ジョシュ パーキンス。 (446) ビッグ: 自動録画された映画見まくり

八村塁は17得点6リバウンド! ゴンザガ大が圧勝で開幕2連勝を飾る!

ジョシュ パーキンス

の大学3年目のNCAAトーナメントは、エリート8でテキサステックに敗戦して幕を閉じた。 2年前に進出したファイナル進出の成績を超えることはできなかったが、八村自身は全米にその名が知れ渡り、徹底マークを受ける選手へと飛躍を遂げるシーズンになった。 その背景には、語学を習得し、コーチやチームメイトから信頼を得て、ひとつひとつの経験を積み上げて自信をつけていったゴンザガ大での3年間がある。 この1年、八村を取り囲む取材では必ずといっていいほど、NBAのことが質問にあった。 しかし本人が目標としてNBAについて語ることがあっても「僕の耳にもドラフトがどうとか、いろんな話が入ってきますけど、僕はこのチームでプレーするのが好きなので、いま心がけているのは自分のやるべきこと、チームの目標に集中するだけ」という発言を繰り返すだけだった。 そのチームの目標がNCAAトーナメントでのファイナル4進出であり、その先の全米制覇だった。 それだけに、トーナメントに懸けていた思いは大きく、敗れた直後には「生まれてはじめて」という悔し涙があふれて止まらなかった。 この涙の意味は、負けた悔しさや、大好きなゴンザガでのシーズンが終わってしまう喪失感など、様々な思いが詰まったものだった。 大舞台で懸命にプレーしたからこそ見えた課題も明白になり、今後さらなるステップアップを目指す八村にとって、成長の糧となる涙になったはずだ。 ゴンザガと日本代表のエースへと躍進を遂げたこの1年。 日本とアメリカで発した言葉の数々からの『成長の軌跡』をたどり、記録しておきたい。 前編は自身が感じたゴンザガでの成長について紹介しよう。 八村はチームリーダーに成長した [写真]=小永吉陽子 一言で言うと楽しいチーム。 本当にこのチームが好きですね。 僕、こっちに来た頃、ゴンザガの練習を見たときにビックリしたんです。 チーム内で言い合いをするようなケンカが始まったり、それがしょっちゅうで、みんな練習でも試合でも言いたいことを言う。 でも、そうやってケンカみたいのをして、だんだんチームワークが良くなっていくのが楽しかった。 バスケ以外でもチームメイトと一緒にいることが多いし、バスケ以外もすごく楽しいチームです。 バスケに関しては、アメリカではあんまり背が大きいほうではないですけど、僕とBC(ブラントン・クラーク)の4番と5番が動けて、4年生のジョシュ(パーキンス)がコートの中でも外でもリーダーになってくれたので、みんなが司令塔のジョシュについていって、どこからでも走れて点が取れるのが持ち味。 どこからでも攻める中でボールをシェアするので、チームワークが僕たちの誇りです。 お互いを信じ合っていたので、いいシーズンになったんだと思います。 1年生のときは「まったく」だったけど、2年生では「だいたい」でやっていて、3年生になって「ほぼほぼ」何を言っているかわかりますし、コミュニケーションも取れるようになり、自分のやりたいことを意見として出せるようになりました。 3年生になってからは「チームの中心選手としてリーダーとしてやってほしい」とコーチたちに言われているので、そうなると声をかけていかないといけないので、語学が上達したことが役に立っています。 1年生の時はわからなかったことも、3年目の今ならコートで何が起きているかだいたいわかるので、今では言いたいことをチームメイトに言えるようになりました。 これまで僕にいろいろ教えてくれたコーチやチームメイトに感謝していますし、ゴンザガに来て本当に良かったと思う。 それに、プレーだけでなく、声をかけることでもリーダーになれていると思います。 それに、体が大きくなっただけじゃなく、ジャンプ力やディフェンスのフットワークとか、オフェンスでは体の使い方がうまくなったので、今までよりもっと動けるようになったんじゃないかと思います。 当たりの強さは日本とアメリカでは全然違うんですけど、でも慣れてくれば、当たりが強い中でもやれます。 注目されることで責任が出てきたんじゃないかと思います。 あまり考えすぎると自分のやるべきことが絡まったりするので、そういう重さみたいなものは横に置いといて、あまり考えないようにしています。 僕が心がけているのは、自分とチームの目標に向けて、毎日毎日やるべきことをやるだけ。

