キレイ ライン 大阪。 キレイラインで歯列矯正を始めた初回の感想体験談

【キレイライン】2万円~の歯列矯正やってみた【予約~マウスピース装着1週目】|ポジラボ

キレイ ライン 大阪

キレイラインって本当にお得なの? 最近耳にするようになったキレイライン、もともと少し歯並びが気になっていたし、手軽にできる歯科矯正なら話だけでも聞いてみたいという人も多いはず。 ところで、そもそも キレイライン矯正ってどんな矯正なのでしょうか。 特徴は主に 8点あります。 3種類のオーダーメイドマウスピースを使用する• 初回 2万 円、2回目以降 4万 円、平均合計費用は 20万 円• 矯正装置が 透明で目立たない• 自由に取り外し可能• ホワイントニング併用可能• 約4週間に1度の診察• でも、この「初回2万円、2回目以降4万円、平均合計費用は20万円」は、従来の相場に比べるとあまりにも安く、 本当に効果があるのかどうか不安になりますよね。 キレイライン矯正は本当に効果があるのでしょうか…? 医師監修!新矯正技術の効果 キレイライン矯正は、 マウスピース装置の弾性を利用して必要な部位に力を加え歯を動かす歯列矯正プランです。 マウスピース矯正手法に独自のフィロソフィを導入して作られており、日本人の歯の動き方を考慮し、見た目を改善することに特化しています。 矯正経験20年を超える歯科医師が監修しています。 ちゃんと効果を期待できる矯正プランなのに、他の矯正プランと比べて、どうしてこんなに安くすることができているのでしょうか? どうしてこんなにお得なの?2つの秘密 編集部は調査して行くうちに、キレイラインがお得な 2つの秘密について知ることができました。 【1】前歯上下6本に特化した部分矯正 従来の矯正は、全ての歯並びをまとめて矯正する全体矯正です。 それに比べ、キレイライン矯正は 人目につきやすい前歯上下6本に特化した部分矯正です。 つまり、 奥歯の歯並びは施術することができません。 これはキレイライン矯正の 大きなデメリットと言ってよいでしょう。 奥歯の施術費やマウスピース製作費用等を抑えることができ、私たちが支払う費用がその分安くなるのです。 でも、前歯上下6本を矯正することでどの程度綺麗な歯並びになれるか、自分自身ではわかりませんよね… 【2】国内で製造した自社製品 従来のマウスピース矯正は、海外で製造された製品を使用しているため、輸送費やライセンス費用がかかってしまいます。 それに比べ、キレイライン矯正は 国内の技巧所で製造された自社製品のマウスピース矯正装置を使用しています。 つまり、 海外からの 輸送費やライセンス費用がかかりません。 私たちが支払う費用がその分お得になるのです。 vs他の矯正プラン ここからはキレイライン以外の矯正方法についてです。 従来矯正と言えば針金を使ったワイヤー矯正が主流でしたが、近年では様々な矯正方法が登場しています。 それぞれにメリット・デメリットがあるので、キレイラインの特徴と比べてみて下さい。 vs 表側ワイヤー矯正・裏側ワイヤー矯正 矯正治療と聞いて多くの人が思い浮かべるのがこの表側ワイヤー矯正です。 また、見た目を良くするために生まれた裏側ワイヤー矯正という矯正プランもあります。 下の図を参考に、それぞれの矯正とマウスピース矯正を比べてみましょう。 しかし 適応範囲においては、ワイヤー矯正の方が優れています。 施術費用目安・期間は、どの矯正においても負担が大きいことが現状です。 vs インビザライン 次に、他のマウスピース矯正プランと比較します。 日本での マウスピース矯正の王道と言えば、このインビザラインです。 下の図を参考に、キレイラインとインビザラインの違いを見ていきましょう。 この2点がキレイラインの 最大のメリットです。 他にも検診から施術開始まで・歯に装置貼り付けなどで、キレイラインが優れています。 適応範囲・来院頻度においては、インビザラインが優れています。 キレイラインが合ってるのは〇〇な人 安さの秘密や他の矯正プランとの比較結果を知るにつれて、キレイライン矯正を選ぶべき人がわかってきました。 歯の特徴と暮らしの特徴で分けてご紹介します。 歯の特徴4タイプ• 出っ歯• すきっ歯• 八重歯• 受け口 *対応可能な症例は他にもあります。 確かめたい方はカウンセリングへ行くことをオススメします。 暮らしの特徴3タイプ• できるだけ早く矯正を終わらせたい• キレイラインはどこの歯科医院でも行っている訳ではありません。 取り扱いをしている店舗は以下の通りです。 歯列矯正は手軽に始められる時代に いかがでしたでしょうか? キレイライン矯正は、 安い費用・短い期間・手軽さというメリットを持った、新しい矯正プランだということがわかりました。 まずは気軽に相談に行ってみてはいかがでしょうか。

