じゃらん net。 じゃらんネット予約はGoToキャンペーン対象?申請方法や還付方法について!期間はいつからいつまで?

じゃらんnetの口コミ・評判 | みん評

じゃらん net

じゃらんの使い方ですが様々な検索方法を使う事によって、旅のプランを探すのが簡単になりますので、是非使いたい機能ですね。 じゃらんの検索は一見、使いにくそうな感じがしましたがやっているうちに慣れました。 やっぱり慣れって大事ですね。 使いにくそうに感じるのは、 じゃらんの旅の検索機能が豊富な為です。 では、さっそく使い方のコツというか要点をお話しましょう。 旅行の条件設定は次ぎのような項目があります。 ・宿泊日 ・宿泊人数 ・部屋数 ・旅の予算 ・お部屋のタイプ ・こだわりの条件 このように、 じゃらんでは6項目程の条件を入れられますので色々と試してみることによって、最適な旅行プランを出せますよ。 この時に じゃらんでは旅のプラン履歴が残る仕組みになってます。 プランの履歴とは見たページの履歴が残る機能です。 だから、前回の検索を見たい場合なんかは便利ですね、30件分保存できますよ。 この履歴はブラウザを閉じても残りますが、30分たつと消えますので、そこんとこ注意しときましょう。 保存しておきたい時は「空室チェック・再表示」をクリックして自分あてのメールとして送れるので、とっておきたい場合はこの機能を使いましょう。 じゃらんでの検索結果の項目としては結構バリエーションがあります。 じゃらんの検索機能を有効活用して、より楽しめる旅行にしたいですね! じゃらんの旅行のプランや宿を探す時は雑誌も便利ですが、じゃらんネットを活用すると更にバリエーションが増えて便利です。 もちろん雑誌には雑誌の楽しさがありますよね。 じゃらんの雑誌をパラパラとめくるのも好きです。 今回の特集は渋滞快適アクセスや立ち寄り露天風呂などと、なかなか楽しい内容ですね。 温泉も宿泊目的で行くのもいいですが、フラッ〜と思いつきで訪ねてみるのも良いものです。 ただ、日帰りの場合、温泉を満喫しすぎると帰りに若干疲れますけど。。 さて、じゃらんnetでの旅プランの探し方なんですが、簡単に紹介しましょう。 クチコミの旅情報なんかは、やっぱり気になりますし、花火とか海水浴、秋には紅葉なんかの季節のレジャーはやっぱり見逃せませんね。 特にじゃらんの「人気の日程」では夏休みなどのレジャーシーズンや年末年始など長期の休みで予約がとりにくい時でも、まだ間に合う宿泊先などを探せますから便利ですよね。 じゃらんは普通の宿の他に高級ホテルや旅館の特集コーナーもありますし、あとペットOKの宿なんかのコーナーもあります。 その他はオーソドックスですが次のような検索機能もついています。 まあ、大まかな検索ですけどね。 例えば宿泊施設名、地名、駅名、温泉地名、や「エステ」「ペット」「グルメ」など、旅の目的のキーワードを入力することで探せる機能があります。 すでに旅の目的が決まっている場合、ピンポイントで探す事が出来ます。 当日でも8時以降、その日空いているホテルを検索出来るので便利。 じゃらんは旅行に欠かせないですね。 雑誌はもちろん じゃらんのnet ネット)なんかも大人気。 じゃらんでの人気旅行先としては北海道、九州、沖縄が人気ベスト3ですか。 後は京都、東北、軽井沢、関西や箱根、伊豆、大阪などですか。 もちろん、花火大会や海水浴場の情報やツアー、ペット同伴の宿などのを探す時にとっても重宝しますね。 予算の関係上、近場になってしまう事もあるでしょうが旅行やデートに じゃらんはかかせませんね。 もちろん安く泊まりたい時などのビジネスホテル探しも出来ちゃいます。 元はリクルートがやっている旅行サービスですけど じゃらんにのっている旅情報は国内2位の情報数というから凄いですね。 第一位は楽天トラベルなんですが遊び系の宿や宿泊プランの情報量は じゃらんがトップです。 「にゃらん」という猫がキャラのやつもあって可愛いいというかユニークですしね。 もちろん遊び系だけでなく仕事などの宿泊につかえるホテルなども探せます。 このあいだ幕張のワシントンホテルに泊まったんですが、なかなか快適でしたよ。 部屋は安かったので、そんなに広くなかったんですが、清潔でしたし窓から幕張の海が一望できて快適でした。 テレビは映画を観るには1000円必要ですが、BSとかのチャンネルも見れたのでつけたら「巨人の星2」をやっていたので思わず見てしまいました。 あそこは仕事だけでなく、かなりレジャー系のお客さんが多いようでした。 ビジネスホテル系は食事なんか自由ですからね。 お店に入ってもよし、ホテルの下にあるコンビニで買ってもよしという事で気が楽です。 じゃらんを見て来たかどうかはわからないけど、遊んで帰って来た人は結構、節約もかねて下のコンビニでおにぎりとか蕎麦とか買ってましたよ。 じゃらんの雑誌もそうですが、ネットの方も旅館やホテルの写真が沢山あるので雰囲気がつかみ易いのではないでしょうか。 じゃらんのネットの方は雑誌と違って最初は少し見にくい感じがしますが、慣れてしまえば色々と検索出来るのでいいかも。 じゃらんでは旅の目的によって、いろいろな宿やプランの立て方が出来るように検索しやすくなってますからね。

