カジサック の 小 部屋。 キンコン・梶原雄太のYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」登録が200万人突破 「これからも走り続ける」

【超速報!】YouTube公式「カジサックの部屋」が登録者数200万人を突破!「これからも走り続ける」

カジサック の 小 部屋

略歴 [ ] 名古屋校の11期生。 4月に横井剛と漫才コンビ・ を結成、に解散。 その後佐藤あんまきと漫才コンビ・ けんだまを結成するも再び解散、へと転身する。 ・のチャンネルには チームカジサックの一員として10月のデビュー当初より携わっており、動画にも度々登場している。 人物 [ ] とは『』で構成を担当した頃からの付き合いで、その後も一緒に仕事をすることが多い。 「トンボ」という芸名もによる命名である。 涙もろい部分があり、カジサックチャンネルでは「はじめてのおつかい 」や「100万人登録記念生配信 」等の動画で号泣している。 またお調子者な部分もあり、で度々指摘されている。 YouTuberの人脈も広く、カジサックチャンネルに縁のあるゲストを招聘することもある。 担当番組 [ ] テレビ番組 [ ]• - 、• - 、• - 、• - 、メ〜テレ インターネット番組 [ ]• 2018年 - 、• 2019年 - 、• 会議を見せるテレビ - 、• 2017年 - 2019年、AbemaTV• カジサックの笑顔でハイタッチ - 、AbemaTV ラジオ [ ]• 出会いの渋谷 2017年 - 2018年、• 2019年、 YouTube [ ]• カジサックの小部屋• - ピカゴローの声も担当 脚注 [ ] [].

