水谷佑毅。 医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生……DYM・水谷佑毅社長の野望とは|日刊サイゾー

水谷佑毅

水谷佑毅

水谷佑毅氏(DYM提供) ふたつなき 道にこの身を捨て小舟 波たたばとて 風ふかばとて 無限に枝分かれするにもかかわらず、ひとつの道しか歩めない。 捨て小舟のように頼りない足元で、選んだ道を波風が立とうと懸命に進む。 西郷隆盛の辞世の句は、経営者の人生を暗示している。 ただでさえ乾坤一擲の身の上で、思わぬ道を選択した経営者が株式会社DYMの代表取締役社長、水谷佑毅氏だ。 水谷氏は杏林大学医学部在学中にウェブマーケティングの事業を立ち上げ在学中に法人化し、同大を卒業した直後に株式会社化してCEO(最高経営責任者)に就任する。 医師免許を持ちながら一日も医師として働いたことはない、という異色の経歴の持ち主だ。 そのDYMはウェブ関連の事業から始まり、人材紹介サービスなど多角的にサービスを拡大していき、現在展開する事業数は10を超える。 設立16年で従業員は555名、雑誌「経済界」の「注目企業44」に2016年から3年連続で選出されるなど、今ビジネスシーンで一目置かれる存在になっている。 医師免許を持ちながら他業種で起業した新進気鋭の実業家、水谷氏とはいったいどんな人物なのか。 インタビューから、彼の人生と内に秘めたる思いに迫っていきたい。 いい言い方をすれば独立心が強くて、悪い言い方をすればあまり人の言うことを聞かず、我の強いわがままなタイプだったと思います。 親は教育熱心ではありましたが、その反動も今考えるとあったのかなとも思います。 水谷 勉強は比較的できたと思いますが、それこそ武蔵高校は化け物みたいに頭のいい人がいっぱいいたので、その中で上位を目指そうという気持ちはそこまで起こりませんでした。 THE優等生というタイプでもなかったので、武蔵高校に入る前は国立の中学校に通っていたのですが、たまに授業をサボって保健室に入り浸っていたりも(笑)。 そのときから「将来は独立したい」と考えていて、「独立するためにはどうすればいいんですか?」と保健の先生に聞いたら、「独立しやすい仕事は医師だから医学部目指せば?」と言われたのが実は医師を志したきっかけです。 そして、本当に医学部に入ってしまうと。 水谷 ただ、医学部は学費が非常に高い。 親が出してくれてはいたのですが、そのため、学費以外のお金は一切出してくれない。 一応大学生ですから、飲み会にも旅行にも行きたい。 アルバイトしようと考えたのですが、医学部は授業が忙しいので、最低時給1万円くらいの生産性はほしい。 というか、それ以下では働かないという謎のポリシーがありまして。 そうすると、誰かに雇われている状態では到底無理。 そこで、自分ひとりで仕事をしようと思ったんです。 そういう環境で自分でメディアをつくって広告収入を得る、今でいうとアフィリエイトが主流ですが、当時はある程度PVを見込んで掲載ベースで広告料をいただく純広告という形式のものがあるとネットに詳しい知人から聞いて、やってみようと。 あの頃はまだ、ほとんどの携帯にカメラはついていないので、待受画像をダウンロード出来るサイトや、無料HPスペース等をつくって運営したら、週1、2日の作業で年収が4000万円を超えたんです。 それが大学1年のときです。 普通なら、そのままそれを本業にしようとするくらいの収益です。 水谷 学生時代から個人事業主で大学3年のときには法人化はしましたが、その時点ではまだ医者になるつもりでした。 DYMという名前もそのときからつけていて、医学部の水谷佑毅ということで「Dr. Yuki Mizutani」の略ですから(笑)。 当時のプランとしては、このDYMを売却すれば2億円くらいにはなるので、そのお金で卒業後に研修を終えたら開業医になろうとしていました。 やっぱり人の下で働くよりも自分がトップとして医師業をやりたいと思っていたので(笑)。 水谷 ただ、いろいろな研修や実習、視察で病院を回っているうちに、医療現場のIT化が著しく遅れていることに気づいて、だったら自分がひとりの医師として働くよりも、医療現場のIT化を進めるような会社をつくったほうが、医師何千人、何万人分の社会貢献ができるのでは、と考えるようになったんです。 