髪 かきあげ イラスト。 His Forehead that Makes Your Heart Race♡

Subtly Showing Off Skin Around the Neck

髪 かきあげ イラスト

わかりやすい髪の毛の描き方 まずは全体のシルエットの把握をしましょう。 前回も書きましたが、 長いのか短いのか、くせっ毛なのか直毛なのか…など、 イメージを固めておくことはとても重要です。 下記のように、髪が長いと イラストの構図にも影響してきます。 また、 曲線で描くということも重要です。 まっすぐな髪と言うのは自然ではありません。 長い髪は 緩やかなS字を描くようにすると自然で流れのある髪が描けます 疎と密のバランスをとる 髪を描いていると似た線を何本も引くことになると思うのですが、この 幅や密度なども重要です 同じ間隔にならないように 疎と密をかき分けていきましょう。 ポイント1:サイドに細かい毛を足す 大きい束を描いたら サイドに細かい毛を描きましょう。 絵の動きが出て、密度をあげられます。 ポイント2:髪の毛の表面にパースをきかせる 頭に沿うように髪の束を描いて行くときに、 表面のパースを意識しましょう。 簡単に言うと 面がこちらを向いてるほど幅が広くなります。 パースについてはを参照してください ポイント3:毛先は細かく分ける 太めの髪の束を描いた場合は、 毛先を散らすと自然に見えます。 みつ編みも重なりの一つです。 編み込みの表現は髪の毛だけではなく、いろいろなものの描き方に応用がききます バリエーションを増やす 髪の毛を描くときは、ある程度かける髪の毛の バリエーションを増やしておくと描きやすいです。 常日頃から、いろいろな人やイラスト髪型を観察してみましょう。 ここではパーツにわけていくつかのパターンを描いていきます。 大きく分けて前髪、もみあげ、後ろ髪に分けて描いてみました。 組み合わせるとこれだけで 125通り! の髪型がかけるようになります。 おわりに 髪の描き方についてでした。 二次元的な髪の毛は現実に存在しないので難しいですよね。 個性が出るところでもありますので、自分なりの描き方をまとめてみるのもいいかもしれません。 ではまた、次の講座でお会いしましょう。

次の

マジックカーラーで作る!簡単かきあげ前髪【イラスト付き】ー髪のお悩みやケア方法の解決ならコラム|EPARKビューティー(イーパークビューティー)