次の

カジサックの部屋

カジサック の 小 部屋

概要 [ ] カジサックが色んな人から学ぶ、聞くと言うのをに掲げており、の壁も超えた人気とのトーク企画やYouTuberとのコラボ動画、各種挑戦動画、家族総出演(通称、)の家族動画、KAJISAC HOUSE等々その内容は多岐に渡る。 中でも有名人とのコラボや家族のの動画は群を抜いて再生数の多い動画になっている。 2018年12月にはサブチャンネル「カジサックの小部屋」を開設。 こちらはお蔵入り動画やメインで投稿するほどでもない動画などゆるい雰囲気をコンセプトにしている。 単独もしくは少数で制作するYouTuberが多い中、当チャンネルは チームカジサックと呼ばれるチーム制で制作され多くのスタッフが携わり、毎日配信(9月6日からは原則週4日配信 )を実現している。 これは本人曰く「テレビ的な作りを意識した」とのことで、動画の要素もYouTubeらしさとTVらしさが混在している。 動画内でアドバイスした(・)や動画で共演した()など、を中心に多くの芸人がYouTube活動をスタートさせるきっかけを作り、芸人YouTuberとして大きな影響力を発揮している。 また「厳しい批判コメントでも、心に刺さったらいいねを押す」と謙虚な姿勢を示している。 カジサックとしての人物 [ ] カジサックの由来は「」の本人曰くめちゃくちゃ滑ったコントで演じたキャラクターの名前である。 頭に白いタオルを巻き、上下赤ジャージ、胸にカジサックという名札をつけた格好が。 赤ジャージでない姿の場合、一般の人にはキングコングの梶原だと認識されることが多い。 カジサックというキャラクターで動画に出ている理由はYouTubeデビューする上で新しいキャラクターで挑戦したかったためだという。 視聴者の中には『』等でのを知らない若いファンも多い。 梶原雄太とは別の人格であくまでも新人YouTuberの立ち位置なのでトーク企画などでは先輩後輩問わず芸人から「やりにくい」といわれることがしばしばある。 開設と100万人までの推移 [ ] 「2019年12月末でチャンネル登録者数が100万人に届かなかった場合は芸能界を引退(同時にの解散も意味)する」と宣言し、にチャンネルを開設。 1本目のその動画は低評価3万超えと波乱の幕開けであった(後に高評価が低評価に並ぶ )が、結果としてに100万人登録を達成した。 2020年3月26日現在の総再生回数は5億回を超える。 になったきっかけはイベントで共演した大物YouTuberの、の若者人気の凄まじさに衝撃を受けたこと、中心の芸能活動に芸人として限界を感じ新たな挑戦を求めていたこと等を理由として挙げている。 デビューにあたって約1年間を準備期間に充て、人気YouTuberの、、へきトラハウスのアドバイスを受けている。 YouTube活動をする上での大きな目的として「YouTubeとテレビの架け橋的な存在」になることを掲げている。 「テレビを見なくなっている若者たちにも芸人の面白さを知ってもらいたい」と常々語っており、芸人だけでなく番組スタッフなどもゲストとして呼んでいる。 構成 [ ] 動画開始から終了までに決まった流れがあり、まず扉が開いて「どうも、カジサックです!」という挨拶から始まる。 その後動画内容の説明があり、説明中に時々カジサックがボケてトンボやヤスタケが突っ込む、あるいは子供達にふざけ過ぎと説教されるかコジサックやせんちゃんが乱入して場がカオスになる。 そして一通り動画の説明が終わった後、「という訳で本日もどうか、おなしゃす!」の言葉で一旦扉が閉まり、動画本編が開始される。 なお家族と一緒だった場合は「おなしゃす」の挨拶が全員でやる為に「せーのっ、おな、しゃす」のように全体的にテンポがゆっくりになり、さらにコジサックの「はいマッチョ」というギャグが続く。 本編動画終了後に一旦扉が閉まった後、子供達の「おーまーけー」の声の後に短い番外編動画があり、そこでオチがついたところでエンディングの定番画像のバックでカジサックの「最後まで観ていただきありがとうございます(中略)またお会いしましょう!」という声で動画が終了する。 なおサブチャンネルである小部屋は基本おまけがつかず、動画本編に字幕がない事が多い等簡略化されており、その為に告知などで急を要する物等が配信しやすくなっている。 出演者及び関係者 [ ] チームカジサック [ ] YouTubeチャンネル『 カジサックの部屋』を開設する前に結成されているスタッフ集団。 主に動画にも登場する主要人物は以下の通り。 主にメインで カジサックとして活動。 チームカジサックの初期メンバーで中心的人物。 元芸人。 ほぼ全ての動画において声の出演している。 初期メンバーではないが、2018年末に加入している。 動画として一番多く参加し笑い役を担っている。 元芸人。 梶原のみならず、の古い知り合いでもある初期メンバー。 主に声の人をしている。 ヤスタケ同様にほぼ全ての動画において声の出演をしている。 自他ともに認めるせんちゃんのファンである。 としての顔から様々な企画を持ち込んだり動画コラボの交渉役に尽力する。 カメラマンとしてもときどき参加するが、前述のヤスタケとの技量の差や外観の差を度々動画内でも指摘される。 土橋敬弘(どばしたかひろ) 主な仕事は小部屋担当など。 歌手のわっしゅうさん()に似てると言う評判があり、動画内で度々立ち芸を披露する。 中野翔平(なかのしょうへい) 梶原曰く初期と比べて人間の成長が感じられるスタッフで、度々動画でも取り上げられる。 引退をかけて減量したこともある。 木島隆博 の社員で梶原の現場マネージャーである。 