冬至 かぼちゃ レシピ。 2019年の冬至は12月22日!「冬至かぼちゃ」のレシピとご当地アレンジ

冬至の定番食べ物!かぼちゃ・あずきを使った料理レシピの紹介

冬至 かぼちゃ レシピ

そんなふうに感じた事はありませんか? ないですよね、今の人は。 スーパーに行けば年がら年中南瓜が並んでるご時世ですから。 野菜を保存しておいて、「冬になったらコレ食べて、雪に埋もれたらアレ食べて、 春先になったらアノ野菜掘り起こして栄養補給せねば、、」 などと考えながら暮らしてた昔の主婦は云いました。 「いくら保存がきく南瓜だからといっても、冬至頃までが限度だよ、それ以上とっといたって栄養価は下がるし、 味だってもう落ちる一方.... 」 だから、南瓜に年を越させたらいけない、年内に食べてしまいなさい!ということが、 こんなコトワザとなって今に伝わったというわけです。 12月22日は冬至です。 最後の保存南瓜を食べる日です。 夜が一番長い日です。 ということは、 これからはだんだん昼が長くなるということでもあります。 そう考えると東北の厳しい冬も なんなく乗り切れそうな気がしてきます。 冬至に食べると風邪をひかない、中風にならない、しもやけにならないという 小豆南瓜は、 またの名を「いとこ煮」「冬至かぼちゃ」とも云われ、、、、、 主役は、どうも南瓜じゃないような気がしないでもないです。 現に 隣町に住む友人の家では昔から、冬至には小豆と餅米を一緒に煮るそうで、、、一度ご馳走になったことがあります。 煮崩れたおはぎって感じでした。

次の

2019年の冬至は12月22日!「冬至かぼちゃ」のレシピとご当地アレンジ

冬至 かぼちゃ レシピ

1つずつ説明しますね。 1.保存食 当然のことながら、昔は今ほど色々な技術が進んでいなかったので、冬には野菜があまり育たず、なかなか食べることができませんでした。 また、冷蔵庫もありませんから、保存も難しかったのです。 そんな中で、夏に採れて常温保存のきくかぼちゃは優秀な食べ物でした。 しかも冬至の頃に、ちょうどいい感じに熟れて、おいしく食べることができたようです。 保存とはちょっと違いますが、中国の陰陽思想では夏が「陽」、冬が「陰」とされています。 ですから、夏の日をたくさん浴びたかぼちゃには「陽」のエネルギーがたっぷり蓄えられていると考えられ、「陰」の冬の中でも最も昼の短い冬至に、「陽」のエネルギーを補う意味でも食べられていたそうです。 2.風邪予防 冬は風邪を引きやすい時期です。 かぼちゃには鉄分、カルシウム、ビタミンA、C、E、Kなどたくさんの栄養が含まれており、風邪予防に効果があると言われています。 昔は薬も今ほどなかったでしょうから、冬至にかぼちゃを食べ栄養をつけることで、風邪を予防していたんですね! そういえば私も子供の頃、冬至の日に「なんでかぼちゃを食べるの?」と聞いたところ、祖母に「風邪をひかなくなるから」と言われたことがありました。 野菜は苦手でしたが、甘いかぼちゃは大好きだったので、これで健康になれるなら、とバクバク食べた記憶があります。 3.運盛り 冬至に「ん」のつくものを食べると良いとされています。 これは「運盛り」と呼ばれ、かぼちゃも運盛りの1つです。 そして、それを乗り越えると、冬至を境に太陽の力が徐々に戻り、運も少しずつ上がっていくとされていました。 で、その「運」を呼び込むために、「ん」がつく食べ物を食べていました。 これが「運盛り」です。 しかし!!!運盛りは、「みかん」とか「おでん」とか「ハンバーグ」とか、「ん」がつけば何でも良し!ではありません。 ちゃんと7つの決まった食べ物があります。 ・蓮根(れんこん) ・銀杏(ぎんなん) ・人参(にんじん) ・金柑(きんかん) ・寒天(かんてん) ・饂飩(うどん) ・南瓜(かぼちゃ) です。 いやいやちょっと、かぼちゃ!!かぼちゃのどこに「ん」があるのよ! と思ったアナタ。 安心?してください。 かぼちゃは別名「なんきん」です、ちゃんと「ん」がついてますよ。 これら7つの食べ物は 「運盛り」の他に、「冬至の七種(ななくさ)」とも呼ばれます。 冬の食べ物だったり、保存が利いたりする食べ物なので、昔の人に好まれていたんですね。 ちなみにどれも「ん」が2回つく食べ物です。 なぜ「ん」なのかと言うと、「いろはにほへと」の最後は「ん」で、また最初の文字に戻るのが、冬至を境に太陽が生まれ変わり、幸運がやってくるという「一陽来復」の考えと似ているからです。 でも、せっかくなら美味しく食べたいですよね! そこで、簡単なかぼちゃのアレンジレシピや、運盛りを使った料理をいくつかご紹介します。 パンと一緒に朝食に出せば、体もポカポカ温まります。 塩、味噌マヨ、焼き肉のたれなど、お好みの味付けで楽しんでください。 おつまみにももってこいです。 にんじんやれんこん、かぼちゃに水煮ぎんなん、かんてんも具材として入れ、デザートにきんかんを食べれば、運盛りコンプリートです!! 体も温まるし、お腹もいっぱい、作り方も簡単で大満足の一品です。 まとめ 冬至にかぼちゃを食べる理由や、かぼちゃや運盛り食材の簡単レシピをご紹介しました。 かぼちゃはおいしくて栄養価が高く、保存もきくので、 昔も今も愛される食材の1つです。 いつもの煮物だけでなく、大人も子供も楽しめるアレンジレシピで、 冬至の食卓を美味しく楽しく囲んでくださいね!.