もちろん、親や周囲には大反対されましたよ。 「これまでの学費にいくらかかったと思ってるんだ!」と(笑)。 具体的には、どのあたりでIT化の遅れを感じたのですか? 水谷 大学附属病院に数億円もする最先端の電子カルテシステムが入ったと聞いて、楽しみに見に行ったんです。 でも、実際は医師が電子カルテに入力したものを看護士が紙に印刷してファイルに挟み、一定期間がたったらカルテ庫に運ばれるという、至ってアナログな使われ方をしていたんですね。 水谷 もちろんシステム上で閲覧も保存もできたのでしょうが、医療業界は体育会以上に閉鎖的で縦割り社会。 医師免許は更新も定年もないので、医療業界の根幹を担っているのは年配の大先輩方で本当にITリテラシーが低い人ばかりなんです。 医療業界に詳しくて、かつウェブやITに詳しい人間って当時はほとんどいなかったので。 いいものを導入したところで意味がないんです。 一方、私はそのあたりの最先端の技術には触れていたので、それなら自分でやってみようと。 幸いなことに、学生時代に稼いでためていた資金があったので、それを資本金にしてDYMを株式会社化したんです。 倒産してしまえば何も成し遂げられない。 学生時代に強みを持っていたフィールドでまずは事業を興こそうと思い、WEBマーケティング事業をスタートしました。 水谷 そうですね。 設立当初はWEB広告市場がドンドン伸びている成長産業だったので、その市況に乗れたんだと思います。 ただ、当初は主に中途の人材を求人媒体で採用して人員拡大していたものの、なかなか良い人に恵まれず、プログラミングも経理も営業もほぼすべての分野をひとりで管轄していたので、社員が40人、売上が10億円くらいになるまでは非常に大変でした。 他社で実績のある人をヘッドハンティングして副社長として迎えたのですが、謀反を起こされて会社を乗っ取られそうになったこともありますし(苦笑)。 そんなタイミングから新卒採用を始めて、質の高い人材の採用が出来るようになり、順調に業績も伸びていきました。 そういった苦労や経験もあって、新卒の人材紹介事業に参入したのもあります。 DYMの社風として、社員旅行やレジャーなどイベントごとが多い印象を受けました。 水谷 ドライよりウェットな人間関係が好きなんですよ。 というか、私自身がすごくさびしがり屋で。 1年のうちにひとりで食事をすることはまずないですし、ちょっとしたコンビニへの買い物でも社員を誘ったりします(笑)。 職場も令和の時代にもかかわらず、昭和の香りのする会社というのをテーマにしていて、社員同士の交流は強めに持とうとしています。 だから、会社のイベントには極力参加してほしいとはいつも言っています。 水谷 人が好きなんだと思います。 経営者同士の交友関係もかなりあって、A社はあれを求めていて、B社はあれが強みと言っていた。 だったら自分発信で両社を引き合わせてみようかな、なんてビジネスマッチングを頼まれもしないのにやったり。 人と人をつなぐのが昔から好きなんです。 ほめられたものじゃないかもしれないけど、会社をやっている理由も、社会のためというのもありますが、自分の生きた証しを残したいからという面も強いです。 だから弊社は社内恋愛も推奨していて、カップルであることを宣言すれば交際手当として3万円、結婚手当で30万円も支給しています。 それで結婚指輪を買う社員もいますよ(笑)。 そういう人が増えれば増えるほど自分が生きた証になるんじゃないかと思ってるんです。 これは小さな例ですが、自分の事業が社会の役に立てば、それが自分自身の存在証明なのかなと。 結局、私って承認欲求の塊なんですよね。 それでは最後に、水谷社長の今後の目標を聞かせてください。 水谷 お恥ずかしい話、設立16年以上たって、まだ医療のIT化に携わる事業は大きくはできていません。 なので、事業をいろいろ展開していくなかで、いつか設立当初の目的通り、我々の事業で医療のIT化を進めたいと思っています。 そこは今後も変わりません。 個人の目標は、仕事が人生みたいなところがあるので特にないのですが、最近は健康のために筋トレが趣味になっています。 なので、いつまでも健康にいることですね。

