ハプスブルク 展 大阪。 ハプスブルク展に行った感想!混雑状況や音声ガイドとグッズのご紹介

【満員御礼】講演会 12月21日(土)「ハプスブルク展」を4倍楽しむ。

ハプスブルク 展 大阪

スポンサーリンク ハプスブルク展の混雑状況は? 2019年10月19日 土 ~2020年1月26日 日 東京の上野にある 国立西洋美術館で開催される ハプスブルク展。 初日の10月19日 土 に行ってきました。 こういう展覧会の初日って実は初めて行きました。 初日の土曜日だけど、午前中は雨も降っていたし「そこまで激混みではないかな~」なんて思いながら行きましたが・・やっぱり混んでますね^^; ハプスブルク家はマリー・アントワネットやエリザベートなど、女性に人気ありますしね。 会場の国立西洋美術館に着いたのが 14時頃。 ハプスブルク展入り口の チケット売り場には十数人くらいの列ができていました。 ハプスブルク展の会場の中もやっぱり人が沢山です。 でも「激混みで全然見えない!」というほどではなく、 ちょっとだけ並んで待てば絵画の正面でしっかり絵を堪能できる感じでした。 開催日の終わりに近付いてくるともっと混んでくると思うので、「ハプスブルク展に絶対に行こう!でも混雑は避けたい」と思っている方は、早めに行くことをおすすめします。 ちなみに、近くで開催されているゴッホ展の方が人が沢山並んでいて混んでそうでした^^; ハプスブルク展のグッズ売り場は混んでる? こういう展示会ではグッズも楽しみの一つですよね。 「ハプスブルク展の中よりもグッズ売り場の方が混雑してる!」と思ったくらい。 ハプスブルク展公式ホームページに出ているグッズ以外にも、マグネット、エリザベート缶の紅茶やチョコレート、などがありました。 私が買おうとした時間、16時頃になりましたが グッズのレジの列は10人ほど。 でも、レジも3箇所くらいあったのであまり待たずに買うことが出来ました。 このグッズ売り場はチケットがなくても入れるスペースにあるので、グッズだけ目当てに行くこともできますよ。 展示品を見て回るペースにもよると思いますが、私は入場してから音声ガイドでじっくり見て回りグッズを買って出るまで、約2時間ほどかかりました。 混雑状況にも左右されますが、 ハプスブルク展の所要時間は2時間くらいと考えておくと良いと思います。 スポンサーリンク ハプスブルク展では音声ガイドを使ったほうが絶対楽しい! 実際にハプスブルク展に行った感想を。 家を出る時に「あれ?チケット持ったっけ?」なんて心配もしなくていいし、入り口でスマホのチケット画面を見せるだけで良いので、チケット出してまた財布やカバンにしまうという動作がないのはかなりスムーズ! 今後もバーコードチケットを選ぶと思います。 まあ、スマホ忘れたらおしまいですけどね^^; 入り口入ってすぐに音声ガイドの貸し出し場所があります。 音声ガイドは税込みで550円。 この音声ガイド、ハプスブルク展を楽しみたいなら絶対借りたほうが良いですよ! ミュージカルファンの方ならご存知の 花總まりさんと、声優の 梅原裕一郎さんの声を聞きながら展示品を見て回れるのですが、 展示品について書いてない事も聞けるので、より楽しめます。 そういうファンの楽しみ方もあるのね、と(笑) 大満足で展示品を見て回ったのですが、個人的にちょっとだけ残念な点が。 このハプスブルク展、最後があっさりというか、ぷつっと切れるというか。 私はハプスブルク家の中ではエリザベートが好きで、エリザベートが一番見たくてハプスブルク展に行ったのですが、ラストに「あれ?!ここで終わり?!」という気分になってしまいました。 「この先についても色々見たかったのに・・」と。 ラファエロや ティツィアーノ、 ルーベンスなどの絵も見れて、ハプスブルクの強大さ、すごさを実感できた良い一日を過ごせました。 これから行ってみようと思っている方、ハプスブルク展は2020年1月26日 日 までです。 混雑状況など、是非参考にしてみて下さいね。

