薬師丸ひろ子 両親。 薬師丸ひろ子と玉置浩二の結婚と離婚の裏側がヤバイ!?再婚を考える驚きの相手とは!?

薬師丸ひろ子の若い頃がメチャ可愛い!!元旦那は玉置浩二で現在は独身?

薬師丸ひろ子 両親

そんな憧れの生活を、(56才)はすでに送っていた。 トップ女優の意外な素顔。 東京から車で2時間。 落葉広葉樹に囲まれたその土地は、一年を通じて豊かな四季を感じられる。 新緑が目に眩しい昼下がり、色とりどりの別荘が点在する林間の小道を、向こうから男女ふたりが、ほどよい距離で並んで歩いてきた。 その女性は、現在放送中のNHK連続テレビ小説『エール』で、ヒロイン・音()の母親・関内光子を好演する薬師丸ひろ子(56才)だった。 「薬師丸さんは2013年に大ヒットした『あまちゃん』に次ぐ2度目の朝ドラ出演を楽しんでいるようです。 歌手になるという夢を持つヒロインが熱唱するシーンの収録では、『歌声を聴いていて、私も歌いたくなっちゃったわ』とおどけていましたよ」(ドラマ関係者) 薬師丸は過去にインタビューでこう語ったことがある。 「私は実生活で母親になった経験がありませんから、固定観念がないぶん、母親役を自由に演じられるんです」 『エール』では、子供がまだ幼いときに事故で夫を亡くし、女手ひとつで3人娘を育てる、強くて優しいシングルマザーの役どころだ。 時に「女が男に黙って従う時代じゃないで!」と男性にタンカを切る強い女性。 時に「お父さんは、目には見えないけれど、ずっとあなたたちのそばにいる」と涙ながらに娘を励ます母親。 家業の馬具製造を苦労しながら切り盛りし、娘の成長にも真っ直ぐ向き合う光子の姿に、「朝から泣けてしょうがない」(50代主婦)という声も少なくない。 柔和な表情の中にも強い芯を感じさせる女優・薬師丸のハマり役なのだろう。 1964年に東京・港区で2人姉妹の次女として生まれた薬師丸は、14才にして映画『野性の証明』でスクリーン・デビュー。 1981年には代表作となる名作『セーラー服と機関銃』のヒロインを務め、主題曲で歌手デビューを果たすと、その曲は160万枚を超えるメガヒットを記録した。 「清純派女優として人気が爆発し、角川映画の看板女優へと駆け上がりました。 そのため、自宅には昼夜を問わずファンが殺到しました。 学業への支障を恐れた母親は、父親を自宅に残したまま薬師丸さんを連れて家を出て、当時薬師丸さんが通っていた高校の近くに引っ越したほどでした。 自分のせいで両親が離れ離れに暮らすことが心苦しかった薬師丸さんは、20才で独立して個人事務所を立ち上げ、家族と一緒に暮らすため横浜に豪邸を建てたそうです」(芸能関係者) 1991年、27才で(61才)と結婚して芸能界をセミリタイアするも、1998年に離婚。 当時、薬師丸の誕生パーティーの席上で玉置が「今日で別れます」と前代未聞の離婚宣言をしたことが、スキャンダラスに報じられた。 「離婚後に薬師丸さんは芸能活動を再開しましたが、恋愛話については口をつぐむようになりました。 モダンな外観の2階建てで、家の裏にはストーブ用の薪が積まれている。 薬師丸は都内一等地にも、かつて玉置と暮らした豪邸を所有しているが、「最近は庭先の手入れもされていないし、めったに姿を見かけない」(近隣住民)という。 東京都心育ちのシティーガールのイメージが強い薬師丸が、なぜ田舎暮らしを選んだのか。 地方でのゆったりとしたスローライフの傍らには、そっと寄り添う恋人がいる。 「薬師丸さんの恋人は、50代後半のNHKのカメラマンAさんです。 2001年に薬師丸さんが出演していたBSドラマ『コウノトリなぜ紅い』の撮影を担当した縁で薬師丸さんと知り合い、ほどなくして東京の彼女の自宅で半同棲するようになったようです。 職人気質の仕事人でありながら温和で優しいAさんは、薬師丸さんのご両親とも良好な関係だそうですよ」(テレビ局関係者) 長らく事実婚の関係にあるA氏とは、近年になって地方移住をしたようだ。 地方とはいえ、東京まで車でおよそ2時間。 10代から東京でキャリアを積んだ女性が、50代に入って自分らしいゆったりとしたペースで仕事を続けるにはちょうどいい。 地方移住には、もう1つ大きな理由があった。 薬師丸の両親がすぐ近くの別荘で暮らしているのだ。 「Aさんが薬師丸さんと暮らすようになった頃に、ご両親は別荘地に拠点を移して田舎暮らしを始めました。 ひょっとして、玉置さんのときに二世帯同居につまづいたので、娘のために距離を置こうという気持ちがあったのかもしれませんね。 お母さんは高齢で足が悪いので薬師丸さんがしばしば東京から様子を見に行っていましたが、5〜6年前にAさんが別荘を購入して、近くに住むようになりました。 Aさんも薬師丸さんのご両親の近くに住むことには大賛成だったそうです」(薬師丸を知る関係者) 5〜6年前といえば、東北・岩手の三陸海岸の町を舞台にした『あまちゃん』の放送直後。 東京生まれ、東京育ちの薬師丸だが、そのドラマをきっかけに地方暮らしのスローライフに親近感を持ったのかもしれない。 ましてや新型コロナに見舞われているいま、薬師丸のような暮らしをうらやましいと感じる女性がとにかく増えている。 「都会に住むということに、こんなに大きなリスクがあるとは思いませんでした。 リモートで仕事ができる環境も整ってきたし、月に何度か東京に出てくれば充分に仕事は続けられる。 住みやすい地方の物件を本気で探しています」(40代フリーランス女性) 「田舎で暮らす80代の両親のことが気になるのに、感染症を防ぐため、東京の人は地方に行くことができません。 いま倒れられたら、死に目にも会えないのではないかと、気が気でないです。 こんなことなら夫の退職を機に、住み慣れた地元に帰っておけばよかった」(60代主婦) 薬師丸は10年以上前のインタビューで、理想の生活についてこう語っていた。 「年齢を重ねて、自分がどうやったら居心地がいいのかが、だんだんわかってきたような気がします。 先のことをあまり思い煩わずに、淡々と、できれば死ぬまで仕事を続けていきたい。