次の

株式会社DYMはブラック!水谷佑毅社長が社員に裸踊り強制か。

水谷佑毅

山本一郎です。 消防署のほうからきました。 ところで、先日炎上したタイでの全裸事件で一躍スターダムへと名乗り出た「医師」水谷佑毅さん率いる株式会社DYMですが、まだカロリーが残っていたらしく黒煙が上がっていたので見物にいきました。 そんなDYMが起業セミナーをやるという告知をしていたのですが、先日ステルスマーケティングの問題で誰かが騒いでいたベクトルグループ総帥の西江肇司さんや、梁山泊事件の仕手戦の具として大いに名前を挙げたビーマップさんなど、素敵な面々がIPOを語っておられるではないですか! 一定の方面におけるオールスターじゃないですか。 これはすごい。 これはキラーコンテンツですわ そんな面白事案の絶えないDYMですが、先般からDYMの手がける健康事業についての違和感はほうぼうで語られておりました。 結論から先に言いますと、DYMが手がけている中国上海での医療ツーリズム事業は無認可になっており、違法の疑いが強いサービスになっております。 以下本題です。 「治療手配」「日本の医療機関のセカンドオピニオン」など踏み込んだ表現が並ぶDYM上海支社 中国では日本と違い、登記してある事業内容以外のことをしてはいけません。 すべてが認可制です。 なので、事細かに登記簿に事業内容について記載していくわけなんですが、以下がDYMの海外子会社「上海迪_美健康管理咨_有限公司」の登記内容です。 ここから検索すると出てまいりますが、そもそもこの会社、旅行業務が業務内容に入っておらず、登記されていません。 提携先の旅行会社があるとのことですが、中国の旅行業者は登録番号を表記することが義務付けられており(まあどこの国でも当たり前ですが)、これへの記載がないというのは不思議なことです。 告知もされない旅行業者にどこか海外に医療ツアーで連れて行かれてしまうのでありましょうか。 : 上海市工商局 企_注册登_信息公_ 企業公開登記情報 で、登記内容を見てみますと、ここにはっきり次のように書いてあります。 健康管理咨_(医__断、治_、心理咨_除外) 和訳:健康管理業務に限る(医療診断、治療、心理療法は除外) DYMの上海法人の登記はこちら。 水谷佑毅さんマジでグローバルビジネスパーソンっス つまり、このDYM上海子会社は、業務内容において下りている認可は「医療診断や治療は除外」であり、医療ビジネスは許されていません。 「マッサージなどのヘルスケア事業(健康管理業務)はいいけど、診療や診断などの医療行為は駄目ですよ」という意味です。 ところが、DYMアジアのサイトでは、日本地図のところに治療目的の訪日のための旅行のアレンジメントの案内が思い切り記載されています。 さらには、彼らのプレスリリースや中国人向けの広告には、日本での「治療手配」とか「医療機関のセカンドオピニオン」などと書いてあるんですよね。 これって中国で認可のとれていない「医療診断」そのものですよね。 ましてや、旅行業務にいたっては登記内容に入ってすらいません。 わざわざ登記にも「それやったらあかんよ」とまで記されておるわけで、全米が泣いた。 ゆえに正面から「医療診断」と書いてしまうといきなり違法になるため、問い合わせを避ける目的なのか、サイトの一部は表現を変え、マッサージやストレッチなどの「健康目的での訪日」に書き換えておられます。 それだと「早期発見と早期治療」「ガンは早期発見するべき」「中国ではこれだけがん患者が増えています」という広告の内容は何なんだという話になりますので、この内容だけ見ると、完全に違法なモグリ業者になってしまいます。 健康チェックを要求。 どうみても医療サービスです、本当にありがとうございました。 また、サイトでは力強く日本での提携医療機関と銘打って、各施設の紹介まで念入りに行われております。 大丈夫なのでしょうか。 上海衛生局に連絡を入れ、このようなサービスを実施するのに医療診断の認可は必要なのかという質問をしたところ「海外に検査で中国人を送り出すのに、事前の問診しないわけにいかないでしょう。 