次の

国立西洋美術館「ハプスブルク展」混雑状況、混雑予想、グッズ、チケット情報

ハプスブルク 展 大阪

「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」が、2019年10月19日 土 から2020年1月26日 日 まで、国立西洋美術館にて開催される。 欧州随一の名門・ハプスブルク家の美術コレクションを紹介 マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》 1778年、油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien 「ハプスブルク展」は、欧州の歴史上で随一の名門・ハプスブルク家に焦点を当てた美術展。 ハプスブルク家は、広大な領地を支配下に収め、神聖ローマ皇帝を代々世襲するなど、13世紀末にオーストリアに進出して以降、オーストリア帝国が崩壊するまで、数世紀にわたってヨーロッパの表舞台で常に脚光を浴びてきた名家だ。 ヴィクトール・シュタウファー《オーストリア・ハンガリー二重帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の肖像》 1916年頃 油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien ハプスブルク家の人々はまた、絵画や工芸品、武具などからなる豊かなコレクションを築いたことでも知られており、その主要部分はウィーン美術史美術館に収蔵されている。 ディエゴ・ベラスケス《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》1659年、油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien 「ハプスブルク展」では、ウィーン美術史美術館の協力のもと、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションから、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など約100点を展示。 ハプスブルク家のコレクションの礎を築いた神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世から、美術史美術館の建設者でもあるオーストリア・ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世に至るまで、ハプスブルク家の人々の紹介も兼ねながら、コレクションの特色や、傾向を紹介する。 激動の時代を生きたマリー・アントワネット マルティン・ファン・メイテンス 子 《皇妃マリア・テレジアの肖像》 1745-50年頃 ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien また、18世紀に政略結婚によりフランス王家に嫁ぎ、フランス革命のさなかに処刑された悲劇の王妃・マリー・アントワネットや、その母である女帝・マリア・テレジアも肖像画で紹介。 激動の時代となった18世紀は、今日の美術館展示につながる帝室ギャラリーの整備や、啓蒙的観点に基づく一般公開が開始された時代でもあり、こうした時代背景も浮き彫りにする。 その他、ハプスブルク家のスペイン系当主であったスペイン国王のフェリペ、フェリペの娘である王女マルガリータ・テレサ、稀代のコレクターとして知られる神聖ローマ皇帝・ルドルフ2世なども登場。 約60年にわたって君臨したいわばオーストリア・ハンガリー二重帝国を象徴する存在、フランツ・ヨーゼフ1世とその妃エリザベトの肖像画や、《フランツ・ヨーゼフ1世のフリントロック式ピストル》などのゆかりの品を揃える。 梅原裕一郎 名門一家の君主たちと芸術家たちの知られざるエピソードを紹介する。

次の

ハプスブルク展 2019|前売りチケットお得|事前に予習しよう

ハプスブルク 展 大阪

スポンサーリンク ハプスブルク展の混雑状況は? 2019年10月19日 土 ~2020年1月26日 日 東京の上野にある 国立西洋美術館で開催される ハプスブルク展。 初日の10月19日 土 に行ってきました。 こういう展覧会の初日って実は初めて行きました。 初日の土曜日だけど、午前中は雨も降っていたし「そこまで激混みではないかな~」なんて思いながら行きましたが・・やっぱり混んでますね^^; ハプスブルク家はマリー・アントワネットやエリザベートなど、女性に人気ありますしね。 会場の国立西洋美術館に着いたのが 14時頃。 ハプスブルク展入り口の チケット売り場には十数人くらいの列ができていました。 ハプスブルク展の会場の中もやっぱり人が沢山です。 でも「激混みで全然見えない!」というほどではなく、 ちょっとだけ並んで待てば絵画の正面でしっかり絵を堪能できる感じでした。 開催日の終わりに近付いてくるともっと混んでくると思うので、「ハプスブルク展に絶対に行こう!でも混雑は避けたい」と思っている方は、早めに行くことをおすすめします。 ちなみに、近くで開催されているゴッホ展の方が人が沢山並んでいて混んでそうでした^^; ハプスブルク展のグッズ売り場は混んでる? こういう展示会ではグッズも楽しみの一つですよね。 「ハプスブルク展の中よりもグッズ売り場の方が混雑してる!」と思ったくらい。 ハプスブルク展公式ホームページに出ているグッズ以外にも、マグネット、エリザベート缶の紅茶やチョコレート、などがありました。 私が買おうとした時間、16時頃になりましたが グッズのレジの列は10人ほど。 でも、レジも3箇所くらいあったのであまり待たずに買うことが出来ました。 このグッズ売り場はチケットがなくても入れるスペースにあるので、グッズだけ目当てに行くこともできますよ。 展示品を見て回るペースにもよると思いますが、私は入場してから音声ガイドでじっくり見て回りグッズを買って出るまで、約2時間ほどかかりました。 混雑状況にも左右されますが、 ハプスブルク展の所要時間は2時間くらいと考えておくと良いと思います。 スポンサーリンク ハプスブルク展では音声ガイドを使ったほうが絶対楽しい! 実際にハプスブルク展に行った感想を。 家を出る時に「あれ?チケット持ったっけ?」なんて心配もしなくていいし、入り口でスマホのチケット画面を見せるだけで良いので、チケット出してまた財布やカバンにしまうという動作がないのはかなりスムーズ! 今後もバーコードチケットを選ぶと思います。 まあ、スマホ忘れたらおしまいですけどね^^; 入り口入ってすぐに音声ガイドの貸し出し場所があります。 音声ガイドは税込みで550円。 この音声ガイド、ハプスブルク展を楽しみたいなら絶対借りたほうが良いですよ! ミュージカルファンの方ならご存知の 花總まりさんと、声優の 梅原裕一郎さんの声を聞きながら展示品を見て回れるのですが、 展示品について書いてない事も聞けるので、より楽しめます。 そういうファンの楽しみ方もあるのね、と(笑) 大満足で展示品を見て回ったのですが、個人的にちょっとだけ残念な点が。 このハプスブルク展、最後があっさりというか、ぷつっと切れるというか。 私はハプスブルク家の中ではエリザベートが好きで、エリザベートが一番見たくてハプスブルク展に行ったのですが、ラストに「あれ?!ここで終わり?!」という気分になってしまいました。 「この先についても色々見たかったのに・・」と。 ラファエロや ティツィアーノ、 ルーベンスなどの絵も見れて、ハプスブルクの強大さ、すごさを実感できた良い一日を過ごせました。 これから行ってみようと思っている方、ハプスブルク展は2020年1月26日 日 までです。 混雑状況など、是非参考にしてみて下さいね。

次の