ノーマライズ 意味。 ノーマライズの意味や使い方 Weblio辞書

【Webデザイン】リセットCSS、ノーマライズCSS、サニタイズCSSの違い │ ジャングルオーシャン

ノーマライズ 意味

この項目では、社会福祉用語について説明しています。 音量の均一化(ノーマライズ)については「」をご覧ください。 量子力学での波動関数の規格化については「」をご覧ください。 ベクトル、数量、データなどの規格化については「」をご覧ください。 ノーマライゼーションまたはノーマリゼーション(: normalization)とは、にから始まったをめぐる社会理念の一つで、も、健常者と同様の生活が出来る様に支援するべき、という考え方である。 また、そこから発展して、障害者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方としても使われることがある。 またそれに向けた運動や施策なども含まれる。 概要 [ ] 弱者を社会的に保護する仕組みがだが、歴史的に施策は施設の建設から始まることが多く、や他の対象者(こどもや高齢者等)にとって、保護が当事者の要求に応えられていない・人としての尊厳が保たれていない状況(障害者の施設送り・児童施設等)が往々にして起った。 また福祉を名目に対象者の隔離が計られることも多かった(など。 また日本でのの建設のピークはであった)。 また日本での福祉施策は行政措置により行われ、障害者の意志が尊重される事は無かった。 それに対して提唱されていたのが、「障害者を排除するのではなく、障害を持っていても健常者と均等に当たり前に生活できるようなこそが、通常な社会である」という考え方である。 こうした社会を実現する為の取り組みをノーマライゼーション( normalization)と呼ぶ。 すなわち、化などの推進による障害者の蒙る不自由・参加制約の緩和である。 この概念は、のにより初めて提唱され、の(ベングト・ニルジェとも)により世界中に広められた。 ニリエは、一時、政府の委託で、カナダでのノーマライゼーションの推進に寄与した。 現在、この方向での最も進んだ法的な整備の代表例は、の「」(ADA法)である。 なお、アメリカでは、ノーマライゼーションは「黒人と白人の対等の権利」を語る場面で用いられ、障害者と健常者の間の垣根の撤廃については、「」(主流化)という表現を用いる。 ADA法の特徴は、差別の禁止で貫かれていることである。 日本でも一般化してきた、設備やの化といったの改良の他、などにより、社会で自立できる制度の充実も含まれる。 そのような中で、行政側からも施設政策のみでは「社会の生産力を削ぎ福祉費用を増大させる」とした見解が起こり始め、日本では2003年4月よりが導入された。 一方で、本来保護が必要な障害者(特に重度の・)の生活保障は実現しておらず、健常者や地域社会とのトラブルも少なからず発生している。 また、犯罪を繰り返しに何度も入所する障害者(いわゆる「」)も多く、適切な対応が望まれている。 日本では難解なであるとして、は 等生化という、に言い換える例も提案している。 福祉インフラ [ ] 高次のノーマライゼーションの実現に向けた住宅、社会資本の構築を目的として、が推進している施策。 高齢者や障害者を含むすべての人々が、自立し尊厳をもって社会の重要な一員として参画し、世代を超えて交流することが可能な社会を目指すものである。 参考文献 [ ]• 『社会政策の歴史と理論-救貧法から社会保障へ』ふくろう出版、2005年(原著1997年)、改訂増補版。 関連項目 [ ]• - 障害者にも対応可能であること。 英語ではアクセシビリティ(accessibility)という表現のほうが一般的。 - 日本語では、産業・IT分野などで、(usability, 使い勝手、利用しやすさ)の意味で使われることが多い。 - 情報取得機会の均等についての配慮は、参政権など基本的人権の根幹に関わる課題であり、情報保障は情報におけるノーマライゼーションとしての性質を有する。 - 障害者教育分野では 「ノーマライゼイション」と表記するのが一般的。 外部リンク [ ]• 「」 この項目は、に関連した です。 などしてくださる。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