当然のことながら、医療行為ですので認可は必要です」との返答が得られました。 まあ、そりゃそうですよね。 あるはずの会社がなく、別のアパレル会社がのんびり営業してました。 一番最初にDYMが上海で法人を組成する際の登記地を見に行ってもらったのですが、現在の法人と同じビルの違う号にありました。 その事務所を借り上げる際に記載されている住所が本件医療サービスの実施場所として指定されていたので、これも見物にいってもらうと、いまはすでに引き払って別の事業者がこの場所を使っていました。 掘り起こしてみると、以前インタースペースが上海に進出した際に登記した場所が、書類上そのまま流用されていたようです。 DYMが何らかの事情でこのオフィスを事業登録か何かで使ったのかもしれませんが、経緯は謎です。 過去に関わりのあった住所とはいえ、そのまま書類に残していて大丈夫なのかと思いましたが、DYMには深慮遠謀があるに違いないということで、そっとしておきましょう。 念のためにこの入っている会社に問い合わせをかけてみたもらったんですが、「我_在日本INTERSPACE公司的新_稿上看到他_的子公司_速特(上海)广告公司与_公司合作的消息。 (お前らインタースペースの上海事務所じゃねえの? どっかいったの?)」「此公司已_很久之前不在是我_的合作商,_知_。 (ワイら、もう無関係やで。 すまんな)」との返答でした。 そうでしたか。 で、中国での患者集め自体が現地法で違法の疑いが強いので、受け入れ側となっている日本のクリニックは大丈夫なのかという話になります。 サイトに日本側の提携医療機関とされているクリニックが3つ掲載されておりましたので、各々連絡を入れて事情を聞いてみると、DYMのサイトでの説明とまったく違う話が聴こえてきました。 サイトに書かれていたあるクリニックの経営者は、電話で次のように説明しています。 私「DYMの中国サイトで、集めたがん検診希望者を貴クリニックを検査、診療の提携先として送り出していると明言してあるのですが… 日本語サイトにも、『 提携医療機関のご案内』として、貴クリニックのお名前が明記してあります」 クリニック「いえ、契約している先はありますが、業務提携というものは特になく、DYMと業務提携をしているとか、独占契約があるというわけではありません」 私「つまり、DYMがサイトで貴クリニックと連携しているかのように見せている内容は間違いであるということですか」 クリニック「通訳をお連れになった中国の方が当クリニックにお見えになることは確かにあります。 ただ、私どもは検査をするだけで、診療を行うわけではありません。 然るべき人物や法人からご紹介があり、検査をご希望であれば、検査のご案内をさせていただく形になります」 私「そうでしたか。 実際に、サイトで貴クリニックの名前が出ておりますが、これを承認した経緯はあるのでしょうか」 クリニック「私どもは何も存じ上げません。 もしも、何かの事情で名前を勝手に使われているのであれば、それはさすがに問題ではないかと思いますが…」 私「契約や提携をされたわけではないのに、中国人向けのサービス案内で人間ドックのサービスを日本で受けられる窓口として勝手に紹介されてしまったという感じですかね」 クリニック「はい。 DYMという会社との契約は記憶にありませんし、クリニックの名前を使って良いとも申しておりません」 また、別の医療機関でも同じ話が聞けています。 私「貴医院がDYMの提携医療機関という表記で外国人向けの医療ツーリズムの受け入れ先に明記されているのですが」 事務長「メールでいただいた内容を担当者に確認しましたが、そのような受け入れの業務提携は行っておりません」 私「サイトに記載された内容は事実と異なるということでしょうか」 事務長「違うと思います。 通常の人間ドックをお受けになられるご希望は承っておりますが、何らか提携を行って受け入れるという形ではありません」 私「がん検診を含む人間ドックを受ける際には、特に提携は必要ないということですか」 事務長「そうですね。 