次の

薬師丸ひろ子は玉置浩二と結婚していた!彼氏や事実婚・子供はいるの?

薬師丸ひろ子 両親

交際15年のNHKカメラマンと同居する薬師丸ひろ子 2013年の『あまちゃん』効果もあり、各方面で引っ張りだこの薬師丸ひろ子(50才)。 1998年に玉置浩二(56才)と離婚した薬師丸は休止していた芸能活動を再開させると、2001年に運命の人に出会う。 それはNHKカメラマン・Aさん(52才)だ。 「2001年に薬師丸さんが出演していたBSドラマ『コウノトリなぜ紅い』の撮影を担当していたのがAさんでした。 彼は職人気質な面もあるんですが、一方で優しい性格を持ち合わせて、それが薬師丸さんが惹かれた理由だったようです」(テレビ局関係者) 当時、薬師丸は都心の一等地に建つ3億円の豪邸に両親とともに暮らしていた。 交際をスタートさせると、ほどなくしてAさんも彼女の自宅に出入りするようになる。 「薬師丸さんは優しいAさんなら両親ともうまくやれると思い、彼を自宅に招くようになったんです。 2004年ぐらいには、Aさんは週のほとんどを薬師丸さんの自宅で過ごす半同棲状態になりました。 このころから薬師丸さんのご両親も栃木・那須の別荘で暮らすようになって…。 それは薬師丸さんの再婚を考えてのことでした。 自分たちがいることで彼女に肩身の狭い思いをさせてはいけないと考えて、自ら出ていったそうです。 いくつになっても自分の娘の幸せを願わない親はいませんからね」(薬師丸の知人) しかし、なかなか再婚に踏み切らなかったふたり。 そんななか、昨年7月『女性自身』でふたりの破局が報じられる。 だが、ふたりは別れるどころか、交際も15年目に突入して、新たな局面を迎えていた。 「これまでAさんは生活のほとんどを薬師丸さんの家で過ごしていたんですが、彼名義の近所のアパートは借りたままにしていたんです。 しかし、最近になって、そのアパートも解約して、荷物も全部、薬師丸さんの自宅に運び込み、公的な手続きもすべてすませたそうです。

