エクセル タブ切り替え ショートカット。 瞬時に操作!Excelのリボンに関するショートカットキー|Office Hack

【Excel】タブを素早く移動する方法

エクセル タブ切り替え ショートカット

ショートカットキー【単独】 単独のキーによるショートカットを紹介します。 基本のものが多いので、当たり前に使っているキーがほとんどだと思います。 復習の意味も込めて、目を通してみてください。 選択解除、入力削除、キャンセルなどできる多機能キー 日本語や英数字の入力変換 右や左に移動する 日本語や英数字の入力変換 入力したデータを削除する 入力の確定とセルの移動 タブを選択する 入力中の文字を全角・半角カタカナに変換する 入力確定後の文字を再度変換できる PC画面をコピーする セルを固定しシートを上下左右に動かす 上書き入力する 入力したデータを削除する Home 先頭行まで戻す End データがある範囲の文末に移動する PageUp 約1画面分、上にスクロールする PageDown 約1画面分、下にスクロールする 機能の切り替え 1. 【Esc】選択解除、入力削除、キャンセルなどできる多機能キー Escキーは『エスケープ』と読みます。 意味は『逃げる』になりますが、エクセルではとても便利なショートカットキーです。 選択の解除や、入力削除、キャンセルなどができる多機能なショートカットキーです。 ぜひ活用してください。 同じ働きをするショートカットキー【CapsLock】もあります。 【Tab】右や左に移動する データベースなど右向きに入力する場合、Tabキーを押すだけで選択セルが右に移動します。 Enterを押すと『Tabキー』を押し始めた列まで戻るので、連続した入力に最適です。 【CapsLock】日本語や英数字の入力変換 ショートカットキー【CapsLock】は日本語入力や英数字入力に簡単に切り替えることができます。 【BackSpace】入力したデータを削除する ショートカットキー【Backspace】は入力中の時、左側の文字を1文字ずつ削除します。 【Enter】入力の確定とセルの移動 Enterキーは、入力の確定をすることができます。 入力中ではないセルにEnterキーを押すと、選択セルが下に移動します。 Enterキーは基本中の基本ですね。 【Alt】タブを選択する Altキーを押すと、タブなどに数字やアルファベットが表示されます。 そして、その数字やアルファベットを押していくことで使いたい機能を操作できます。 Altキーから始まるショートカットキーを『アクセスキー』と言います。 【無変換】入力中の文字を全角・半角カタカナに変換する 【無変換】は、入力中の文字を全角カタカナや半角カタカナに変換することができます。 【変換】入力確定後の文字を再度変換できる 【変換】は、入力確定した文字を再度、変換しなおすことが出来る機能です。 【PrintScreen】PC画面をコピーする 画面を保存したい場合、PC画面をPrintScreenでコピーすることができます。 PrintScreenでコピーした画面をペイントなどに貼り付けて保存できます。 【ScrollLock】セルを固定しシートを上下左右に動かす 選択したセルは固定したまま、シートだけ動かすことができるショートカットキーです。 【Insert】上書き入力する Insertは、文字の上から文字を入力する『上書きモード』になります。 文字と文字の間に挿入はできなくなります。 BackSpaceやDeleteを押したときにInsertも押してしまい、気づかないうちに上書きモードになっている場合もありますよね。 【Delete】入力したデータを削除する ショートカットキー【Delete】は入力中の時、右側の文字を1文字ずつ削除します。 【Home】先頭行まで戻す ショートカットキー【Home】は、選択しているセルの先頭の行に移動することができます。 例えば『Z1セル』を選択していた場合、ショートカットキー【Home】を押すと一瞬で『A1セル』に移動することができます。 【End】データがある範囲の文末に移動する Endキーを押すと『Endモード』になります。 左下に表示されます。 Endモードの状態でEnterキーを押すと、データがある範囲の文末まで移動することができます。 【PageUp】約1画面分、上にスクロールする ショートカットキー【PageUp】は、選択しているセルから上に向かって約1画面分スクロールすることができます。 【PageDown】約1画面分、下にスクロールする ショートカットキー【PageDown】は、選択しているセルから下に向かって約1画面分スクロールすることができます。 【NumLock】機能の切り替え NumLockはテンキーに備わった機能です。 NumLockを押すことで、テンキーに記載された『数字』と『Home』などを切り替えることができます。

次の

ショートカット|タブを閉じる・開く・タブの切り替え(Windows/Mac)

エクセル タブ切り替え ショートカット

エクセルの作業は、マウスを持ったり、キーボードに切り替えたりと忙しく手が動きますね。 よく動かすわりに作業が進まないことってあります。 こんなときは、ショートカットキーが便利。 数ステップの操作がワンタッチで実行できます。 今回は、エクセルでよく使うショートカットキーを紹介します。 「名前を付けて保存」画面が表示され、素早く保存できます。 新しいブックの場合も名前を付けて保存できます。 セルの書式をまとめて設定したり、表示形式を指定したりする場合に便利です。 「時:分」で表示されます。 編集状態に変わります。

次の

保存版【エクセルショートカットキー一覧】覚えている人は仕事が早い!|エクセルドクター

エクセル タブ切り替え ショートカット

この記事の内容• ファンクションキーによるショートカット一覧 ファンクションキーによるショートカットを抜粋してご紹介します。 ファンクションキーとは、キーボードの上の方に 「F1」「F2」「F3」…のようにある、「F」と数字を組み合わせたキーのことを言います。 ファンクションキーのみ ファンクションキーのみのショートカットは、どれも覚えやすく活用したいものばかりです。 F1:Excelのヘルプを作業ウインドウ内に表示 F2:選択しているセルの編集をするために、入力されている内容の末尾にカーソルを移動します。 F4:直前のコマンドや操作を繰り返す 数式内のセル名を選択している間は、絶対・相対参照の組み合わせを切り替えることが可能です。 F5:「ジャンプ」のダイアログを表示 「ジャンプ」機能では指定したセルに移動をすることが可能です。 F6:ワークシート・リボン・作業ウィンドウ・ズームコントロール間で切り替える F7:ダイアログを表示してスペルチェック F8:拡張選択モードを切り替える 拡張選択モードにすることでドラッグしなくても、範囲を選択できるようになります。 F9:開いているブックの全てのシートを計算 F10:キーヒントのオンとオフを切り替える F11:現在選択している範囲からグラフを作成 グラフは、「グラフ1」「グラフ2」という名のついた新しいシートに作成されますので注意してください。 ブックに関するもの ブックに関する操作には、Ctrlが使用されます。 マウスなしでもExcel操作をしたい場合には、是非覚えておきたいキーです。 文字入力の際に活躍するショートカットキー 文字や数式を入力する際に使いこなしたいショートカットキーです。 操作に関するショートカットキー 操作に関するショートカットキーは、優先して覚えたい項目の一つです。 範囲を選択しておくと、選択範囲内のみで置換が可能です。 漢字の表記ゆれや固有名詞の修正などに便利です。 コピー&ペーストに便利なショートカットキー Excelを使用するのに欠かせないショートカットキーです。 Excelには他にも、沢山のショートカットキーがあります。 ショートカットキーをマスターすることで、業務効率をあげるだけではなく、ノートパソコンでマウスなしでも快適に資料の制作をすることができるようになります。 良く使う機能から覚えて活用してくださいね。

次の