うどん すき 作り方。 簡単!うどんだしの美味しい作り方・使い方

絶品ダシの 本格うどんすきのレシピ・作り方

うどん すき 作り方

うどんだしの作り方 うどんだしといっても数種類あります。 認知度が高いうどんだしとしては関東風、関西風、讃岐風です。 この3つは、ほとんどの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。 3つの種類を比較すると大きな違いというのは材料です。 それぞれ 主役となるだしや調味料が違うだけで、美味しいだしを作ることができます。 作る際にポイントとなるのは、 材料や調味料の配分と時間です。 手順さえ間違えなければ、誰でも自宅で簡単にうどんだしを作ることが可能です。 関東風、関西風、讃岐風の全てのだしの作り方を覚えて、様々な料理やオリジナルレシピに役立てましょう!• 関東風うどんだしの作り方 関東風のうどんだしは、かつお節を主役とした上で昆布だしや煮干しだしを使っていきます。 だしも大切ですが、 関東風で大切なのは調味料です。 醤油を使うことで美味しく仕上げることができ、濃い色と味が特徴です。 ここでは、基本的な 関東風うどんだしの作り方を紹介します。 必要な道具と材料 【a】• 花かつお10g程度• 昆布10cm• 煮干し13g• 濃口醤油200cc• みりん200cc 【b】• 花かつお10g程度• ざらめ糖を大さじの半分(お好みで調節可) 【道具】• だし濾し布巾• おたま• 鍋 かつおの削り節は、 厚削りや混合節を使用しても問題はありません。 煮干しや昆布の量も使う人数や料理によって適宜、調節してください。 関東風うどんだしを取る手順• だしが良く出るように昆布に切れ目を入れます。 苦みと臭みを防ぐため、煮干しの頭と腹わたを取り除きます。 【a】で用意した材料を鍋に入れます。 鍋を中火にかけて煮立ったら、弱火にします。 弱火にしたら、沸騰直前の火加減で15分程度煮詰めていきます。 【b】で用意した材料を鍋に入れます。 ざらめ糖が溶けたら火を消して冷まします。 だし濾し布巾やペーパーで濾したら完成です。 うどんのつゆとしてだけではなく、煮物、冷奴、サラダのドレッシングとして使うのも美味しいので、おすすめです。 味が濃い目なので、 塩分が気になる人は水で薄めて使うことで、塩分を控えることができます。 たくさん作った場合には、消毒した瓶や容器などに入れて冷蔵保存してください。 冷蔵保存をしても 2週間以内には使いきりましょう。 関西風うどんだしの作り方 関西風うどんだしは、昆布だし、かつおだし、煮干しだしを総合的に使います。 調味料が中心となる関東風とは違い、 関西風はだしが決め手になります。 薄口醤油を使うので薄い色と味が特徴です。 うどんだしを作る直前のだしの取り方から、 かけだし・つけだしの作り方までを説明していきます。 必要な道具と材料 【だし】• 真昆布10cm程度のものを1枚• 中程度の煮干し約25g• 花かつお10g弱• うるめ節10g弱• サバ節10g弱• 水1500cc 【かけだし】300ccに対しての分量• 薄口醤油小さじ2杯強• 塩を2つまみ程度 【つけだし】50ccに対してかえし10cc(できあがり量は約450cc)• 濃口醤油300cc• 薄口醤油50cc• みりん100cc• ざらめ糖75g 【道具】• だし濾し布巾• おたま• 鍋 削り節は種類によって比重が異なるので、分量には注意してください。 また、使用する材料はざらめ糖が望ましいのですが、ない場合には上白糖での代用も可能です。 その際、75gではなく、100g程度に増やして使用してください。 関西風うどんだしを取る手順• だしが良く出るように昆布に切れ目を入れます。 苦みと臭みを防ぐため、煮干しの頭と腹わたを取り除きます。 鍋に入れた水に、昆布と煮干しを一晩浸します。 煮干しを取り出し、鍋を中火にかけます。 沸騰直前に昆布を取り出します。 サバ節とうるめ節を鍋に入れ、弱火にして10分程度煮立てます。 花かつおを入れてさらに5分程度煮立てます。 火を止めて削り節が沈んだら、だし濾し布巾やペーパーで濾して完成です。 3の水に浸す時間が一晩ではなく数時間の場合は、4で煮干しだけを取り出さず、昆布と一緒にそのまま5分程度煮立てます。 また、使用している 削り節が混合削り節の場合は、6の段階で一度に鍋に入れて15分程度煮立てます。 一度に使いきれなかった場合には、密封容器やタッパーに入れて冷蔵庫で保存します。 冷蔵保存していても 2日以内には使いきりましょう。 