次の

八村塁がWCCの最優秀選手賞を受賞、米メディアも相次ぎ報道

ジョシュ パーキンス

WCCの最優秀選手賞受賞を米メディアも続々報道 男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大のが、ウェストコースト・カンファレンス(WCC)の最優秀選手賞を受賞。 NBAドラフトの1位候補として注目を集める八村の快挙を、現地メディアも続々と報じている。 29勝2敗と快進撃を続けるゴンザガ大のエースとして、八村は1試合平均20. 6得点。 7リバウンド、フィールドゴール成功率61. これを受けて、米放送局「Fox 28 Spokane」電子版は「ゴンザガが地区を支配し、八村がWCC最優秀選手賞を受賞」と報じしている。 「地区内での圧倒的な成績を考えれば順当に、ゴンザガ大がウェスト・コースト・カンファレンスのポストシーズンの賞を独占した」 「ルイ・ハチムラがWCC年間最優秀選手賞に選出され、チームメイトのブランドン・クラークは最優秀守備選手と最優秀ニューカマー賞、マーク・フュー監督がWCC最優秀監督賞に選ばれた」 オール・WCCファーストチームに4人選出は20年ぶり快挙 こう伝え、八村を筆頭にクラーク、フュー監督も表彰されたことを伝えている。 また地元紙「スポークスマンレビュー」も「ゴンザガがWCCの賞を支配。 ルイ・ハチムラが最優秀選手賞を受賞」と題して記事を展開。 4つの個人賞と、オール・WCCファーストチームの10人中4人を占めたことも紹介している。 記事によると、八村以外にも、クラーク、ジョシュ・パーキンス、ザック・ノーベル・Jr. の4選手がファーストチームに選出され、これは1999年のゴンザガ大以来、20年ぶりだという。 地区内にとどまらず圧倒的な成績を残しているゴンザガ大。 そのエースとして君臨する八村の受賞は極めて順当と見られている。 (THE ANSWER編集部) 外部サイト.

次の

八村塁がWCCの最優秀選手賞を受賞、米メディアも相次ぎ報道

ジョシュ パーキンス

プロフィール [編集 ] 父親が舞台俳優だったが、アンソニーが5歳の時に亡くなっている。 若いころから俳優を志し、舞台に出演。 映画デビューはの『女優』。 しばらく芽が出なかったが、卒業後の、監督の受賞作品『』でにノミネートされた。 その後、1957年の『ロンリー・マン』、続く1958年の『』、『海の壁』、1959年『』などに出演、を代表する青春スターとして人気を博した。 の『』ではと共演、自ら歌う場面もあり美声を披露、の『のっぽ物語』ではと共演している。 歌手としては「月影の渚」というレコードを出している。 に監督の『』に主演のノーマン・ベイツ役で出演し強烈な印象を残した。 翌の、共演の映画『さよならをもう一度』でを受賞した。 その後後半からにかけてはハリウッドの体質を嫌い、が堪能なことからに在住しなどの映画に流れ、を中心に主演。 その間、日本では原作の1962年『 審判 ()』、共演作で1964年の『真夜中へ5マイル』、監督の1966年『』、1968年『かわいい毒草』、1971年『扉の影に誰かいる』などが劇場公開され、その若々しさから30代後半でも学生役を演じることが多かった。 、原作の『』で久々の大作映画に復活。 には、舞台出演や脚本の執筆、はとして新境地を開いた。 だが、説や不法所持などのスキャンダルでキャリアを妨げ、晩年も暗いニュースにつきまとわれる。 主演作も1980年代に復活したかつての出世作『サイコ』シリーズの続編や、これをなぞるような、が大半であり、個性を活かしきれなかった。 遺作に合作の『わが目の悪魔』、テレビ映画『殺人愛好症(マニア)の男』がある。 にによる合併症のため死去した。 多くの映画監督やメディアはパーキンスの死去を悼んだ。 なかでも次回作で起用を決めていた監督の一人は1993年公開の『』におけるジャド医師役をパーキンスに想定していたといわれる。 だが、実現しなかったため、が代わって演じた。 現在でも、のアトラクションの中でヒッチコック映画の世界を紹介、体感するコーナーがあり、メモリアル映像もかねて生前のパーキンスのオリジナルのアトラクション紹介映像を観賞することができる。 私生活 [編集 ] コロンビア大学在学中はヒッチハイクを交えながら、自転車でニューヨークから西海岸まで走破することに成功したチャレンジ精神の持ち主である。 に、著名なのの孫であり、・のの妹で、・であるベリー・ベレンスン()と結婚し、2人の男児をもうけた。 彼女は、でに最初に突入した飛行機(ボストン発ロサンゼルス行きアメリカン航空11便)に乗り合わせていて死亡した。 長男のオズは俳優、次男のエルヴィス()はとして、それぞれ活動している。

次の