水拭きによる清掃を実施するとともに、3密を避けたプレイ環境を用意するため、以下の写真のように筐体の消毒を実施したかがひと目でわかる、面白いアイデアを採用している。 換気のため可能な限り出入口や窓を開放し、空気洗浄機の設置も行っているほか、一部のゴミ箱の利用を中止している。 各スタッフは入店時に検温を実施し、勤務中はマスクの着用のほか、1時間ごとに手洗い、うがい、消毒を実施し、希望者には手袋の着用も認めているそうだ。 また、プライズゲームで景品を取った客に対する景品袋の手渡しをやめ、フロアに置かれた袋をセルフで利用するようお願いしている。 来店客に対しては、上記の写真のようにマスクの着用、入・退店時に手指の消毒をお願いするとともに、 体調が優れない、風邪の症状や発熱(37. 5度以上)ある場合や、14日以内に感染症の流行地域から帰国した人の入店を禁止している。 店内ではプレイ中、または並ぶ際は間隔を空け、ソーシャルディスタンスを確保するようにお願いをしているほか、店内の状況によっては入場制限をする場合があるとのこと。 なお、都道府県をまたぐ移動の自粛要請にともない、県外からの入場は控えてほしいとのことだ。 また、6月12日から同店ではダーツバー「MEGARAGE メガレイジ 池袋」を新たにオープンした。 酒やドリンク、フードを飲んだり食べたりしながらダーツが遊べ、イベントスペースも用意されているが、現在はイベントスペースの貸し出しは一時中止している。 こちらのテーブルにも消毒液が常備され、バーカウンターには飲食店などと同様に透明のビニールカーテンを設置していた。

次の