なぜそのような話になっているのか、私どもも分かりません」 どうも、経緯を見るに中国側でも無許可で医療ツーリズムをアレンジし、日本側も特にこれといった提携がクリニックや医療機関とされたわけでもないのに『提携医療機関』として膨らませて書いてあるというのが実情のようです。 確かに、診療目的かがん検診などの人間ドックかは別として、普通に患者と日本の医療機関をアレンジして送り出すだけであれば、わざわざ提携と銘打つ必要もなさそうな気がします。 なぜDYMが風呂敷をそこまで広げてしまったのか、理由はよく分かりませんが、きっとたいした理由ではないと思うので、まあ気にしないでおきましょう。 日本側の診療機関でさえこの体たらくでして、そもそも何でこんなことになっているのか登記情報を改めて見てみると、何のことはない、中国の司法書士事務所が掲載している『ヘルスケア事業を登記するための書き方サンプル』のFAQをそのままコピペしてDYMヘルスケア事業として中国で法人登記していることが分かります。 おいちょっと。 いったい何してんすか。 (ヘルスケア事業を会社登記するにはどう書いたらええんや?) 一字一句変わらない、写経を思わせる豪勢なコピペで敢然と登記するDYM。 漢らしい 一事が万事この調子なので、他にもDYMについては素敵な話がいっぱい出てくるわけですが、せっかく全裸になったことですし、これを機に、ちょっとは反省し心を入れ替えて少しでも真面目な仕事に取り組んでくれるといいなと思うわけであります。 この記事の掲載に先だって、DYM側にも事情を伺うべくメールや電話でコンタクトを取ってみたのですが、4月26日15時01分と16時20分、受付していただいた女性からは丁寧に「担当者よりすぐに折り返し連絡する」と伝えられたまま、いまなおご連絡をいただいていないという状態ではあります。 きっと忙しいんだよね、DYMは急成長企業だから仕方ないね。 こういうDYMのような素敵な会社は是非前を向いて頑張っていって欲しい、いつまでも面白い事案をネットに提供し続けてもらいたいと心から願う気持ちで一杯でして、続報を打つゲージを溜めるためにもDYMからの魂の籠もったお手紙が必要です。 パンチの効いたお返事がいただけるといいなあと思っておりますので、正座して待ちたいと思います。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。 (追記 28日15:10) ご指摘が複数あり、中国ではペーパー登記が認められているため、現在の法人と同じビルの違う号に外資法人が登記されることはあり得るようです。 現在DYMは上海リージャス(素敵な素敵なレンタルオフィス)に入居されていますが、現状でこちらは法人登記を忌避されるため、存在しない場所に登記を置き続けているのではと推測しております。 なお、現段階でなお、DYMからメールや電話での返答はありません。 また、画像キャプション中、現地に入っている会社は旅行代理店ではなくアパレル会社でした。 謹んで訂正申し上げます。

次の

株式会社DYM代表、水谷佑毅氏に突撃インタビュー!

水谷佑毅

山本一郎です。 いつまでも少年のような下半身でいたいと願っています。 ところで、先日社員旅行に赴いたタイで代表取締役の水谷佑毅さん以下社員一同が全裸になり、現地で乱痴気騒ぎをしたというほのぼのニュースが飛び込んでまいりました。 もちろん、日本の恥だ、お詫びですむ問題ではない的な反響も多かったらしく、騒ぎがいまなお拡大している状況ではあります。 大変ですね。 で、どうも触ると水谷佑毅さんからいろいろお手紙や電話が飛んでくる仕様のようです。 確かに一時期はデジタルミレニアム著作権法の悪用がらみで水谷佑毅さんのDYMが出たことがあったようですが、最近あまり話を聞かないんですよね。 え、ニセの著作権違反を仕立てて Google 検索インデックスから削除させる「風評被害対策」とは名ばかりの悪質な行為にも絡んでる疑いがあるのか。 日本でのSLAPP訴訟問題がこんなところで出てくるなんて。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。

次の