てんとう 虫 もどき。 てんとう虫の大量発生

テントウムシダマシ駆除 アブラムシ等の駆除のガーデン雑貨はペタDeco工房

てんとう 虫 もどき

てんとう虫の駆除について教えて下さい。 我が家のオリーブの木に、毎年、てんとう虫が大量発生します。 画像のようにテントウムシモドキとかではなく、普通のてんとう虫に見えます。 とにかく半端な量でなく発生し、この時期の新芽をすべて食い荒らしてしまうので、これまではほうきではらっていたのですがとても間に合わず、しかもこっちに向かってきます。 体に着くとかゆいです。 有機肥料で栽培している他の植物に、影響を与えてしまうような薬剤散布はしたくないのですが、その場合、駆除はどのようにしたら良いものでしょうか?お教えください。 補足お答えをいただいている方に感謝します。 申し訳ありませんが、てんとう虫が発生するまで葉っぱは綺麗で、葉ダニやアブラムシのような草食性の生物は見当たりません。 ついているものはてんとう虫の糞だと思います。 また、殺虫剤をまいてしまえば確かに早いかと思うのですが、あまりの量の多さにちょっと考えてしまうのです。 すみませんが、駆除以前にお伺いしたいことがあります。 テントウムシの中にも、害虫扱いの草食性のもの(テントウムシ科マダラテントウ 亜科のもの。 例えば、ニジュウヤホシテントウ)もいますが、画像のものとは (質問者さまも、「普通のてんとう虫」と書かれている通り)全く異なります。 フタホシテントウ ヒメアカボシテントウ テントウムシ一般 一度ご検討下さい。

次の

てんとう虫は幸運のシンボル?色やとまる場所によって意味や内容が変わる!

てんとう 虫 もどき

この症状テントウムシダマシのせいかも 1. 葉がさざ波状に食べられる テントウムシダマシの食害跡は特徴的なので比較的判断しやすいです。 葉の裏に黄色い卵が数十個ついている テントウムシダマシは葉の裏に一度に20~30個の黄色い卵を産み付けます。 ウリ科とナス科ばかり被害に遭う 特にジャガイモやナス、トマトなどに付きやすい害虫です。 テントウムシダマシ駆除と対策1. 生態 テントウムシダマシとは テントウムシダマシとは、テントウムシ科の中の ニジュウヤホシテントウと オオニジュウヤテントウの2種の通称名です。 成虫は名前の通り背中の斑点が 28個あり通常のテントウムシに比べて多いのが特徴で、幼虫はトゲのようなものがたくさん生えたタワシのような姿をしています。 普通のテントウムシはアブラムシやハダニなど吸汁性害虫を食べてくれる 益虫なのに対し、テントウムシダマシは植物の葉を食べる 食害性害虫なので注意が必要です。 大きさは成虫で 6~8mm程度。 特に ナス科の植物を好んで食害します。 テントウムシダマシの発生時期と繁殖 テントウムシダマシの発生時期は 4~10月ごろです。 成虫は落ち葉の裏などで越冬し、はじめは黄色く細長い卵を じゃがいもの葉の裏に20~30個ほど産み付けます。 幼虫も成虫もはじめはじゃがいもの葉を食べますが、その後被害が広がると茎や果実はもちろん、トマト、ナス、キュウリなど、さまざまなナス科とウリ科の植物を食害するようになります。 そのため被害を広げないためには、じゃがいもが被害に遭っている段階での対応が重要なポイントになってきます。 テントウムシダマシ駆除2. 被害と症状 テントウムシダマシによる被害 まず成虫がじゃがいもの苗に飛来し、葉の裏に卵を産み付けて繁殖します。 幼虫も成虫もはじめはその場で葉を食べます。 食欲が旺盛なので葉がボロボロになってしまうことも。 食害された葉は さざ波状に傷つき透けている状態なので、テントウムシダマシによる食害かどうかは比較的判断しやすいと思います。 徐々に被害が広がると茎や果実も食べ始めます。 葉や茎が食べられると光合成がうまくできず生育が悪くなりますし、果実が食べられると収穫にダイレクトに影響します。 じゃがいもの葉の裏をこまめにチェックし、卵を孵らせないようにしましょう。 テントウムシダマシ駆除3. 予防方法 周囲の雑草を刈る 近くに雑草地帯があると、そこからテントウムシダマシ以外の害虫も含め飛来しやすくなります。 雑草はできる限り刈り取っておくようにしましょう。 防虫ネットを使用する じゃがいもを育てている場合、春先に成虫が卵を産み付けにやってくるので 防虫ネットなどで飛来を防ぎます。 葉の裏のチェックも忘れずに行いましょう。 万一卵を発見したら葉ごと取り除きます。 また、じゃがいもの近くで ナス科の野菜は育てないようにしましょう。 薬剤の使用も テントウムシダマシの被害を抑えるためには、じゃがいもの苗に留まっているうちに対処すること。 じゃがいもの植え付けの際に薬剤を使用することでも予防することができます。 薬剤に抵抗がない場合は使用した方が確実です。 テントウムシダマシ駆除4. 駆除方法 見つけ次第、捕殺 数がそれほど多くなければ、成虫を見つけたらその都度捕殺します。