正規化(ノーマライズ)とは

ノーマライズ 意味

「」を参照 数量 [ ] 数量をで割るなどして化し、互いに比較できるようにすることを、正規化という。 正規化した結果はによらない。 そのため、正規化することで、たとえばとなど、が違いそのままでは比較できない数量を比較できる。 次元が同じでも、との1日の気温変化のように、条件が違うデータも正規化により比較しやすくなる。 正規化は特にの前処理として行われ、この用途の正規化を 特徴軸の正規化と言う。 正規化の方法はさまざまなものがあるが、• が 1 になるよう、 変換 する• が 0、が 1 になるよう、する の2つが基本的な正規化である。 どちらが適しているかはどんなデータをどんな解析のために正規化するかによるが、多変量解析には2. が使われる。 用途によっては、同じように線形変換やアフィン変換をするのでも、最大値を1、最小値を0(あるいは-1)のような正規化をすることもある。 また、してを0にする、あらかじめ与えられた分布に一致させるなど、もっと強い正規化が使われることもある。 パターン認識 [ ] のとして、対象の特徴をあらかじめ決められた基準に沿うように加工することを、正規化という。 など2次元情報の場合、で位置をそろえる 位置の正規化と、で大きさをそろえる 大きさの正規化(縦の伸縮と横の伸縮は別個に調整する)が、最も基本的な正規化である。 これは、各標本点のX座標とY座標をデータ列とみなし、それぞれに「特徴軸の正規化」を施したことに相当する。 確率分布 [ ] については、横軸をアフィン変換し平均を0、分散を1にすることを正規化という。 正規化することで、標準関数との、あるいは確率密度関数同士の比較が容易になる。 確率密度関数の正規化定数 [ ] 関数を台でしたを ()(normalizing constant)という。 はで定積分したときに 1 にならないといけないが、関数に正規化定数をかけて確率密度関数の他の要件を満たせば確率密度関数を作れる。 Unicode [ ].

次の

正規化(ノーマライズ)とは

ノーマライズ 意味

この項目では、社会福祉用語について説明しています。 音量の均一化(ノーマライズ)については「」をご覧ください。 量子力学での波動関数の規格化については「」をご覧ください。 ベクトル、数量、データなどの規格化については「」をご覧ください。 ノーマライゼーションまたはノーマリゼーション(: normalization)とは、にから始まったをめぐる社会理念の一つで、も、健常者と同様の生活が出来る様に支援するべき、という考え方である。 また、そこから発展して、障害者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方としても使われることがある。 またそれに向けた運動や施策なども含まれる。 概要 [ ] 弱者を社会的に保護する仕組みがだが、歴史的に施策は施設の建設から始まることが多く、や他の対象者(こどもや高齢者等)にとって、保護が当事者の要求に応えられていない・人としての尊厳が保たれていない状況(障害者の施設送り・児童施設等)が往々にして起った。 また福祉を名目に対象者の隔離が計られることも多かった(など。 また日本でのの建設のピークはであった)。 また日本での福祉施策は行政措置により行われ、障害者の意志が尊重される事は無かった。 それに対して提唱されていたのが、「障害者を排除するのではなく、障害を持っていても健常者と均等に当たり前に生活できるようなこそが、通常な社会である」という考え方である。 こうした社会を実現する為の取り組みをノーマライゼーション( normalization)と呼ぶ。 すなわち、化などの推進による障害者の蒙る不自由・参加制約の緩和である。 この概念は、のにより初めて提唱され、の(ベングト・ニルジェとも)により世界中に広められた。 ニリエは、一時、政府の委託で、カナダでのノーマライゼーションの推進に寄与した。 現在、この方向での最も進んだ法的な整備の代表例は、の「」(ADA法)である。 なお、アメリカでは、ノーマライゼーションは「黒人と白人の対等の権利」を語る場面で用いられ、障害者と健常者の間の垣根の撤廃については、「」(主流化)という表現を用いる。 ADA法の特徴は、差別の禁止で貫かれていることである。 日本でも一般化してきた、設備やの化といったの改良の他、などにより、社会で自立できる制度の充実も含まれる。 そのような中で、行政側からも施設政策のみでは「社会の生産力を削ぎ福祉費用を増大させる」とした見解が起こり始め、日本では2003年4月よりが導入された。 一方で、本来保護が必要な障害者(特に重度の・)の生活保障は実現しておらず、健常者や地域社会とのトラブルも少なからず発生している。 また、犯罪を繰り返しに何度も入所する障害者(いわゆる「」)も多く、適切な対応が望まれている。 日本では難解なであるとして、は 等生化という、に言い換える例も提案している。 福祉インフラ [ ] 高次のノーマライゼーションの実現に向けた住宅、社会資本の構築を目的として、が推進している施策。 高齢者や障害者を含むすべての人々が、自立し尊厳をもって社会の重要な一員として参画し、世代を超えて交流することが可能な社会を目指すものである。 参考文献 [ ]• 『社会政策の歴史と理論-救貧法から社会保障へ』ふくろう出版、2005年(原著1997年)、改訂増補版。 関連項目 [ ]• - 障害者にも対応可能であること。 英語ではアクセシビリティ(accessibility)という表現のほうが一般的。 - 日本語では、産業・IT分野などで、(usability, 使い勝手、利用しやすさ)の意味で使われることが多い。 - 情報取得機会の均等についての配慮は、参政権など基本的人権の根幹に関わる課題であり、情報保障は情報におけるノーマライゼーションとしての性質を有する。 - 障害者教育分野では 「ノーマライゼイション」と表記するのが一般的。 外部リンク [ ]• 「」 この項目は、に関連した です。 などしてくださる。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の