キッ チョウ ヤンマ 金冠。 【MHWIB】重要バウンティ:環境生物の捕獲の話。

【MHW】環境生物:キッチョウヤンマ【調査】

キッ チョウ ヤンマ 金冠

キッチョウヤンマは、悪天候時に出現しやすい生物。 晴れのときでも出現はするが、 悪天候の方がかなり出現率が高いので、晴れていないときを狙って探してみよう。 各フィールドの悪天候 古代樹の森 雨 大蟻塚の荒れ地 砂嵐 陸珊瑚の台地 乱気流 瘴気の谷 酸の雨 龍結晶の地 不明 ネコの天気予報で悪天候にできる 食事スキル「ネコの天気予報」を発動させると、確実に雨などの悪天候にすることができる。 探索で既に晴れ以外が確定しているなら「ネコの生物博士」を発動させるといい。 隠れ身は不要!落ち着いて捕獲 近づいても、捕獲を失敗しても逃げないため、隠れ身の装衣は不要。 飛び回って若干捕まえづらいので、落ち着いて捕まえよう。 キッチョウヤンマの少し上にネットを投げると捕まえやすい。 最大金冠サイズを捕獲しよう! 報酬でコトリのランプがもらえる 重要バウンティ「調査協力:金冠のキッチョウヤンマ捕獲」の報酬でコトリのランプがもらえる。 バウンティを発生させた後に金冠を捕まえないと、クリアにならない点に注意。 目指せ金冠!捕獲マラソン方法 実際に攻略班が金冠サイズを捕獲できた方法を掲載しています。 出発先は中層キャンプ 11 を選択する 2 エリア11の出現ポイントを確認する。 キャンプのマップ上で北側のつたで上に登る。 3 テトルーの住処へファストトラベルする 4 エリア15の出現ポイントを確認する。 住処からマップ上で東へ向かったところを確認。 5 そのままエリア12へ向かい、出現ポイントを確認する。 6 いなかったら探索で別のフィールドへ行き、その後、同条件の瘴気の谷で再度探す。 友好度を上げていない場合は、エリア12へ先に行き、その後エリア15へ向かおう。 水辺に出現する.