メンバーからは木島くんと呼ばれている。 真面目で気が利くことが特徴。 ファミサック [ ] 梶原の家族も度々動画に登場し、一部はカジサックをもじってファミサックと呼ばれることがある。 梶原未来子 [ ] 梶原の嫁。 旧姓は園田。 元読者モデル。 動画内でもカジサックが常にベタ褒めするほどの美貌に加え、料理やメイク、ファッションなど動画の人気コンテンツを担っている。 またインスタグラムを梶原と共同で投稿したり、アプリ「カジサックの楽屋」では ヨメグラムというブログを寄稿している。 コサック [ ] 梶原の子供。 全員で5人。 2020年2月、ヨメサックが5人目を出産した。 登場当初は長男は チョナサック、長女は チョジョサック、次男は ジナサック、次女は ジジョサックなどと呼ばれていた時期もあったが、現在では サックの名を冠するのは次男のみ。 梶原冬詩(とうじ)- 2007年10月生まれ 梶原家の長男(第一子)。 動画内ではそのまま とうじと呼ばれている。 家族思いの優しい性格で、カジサックが時々感涙しそうになるほど(とうじのセリフにカジサックが「泣いてやろうか」と返すのが定番になっている)。 将来はオイサック(後述)とになるのが夢。 梶原叶渚(かんな)- 2009年7月生まれ 梶原家の長女(第二子)。 動画内では かんちゃんと呼ばれている。 大人びた性格と強めの反抗でカジサックを度々困惑させる(特に身体を触られる事に強い拒否反応を見せる)。 ダンスが得意で、や等ともダンスで(カジサック込みで)共演している。 梶原寅次郎(こじろう)- 2012年9月生まれ 梶原家の次男(第三子)。 動画内では コジサックと呼ばれている。 冒頭の挨拶でお笑いコンビ のホットヒーヒーを絡める、動画の裏で他の芸人やオリジナルギャグを披露するなどひょうきんな性格で、カジサックや一部若手芸人から コジサック師匠と呼ばれ一目置かれている。 「笑ってはいけないコジサック」や「コジ1グランプリ」など彼をメインに据えたお笑い動画もある。 梶原千鈴(せんり)- 2016年5月生まれ 梶原家の次女(第四子)。 動画内では せんちゃんと呼ばれている。 幼児ならではの独特な発想と言動が動画のアクセントになっており、見た目の可愛さもあいまって彼女の登場動画は人気が高い。 世の中のことは何でも知っているという「設定」であり、お悩み相談に答える「せんちゃんに任せろ」という個別動画も存在する。 梶原羽留(はる)- 2020年2月生まれ 梶原家の三女(第五子)。 動画内では はるちゃんと呼ばれている。 ヨメサックが妊娠期から出産で入院した様子まで動画で紹介された。 性別と名前は出産後に動画で発表された。 アニサック 本名は梶原シュンスケである。 梶原の2番目の兄。 梶原同様に運動神経が抜群で対決動画で共演する。 また梶原ファミリーが大阪に滞在するときの世話役をする事が多い。 仕事は会社の役員をやっている。 オイサック 本名は梶原ソウタロウである。 アニサックこと梶原シュンスケの息子で梶原の甥(コサック達からは従兄弟にあたる)。 大阪在住で、コサック達が大阪にいるときの共演動画が多い。 また、将来はとうじとYouTuberを目指すと公言している。 準レギュラー [ ] () チームカジサック及びファミサック以外では最多出演。 不祥事復帰後にカジサック動画に登場。 そのツッコミが人気で サックしの芸名で動画の準レギュラーとして度々登場、その後 「」というYoutubeの料理動画を開設する。 () トーク企画では最多の5回 の出演。 3回目の出演時に3ヶ月に一回出演することを約束した。 しかし、梶原はカジサックとしての撮影、石田はテレビ収録やなどで予定が合わず3ヶ月以上空くことが多々ある。 4回目の出演で白ジャージのユニフォームを手渡され、正式に準レギュラー 石サックとなった。 企画・コーナー [ ] 主に複数回行われた企画を紹介する。 トーク企画 [ ] のやをはじめとしたからなどの若手までの芸人や芸能人、放送作家などとトークする企画。 同期トーク のやのをはじめとする梶原との同期の方とトークする場合は同期トークと称される。 ドッキリ企画 トークの前フリもしくは派生として共演者にドッキリを仕掛けたり、逆にカジサックがドッキリを仕掛けられたりするというもの。 KAJISAC HOUSE [ ] ・()らと結成した音楽グループKAJISAC HOUSEでジャンル問わずの音楽をする企画。 音楽グループ(現;)のパロディ。 インパルス堤下家への突撃訪問 [ ] 正式な名前は決まっていないが人気企画である。 2回目の訪問はにより2夜連続配信となり、ファミサックで訪問。 梶原曰く「絵がわりが必要だと思った。 」 突撃訪問する場合は、メインとなる食材をカジサックが持っていき、副菜などは()に買いに行くことが定番となっている。 この時に堤下の「すな!」のツッコミも定番となっている。 逆バージョンもあり、梶原がで自宅呼ぶこともあった。 また、このコーナーから派生しての自宅に突撃訪問することもあった。 サプライズ誕生日パーティー [ ] 梶原家のヨメサック及びコサックたちにサプライズ誕生日パーティーを開催するという企画でカジサックの動画の中で再生回数が高い企画である。 この企画の全編において100万回再生を超えている。 コラボ [ ] YouTubeチャンネルを持たない芸能人のゲスト出演や相手のチャンネルに出演していないケースも便宜上「コラボ」と呼んでいる。 