次の

2万円から始められる「キレイライン矯正」が2月1日(土)に大阪院をオープン予定

キレイ ライン 大阪

リテーナーが痛くて無理 頭ではデメリットはわかっていたものの、キレイラインを実際やってみると「痛い」と「面倒くさい」の合わせ技攻撃は私には無理でした。 虫歯でもないのに歯(歯茎)が寝ても覚めてもずーっと痛いって言うのは、思った以上にストレス大なのです。 私は結構頭を使う仕事をしているので、痛みで気が散ってまったく考えに集中できず仕事が進みません。 夜も良く寝られないのでますます頭が回りません。 さすがにずっとロキソニンの痛み止めを飲み続けるわけにもいかず、困りました。 「痛みの少ないリテーナー」と書いてありましたが、体感は個人差によるのかと思います。 リテーナーを外すのも面倒くさくて無理 そして、前回の記事にも書いたリテーナーの付け外しが固くてしずらいとうのがまた激しく面倒くさいのです。 ほんとに歯がもげるんではないかと思うほどガッチリはまっているのを外すので、以前セラミックにした歯も爪も折れそうだし気が気じゃないのです。 ついでに外しても歯の痛みは変わりません。 どちらか1つだったら我慢できたかもしれませんが、キレイラインの痛くて面倒くさい攻撃は、私のモチベーションを3日でゼロまで減らすほどの攻撃力で失敗でした。 歯を削れば矯正もすぐ動く…え? キレイラインを辞めた直接の原因ではないですが、こんなこともちょっと引っ掛かりました。 初回のカウンセリングで歯科医に言われて「え?」と思ったのが、「歯を削れば矯正で動くのが速くなりますよ」という言葉でした。 この先生ではなくて友人の歯科医に以前聞いた話だと、今どきの歯科治療はなるべく歯を削らない方が良いというのが新常識だとか。 虫歯ですら、小さなものなら削らないほうが歯の寿命が延びるそうです。 ご存知の通り歯は削ってしまったら二度と再生しません。 こちらの先生は健康な歯を、矯正のためだけに削るのもいとわない歯医者さんなんだ…と思ってしまいました。 もちろんキレイラインのために歯を削ることはお断りしました。 時間は余計にかかるけど削らなくても矯正で動くとのことで始めましたが、歯型をよく見ると私のこの前歯、明らかに歯列に収まりきっておらず重なっています。 奥歯も隙間なくギチギチです。 オーバーに描いたイメージ図。 前に別の歯医者さんでも、私はあごに対して歯が大きすぎるというようなことを言われたことがありました。 キレイラインの矯正で動かすのは 前歯6本ずつだけです。 奥歯は対象外です。 私の歯、ほんとに前歯だけで奥歯は動かさないで、全部の歯が定位置にしっかり収まるのか?咬み合わせは問題なく仕上がるのか?と疑心暗鬼になってきました。 確かにこの重なり歯をきっちり収めるには、削って隙間を作るという判断も理解できます。 しかし、健康な歯を犠牲にしてまでは矯正したくないです。 今回の矯正、仮に我慢して続けてもなんか失敗しそうな悪い予感もしてきました。 「歯科矯正 失敗」で検索すると、多数の後悔している人々の感想記事がヒットします。 私の危険回避アラートがピコピコと反応し始めました。 そしてこの後に友達との海外旅行も控えていたので、「痛いし面倒くさいし、これじゃ旅行も全然楽しめない!」と思い、悩んだけど3日後に自己判断で今後のキレイラインの予約はキャンセルすることに決定しました。 たった3日で思いのほかストレスもたまっていたらしく、私の場合ストレスで良く発動する扁桃腺炎も炎上し始め、高熱で寝込んでしまいました。 はい、我ながら根性ないです。 キャンセル電話の塩対応 ところで、私のかかった歯医者さんは、歯科衛生士さんなどのスタッフの接客が敬語もあまりなくなかなかカジュアルで、そういう雰囲気の病院なんだなと理解しました。 キャンセルしたのは申し訳ないですが、迷惑にならないようにかなり日数に余裕をもってキャンセル連絡したのに、なかなかしょっぱいご対応でした。 歯列矯正早くも挫折中断 歯列矯正は1回やってみたかったので、初回に払った金額に後悔はありません。 むしろ早めの損切り終了を決断したので損失が少なくてよかったです。 キレイラインは都度払いの支払いなのでありがたかったです。 もしこのまま数か月矯正を続けていた未来は、 「我慢したおかげできれいな美しい歯並びになってより楽しい人生」になっていたか、 「我慢した上に矯正失敗して後悔しかない暗い人生」になっていたかはわかりません。 ですので、当記事にキレイラインの優劣を語る意図はないことをご理解ください。 私が自己判断で継続を停止したまでです。 私は、美味しいものを美味しく食べることを人生の最優先事項として生きています。 見た目が良くなくても、しばらくはこのままの歯並びでも美味しく食べられることに感謝して生きていこうと思います。 また突拍子もなく何か始めるかもしれませんが。 と言うわけで、気になるあなた様は、キレイラインならまず初回だけやってみられても取り返しがつきますので飛び込んでみても大丈夫ですよ。 とりあえずキレイライン一択で突っ込んでしまった私としては、複数の歯科医院に相談して決めた方がより安心かとは思います。