次の

危険度1の金冠集めを終えておいた【MHW:I日記】

キッ チョウ ヤンマ 金冠

一度視界から外すといなくなってしまうため、視界に捉えながら捕獲ネットが届く距離に近づいてくるまで辛抱強く待つことが大切です。 「」のエリア14はエリア13から山頂へ向かうと行けますが、道順がかなり複雑です。 下記リンク先に詳しく記載しているので、行き方が分からない方はご活用ください。 捕まえるポイントは「」を着ることと、顔を出しているときにしか捕獲判定がないことです。 確実に捕まえたい方は、モギーが穴に潜るのをじっくりと待ち、顔を出した瞬間に捕獲ネットを投げましょう。 効率的なマラソンルート• 西初期キャンプ 1 からスタート• エリア7に移動し、 日の出または日の入まで待機• 時間になったらトンネル先を確認• エリア7下側にあるツタの柱でエリア6へ• エリア9右上の通路を飛び降りてエリア15へ• 東キャンプ 3 へ移動• 東キャンプ 3 へ移動し左側の穴に落ちてエリア13へ• 出現させるには、それぞれのレアモギーに対応した地帯をレベル5以上にしなければなりません。 到着後、真後ろにある釣り場を確認し、巨大な魚がいなかったらリトライしましょう。 効率的なマラソンルート• の中央キャンプ 7 からスタート• エリア7左下の地面 ミニマップで色が違うところ を3個で崩す• 自動でエリア8にたどり着く• 真後ろの釣り場を確認• 周りにいる「」を捕まると逃げてしまうことがあるので、 見つけ次第一番先にキンセンザルを捕まえましょう。 「」を着ると捕まえやすくなります。 周回ルートは2つ候補があり、出現する温泉を全て見回るか、エリア2 5キャンプからが最短 だけ確認して再探索し直すか、好みの方法を選んでください。 また、「ブルーディーヴァ」は 近づくと逃げてしまうため、あらかじめ「」を必ず着ておきましょう。 効率的なマラソンルート• の南西初期キャンプ 1 からスタート• ツタを登り始める前に• 山頂到着後、崖側に振り返り右下の足場を確認• 次にの北東キャンプ 11 へ 隠れ身再使用• エリア11左側のウチケシの実付近に向かう 同様にピン差し• 正面下側にある枝の真ん中あたりを確認• イベクエが開催されている間に捕まえてしまいましょう。 の南西初期キャンプ 1 からスタート• の中層キャンプ 11 に移動• 時間経過でも出現するので、「どちらかの釣りポイントで少し粘り、出現する気配がなかったらもう一方の釣りポイントに行く」という探索方法がオススメです。 キリンのクエストのマップである「陸珊瑚の台地」の3・5・7・8・13・14エリアにキッチョウヤンマは出現します。 あまり近づかずに遠くから捕まえるか、隠れ身の装衣を着て近づいて捕まえるようにしましょう。 効率的なマラソンルート• の中層キャンプ 11 からスタート• エリア10に移動し、ヒカリゴケの周りを探索• エリア13に移動し、ヒカリゴケの周りを探索• の東キャンプ 8 からスタート• ベースキャンプのヒカリゴケの周りと、エリア8のヒカリゴケの周りを探索• 「古代樹エリア6」ではエリア6とエリア11の堺にあるツタを登った先、「大蟻塚の荒地エリア5」では種火石の近くに出現します。 「ゴールドカラッパ」は、「飛散した黄金片」に寄ると「黄金片の塊」を荷物として持ち運ぶので、 「飛散した黄金片」の近くで待機して近くに寄ってきたところを捕まえるのがおすすめです。 出現はかなりの低確率なので、探して見つからなければ、探索をやり直して再度探索に出向きましょう。 の南初期キャンプ 1 からスタート• エリア5に向かい、ケストドンの背中を調べる• エリア11に向かい、ケストドンの背中を調べる• の南東初期キャンプ 1 に移動• エリア3に向かい、狭い通路の付近にいるモスの背中を調べる• 瘴気の谷の中層キャンプ 11 に移動する• エリア15に向かい、モスの背中を調べる• 何もしなければ基本的にその場から動くことはありませんが、 攻撃したり、ずっとその場で待機したりすると逃げてしまうので、見つけたら早めに捕獲しましょう。 エリア1の中央やや北にある高台の西側の日があたっている場所に現れることがあるので、見つけたら必ず捕獲しておきましょう。 太陽の光で輝いて見えるので簡単に見つけることができます。 古代樹の森の初期キャンプ 1 からスタート• 朝〜夕方であることを確認 夜は出現しない• エリア4にダイオウカジキがいるか調べる• いなかったら探索から帰還• 一度捕獲を失敗すると逃げてしまうため、 動いた直後の硬直を狙って確実に捕獲しましょう。 効率的なマラソンルート• 陸珊瑚の台地の南初期キャンプ 1 からスタートする• エリア1のドレスサンゴドリがいる場所を調べる• エリア5に移動し、ドレスサンゴドリがいる場所を調べる• いなかったら探索から帰還• エリア1の大砲の近くで稀に現れるので、見つけたら狙いを定めて逃げる前に捕まえましょう。 はゲーム内で一定時間待つしかないため、他のレア環境生物を探したりクエストをこなしたりして時間を潰しましょう。 で出現するという特殊なレア環境生物です。 イベクエが開催されている間に捕まえてしまいましょう。 北東キャンプ 12 から開始• 隠れ身の装衣を装備する• キャンプを出て、左の坂道の上空にいるムカシマンタゲラの背中を確認• フワフワクイナがいたら、ムカシマンタゲラを石ころなどのスリンガーを当てて落とし、フワフワクイナを捕獲• の南西初期キャンプ 1 からスタート• キャンプを出てエリア1にいるアプトノスの背中を確認• 北西キャンプ 8 に移動• エリア8にいるアプトノスの背中を確認• の南西初期キャンプ 1 に移動• エリア1にいるアプケロスの背中を確認• のエリア6と11に出現するため、この2つのエリアをマラソンしましょう。 の南西初期キャンプ 1 からスタート• エリア1, 2のヨリミチウサギの群れを確認する• 北西キャンプ 8 に移動• エリア8のヨリミチウサギの群れを確認する• 古代樹キャンプ 17 に移動• エリア8のヨリミチウサギの群れを確認する• 2〜6をループし、隠れ身装衣が切れたら南西初期キャンプ 1 に移動する• エリア1,2のヨリミチウサギの群れを確認する• 隠れ身の装衣の効果が切れたら古代樹の森初期キャンプ 1 に移動する• イベクエが開催されている間に捕まえてしまいましょう。 古代樹の森の釣り場所を4つ周った後、いなかったら大蟻塚の荒地の南西初期キャンプ 1 に移動すると効率良く探索ができます。 古代樹の森の釣り場所を5つ周った後、いなかったら大蟻塚の荒地の南西初期キャンプ 1 に移動すると効率良く探索ができます。 ダイオウカジキは 昼間にしか出現しないとの説明文があるため、ドスダイオウカジキも昼間にしか出現しない可能性があります。 ですので、昼間にドスダイオウカジキが出現する古代樹の森のエリア4に探索にいきましょう。 陸珊瑚の台地のエリア6・7、瘴気の谷のエリア9、龍結晶の地のエリア8にドスバクヤクデメキンは出現するので、捕まえられるまでマラソンを繰り返しましょう。 古代樹の森の釣り場所を3つ周った後、いなかったら大蟻塚の荒地の南西初期キャンプ 1 に移動すると効率良く探索ができます。 モンハンワールドにあるフィールド全てに存在しているので釣り場を見つけたら狙ってみましょう。 特に 南西初期キャンプは捕まえやすいため、ドスヘラクレスを捕まえたい方は南西初期キャンプにいるドスヘラクレスを狙いましょう。 出現確率はかなり低いので、ドス大食いマグロの出現エリアを往復しましょう。 出現確率がかなり低いため、根気よく何度も探索を行う必要があります。 出現確率はかなり低いので、ドス白金魚の出現エリアを往復しましょう。 出現確率はかなり低いので、ドス黄金魚の出現エリアを往復しましょう。 レア環境生物とは? 通常種よりも出現率が低い環境生物 レア環境生物とは、通常の環境生物よりも出現率が低い環境生物のことです。 中には捕獲することでトロフィーを獲得できる環境生物がいるため、MHWのエンドコンテンツの1つとなっています。 関連リンク 環境生物一覧 レア環境生物.