10月13日 南海キャンディーズ 山里亮太 初登場 10月14日 さらば青春の光 森田哲也 初登場 10月18日 NON STYLE 石田明 初登場 10月22日 ハイキングウォーキング 鈴木Q太郎 初登場 10月23日 村上ショージ 初登場 10月24日 インパルス 堤下敦 初登場 10月26日 ひょっこりはん 初登場 10月30日 すっちー、吉田裕 初登場 すっちーはすち子名義で出演。 10月31日 ライセンス 藤原一裕 初登場 11月4日 トレンディエンジェル 斎藤司 初登場 11月7日 インパルス 堤下敦 - 11月8日 フルーツポンチ 村上健志 初登場 11月9日 フルーツポンチ 亘健太郎 初登場 11月10日 矢野兵動 兵藤大樹 初登場 11月12日 藤崎マーケット 初登場 コンビでの出演。 11月13日 ですよ。 初登場 11月17日 ピース 又吉直樹 初登場 11月20日 たむらけんじ 初登場 11月21日 JOY 初登場 11月24日 木村祐一 初登場 11月27日 ダイノジ 初登場 コンビでの出演 11月30日 ダイアン ユースケ 初登場 旧芸名;西澤裕介 12月1日 ダイアン 津田篤宏 初登場 12月2日 プラスマイナス 初登場 コンビでの出演 12月5日 BKB 初登場 12月8日 アンタッチャブル 柴田英嗣 初登場 12月11日 ホリエモン 初登場 12月12日 天竺鼠 初登場 コンビでの出演 12月14日 インパルス 堤下敦 - 12月17日 ウエスP 初登場 12月19日 アキナ 初登場 コンビでの出演 12月22日 笑い飯 初登場 コンビでの出演 12月23日 京口紘人 初登場 プロボクサー 12月27日 セリーヌ・ファラッチ 初登場 モデル 12月28日 トータルテンボス 初登場 コンビでの出演 12月30日 オール阪神巨人 オール巨人 初登場 12月31日 インパルス 堤下敦 - 声のみの出演 投稿日 出演者 出演回数 備考 1月3日 陣内智則 初登場 1月7日 池谷幸雄 初登場 1月8日 見取り図 初登場 コンビでの出演 1月9日 やべっちCUP出場者 初登場 1月10日 プラスマイナス 2回目 1月12 麒麟 川島明 初登場 1月14日 オリエンタルラジオ 中田敦彦 初登場 1月16日 なかやまきんに君 初登場 1月17日 MY FIRST STORY Kid'z 初登場 1月18日 インパルス 堤下敦 - 1月19日 TKO 木下隆行 初登場 1月23日 スマイル、人間っていいな 松井 初登場 スマイルはコンビでの出演 2月1日 スピードワゴン 小沢一敬 初登場 2月5日 銀シャリ 初登場 コンビでの出演 2月8日 2700 初登場 コンビでの出演 2月9日 オリエンタルラジオ 中田敦彦 2回目 2月9日 ですよ。 2回目 2月13日 博多華丸・大吉 博多華丸 初登場 2月15日 NON STYLE 石田明 2回目 2月18日 極楽とんぼ 山本圭壱 初登場 2月20日 インパルス 堤下敦 - 2月22日 ココリコ 遠藤章造 初登場 2月24日 平成ノブシコブシ 徳井健太 初登場 2月25日 インパルス 堤下敦 - 声のみの出演 2月27日 麒麟 田村裕 初登場 2月28日 ニブンノゴ! 大川知英 初登場 3月2日 金属バット 初登場 コンビでの出演 3月4日 ギャロップ 林健 初登場 3月6日 アインシュタイン 稲田直樹 初登場 3月8日 ナイツ 塙宣之 初登場 3月10日 バッファロー吾郎 竹若元博 初登場 3月11日 TKO 木本武宏 初登場 3月18,19日 インパルス 堤下敦 - 3月20日 オリエンタルラジオ 藤森は初登場、中田は3回目 コンビでの出演 3月23日 ドランクドラゴン 塚地武雅 初登場 3月26日 バッドボーイズ 佐田正樹 初登場 3月29日 千原兄弟、大島優子 初登場 千原兄弟はコンビでの出演 3月30日 FUJIWARA 藤本敏史 初登場 4月3,4日 なかやまきんに君 2回目 4月6,7日 雨上がり決死隊 宮迫博之 初登場 4月9日 極楽とんぼ 山本圭壱 2回目 4月10日 インパルス 堤下敦 - 4月11日 ハリセンボン 初登場 コンビでの出演 4月13,14日 はるな愛 初登場 4月15日 ものいい 吉田サラダ 初登場 4月18日 品川庄司 庄司智春 初登場 4月22,23日 ミキ 初登場 コンビでの出演 4月26日 銀シャリ 2回目 4月29,30日 インパルス 堤下敦 - 5月4,5日 武井壮 初登場 5月7日 モンスターエンジン 西森洋一 初登場 5月10日 インパルス 堤下敦 - 5月11日 ワクワクさん 初登場 5月15日 ガリガリガリクソン 初登場 5月16,17日 ココリコ 田中 初登場 5月19日 バッファロー吾郎 竹若元博 2回目 5月24,25日 博多華丸・大吉 博多大吉 初登場 5月31日 パンクブーブー 初登場 コンビでの出演 6月2,3日 インパルス 堤下敦 - 6月5,6日 FUJIWARA 原西孝幸 初登場 6月12日 TKO 木下隆行 2回目 6月13,14日 ダイアン それぞれ2回目 コンビでの出演 6月19 - 21日 インパルス 堤下敦 - 6月22日 フワちゃん 初登場 6月23日 ハイキングウォーキング 松田は初登場、鈴木は2回目 コンビでの出演 6月25,26日 KiLa 初登場 マジシャン 6月26日 ミキ 2回目 6月28日 キングコング 西野亮廣 初登場 7月5,6日 極楽とんぼ 山本圭壱 3回目 7月10日 オール阪神・巨人 阪神は初登場、巨人は2回目 コンビでの出演 7月12,13日 野生爆弾 くっきー! 