次の

じゃらん

じゃらん net

概要 [ ] 海外旅行情報誌「」(2006年休刊)の国内旅行部分を分離して1990年に創刊。 「じゃらん」の由来は「道」「プロセス」を意味するの「jalan」から。 ちなみに「」で「散歩する」「ブラブラ出かける」「旅行する」の意味になる。 また、JALANの真ん中に「レジャー(leisure)」の「L」があるという意味でも名付けられている。 やの紹介が大半を占めるが、特集などの記事も多い。 インターネット版の「じゃらんnet」では、やを直接予約することが可能。 現在刊行されている版の一覧 [ ] 2020年5月現在、以下の5版体制である。 関東・東北じゃらん [ ] 主な取材対象地域は1都10県(・・・・・・・・・)及び(・・・・・)。 内容や時期によっては・・など広域にわたることも。 創刊は1990年1月24日。 前身の「関東じゃらん」となったのは2010年8月号(同年7月1日発売)からである。 「じゃらん」ブランドの中でも最も古く、2010年には創刊20周年を迎える。 「貸切風呂」「いちご狩り」「露天風呂付き客室」などの開発も行ってきた。 2011年7月1日に「東北じゃらん」と統合され、誌名が「関東・東北じゃらん」に変更された。 関西・中国・四国じゃらん [ ] この節のが望まれています。 取材対象地域は近畿2府4県、北陸、5県、4県を中心に、東海(・・)もカバーしている。 元々「じゃらん関西・東海」として刊行されていたが、後に(時期不詳)「東海」が分離独立し「関西じゃらん」に、さらに2010年8月号(同年7月1日発売)より「じゃらん中国・四国」を併合し、現在の「関西・中国・四国じゃらん」となった。 なお、「関西じゃらん」時代から中国・四国エリアも取材対象となっており、「京阪神から日帰り~1泊2日で行けるエリア」をカバーしていた。 グルメやイベントや季節の風景といった各地の旬の情報と、じゃらんネットのクチコミで人気の宿情報など、その時期ならではのお出かけ情報が紹介されている。 城崎・・・といった全国的に有名な温泉地の最新情報はもちろん、地元スタッフが発掘した穴場情報にも力を入れており、ローカル誌ならではの取材力が生かされているのも特徴。 関西中国四国オリジナルの宿泊プランやレストランメニューも多い。 定番の宿特集は「旬のグルメが堪能できる宿」「貸切風呂のある宿」「お部屋露天のある宿」「カップルプランのある宿」など。 東海じゃらん [ ] この節のが望まれています。 取材対象地域は、、、の東海エリアを中心に、信州、北陸および近畿エリアまで、東海圏から日帰り、もしくは1泊2日で出かけることのできるエリアを網羅。 前身の「じゃらん関西・東海」から分離独立した形で創刊されたが「 - 関西・東海」創刊前は首都圏版(現在の関東・東北じゃらん)に東海エリア向けの情報が掲載されていたこともある。 観光、グルメ、宿泊情報のほか、・・といった全国的に有名な温泉地の特集や、ドライブ、花火、味覚狩り、イルミネーションなど、季節イベントや地域の旬の情報が毎月発信されている。 「貸切露天風呂のある宿特集」や、「じゃらんnetのクチコミによる人気宿特集」など、東海じゃらんオリジナルの宿泊プラン情報も豊富に掲載。 北海道じゃらん [ ] この節のが望まれています。 取材対象地域は7県とであり、九州各地から日帰り~1泊2日で行けるエリアとしている。 創刊は1995年と「じゃらん」ブランドで2番目に古い。 観光、グルメ、宿泊情報のほか、、、など全国的にも有名な温泉地の特集、ドライブ、花火、紅葉、味覚狩りなど季節イベントや地域の旬の情報が毎月発信されている。 長年にわたる観光情報の蓄積、情報発信のノウハウを生かして、地元で「」及び地域と協働し、イベントや新ご当地グルメの開発を行なっている。 近年では、「」とコラボし、「ご当地おにぎり」「おてがるクレープ」を開発。 かつて刊行されていた版 [ ] アクティブじゃらん・リラックスじゃらん [ ] 「関東じゃらん」が現在の体制になる以前に発売されていた雑誌。 取材対象地域は現在の「関東じゃらん」と同一。 レジャー・スポーツ体験・季節限定の楽しみなど、「アクティブ」なお出かけを提案する「アクティブじゃらん」が毎月1日に、滞在地や宿泊施設で「リラックス」したお出かけを提案する「リラックスじゃらん」が毎月15日にそれぞれ発売されていた。 しかし、「リラックスじゃらん」は2010年3月を最後に廃刊。 その後は「アクティブじゃらん」が同年7月号まで販売されていたが、前述の通り翌8月号より「関東じゃらん」に引き継がれた。 じゃらん中国・四国 [ ] この節のが望まれています。 取材対象地域は5県、4県を中心に関西・九州エリアまでであり、中国エリアから日帰り~1泊2日で行けるエリアとしていた。 創刊は2003年と「じゃらん」ブランドで最も遅かった。 