コロナ収束 予言。 「新型コロナは6月21日に収束、さらに猛毒ウイルス蔓延」クレイグ・ハミルトン・パーカーが予言、未来はアガスティアの葉に書かれていた!

バシャールのコロナウイルス予言メッセージ最新!コロナ収束までに私たちがしておくこと!

コロナ収束 予言

コロナウィルスの伝染は広がり、ついに国内でも死者が出る事態になってしまった。 そして和歌山県や北海道などでも感染例が見つかり、もはや「中国の話」ではなくなってしまっている。 このまま収束しなければ、東京五輪の開催にも影響が出る恐れが否定しきれない。 実は、今回の事態を約十年前に予測していたかのような小説を書いていた人物がいる。 の著者・高嶋哲夫氏である。 簡単にあらすじを紹介する。 20XX 年、中国W杯が開催され、中国代表が決勝まで勝ち進み国内外の盛り上がりは最高潮に達していた。 日本代表も上位進出を果たし、日本国内も興奮の坩堝と化していた。 そんな大会の真っ最中に、中国の片田舎で致死率60%の大規模感染症(パンデミック)が発生する。 しかし、中国政府はW杯の盛り上がりを潰すわけにはいかず、ひたすら事態を隠ぺいする。 もちろん、そんな隠ぺいが未来永劫続けられるはずがない。 ついに大会中止に追い込まれ、同時に全世界から集まっていたサポーターたちが帰国の途につき、一気にパンデミックが全世界規模のものとなり、日本でも死者が出る。 首相は、パンデミックを抑えるために前代未聞の決断を迫られる--。 この設定が秀逸なのは、言うまでもなく 「W杯開催中」という点である。 全世界から人が集まり、大会終了後(あるいは母国代表の敗退後)に帰国の途につき散っていく。 パンデミックが一気に広がる条件がこれほど整っているタイミングは五輪とW杯だけだ。 実際、2022年に北京冬季五輪が決まっており、21世紀前半のうちのどこかで中国W杯が開催されることもほぼ確実である。 不謹慎を承知で言うが、今回のコロナウィルスは「中国W杯」あるいは五輪に重なっていなかったのが不幸中の幸いという側面もあるのだ。 高嶋氏には、『首都感染』の他にも、という作品もある。 超大型台風が二つ重なったために都内の東三分の一が水没してしまう……台風19号で十分にありえたシナリオである。 全くの余談だが、筆者は19号が直撃したその日、手賀沼を目の前にする自宅が水没する恐怖に怯えながら『東京大洪水』を読みふけっていた。 また、高嶋氏は3. 11より以前にも執筆している。 内容は言うまでもあるまい。 一度なら偶然かもしれないが、三回続くのは実力であり、必然である。 ということで、神戸市在住の高嶋氏に今回のコロナウィルスをどう見るか話を伺うことにした。