初登場 7月16日 わんだーらんど 初登場 コンビでの出演 7月19,20日 極楽とんぼ 加藤浩次 初登場 7月22日 ペナルティ ワッキー 初登場 7月24日 はんにゃ 金田 初登場 7月27,28日 NON STYLE 石田明 3回目 8月2日 ライス、しずる 初登場 それぞれコンビでの出演 8月3日 インパルス 堤下敦、ボルサリーノ関 関は初登場 8月7日 スーパーマラドーナ 初登場 コンビでの出演 8月11,12日 メッセンジャー 黒田有 初登場 8月12日 エハラマサヒロ 初登場 KAJISAC HOUSE以外での出演は初 8月20,21 チュートリアル 徳井義実 初登場 8月23日 麒麟 田村裕 2回目 8月24,25日 渡辺直美 初登場 8月27日 オリエンタルラジオ 中田敦彦 4回目 8月30,31日 ナインティナイン 岡村隆史 初登場 9月11日 祇園 初登場 コンビでの出演 9月16日 四千頭身 初登場 トリオでの出演 9月17日 DaiGo 初登場 9月20日 インパルス 堤下敦 - 声のみの出演 9月21日 インパルス 堤下敦、森崎友紀 森崎は初登場 10月6,7日 インパルス 堤下敦 - 10月11日 スリムクラブ、2700 初登場、2回目 それぞれコンビでの出演 10月14日 飯島寛騎 初登場 俳優 10月19日 メッセンジャー 黒田有 2回目 11月2日 インパルス 堤下敦 - 11月16日 ココリコ 遠藤章造 2回目 11月20日 オリエンタルラジオ 中田敦彦 5回目 11月21日 永島 聖羅 初登場 11月25,26日 NON STYLE 石田明 4回目 11月27日 エハラマサヒロ 2回目 11月29,30日 フットボールアワー 後藤輝基 初登場 12月3,4日 アンタッチャブル 柴田英嗣 2回目 12月9日 インパルス 堤下敦、ボルサリーノ関 関は2回目 12月13日 木村祐一 2回目 12月15日 鈴木福 初登場 12月18日 アンタッチャブル 柴田英嗣 3回目 12月20日 アンジャッシュ 児嶋 一哉 初登場 12月22日 インパルス 堤下敦 - 12月28日 ハンバーグ師匠 初登場 12月29日 島田秀平 初登場 12月30日 ももいろクローバーZ 初登場 グループでの出演 5月17日以降は外出自粛によりゲストを呼んでいない。 投稿日 出演者 出演回数 備考 1月2日 蝶野正洋 初登場 1月11日 オール巨人 3回目 1月24日 勝俣州和 初登場 1月28日 やべっちCUP出場者 2回目 1月29日 DaiGo 2回目 2月8日 ボルサリーノ関 3回目 2月16日 アイデンティティ 田島直弥 初登場 3月9日 ぺこぱ 初登場 コンビでの出演 3月10日 ぺこぱ 松陰寺太勇 2回目 3月10日 麒麟 それぞれ2回目 コンビでの出演 3月13日 鈴木福 2回目 3月20,21日 上田桃子 初登場 プロゴルファー 3月25日 オール阪神 2回目 3月28日 ココリコ 遠藤章造 3回目 4月3日 TKO 木下隆行 3回目 4月6日 ミルクボーイ 初登場 コンビでの出演 4月9日 亀田史郎 初登場 4月11,12日 ハンバーグ師匠、 インパルス 堤下敦 ハンバーグ師匠は2回目 4月24日 トキヨアキイ、3時のヒロイン それぞれ初登場 コンビ、トリオでの出演 4月26日 野生爆弾 くっきー! 2回目 4月30日 山口純、ベン山形 それぞれ初登場 5月2,3日 NON STYLE 石田明 5回目 5月9日 インディアンス 田渕章裕、ぺこぱ シュウペイ 初登場、2回目 YouTuber [ ]• (現 )• りょう( )• ミュージシャン [ ]• DJ社長、DJふぉい( )• Kid'z( ) アスリート [ ]• テレビプロデューサー [ ]• () メディア展開 [ ] 動画人気とともに、キングコング梶原よりカジサックとしてメディアに取り上げられる事が多い。 またカジサックとしての出演番組も増えている。 テレビ [ ]• ( - 、)- レギュラー・冠番組• (、2018年11月17日、11月24日)• (、2019年8月14日、8月28日、10月9日、10月16日)• (フジテレビ、2019年10月27日)• (、2019年11月11日)• (、2019年12月7日) インターネットテレビ [ ]• (2019年 - 2020年、)- レギュラー• カジサックの笑顔でハイタッチ(2020年 - 、)- レギュラー ラジオ [ ]• (2019年、) 商品 [ ]• - カジサックが経営企画室係長に就任し、各所で宣伝活動を行っている。 脚注 [ ] []• 2020年5月16日閲覧。 ヘッダーに書かれている• 配信しない日は基本的に上記のサブチャンネルで動画を配信している• YouTubeニュース ユーチュラ 2019年5月27日. 2019年11月9日閲覧。 ねとらぼ. 2019年11月9日閲覧。 ENCOUNT. 2020年4月28日閲覧。 twitter. com. 2019年12月9日閲覧。 twitter. com. 2019年12月9日閲覧。 popnroll. 2019年12月31日閲覧。 日本語 , 2019年12月31日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年11月9日閲覧。 動画の本数は8本。 カジサックの部屋. 2019年11月25日閲覧。 MANTANWEB(まんたんウェブ). 2019年11月11日閲覧。 関連項目 [ ]• - スマートフォンアプリ。 動画裏話やノンカット動画が見れる。 有料コンテンツあり。 外部リンク [ ]• - チャンネル•