観光、グルメ、宿泊情報のほか、ドライブ、花火、紅葉、味覚狩りなど季節イベントや地域の旬の情報が毎月発信された。 岡山県・湯原温泉が発生の「露天風呂(6月26日)の日」にちなんだ「露天風呂半額特集」や、「いい風呂(11月22日)の日」にちなんだ「いい風呂半額特集」、「ふぐ・かに5000円プラン」など、「お得」にこだわったコンテンツも多数存在していた。 2010年7月号をもって「じゃらん中国・四国」としての刊行は終了し、前述の通り翌8月号より「関西じゃらん」に統合され、「関西・中国・四国じゃらん」として再スタートしている。 東北じゃらん [ ] この節のが望まれています。 取材対象地域は。 テーマ毎に各地域横断的な特集と、各地域ごとの観光・グルメ・宿泊の記事が中心(各地域ごとの記事では・、、が含まれることがある)。 その他、に近い「特集」、「特集」、「・特集」が毎号別枠である。 「仙台特集」は仙台市のの、「福島県特集」は・・・の各・観光施設の、「東京・横浜特集」は()の商品である「」(あるいは)の販売促進であるが、各特集で対象地域のイベント・観光についても記載される。 なお、「東北じゃらん」販売地域では「関東じゃらん」(旧「アクティブじゃらん」及び「リラックスじゃらん」)が併売されているため、「東京・横浜特集」以外で他地域の特集がなされることは少ない。 「東北じゃらん」が音頭を取り、「」と呼ばれるが仙台市内の様々な店オリジナルでつくられ、販売されている。 また、各地の内の近隣旅行コーナーを「東北じゃらん」が監修し、同誌の販売促進につなげるも行われている。 の影響で、2011年3月1日発売号を以て一時的に休刊していたが、同年7月1日に前述の「関東じゃらん」と統合され「関東・東北じゃらん」として新装刊された。 じゃらんnet [ ] この節のが望まれています。 11月11日サービス開始。 日本人の国内旅行の分野では、の運営するなどと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトの一つとなっている。 リクルートは第3種旅行業者としての登録を行っているが 、じゃらんnetの運営を通じ、国内を代表する( Online Travel Agency, OTA)としての側面を持っている。 日本国内のやなどの予約を軸に、チケットの販売、また、国内の受託販売、国内線・国際線・海外ホテル関係各予約サイトの仲介を行っている。 雑誌版じゃらんで掲載される特集記事や、各旅行会社が提供するパッケージツアー、全国の観光スポット・イベントなど、国内旅行に関する情報を掲載する。 また、宿泊した施設に対するを投稿することができる(チェックイン後60日以内に限定)。 )され 、じゃらんnetで貯めたリクルートポイントは、などリクルートが運営する他サイトなどにおいても共有し利用可能となっている。 なお、11月、とのポイント統合が予定されていたが延期され、2月2日に統合が実施された。 宿泊予約に関しては、ウェブサイトに加えて、じゃらんnet予約センター(コールセンター)を通じた電話予約も可能である。 ただし、予約センター経由の申し込みの場合は、リクルートポイントの加算はない。 日本国内で2万8千件前後の宿泊施設登録数を持つ。 じゃらんnetの宿泊予約においては、運営するリクルートが、宿泊施設に予約システムを提供し、宿泊施設から手数料(コミッション)を受け取る、日本のOTAで一般的なビジネスモデルが用いられている。 利用者にとっては、じゃらんnetでの宿泊予約は、じゃらんnetのフォーマットを通じて宿泊施設と契約することを意味し、料金は宿泊施設に直接支払うことになる(リクルートが宿泊料金を請求することは無い)。 なお、じゃらんnetを通じて宿泊予約を行ったにも関わらず、サイトからのキャンセル手続きや宿泊施設へのキャンセル連絡を事前に行わずに、宿泊しなかった場合、以降じゃらんnetからの宿泊予約ができなくなるペナルティが科される。 2019年1月現在、日本語に加え、、(文体が2種あり)など7つの言語で運営されているが、日本語以外の言語版では、日本の宿泊施設予約に特化した仕様となっている。 とが、じゃらんnetを利用した宿泊施設予約により、が貯まるサービスを行っている。 じゃらんnet専用のバナーを経由し予約するとマイルが貯まる(詳細は参照)。 イメージキャラクター [ ] にゃらん(二代目) 本名は『でし』。 旅の達人である初代にゃらんに憧れ師匠と仰いでいる猫。 以前、にゃらんの旅行に勝手についてきてしまったため、せっかくならとにゃらんに旅の極意をたっぷりと伝授されている最中。 2012年当時は子猫で首輪の鞄に初心者マークがついていたが、2013年春には鞄の初心者マークが無くなり、旅をプロデュースする等心身ともに成長しているが、旅先で眠るのは相変わらず苦手。 首輪の旅行鞄にはにゃらん師匠に教えてもらった、手ぬぐいと何かあった時のため小判が入っている。 