次の

冬至かぼちゃとゆず湯を子供と楽しむ!語り継ごう日本の伝統行事の由来

冬至 かぼちゃ レシピ

冬至に食べるものといえば、かぼちゃ(南瓜)ですよね。 かぼちゃを食べる意味はもちろんきちんとあり、実はかぼちゃ以外にも冬至に食べた方がよい食材があるんです。 とはいえ冬至料理はかぼちゃの煮物のワンパターンになりがちだったり、素材丸ごとの料理は子どもが食べてくれなかったりと、少々悩まされる食材ではあります。 記事の最後には色々なかぼちゃレシピもご紹介しています。 冬至の由来を知って、おいしく楽しい冬至をお過ごしください。 目次 1. そもそも冬至とは? ではなぜ「かぼちゃ(南瓜)」を食べるのでしょうか。 これは後述する「冬至の七草(七種)」に詳しく記載しますが、「南瓜(なんきん)」の「ん」に関係してきます。 一方で云われの他にも、本来夏が旬のかぼちゃですが長期保存がきき、冬に栄養をとるため食べるという先人の知恵もあります。 今だとスーパーで一年中手に入りますが、昔は保存がきく食材は貴重だったんですね。 ビタミンAは粘膜を丈夫にし、身体に抵抗力をつけてくれるので風邪をひきやすい季節にはしっかり摂りたい栄養です。 寒さが厳しくなってくるこの時期、是非とも取り入れたい食材のひとつです。 「冬至の七草(七種)」を食べて運気アップ 冬至は「運盛り(うんもり)」といって「"ん"のつく食べ物」を食べるとよいとされています。 この中でよく知られているのが「南瓜(なんきん)」です。 「運盛り」には諸説ありますが、いろは歌「いろはにほへと」の最後に「ん」がくることからとされています。 「ん」で終わるとまた「いろはにほへと」と始まっていく、一陽来復(いちようらいふく)の願いが込められているというわけです。 (時期については諸説ありますが、昔饂飩は「うんどん(うんとん)」と呼ばれていました。 ) 七草をよく見てみてみると「ん」が二度ずつ名前に含まれていることに気付きます。 「ん」が倍で運気も倍、さらに縁起がよいラインナップというわけです。 なんだか、土用の丑の日は「"う"のつく食べ物」を食べるとよいという風習と似ていますね。 暑い夏、寒い冬を乗り切るためには精をつけないと、という暮らしの知恵を感じ取ることができます。 まとめ&おすすめかぼちゃレシピ5種をご紹介.

次の