髪 かきあげ イラスト

あなたは大丈夫? 違和感がある髪の描き方 初心者が陥りやすい「髪の毛の違和感」を4つ上げてみました。 あなたは当てはまりますか? ボリュームがない 頭蓋骨の形を意識せず描いたときに起こります。 頭部がえぐれて、顔が突き出して見えるような違和感があります。 ボリュームがありすぎる 頭蓋骨の形を意識しすぎたときに起こります。 「頭蓋骨があって、髪があって、その間にはなんとなく空間があって、だから髪の毛は盛り上がるはず……」と無意識に思っているうちに形が大きくなってしまいます。 顔と髪の向きが合っていない 顔が左斜めを向いていますが、サイドの毛量のバランスから 髪の毛だけ正面気味に見えます。 髪型に意図がない限り不自然な髪型です。 毛の流れが垂直すぎる 髪が不自然に垂直で 生え際がないです。 違和感のない髪の描き方 それでは上記のようなミスはどうやったら防げるのでしょうか? 大切なのは 頭蓋骨の形と生え際(髪の毛の生え方)を意識することです。 「ボリュームがない」の画像を例に、頭蓋骨の形を描いてみます。 頭蓋骨に赤線を引いてみると一目瞭然ですね。 後頭部が陥没しています。 頭部の形が決まらないと感じる人は、坊主頭の 人間にかつらを被せるイメージでアタリを取ると良いでしょう。 それでは描き方の工程を押さえましょう。 坊主を描く はじめは髪を描かず、坊主の状態を描きます。 参考:頭部の形の取り方について link 2. 髪型のアタリを取る 次に髪型のアタリを取ります。 生え際の位置も決めておきましょう。 男性は天然パーマ気味のショートで、女性は直毛気味のショートを想定します。 カツラを被せる 最後にカツラを被せるように髪の毛を描いて完成です。 描画しやすくなる髪の描き方 描き方の工程は分かったものの実際に描くと、髪の流れがよく分からないと思います。 そこで、 1. 生え際を分けて考える 2. 矢印で髪の流れ決める の手順を押さえることで描きやすくなります。 生え際を分けて考える 髪を描画しやすくする方法として、生え際を• フロント• サイド• もみあげ• バック• 襟足 の 6つに分けるのをオススメします。 色が付いている部分から髪の毛が生えているのをイメージしましょう。 矢印で髪の流れを決める 上記で 色分けした部分を元に、矢印でざっくり髪の毛の流れを決めると描きやすくなります。 [ どの髪型を描く場合でも、 生え際の意識は共通なので使いまわせます。 最初の段階で矢印を描くのが難しい方は、 1. 髪の毛のアタリを取ってから生え際を定め直す 2. 矢印を引いた後に流れを微調整 といったように「自分の絵に自分で赤入れする」のも良いでしょう。 応用編:髪を描く考え方 次は応用編として、髪を描くときに知っておきたい考え方をご紹介します。 髪の生え方を考える 初心者にありがちなミスとして「つむじ1点から髪の毛が生えている」ことがあります。 正しくは、生え際は様々な箇所にあるので 「つむじを中心に放射状に生えている」ことを意識すると自然な髪型になります。 特にくせっ毛やショートヘアを描くときに 、この構造を理解していると髪の毛の流れに困らないです。 頭部がえぐれて見える場合も、この「つむじ1点から髪の毛が生えている」パターンが当てはまることがあります。 頭皮と髪のアウトラインの隙間を考える 長髪でストレートだと、 生え際の意識が無くなりがちです。 基本は 「髪の毛は頭部全体から生えている」ことを意識して、生え際に膨らみが生じることを覚えておくと良いでしょう。 例えばこのように、一本一本の髪の毛は毛穴から直接下に垂れ下がっているのではなく、毛根近くは皮膚に対して垂直気味に生えています。 よって 頭皮と髪のアウトラインの間に空間が生まれるのです。 髪の毛の描き方まとめ これまで紹介した事項をまとめると 1. 頭蓋骨のかたちを描く 2. 髪の毛の生え際に沿って矢印の流れを作る 3. 毛の流れに沿ってカツラを被せる要領で髪を描き込む を順を追って制作すると、比較的まとまったイラストに仕上がります。 特に髪の毛の生え方は規則的な部分なので、構造を知っておくと「何かが違う」曲面に遭遇したときに、どこが間違っているのかの答えを見つけやすくなるので覚えておきましょう。

次の

マジックカーラーで作る!簡単かきあげ前髪【イラスト付き】ー髪のお悩みやケア方法の解決ならコラム|EPARKビューティー(イーパークビューティー)

髪 かきあげ イラスト

わかりやすい髪の毛の描き方 まずは全体のシルエットの把握をしましょう。 前回も書きましたが、 長いのか短いのか、くせっ毛なのか直毛なのか…など、 イメージを固めておくことはとても重要です。 下記のように、髪が長いと イラストの構図にも影響してきます。 また、 曲線で描くということも重要です。 まっすぐな髪と言うのは自然ではありません。 長い髪は 緩やかなS字を描くようにすると自然で流れのある髪が描けます 疎と密のバランスをとる 髪を描いていると似た線を何本も引くことになると思うのですが、この 幅や密度なども重要です 同じ間隔にならないように 疎と密をかき分けていきましょう。 ポイント1:サイドに細かい毛を足す 大きい束を描いたら サイドに細かい毛を描きましょう。 絵の動きが出て、密度をあげられます。 ポイント2:髪の毛の表面にパースをきかせる 頭に沿うように髪の束を描いて行くときに、 表面のパースを意識しましょう。 簡単に言うと 面がこちらを向いてるほど幅が広くなります。 パースについてはを参照してください ポイント3:毛先は細かく分ける 太めの髪の束を描いた場合は、 毛先を散らすと自然に見えます。 みつ編みも重なりの一つです。 編み込みの表現は髪の毛だけではなく、いろいろなものの描き方に応用がききます バリエーションを増やす 髪の毛を描くときは、ある程度かける髪の毛の バリエーションを増やしておくと描きやすいです。 常日頃から、いろいろな人やイラスト髪型を観察してみましょう。 ここではパーツにわけていくつかのパターンを描いていきます。 大きく分けて前髪、もみあげ、後ろ髪に分けて描いてみました。 組み合わせるとこれだけで 125通り! の髪型がかけるようになります。 おわりに 髪の描き方についてでした。 二次元的な髪の毛は現実に存在しないので難しいですよね。 個性が出るところでもありますので、自分なりの描き方をまとめてみるのもいいかもしれません。 ではまた、次の講座でお会いしましょう。

次の