次の

薬師丸ひろ子

薬師丸ひろ子 両親

薬師丸ひろ子は事実婚の同棲の彼となぜ結婚しない 2010年、薬師丸ひろ子は事実婚をして6年が経過しようとしていた。 順調にその旦那とはいっているようだった。 しかし、前の旦那は玉置浩二だっただけに再婚が嫌になっていたのか? 「近所のスーパーで薬師丸さんと男性がふたりで買い物をしていたのを見かけました。 目立たないように、薬師丸さんは帽子をかぶっていましたね。 結婚したという話は聞いてないですけど、はたから見えると、夫婦にしかみえませんでしたよ」(商店街店主) 男性とは2004年に交際が報じられたNHKカメラマンのAさん。 「2001年に放送されたドラマ・コウノトリなぜ紅いに薬師丸が主役を演じ、撮影をAさんがしたのがきっかけだった」(スポーツ紙記者) ふたりは薬師丸の両親も住む都内の豪邸で同棲をしていた。 「たまにですけど、男性の方がゴミ出しする姿を見かけますよ。 薬師丸さんが犬の散歩をしているのも何度かみかけたことがあります」(目撃したOL) ふたりは順調に愛を育んでいたようだ。 そんな薬師丸とは対照的なのは、1998年に離婚した元夫・玉置浩二だ。 タレントの青田典子との復活愛で世間を賑わせていた。 さらに2009年2月にも、女優の石原真理と復活愛を報じられた。 この玉置の復活愛の願望は青田や石原に限った話ではないようで・・・なんと、「石原さんと別れた後、1998年に離婚した薬師丸にもコンタクトを取ろうとしたと、一部で報じられました。 本当にあったのかは不明ですけど」(スポーツ紙記者) 2010年、薬師丸というと、「近年は女優として映画に引っ張りだこです。 さらに2010年1月、20年ぶりに開いたコンサートでは約9000円のチケット2000枚が3分で完売しました」(芸能プロ関係者) 籍は入れる予定はなく、事実婚でふたりは上手くやって行くことが出来るのか。 薬師丸ひろ子とNHKカメラマンとの再婚は 豪邸で恋人と結婚を前提に交際していた薬師丸ひろ子。 しかし、いつの間にかひとりで豪邸で暮らすようになっていたという。 「薬師丸さんと同居されていた男性、たしかNHKのカメラマンでしたよね?あの男性の姿ですが、ここ1年ほどみかけなくなりましたね」(近所の住民) 都内にある総床面積約300㎡の豪邸に住む薬師丸ひろ子。 この家は1998年に薬師丸が玉置浩二と離婚した際に財産分与されたもの。 彼女はこの豪邸で両親と8年来の恋人Aさんと同居していたが2012年6月、薬師丸だけがひとりで住んでいたという。 「両親も見かけませんね。 以前は両親で犬の散歩をしていたのに。 近頃はゴミ出しも車の運転もご本人がしていますね」(同上) 「薬師丸さんが40歳になった直後、写真誌に交際を報じられたのがAさんでした。 カメラマンとして数々の受賞経験もあるベテラン。 ふたりは2001年6月に放送されたドラマ・コウノトリなぜ紅いで、主演女優と撮影担当として知り合いました」(テレビ局関係者) 2004年に同棲が発覚した時には、交際は順調だと思われていた。 近所の住民も「おふたりは近く結婚すると聞きました」などと口を揃え、Aさんは薬師丸さんの家のマスオさんと呼ばれているほどだった。 さらに2011年2月、ニュージーランドで起きた大地震があった数日後、ホームセンターに足を運ぶAさんを週刊誌が目撃している。 家具の転倒防止器具などを購入していた。 それから1年ふたりは何があったのだろうか?2012年6月9日は薬師丸の48回目の誕生日だった。 しかし、自宅では彼女はひとりで住んでいた。 「両親はかなりの高齢ですから、病院などに併設されたケアマンションに入られた可能性も考えられます。 それなら薬師丸さんが仕事で長期留守にしても問題ないですから」(芸能リポーター) 一人生活を選んだ背景には50歳という節目に近づくなかで心境の変化があったようだった。 薬師丸は、2012年の日テレ24時間テレビのドラマスペシャルに出演した。 主演の嵐・二宮和也の母役に「本当に楽しくてワクワクした気持ちです」と喜んでいた。 Aさんの方は、薬師丸邸の近所でみかけられなくなった時間を境にカメラマンとしての仕事を増やしていたようだ。 別れの選択によりお互い、さらに仕事に集中できる環境になったのだろう。 その後、2013年に薬師丸はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演し話題になった。 そして2014年7月、週刊誌がふたりの破局を報じた。 しかし、実際はふたりは別れるどころか、交際も続いていたという。 再婚するかは分からないが、お互い50歳を越えて、生涯を一緒に過ごす決意が固まったかもしれません。

次の