予言一覧。 ノストラダムスの大予言の内容一覧!地球滅亡は3797年?

日月神示とは?2020年の予言や日本の今後は?世界の終末とは?

予言一覧

この記事の目次• 2001年9月11日「アメリカ同時多発テロ」? <VI-97> 空は燃える 45度で 炎は近づく 大いなる新都市に 時をうつさず ばらまかれた巨大な火が跳ねまわる ノルマン人を試さんと欲するとき 解説によると、「北緯40〜45度に位置するニューヨークが空からの爆撃にさらされる」と予言しています。 さらに「他国がニューヨーク空爆を敢行することは考えにくい」ので「地球外人類=UFOの襲来!?」と結んでいました。 しかし、「2001年9月1日アメリカ同時多発テロ」という形で4つの航空機がハイジャックされて、ニューヨークで空からの攻撃が実際に起こってしまいました。 この時の映像が上述の和訳と合致するように思えてなりません。 ただ、大噴火がどこの火山を示しているのかが気になりますが。 中国の軍事台頭? 前振りが長くなってしまいましたが、今回この記事を書くきっかけになった中国の軍事台頭に関する2つの予言を紹介します。 「中国軍がヨーロッパ・法王庁へ進攻する」 <II-29> 男が東から腰をあげて出てくる アッペンニーノ山脈を越えてゴールに会いに 空を飛び海を渡り雪を踏みわける そして鞭で皆を打ちのめす 「東方から来る男とは、中国の侵攻か?」 <V-54> 大いなるタタールと黒海の彼方から ひとりの王が登場 フランスを見に来るだろう アラニア アルメニアを越え ビザンチウムに血まみれの鞭を置く この本を読んだ1988年当時、私は中学生でしたが、「中国は面積が広くて人口は多いが、貧しい国なので予言通りになることはあり得ない。 」と思ったのを今でも鮮明に覚えています。 それもそのはず、1988年の中国の名目GDPは日本のわずか10分の1程度でしたが、2014年には日本の2倍以上(1988年と比べると約24倍に成長)になっており、今やアメリカと世界を二分する経済大国に成長しました。 そして、この経済力を盾に軍事力も増強し、最近では尖閣諸島や南沙諸島など海洋進出が盛んになっており、この二つの予言も現実味を帯びてきてしまっています。 日本の未来は明るい? 暗い予言ばかりで恐縮ですが、「日本の未来は明るいのでは!?」という予言があったので最後に紹介したいと思います。 <III-97> 新しい法が新しい土地を支配するだろう シリア ユダヤ パレスチナのあたり 野蛮な大帝国が崩壊するだろう 太陽の世紀が完了するまえに やや解釈が偏っているとは思いますが、「太陽の世紀」を「日本の世紀」と考えると、将来日本とイスラエルが手を組んで世界を支配するようになると解説しています。 ただ、話は全くかわりますが、自分の人生についてはただ漠然と生きるのではなく、時々「自分の未来を予言」してみるのも夢実現の近道になるかもしれません。 ノストラダムスの大予言関連記事 Name: shin APPLEBERRY 1974年生まれ、鹿児島県志布志市出身、鹿児島市在住。 食品メーカーで営業企画を担当。 ブログでは歴史、書評、映画、マーケティング、Apple、スマホ、アプリ、ダイエット、マラソン、お酒、グルメ、ネコなど、仕事やプライベートに関わらず思いつく限り書いていきます。 () カテゴリー• 108• 11 アーカイブ• 10 タグ.