次の

【MHW IB】金冠サイズの環境生物を捕まえる方法 【生物編】

キッ チョウ ヤンマ 金冠

「ネコの生物博士」か「ネコの大きさ自慢」発動。 できれば両方。 瘴気の谷の中層キャンプへ。 横の崖を上り、谷間をチェック。 (向こうに見えてるキザシヤンマじゃなくて、谷間を覗き込むと居ればキッチョウヤンマが見える)• キャンプに引き返し、今度は下っていく。 (ついでに月光ゲッコーも狙える)• 酸の池エリアをチェック。 向かって左側あたり。 ぶんどり族のすみかをチェック。 黄金魚がいる池の上あたり。 上記回ったら全体マップ出して移動。 夜+荒天のところがあればそこへ。 なければ荒れ地の東キャンプへ。 キャンプから出てすぐのエリアをチェック。 地下水路をくぐって外へ。 楔石で登れる台地をチェック。 上記回ったら全体マップ出して瘴気の谷へ。 出現エリアが密集している関係で、効率重視なら瘴気の谷を中心に回るのがいいと思います。 水路くぐるの面倒なので、10と11はいらなかったかも。 最高の条件としては 「ネコの生物博士」+「ネコの大きさ自慢」+「夜」+「荒天」となります。 生物博士はお食事券で確定で出せるのでともかくとして、大きさ自慢が出ることはなかなかないので、両方揃ったらそのときに片付けるくらいのつもりでいたほうが精神衛生上よろしい。 キッチョウヤンマ金冠も終わり。 超時間かかった。 — okuda mhw okudamhw 他の環境生物バウンティにもいえることですがホントにつまんなかった。 いや、珍しい生き物探すのはいいんですよ。 「手順守らなきゃ出ない」っていうのがしんどかった。 マムタロトのツチノコみたいに「クエストの途中で見かけたから捕獲した」だったらアクセントになっていいと思うんですけど、狙って周回しないと達成できないんですよね。 移動(ロード)と出現ガチャしてるだけですよ。 モンスターハンターじゃないじゃん!! っていう。 しかも最大金冠じゃなきゃダメとかほんとに意味わからなかったです。 大体ね、こういうのって調査員の仕事でしょ。 こんがり肉やるからお前が行ってこいよ!って思いました。 トンボ捕まえては移動だけを繰り返す受付嬢はどんな目で見てたのかなw じゃあどうすればよかったのか? プレイに幅を持たせつつ、CAPCOMが大好きなガチャ要素を入れるとするならば!• 調査ポイントを消費して調査員に依頼できるようにする。 そのかわり、調査員が調査に行けるように現地の安全を確保する必要がある。 クエストをクリアすると、そのフィールドの「危険度」がちょっと下がる。 探索でモンスターを狩ると「危険度」が大きく下がる。 危険度が低いほどレアな環境生物を捕獲しやすくなる。 もちろん自分で捕まえてもいい。 これなら「探索」に意味を持たせつつ、調査クエと導きの地とうまいことサイクルができると思うんですけど。 導きの地の「地帯レベル」と逆転の発想で、レベルダウンのストレスをなくす。 ダメ…?.

次の