関西風うどんだしは、うどん以外にも寄せ鍋に良く合います。 鍋に水を入れて沸騰させるだけなので、鍋を簡単に作りたい人にはおすすめのだしです。 かけだしを作る手順• 作っただしを小鍋に入れ火をかけます。 沸騰したら用意した薄口醤油と塩を入れます。 煮立たせたら火を消し、冷ましたら完成です。 だしと薄口醤油だけでも十分に美味しいかけだしができます。 塩を入れる際には 味見をしながら慎重に入れていきましょう。 つけだしを作る手順• 小鍋にみりんとざらめ糖を入れ、火にかけて沸かします。 濃口醤油と薄口醤油を加え、沸騰させます。 沸騰したら中火にし、ざらめ糖がしっかり溶けてとろみが出たら、かえしのでき上がりです。 作っただしを5:かえしを1の割合で混ぜたら、つけだしの完成です。 だしを作るときには、かえしも一緒に多めに作っておくのがおすすめです。 かえしは、 寝かせることで味が馴染みますし日持ちもします。 消毒した瓶に詰めて冷蔵庫に保存しておけば、1ヶ月くらいは持ちます。 つけつゆとして使うことができるつけだしですが、ほかにも合う料理がたくさんあります。 炒め物、照り焼き、煮付けなど、 濃厚な味が特徴の料理にはおすすめです。 讃岐うどんだしの作り方 昆布だしやかつおだしも使う讃岐うどんだしですが、 主役はなんといってもイリコです。 煮干しのことを香川ではイリコと呼び、香川県産のイリコは最高級品といわれています。 讃岐風うどんだしは最初に白だしを作り、そのあとかけだし・つけだしを作っていきます。 イリコ独特の風味を自宅でも味わえるように、 讃岐風うどんだしの作り方を紹介していきます。 必要な道具と材料 【白だし】• かつお節30g• 混合節60g• イリコ90g• 昆布30g• 水3000cc 【かけだし】• 白だし1000cc• 白醤油65g• みりん10g• 酒か料理酒20g 【つけだし】• 白だし1000cc• 濃口醤油150g• 薄口醤油50g• みりん100g• ざらめ糖40g• 酒か料理酒20g 【道具】• おたま• 鍋 水は水道水でもミネラルウォーターでも良いのですが、 軟水にした方が美味しいだしが取れるため、おすすめです。 讃岐風うどんだしを取る手順(白だし)• 用意した水を鍋に入れ、昆布とイリコを4時間程度浸します。 沸騰直前まで火にかけたら昆布を取り出します。 沸騰させたら、イリコを泳がすように5分程度火にかけます。 イリコを取り出してから混合節を入れ、5分間煮立てます。 かつお節を入れたら沸騰しないように、5分間煮立てます。 火を消して20分程度置いて冷まします。 かつお節と混合節を取り出したら完成です。 手順は細かいかもしれませんが、 順番と時間を間違えなければ相当美味しいだしを作ることができます。 白だしはどのような料理にも合いますし、ちょいがけで使用しても美味しい料理ができ上がります。 かけだしを作る手順• 鍋にみりんと酒を入れて火を通し、アルコール分を飛ばします。 白醤油を入れたらかえしの完成です。 味を見ながら用意した白だしに混ぜていけば、かけだしの完成です。 つけだしを作る手順• 鍋にみりんと酒を入れて火を通し、アルコール分を飛ばします。 濃口醤油と薄口醤油を入れて、鍋を火にかけます。 ざらめ糖を入れ、完全に溶けたらかえしの完成です。 味を見ながら用意した白だしに混ぜていけば、つけだしの完成です。 イリコの濃厚なだしがきいた讃岐うどんだしは、白だしベースなのでどのような料理に使用しても美味しいです。 かけだしはつけだしに比べると薄味ですが、うどんのつゆのほか、お吸い物などに最適です。 一方つけだしは、 濃い味を活かしたおでんや湯豆腐を作るときにおすすめです。 特に調味料は必要なく、そのまま入れて使用するだけで簡単に美味しい料理ができ上がります。 おすすめのうどんだし うどんだしは、覚えてしまえば簡単に作ることができますが、それでも自分で作るのが面倒な人もいます。 そんな人には市販のうどんだしがおすすめです。 うどんスープという商品名ですが用途は幅広く、様々な料理に使用可能です。 お湯に溶かすだけの簡単な使用法なので、誰でも美味しい料理を作ることができます。 幅広い料理に使用したい人にはおすすめのだしです。 うどんだしだけとしてではなく、煮物やおでんなど幅広い料理に活用できます。 だしはもちろんのこと そのままかけて使うことができるため、手軽さを求めている人にはおすすめのうどんだしです。 個包装でちょこっと使いに便利です。 白だし仕立てのため、料理に使う素材も綺麗な色に仕上がります。