次の

世界の預言書の一覧

予言一覧

上記でご紹介したように、ババヴァンガは12歳の時に砂嵐の影響で両目が使えなくなってしまいました。 しかし、両目が使えなくなってしまったことがきっかけとなり、予知能力を身に着けることができたようです。 そしてババヴァンガはほかの人が見えないような、不思議な生物が未来の出来事を教えてくれると発言していたようです。 実際に、盲目となってしまった人が未来を予知したり、霊能力者として活躍することは少なくありません。 そのため、ババヴァンガのこの発言に関しても、本当だと感じる人もいれば、嘘だと思っている人もいることでしょう。 しかし、ババヴァンガの予言の的中率を見れば、本当なのではないか、と思ってしまうのも無理はありません。 上記でご紹介したように、ババヴァンガの予言は高確率で当たるといわれています。 あまりの的中率から、アドルフヒトラーから直接訪問を受けて、戦場を聞かれることもあったといいます。 それほど、ババヴァンガの予言の的中率は大きなものと言えます。 そんな中で、下記ではババヴァンガは当てたとされている予言をいくつかご紹介していきます。 このババヴァンガの予言ですが、あまりにも多くの予言が的中してしまったため、ブルガリア政府はババヴァンガの予言を国家機密扱いにしたといいます。 ただ、その後は政権が交代されたため、一部のみですが解禁されているようです。 ババヴァンガが過去に当てた予言として、9. 11米国内多発テロ事件が挙げられます。 ババヴァンガは、「アメリカで鉄の鳥が双子に衝突して、大勢の人々が死ぬ」と予言したといいます。 「鉄の鳥」は飛行機、「双子」は世界貿易センタービルを意味していると考えられるでしょう。 実際に、飛行機が世界貿易センタービルに衝突しました。 ババヴァンガの予言だけでは、この事件を予想することはできません。 しかし、実際に事件が起きてから見比べてみると、ババヴァンガの予言が当たっていることが分かります。 この事件ではかなり多くの人がなくなってしまったこともあり、世界規模で見て、ババヴァンガの予言は当たる可能性が高いと言えるのではないでしょうか。 ババヴァンガの予言では、未来のことも予想することができるとされています。 そのため、ババヴァンガは生前に2019年の予言についてもいくつか語っているようです。 この予言は世界各国の予言を示しており、中にはありえないと思えるようなものまで存在しているといいます。 しかし、この予言が本当に起きるとしたら、世界では混乱が起きてしまうでしょう。 ただし、ババヴァンガの予言は80%から85%の確率で当たるといわれています。 そのため、2019年の予言ではすべて外れる可能性もあるでしょう。 しかし、ババヴァンガが予言しているものは2019年だけではなく、自分たちの生命に関わるようなものもあるといわれています。 それについては、のちに詳しくご紹介していきましょう。 ロシアの大統領として知られているプーチンですが、2019年には暗殺されるとの予言があります。 プーチンはかなり長い間政治にかかわっており、それに対してデモを行う人たちが増えています。 そして、ババヴァンガの予言では、反政府勢力の死刑囚スパイによって毒殺される可能性が高いといわれています。 ただし、可能性が高いというだけです。 プーチンには影武者がいるとの噂もあるため、実際にプーチンが暗殺されるのかは不明です。 しかし、過去にもプーチンを狙ったとされる事故が起きており、多くの人から批判されていることも見れば、暗殺される可能性は少なからずあるということになります。 ババヴァンガの予言の通りになってしまえば、ロシアでは新しい政権が生まれることでしょう。 ババヴァンガの予言では、2019年にヨーロッパで経済危機が発生するといわれています。 実際にイギリスがEUを脱退していることや、イタリアも脱退の準備をしていることが挙げられます。 また、EUをまとめていたとされるメルケル首相が、2021年に政界を引退すると表明しています。 そのことから、EUが崩壊してしまうのは時間の問題なのかもしれません。 そして、ユーロ圏の金融システムが一時的に停止状態になれば、世界的に大きな影響を与えてしまうことでしょう。 このヨーロッパでの経済危機が起こってしまうと、日本でもその影響が及ぼされてしまうことも覚悟しておかなければいけません。 そのため、ババヴァンガの予言に沿って物事が進んでいる今、何か対策をしなければいけないでしょう。 しかし、ここまで進んでしまった今、EU崩壊は免れないのかもしれません。

次の

【ノストラダムスの予言】未来の日本で地震や戦争は?豚の友人とは?

予言一覧

この記事の目次• 2001年9月11日「アメリカ同時多発テロ」? <VI-97> 空は燃える 45度で 炎は近づく 大いなる新都市に 時をうつさず ばらまかれた巨大な火が跳ねまわる ノルマン人を試さんと欲するとき 解説によると、「北緯40〜45度に位置するニューヨークが空からの爆撃にさらされる」と予言しています。 さらに「他国がニューヨーク空爆を敢行することは考えにくい」ので「地球外人類=UFOの襲来!?」と結んでいました。 しかし、「2001年9月1日アメリカ同時多発テロ」という形で4つの航空機がハイジャックされて、ニューヨークで空からの攻撃が実際に起こってしまいました。 この時の映像が上述の和訳と合致するように思えてなりません。 ただ、大噴火がどこの火山を示しているのかが気になりますが。 中国の軍事台頭? 前振りが長くなってしまいましたが、今回この記事を書くきっかけになった中国の軍事台頭に関する2つの予言を紹介します。 「中国軍がヨーロッパ・法王庁へ進攻する」 <II-29> 男が東から腰をあげて出てくる アッペンニーノ山脈を越えてゴールに会いに 空を飛び海を渡り雪を踏みわける そして鞭で皆を打ちのめす 「東方から来る男とは、中国の侵攻か?」 <V-54> 大いなるタタールと黒海の彼方から ひとりの王が登場 フランスを見に来るだろう アラニア アルメニアを越え ビザンチウムに血まみれの鞭を置く この本を読んだ1988年当時、私は中学生でしたが、「中国は面積が広くて人口は多いが、貧しい国なので予言通りになることはあり得ない。 」と思ったのを今でも鮮明に覚えています。 それもそのはず、1988年の中国の名目GDPは日本のわずか10分の1程度でしたが、2014年には日本の2倍以上(1988年と比べると約24倍に成長)になっており、今やアメリカと世界を二分する経済大国に成長しました。 そして、この経済力を盾に軍事力も増強し、最近では尖閣諸島や南沙諸島など海洋進出が盛んになっており、この二つの予言も現実味を帯びてきてしまっています。 日本の未来は明るい? 暗い予言ばかりで恐縮ですが、「日本の未来は明るいのでは!?」という予言があったので最後に紹介したいと思います。 <III-97> 新しい法が新しい土地を支配するだろう シリア ユダヤ パレスチナのあたり 野蛮な大帝国が崩壊するだろう 太陽の世紀が完了するまえに やや解釈が偏っているとは思いますが、「太陽の世紀」を「日本の世紀」と考えると、将来日本とイスラエルが手を組んで世界を支配するようになると解説しています。 ただ、話は全くかわりますが、自分の人生についてはただ漠然と生きるのではなく、時々「自分の未来を予言」してみるのも夢実現の近道になるかもしれません。 ノストラダムスの大予言関連記事 Name: shin APPLEBERRY 1974年生まれ、鹿児島県志布志市出身、鹿児島市在住。 食品メーカーで営業企画を担当。 ブログでは歴史、書評、映画、マーケティング、Apple、スマホ、アプリ、ダイエット、マラソン、お酒、グルメ、ネコなど、仕事やプライベートに関わらず思いつく限り書いていきます。 () カテゴリー• 108• 11 アーカイブ• 10 タグ.

次の