次の

【超速報!】YouTube公式「カジサックの部屋」が登録者数200万人を突破!「これからも走り続ける」(2020年5月16日)|BIGLOBEニュース

カジサック の 小 部屋

略歴 [ ] 名古屋校の11期生。 4月に横井剛と漫才コンビ・ を結成、に解散。 その後佐藤あんまきと漫才コンビ・ けんだまを結成するも再び解散、へと転身する。 ・のチャンネルには チームカジサックの一員として10月のデビュー当初より携わっており、動画にも度々登場している。 人物 [ ] とは『』で構成を担当した頃からの付き合いで、その後も一緒に仕事をすることが多い。 「トンボ」という芸名もによる命名である。 涙もろい部分があり、カジサックチャンネルでは「はじめてのおつかい 」や「100万人登録記念生配信 」等の動画で号泣している。 またお調子者な部分もあり、で度々指摘されている。 YouTuberの人脈も広く、カジサックチャンネルに縁のあるゲストを招聘することもある。 担当番組 [ ] テレビ番組 [ ]• - 、• - 、• - 、• - 、メ〜テレ インターネット番組 [ ]• 2018年 - 、• 2019年 - 、• 会議を見せるテレビ - 、• 2017年 - 2019年、AbemaTV• カジサックの笑顔でハイタッチ - 、AbemaTV ラジオ [ ]• 出会いの渋谷 2017年 - 2018年、• 2019年、 YouTube [ ]• カジサックの小部屋• - ピカゴローの声も担当 脚注 [ ] [].

次の