次の

キレイラインが受けられる店舗~札幌・仙台がオープン予定~

キレイ ライン 大阪

「 初回2万円から矯正できる!」と話題のキレイライン矯正。 その安さの理由やメリット、怪しくはないの?…などなど、気になる疑問を全部まとめてみました。 「費用が高い」「期間が長い」「見た目が悪い」「痛い」「いったん始めたら勝手にやめられない」などの、 従来の矯正に対するネガティブな印象ががらりと変わります! 透明なマウスピースを使った矯正法なので、矯正中もほとんど人に気づかれません。 ) 従来の矯正治療には、 100万円程度の費用と2年前後の期間を要するのが一般的。 一方キレイラインは、 費用も期間も驚くほどコンパクト。 これまで矯正をためらっていた人も、気軽に始めることのできる設定になっています。 スピーディーに治療を開始できる 通常のマウスピース矯正では型取りをしてから 治療開始まで1ヶ月~2ヶ月かかるため、治療開始が遅れてしまいます。 キレイラインなら、 型取りから治療開始までが 最短3週間。 時間を空けずに始められます。 忙しい人や目標となるイベントがある人も、これなら気軽に矯正を始められます。 2段階の硬さのマウスピースで痛みを調整 キレイラインは初めは薄い素材のソフトマウスピース、慣れるにしたがいハードマウスピースと段階を上げていくシステム。 最初から強い力をかけることがないため、痛みが心配な方でも比較的やりやすいのが特徴です。 これまでにない自由さでプレッシャーとは無縁 一般的に矯正治療では、 最初に定められた治療計画通りに最後まで進めていくことが求められます。 気持ちや生活の変化、自分と歯科医の求めるものの違いなどが原因で、プレッシャーが生まれることも…。 キレイラインは 治療したい分だけ契約するという、自分主体のスタイル。 十分だと感じたら途中でやめてもOKという、これまでにない自由さが魅力です。 ホワイトニングも付いてくる 歯並びがキレイになってくると、口元のトータルの美しさが気になってくるもの。 キレイラインでは、 最低1回分以上ホワイトニング込みの料金になっているため 矯正用マウスピースを利用して同時にホワイトニングも可能です。 歯科医師処方のホワイトニング剤だから安心して利用できますね。 他のマウスピース矯正とキレイラインの費用相場を比較すると… マウスピース矯正の中でも代表的な「 インビザライン」と費用を比較してみましょう。 費用の目安 治療期間 キレイライン 約100,000円~300,000円 約5ヶ月~1年3ヶ月 インビザラインライトの場合 約500,000円前後 約7ヶ月~1年 インビザラインフルの場合 約700,000円~1,200,000円 約2年~2年半 奥歯も含めた全体の大掛かりな矯正も行うことができる「 インビザラインフル」は、 ほぼ従来のワイヤー矯正と同等の費用と期間がかかることがわかります。 「 インビザラインライト」は、 軽度の歯列不正を対象としており、マウスピースの枚数は14枚と決まっています。 用途では「インビザラインライト」がキレイラインに近いのですが、 比較するとキレイラインが安価で期間も短いですね。 キレイライン矯正は「 1 人でも多くの方が歯科矯正治療を受けられるようにしたい」という想いから、粗利を大きく削り、 価格を原価ギリギリに設定しているそうです。 見える範囲の矯正に特化しているから キレイライン矯正では 見た目を大きく左右する歯 合計12本の前歯 を重点的に動かし、理想の歯並びに近づけます。 