次の

テントウムシ図鑑

てんとう 虫 もどき

てんとう虫 そのかわいらしいフォルムから、子供たちの人気者。 畑や家庭菜園に目を向けてみれば、アブラムシなどを食べてくれると 益虫と呼ばれている彼らだが、 じつは、 害虫 になりうる種類もいるってご存知でしたか? 今回は、そんな益虫なの?害虫なの?っていう疑問を解決しながらテントウムシが何者か見ていきましょう! てんとう虫は害虫にも益虫にもなる 先ほど冒頭でも挙げましたが、 てんとう虫は害虫にも益虫にもなる種類が存在しています。 家庭菜園を始めた頃、「てんとう虫は益虫だから、多く畑に呼べるようにしよう!」と意気込んでいた時もありました。 今となっては、葉を食べる種類もいるって知っているので、むやみにテントウムシを畑に呼ぶというのは避けています。 本当に知らないって罪だ。 じゃ、益虫、害虫はどんな種類?そして、見分け方はあるの?っていう疑問が出てくると思います。 では次でその辺りを見ていきましょう。 益虫テントウと害虫テントウ テントウムシダマシ こやつは害虫 ジャガイモの葉が食べられていました ウリ科もやられちゃうので全部駆除 — 自給自足生活 arms2983 害虫と言われているてんとう虫は テントウムシダマシ(写真)と俗称されています。 テントウムシダマシはニジュウヤシテントウ、オオニジュウヤホシテントウとい種類が存在していて、 草食のテントウムシのことを指します。 草食のテントウムシ=野菜の葉っぱや実を食べるので人間にとって害虫と言われているのです。 人間にとって有害なので害虫と言われてしまうのが悲しいところですよね。 かたや益虫と言われている 肉食のてんとう虫(上の写真) はアブラムシなどを捕食します。 アブラムシは人間・作物にとって害をなす虫なので、 そのアブラムシを食べる肉食のテントウムシは益虫ということになります。 気になる肉食と草食の見分け方 テントウムシダマシ こやつは害虫 ジャガイモの葉が食べられていました ウリ科もやられちゃうので全部駆除 — 自給自足生活 arms2983 ツイートと写真を載せました。 上のツイートの方がテントウムシダマシ、下が肉食てんとう虫です。 違いは… ツ ヤ ツヤがあるてんとう虫は肉食で、逆に ざらざらしているてんとう虫は草食のテントウムシダマシです。 もし畑にザラザラのてんとう虫がいたら、そいつはあなたの作物を狙っています。 可愛そうですが、捕殺しましょう。 まとめ 今回はてんとう虫は害虫・益虫の2種類が存在していることを見てきました。 見分け方はツヤで、 ざらざらしているてんとう虫はテントウムシダマシという草食のてんとう虫です。 このポイントさえ抑えればほぼ大丈夫。 あなたも今日からてんとう虫マスターだ!.

次の