「じゃらん」猫版は、旅初心者のでしにはまだ解読出来ないため、持っていない。 2014年春に師匠から『にゃらん』を襲名し二代目にゃらんとなった。 現在は、初代と同じく川崎在住。 最近写真に凝っているらしい。 5つの秘密• しっぽ:初代より長い• 背中の柄:上を向いている猫に見える?• 横顔:まるい• 手:まんまる• 肉球:とってもピンク マドンニャ ふわふわの白い毛並み、ブルーの瞳にピンクのお耳の白猫。 聞くところによると、ちょっとしたお嬢様。 日本全国の美しい場所を巡るのが好きで、絶景スポットでは度々二代目にゃらんと出会う。 ピンクのカバンは思い出の品らしい。 ペン三兄弟(ペン太郎、ペン二郎、ペン三郎) 楽しいことが大好きなペンギン三兄弟。 とても寂しがりやで、いつも3匹一緒に行動している。 暑い夏に少しでも涼しいところを求めて出かけた先で、二代目にゃらんと出会った。 テンションがあがると、空気が読めなくなるのがタマにキズ。 過去のイメージキャラクター [ ] にゃらん(初代) あたりに住んでいる普通の飼い。 語尾に「にゃ」が付くのが特徴で、首輪には旅行鞄がくっついている。 好奇心旺盛で新しい刺激を常に求めてよく旅に出ている。 猫だけど車の運転もする事があり、車で旅に出掛ける事もある。 女好きで、デートの下見も欠かさない。 また、女性なら猫でも人間でも種を越えて好きだが、友達止まりの出会いが多いらしく付き合った異性の数は少ないらしい。 かつては一人で旅をしていたが、2009年夏頃よりモン太やキジ君と3人で旅に出ていた。 また、飼い猫だが定職に付いている事が発覚する。 普段は某社営業部のとして、全国の会社にまんじゅうなる物を売り込む為に出ている。 2012年夏頃よりにゃらんを師匠と仰ぐでしが出来た。 首輪の旅行鞄には好物の煮干し、手ぬぐい、何かあった時のための小判、「じゃらん」猫版(解読できるのはにゃらんだけ)が入っている。 2014年春に一人前となったでしに『にゃらん』の座を託し初代にゃらんとなった。 普段の一人称は「私」だが、モン太やキジ君など友人と話す時は「俺」になる。 モン太 で芸人修行中の。 旅の途中で出会ったにゃらんが顔を洗っているところを見て、と思って話しかけたことから意気投合し、共に旅に出ることになる。 かなりの女好きで、モテたいが為にわざわざ山に修行に出向いて「モテモテ月面宙返り」なる技を習得したが見事撃沈した。 3人の中では一番のムードメーカーだが、にゃらんやキジ君に対してコンプレックス(自分よりモテるから)を持っていてあからさまにひがむ事もある。 キジ君 本名は。 おぼっちゃま育ちで国鳥のため、大変プライドが高い。 旅をしているにゃらんとモン太を見て「俺が入れば桃太郎じゃん!」と勘違いし、更にはにゃらんの食べていた温泉まんじゅうをきびだんごと思い込んだことから旅に同行。 にゃらんとモン太には君付けで呼ばれる。 普段はケーンとしか鳴かないが、たまに喋る事もある。 いつもにゃらんやモン太の周りをうろうろ落ち着き無く動き回っている。 座右の銘は「旅はメシ」。 三人の中では一番モテるらしく、今まで付き合った女性の数は数えるのが面倒臭いくらいいるらしい。 なお、1990年の創刊当初はがCMキャラクターを務めていた。 CMソングはの『平成じゃらん節』だった。 脚注 [ ]• 2019年1月5日. 2019年1月14日閲覧。 東京都産業労働局観光部振興課(GO TOKYO) 2018年12月28日. 2019年1月14日閲覧。 2015年11月15日. 2016年1月11日閲覧。 この方式は、世界的にはエージェンシーモデルまたはコミッションモデルと呼ばれ、価格決定権はホテル側にある。 世界的にはが、この方式の代表的なOTAとなっている。 リクルートホールディングス. 2015年2月15日閲覧。 リクルートライフスタイル 2018年2月28日. 2019年1月14日閲覧。 トラベルボイス 2018年10月14日. 2019年1月14日閲覧。 関連項目 [ ]• - で土曜18:30 - 19:00に放送している北海道じゃらんとの。 - じゃらんnet立ち上げ責任者。 現在はリクルート退社。 外部リンク [ ] 雑誌『じゃらん』に関しては以下を参照• - (週刊じゃらん)• - (北海道じゃらん)• - (東海じゃらん)• - (関西中国四国じゃらん)• - (九州じゃらん)• - (じゃらんリサーチセンター)• 「じゃらんnet」に関しては以下を参照• - JALマイル加算に関する案内。 - ANAマイル加算に関する案内。 jalannet -• - 「観光ガイド」「温泉ガイド」「今夜の宿予約」「出張ビジネス」「航空券比較」「ゴルフ」特化アプリを別にリリース。 - 「観光ガイド」「温泉ガイド」「今夜の宿予約」「出張ビジネス」「航空券比較」「ゴルフ」特化アプリを別にリリース。

