コロナ 家賃 補助 金。 ※更新 コロナウィルスで家賃減額要請された場合の大家さんの対応について Ⅰ(共同住宅編)

【個人事業主】家賃給付金の手続きはいつからで申請方法は?対象者まとめ【コロナ】|ドラママ

コロナ 家賃 補助 金

感染拡大が続く東京都では、6つの業種に対し独自の休業要請を出しました。 これに対し中小の飲食店からは経営が成り立たないとの声が上がり。 小池都知事は、休業もしくは時間短縮営業に応じた店舗に対し1店舗当たり50万円の協力金を支払うという形で決着しています。 ただ、海外の新型コロナウイルス対策では、賃料の8割を国が補助するという話が出ており、日本でも同様の取り組みが出来ないかとの声が上がっておりました。 4月21日与党から事業者つまり大家さんに対する賃料の補助金制度を検討するとの発表がなされ飲食店を含む新型ウイルス感染予防で影響を受けている店舗の賃料について支払い免除か、補助金かなど新たな制度が出来つつあります。 今回は、現自民党案にそった内容でこの補助金制度を活用する場合に準備すべきことを大家さんにお伝えしたいと思います。 Contents• 新形コロナ賃料補助金制度とは 「飲食店などが大変厳しい状況にあり、テナントに直接支援を行うことが大事だ。 家賃の支払いのための助成金や補助金を考えていかなければならない」自民党の記者会見での発言です。 これまで経済産業省を中心に発表して来た経済対策や都が独自で発表している休業補償とは全く別に店舗の賃料支払いの為に補助金制度を検討するというものです。 新形コロナ賃料補助金制度の背景 多くの飲食店経営者の方から今回の新型コロナウイルスに関し、お話を伺いました。 そのなかで異口同音に語られるのが、休業補償や助成金など返す必要のないお金は大変有難いという反面、売上げが前年同月比で20%下がっただとか、直近同期と比べて5%下がっただとかの条件をクリアすれば対象となる新型コロナ融資については、たとえ融資利率が1%台であっても、返す見込みが立てられないもしくは自信がないとの理由で敬遠しているというのが実態なのです。 だからこそ、議員立法も含めスピード感をもって柔軟に対応するということになったようです。 新形コロナ賃料補助金制度<給付案> 21日の時点では、わかりやすいようにテナントつまり各飲食店への給付を念頭調整が進められているようです。 おそらく国民金融公庫などの政府系金融機関からの融資や国からの給付となりそうです。 3ヶ月間の売上が前年同月比30%以上50%未満の減少・・・50%免除• その場合、個人で飲食店などに賃貸をして不労所得として賃料を受け取っている場合は、所得税での優遇措置が受けられるものと思われます。 今後の発表にご注意いただきたいと思います。 参考:賃料猶予・野党案 2009年当時、リーマンショック対策として施工された「中小企業金融円滑化法」をもとに提案されている野党案をご紹介します。 家賃の支払いを一旦政府系金融機関が肩代わりして、一定猶予期間後に同期間がテナントにその費用を請求するという仕組みを提案しています。 与党は、事業者である大家さんに金融機関からお金が集まるだけだと反発仕手いるようです。 新型コロナ賃料補助金制度創設~まとめ~ 今回の補助金制度の検討発表を受けてある大家さんから一本の電話が入ってきました。 その内容は、月末の賃料を一律1ヶ月猶予するというものでした。 大変有難い申出ではありますが、大家さんも色々な緊急融資や今回の補助金の対象になる為の準備を始めているのかなとも取れます。 なにはともあれ、活用できる融資や助成金、補助金は全て活用できるよう日々発表される内容に注視してゆきましょう。

次の

家賃支援金(都道府県別)

コロナ 家賃 補助 金

キーワード :• 緊急事態宣言がとうとう解除されました。 しかし、専門家は「新しい生活様式」を掲げ、今後とも第二波、第三波の感染拡大が起きないよう気は抜けないとしており、すぐにこれまでの生活に戻るというわけにはいかないようです。 政府も第2次補正予算を閣議決定し、家賃補助など新たな給付金を創設しています。 第2次補正予算で新たに創設される内容を中心に、いま使える給付金などについて見ていきます。 詐欺に注意! 助成金の申請や、申請のための相談を受け付けるといった記載の書面を一方的に送付、電話で勧誘する業者の情報が国に寄せられています。 また、「生活支援給付金」などで検索すると副業紹介サイトへ誘導されることもあります。 事業再開支援を利用したい場合は、それぞれの補助金に申し込みが必要です。 内容:新型コロナウイルス対策の設備投資を行うことで、投資資金に対して補助金を受けることができます。 内容:新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者が、通常枠とは別に新たに設けられた、補助率の引き上げ・営業経費を補助対象とした「特別枠」により、優先的に支援を受けられるものです。 内容:新型コロナウイルス感染症の影響への対策、拡大防止に向け具体的な対策に取り組む事業者がITツールを導入するのに、優先的に支援を受けられるものです。 詳細はまだ発表されていません。 内容:感染拡大防止対策を行いつつ、販路回復・開拓や事業継続・転換のための機械・設備の導入や人手不足解消の取組を総合的に支援する事業。 額は同額の50万円(2事業所以上で100万円)で、申請用の特設サイトは現在準備中です。

次の

「新型コロナ」対策で、中小企業の家賃を2/3補助へ 世帯向けの「住居確保給付金」も対象を拡充

コロナ 家賃 補助 金

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者に対する支援のうち、資金繰りについては「」や「制度融資(セーフティネット保証4号等)」があり、人件費についてはがありました。 各地方公共団体ごとで行っている「休業要請協力金(例:、)」もあったものの、「全てテナント賃料の支払いに消えてしまう」という悲痛の声が多く、日本政府における支援として「テナント賃料(家賃)補助」が望まれておりました。 今回、自民党からの提言は、このような声を拾うもので、事業者向けの支援策を充実される極めて大きな意義を持つ支援策となっています。 と「雇用調整助成金」に加え、 「特別家賃支援給付金」が加わることで、多くの事業者が事業を継続できるのではないかと期待しています。 売上が大幅に落ち込むなど特に厳しい状況にある中堅・中小企業者・小規模事業者・個人事業主のテナントに対し、に加え、無利子・無担保融資(例: )の元本返済にも活用できる給付金(=家賃支援給付金)を給付する家賃補助制度ですが、以下の通り「支給要件(給付対象者要件)」が定められております。 中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、 令和2年5月~12月において以下のいずれかに該当する者に、給付金を支給。 また、必須書類としては 「賃貸借契約書」になると思われます。 もし未整備の場合や、不備がありそうな場合は、制度開始前に前もって準備しておいても良いかもしれません。 また契約書とあわせ、支払いの事実がわかる書類等も必要になる可能性があります。 その他、家賃支援給付金に係る最新情報が入り次第、情報を更新して参ります。 「家賃支援給付金」の申請受付期間(期限)については、 本ブログ執筆現在の情報では、明らかにされておりませんが、国会での審議状況も踏まえ、以下になると推測しています。 野党からもスピード感のある審議に協力する意向が得られており、かつ4月中旬ごろから議論自体は始まっていたこともあるため、早期のスタートが期待されます。 なお、持続化給付金と同様、「受付から2週間」が標準的な振込みスケジュールとなりますが、(混雑等により)早くても3週間~1か月は見ておいた方が良いでしょう。 また情報が確定次第、更新して参ります。

次の