次の

新型コロナウィルス大流行を10年前から予言!? 『首都感染』作者・高嶋哲夫氏に聞いた

コロナ収束 予言

3ヶ月後なので 7月の頭ということですね。 「(コロナウイルスをきっかけに社会が大きく変わる。 そして) 2023年に新しい社会が形作られて安定してくる。 」 と予測されているようです。 コロナが収束したら元通りの生活になる、ということではなくコロナをきっかけに社会の仕組みや構造が大きく変わると考えている方はスピリチュアルかどうかを問わず多くいますね。 コロナウイルスによって私たちは、破壊と再生の「破壊」を経験しているのかもしれません。 2023年に落ち着くと思うと長いような短いような…。 収束見込みはまだ先…?4月末から5月頃に節目か【ゲッターズ飯田】 2020年の「ゲッターズ飯田の世相占い」を分析したという Obatea占いのサイトでは「 新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、4月末から5月頃に節目を迎えます。 」と書かれています。 5月半ばに収束見込み?【 カメリア・マキ】 また、現代占術の最高峰である占い師だという カメリア・マキさんが書かれたサイトでは 実はこの木星と土星が「合」という配置は、2019年12月4日から始まっており、 何かと災害の多かった2019年に続いて、何かが起こる不穏な配置でした。 (中略) これは1月4日から始まり、星座を移動しながら2月17日以降、ピークを迎えます。 3月23日にいったん抜けるのですが、再び4月1日から現れ、4月10日の満月前後が猛威をふるう頂点となるでしょう。 この配置が終了するのは、5月14日です。 と書かれています。 みんなが仕事を休んだら収束していく【そうた】 ここからは少しぶっ飛んで(笑)収束見込みの 明確な時期ではなくなります。 こちらの動画では4:25あたりからコロナウイルスのことを話しています。 具体的にいつコロナが終息するのかという話ではありませんが、コロナウイルスをきっかけに社会が大きく変わるという考えは、一番はじめに紹介したシンガー兼ホロスコープ鑑定士のCOMA-CHIさんと共通していますね。 コロナの収束見込み・予測(非スピリチュアル) コロナがいつまで続くかという予測についてスピリチュアルでは無い、 一般的な新聞などに見られる収束見込みを見てみましょう。 コロナの収束見込み— 約4週間か 3月26日のによると 中国の感染爆発は 約4週間で収束し、韓国は 約3週間で収まっている。 イタリアも感染爆発が始まってから約3週間が経過し、新規感染者はピークを過ぎたように見える。 各国の対策はほぼ同じなので、早期に対策をとれば感染爆発は4週間程度で収まることが予測される。 ということは、 ヨーロッパと米国での感染爆発は4月中に終わる可能性がある。 と書かれています。 しかし、『それで問題が終わるわけではない。 』と続きます。 多数の感染者が出た武漢において多めに見積もったとしても 感染者は人口の1%です。 人口の7割前後が感染すれば獲得できる 集団免疫には程遠く、有効なワクチンが開発されない限り一度収束したとしても、 新たに感染者が入ってきたら再度感染が広がる可能性がある、と述べられています。 日本も緊急事態宣言が出されたので、諸外国のように感染を封じ込めることができれば 4週間後の5月頭を目処に収束する可能性が有りそうですね。 コロナの収束見込み— 夏前までか 他のコロナ収束見込みをみてみましょう。 ここにあげるの記事では遺伝子的に類似している 重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した地域の夏に「終息宣言」が出されたことから 夏前を目処に一定程度減る方向に向くと予測されています。 政府専門家会議のメンバーで、日本感染症学会の舘田一博理事長(東邦大学教授)は、「(日本は) 4月以降は気温や湿度が上昇し、ウイルスが生き延びにくい環境になる」と、ウイルスの弱点を説明する。 収束時期は 「集団免疫などさまざまな要素が絡むので、正確には分からない」としながらも、気候が温暖になる夏前をめどに、ウイルスは一定程度減る方向に向くと見る。 しかし、 SARSは症状が出やすく、囲い込んで対処することができたのに対し、 新型コロナは感染しても症状が出ない人が一定数いることが確認されており、この「無症状病原体保有者」が、 ウイルスの封じ込めを難しくするとの指摘は多いようです。 『人との接触を極力減らす』というような 個人個人の行動によって、コロナウイルスがいつまで続くか、というのは変わってきそうですね。。 コロナがいつまで続くか、予測・予言は難しいのか コロナウイルスがいつ収束見込みは人々の行動やワクチンの開発、政府の対応によっても変わってくるため、正確に予測・予言は困難だと言えるでしょう。 誰が感染しているか分からないウイルスなので一人一人の行動によって感染の拡大が左右されてしまいます。 新型コロナウイルスのワクチンの開発状況についてはこちらの記事にまとめました。 せっかくゴールデンウィークがあるので4月末に収束見込みがあるという説を信じたいところですが、実際はどうなるかわかりませんね。。 今後の政府の方針もどうなるかわかりませんし、商業施設も自粛が続く可能性もあります。 ゴールデンウィークは 様子を見ながら計画を立てるか、 野外でのキャンプなどウイルス対策のできる方法で楽しむのが良いさそうです。 まとめ コロナウイルスの収束見込みがいつになるかは様々な説がありますが、一度収束してもまた感染が広がるという可能性も考えられます。 日々ニュースを見ていると不安を感じ、外にもでられない…そんな生活では 誰でも気が滅入ってしまいますよね。 笑っている方が免疫は高まるようですし、なるべく安心して楽しく日々を過ごしたいものですね! ニュースは気になることもありますが、ニュースなどコロナウイルスの情報ばかりを追って 不安や心配してばかりの時間を過ごしていないか振り返ってみてはいかがでしょうか? 自宅待機の期間にも自宅でできることは色々有ります。

次の

インド少年がコロナ騒動予言的中! もっとヤバい“スーパーバグ”とは!?

コロナ収束 予言

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の