奥歯を大きく動かすことはしないそう。 このおかげで人件費も3分の1程度に抑えることができ、価格を下げられるそうです。 こうして 優れたコストパフォーマンスを実現しているということですね。 キレイライン矯正が適応できる症例 キレイライン矯正(マウスピース矯正)は『軽度の症例しか治せない』と思っている人も多いですが、 実は様々な歯並びに対応可能となってきているんです。 拡大床の料金はクリニックによって異なります。 1回ずつ購入したい場合は、1回4万円の費用になります。 セット買いを組み合わせたほうが、費用が安くなります。 拡大床の料金はクリニックによって異なります。 1回ずつ購入したい場合は、1回4万円の費用になります。 セット買いを組み合わせたほうが、費用が安くなります。 拡大床の料金はクリニックによって異なります。 1回ずつ購入したい場合は、1回4万円の費用になります。 セット買いを組み合わせたほうが、費用が安くなります。 キレイライン広報です🦷 私の1回目と4回目の歯型を比較してみました。 上下前歯の出っ歯が随分改善されています😳コースで契約した場合、2〜4回の計3回分を一度に受け取ることができます。 キレイライン矯正の適応内であれば、従来のワイヤー矯正よりも 非常に安い金額で治療が完了しますので、まずは歯科医師に相談してみることをオススメします。 興味がある方は、以下のリンクからキレイラインの提携の歯医者さんに初回検診の予約をしてみてください。 ここからは キレイライン矯正を始めるまでの全体の流れをお伝えしていきます。 キレイライン矯正の治療の流れ 1. 提携クリニックで初回カウンセリング 専門のドクターが、歯並びや咬み合わせをチェック。 何回くらいの治療でどこまでキレイになりそうかについて話し合います。 歯医者さんと相談して、キャンセルもできるので、まずは相談してみるのがオススメ。 申し込みと会計 納得がいったら、治療を申し込みます。 その日のうちに型取りを行うので、会計をします。 型取り マウスピースを作るための型取りをします。 型取りにかかる時間は、 初回は60分程度、2回目以降は30分程度(クリニックにより異なる)です。 当日の治療内容はここまで。 いったん帰宅し、 2週間~3週間後に再来院します。 マウスピース受け取り 硬さの違う2つのマウスピースを受け取ります。 この時、着用時の注意や保管方法などについて教えてもらいます。 その日から使用開始が可能です。 その後は約1ヶ月前後に、検診を受けます。 毎回、 矯正の進み具合をドクターと分析し、矯正を続けるかどうかを決定します。 終了・保定 やめたいタイミングで終了することができます。 終了後は、歯の後戻りを防ぐために保定が欠かせません。 骨が落ち着くまでは、最後に使ったマウスピースを入れるなど、歯科医師の指示のもと保定しましょう。 キレイライン矯正ができる提携クリニックは? 現時点では、 東京都・神奈川県・千葉県・岡山県・大阪府・愛知県に取り扱いクリニックがあります。 変更されてる場合があります ぜひ興味のある方は お近くにクリニックがあるか確認して、相談の予約をしてみてくださいね。 『 あなたの歯の状態でキレイライン矯正ができるのか? 』 『 できる場合は、どれくらいの治療回数が目安として必要か? 』 上記のような内容を、検診時にお医者さんが説明してくれます。 色々と相談をした上でキレイライン矯正をはじめるか検討できるので、 まずは1回相談してもらうことをおすすめします! 関連する記事•

次の