次の

うどんすきの作り方は?だしは?具は何を入れる?

うどん すき 作り方

すき焼き すき焼きは「牛なべ」あるいは「牛すき」とも呼び、牛肉を日本人の口に合う様にアレンジした鍋料理です。 語源ははっきりしませんけども、「鍬(クワ)焼き」と同じく農耕具の「鋤(スキ)」の上で作ったからだとか、魚のすき身からの転用だとか、諸説あります。 この料理も全国的に広まり、各地でそれぞれ郷土色漂う独自の発展をしていて、作り方もかなり差異があったのですが、現在は大手の万能調味料の普及により全国的に同じ作り方(味)に戻りつつあるようです。 しかし関東と関西の違いは際立っており、すき焼きは大きく「関東風」と「関西風」に分けることができます。 鍋は専用の「すき鍋」を使います。 すき鍋は厚みがある鉄製で、浅くて平たくなっており牛鍋に適しています。 すき焼きの材料については西も東もあまり大きな差はなくほぼ同一。 しかし牛肉に馴染のなかった昔の人の作り方は、牛肉の性質を誤解しているものです。 ずばり言って「牛の薄切り肉は煮るものではありません」 ですが普通にすき焼きを作ると、どうしても牛肉が煮えてしまいます。 これを避けるには「煮えばな」を素早く食べるしかありません。 肉の色が変ったか変らぬうちに食べるという事です。 この料理は鍋であり、鉄板焼きではありません。 したがってどうしても水分で煮込む結果になります。 料理の根底に矛盾があるのです。 なので、慌しく煮えばなを食べて行き、肉を何回も追加する格好。 それを緩和するために肉を別のフライパンで表面だけ焼いておくという手もあります。 もしくは牛肉自体を薄切りではなくステーキかそれ以上の「厚切り」にする事です。 あとは水気が出た後の火加減の調整ですね。 「沸騰した汁で肉を煮れば肉が台無し」であれば、汁の温度を低く保てばいいだけのことです。 淡白な白身魚やエビ類を薄い割り下につけて下味をつける。 鍋で割り下を熱し、材料を煮る。 煮えたものを卵で食べる。 「たらすき」や「たいすき」も同様のもの。 うどんすき 「うどんすき」という名称は大阪は「美々卯」の登録商標。 普通に寄せ鍋を作り、吸地よりやや濃い味付けにする。 魚介や野菜から出た旨味のある汁でうどんを煮る。 うどんを食べやすいようにアルミ鍋を使うことが多い。 鶏すき 若鶏の柔らかい肉を使うすき焼き。 割り下の出汁は水にする。 豚すき 豚肉のすき焼き。 牛脂を豚脂に、割り下を赤味噌と酒、みりん、砂糖、醤油で作る。 牛すきと同じ様に作り、卵で食べる。

次の

具材たっぷり♪ うどんすきの定番&アレンジレシピ5選

うどん すき 作り方

作り方• エビは背ワタを取り除いておきます。 しめじは石づきを切り落としてほぐしておきます。 油揚げは油抜きをしておきます。 水菜は根元を切り落としておきます。 にんじんは皮を剥いておきます。 うどんはほぐしておきます。 白菜と水菜は3cm幅に切ります。 長ねぎは1cm幅の斜め切りにします。 にんじんとかまぼこは短冊切りにします。 油揚げは半分に切り、2cm幅に切ります。 鶏もも肉は一口大に切ります。 鍋にだしの材料を入れて中火にし、沸いてきたら3を入れて色が変わるまで5分程煮込みます。 えび、1、2、しめじを入れて中火にし、白菜がしんなりしてきたらうどんを入れます。 麩を入れ、蓋をし2分ほど加熱したら火からおろします。 器に盛り付け完成です。

次の