次の

じゃらんで可能!?gotoトラベルキャンペーンの申請方法まとめ

じゃらん net

リクルートライフスタイルは2015年4月28日より、旅行予約サイト「じゃらんnet」にて、政府が創設した「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用する「ふるさと割クーポン」キャンペーンを開始する。 観光誘客の促進および旅行者の消費喚起を図ることを目的とした施策を自治体(県・市町村)と共同と推進していくもの。 第一弾としてキャンペーン開始日より大分県、岐阜県、徳島県、宮崎県、別府市(大分県)での宿泊が最大半額になる「ふるさと割クーポン」を先着順で取得・利用可能とするほか、随時対象地域を拡充していく計画だ。 利用となるプランは「じゃらんnet」で掲載される宿泊プランと「じゃらんパック」(一部の自治体のみが対象)。 クーポンの発行から行使までのスケジュールや、金額や発行枚数などは自治体によって異なる。 4月28日時点で対象となる自治体と旅行券名称は以下のとおり。 大分県:おんせん県おおいた旅行券• 岐阜県:清流の国ぎふふるさと旅行券• 徳島県:おどる宝島!とくしま旅行券• 宮崎県:ココだよ!宮崎県• 別府市:別府満喫!旅行券 こうしたクーポンは、「楽天トラベル」でも発行が発表されている。 全国各地で観光に利用される「地域住民生活等緊急支援のための交付金」での動きが活発化しそうだ。 じゃらんnetのクーポンについて、詳細はキャンペーン開始後に以下から参照可能となる。

次の