微熱 だるい コロナ。 微熱が続き新型コロナへの感染が不安

【教員・微熱が続く】コロナでないことを祈りつつ自宅隔離3日目

微熱 だるい コロナ

「いつもの症状すぎてどう違うか」と困惑 厚労省は、相談、受診をする前に「発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休む」、「発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録する」ことを心がけるよう促している。 そのうえで、相談、受診をする目安を(1)「風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)」、(2)「強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある」場合と示した。 いずれかに当てはまる人は、まず「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談し、同センターで勧められた医療機関を受診するように、とのことだ。 ツイッターには、この(1)(2)だけでは自分が新型コロナウイルスの症状なのか、一般的な風邪や花粉の症状なのか、区別できないといった書き込みが多く見られる。 「そろそろ花粉が来てる気がする... 鼻だけじゃなくて、だるさや喉咳にもくるから、風邪なのか花粉なのか区別がつかない。 たとえコロナだとしても熱出るまでは絶対気づけないよなぁ... 」 「正直、自分重めの花粉症だから、息苦しさ、だるさとか花粉の時期のいつもの症状すぎてどう違うかなんか分からんよな」 「コロナなのかインフルなのか風邪なのか花粉症なのか区別出来ないな」 専門医も「ほとんど一緒というか... 」 2020年2月18日朝に放送された情報番組でも、厚労省が公表した「相談と受診の目安」と、症状の判断について取り上げられた。 「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)には、白鴎大学特任教授で感染症学、公衆衛生学を専門とする岡田晴恵氏が出演。 相談と受診の目安について、「さまざまな感染症がある中で、このガイドラインというのは目安があまりにもアバウトすぎて、(新型コロナウイルスが疑われる場合でも)普通の病院に行ってしまう方もたくさん出てくるだろう」と指摘した。 「スッキリ」(日本テレビ系)では、ガイドラインの公表を受けて「新型コロナウイルスとインフルエンザや風邪はどう違うのか」という話題に。 日本感染症学会専門医の寺嶋毅氏は、区別について、「典型的なインフルエンザだと急に高熱が出て節々が痛くなるため、どちらかというと新型コロナウイルスとは区別がつきやすい」と話した。 一方で「少し微熱がある、何となくだるい、のどが痛い」といった症状と新型コロナウイルスは「ほとんど一緒というか、区別がつかないと思います」と続けた。 ただ、万一新型コロナウイルスに感染していた場合に備えて、「できるだけ誰にもうつさないこと」を心がけるよう話した。 そのためには、「マスク着用」と「しっかりした手洗い」が重要だとした。 また、風邪なのか花粉なのかわからない軽い症状の場合、そこから、肺炎・重症になるかどうかの見極めが重要だと話し、「熱がずっと下がらない、あまりにも呼吸が苦しい、そのタイミングを逃さず受診することが大切」と続けた。 新型コロナウイルスの症状が疑わしい場合は、放っておかずに「帰国者・接触者相談センター」に相談しよう。 連絡先は、厚労省の公式ウェブサイト上に。 また、自身の症状に不安がある場合は、厚労省の相談窓口で対応してもらえる(電話番号:0120-565653<フリーダイヤル>)。

次の

新型コロナウイルス疑似症の40日以上にわたる症状の経緯

微熱 だるい コロナ

「いつもの症状すぎてどう違うか」と困惑 厚労省は、相談、受診をする前に「発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休む」、「発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録する」ことを心がけるよう促している。 そのうえで、相談、受診をする目安を(1)「風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)」、(2)「強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある」場合と示した。 いずれかに当てはまる人は、まず「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談し、同センターで勧められた医療機関を受診するように、とのことだ。 ツイッターには、この(1)(2)だけでは自分が新型コロナウイルスの症状なのか、一般的な風邪や花粉の症状なのか、区別できないといった書き込みが多く見られる。 「そろそろ花粉が来てる気がする... 鼻だけじゃなくて、だるさや喉咳にもくるから、風邪なのか花粉なのか区別がつかない。 たとえコロナだとしても熱出るまでは絶対気づけないよなぁ... 」 「正直、自分重めの花粉症だから、息苦しさ、だるさとか花粉の時期のいつもの症状すぎてどう違うかなんか分からんよな」 「コロナなのかインフルなのか風邪なのか花粉症なのか区別出来ないな」 専門医も「ほとんど一緒というか... 」 2020年2月18日朝に放送された情報番組でも、厚労省が公表した「相談と受診の目安」と、症状の判断について取り上げられた。 「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)には、白鴎大学特任教授で感染症学、公衆衛生学を専門とする岡田晴恵氏が出演。 相談と受診の目安について、「さまざまな感染症がある中で、このガイドラインというのは目安があまりにもアバウトすぎて、(新型コロナウイルスが疑われる場合でも)普通の病院に行ってしまう方もたくさん出てくるだろう」と指摘した。 「スッキリ」(日本テレビ系)では、ガイドラインの公表を受けて「新型コロナウイルスとインフルエンザや風邪はどう違うのか」という話題に。 日本感染症学会専門医の寺嶋毅氏は、区別について、「典型的なインフルエンザだと急に高熱が出て節々が痛くなるため、どちらかというと新型コロナウイルスとは区別がつきやすい」と話した。 一方で「少し微熱がある、何となくだるい、のどが痛い」といった症状と新型コロナウイルスは「ほとんど一緒というか、区別がつかないと思います」と続けた。 ただ、万一新型コロナウイルスに感染していた場合に備えて、「できるだけ誰にもうつさないこと」を心がけるよう話した。 そのためには、「マスク着用」と「しっかりした手洗い」が重要だとした。 また、風邪なのか花粉なのかわからない軽い症状の場合、そこから、肺炎・重症になるかどうかの見極めが重要だと話し、「熱がずっと下がらない、あまりにも呼吸が苦しい、そのタイミングを逃さず受診することが大切」と続けた。 新型コロナウイルスの症状が疑わしい場合は、放っておかずに「帰国者・接触者相談センター」に相談しよう。 連絡先は、厚労省の公式ウェブサイト上に。 また、自身の症状に不安がある場合は、厚労省の相談窓口で対応してもらえる(電話番号:0120-565653<フリーダイヤル>)。

次の

発熱、せき、倦怠感…「コロナかな」と思ったときの正しい対応は? 専門家に聞く徹底シミュレーション (1/2ページ)

微熱 だるい コロナ

日本全国各地で新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。 個人レベルに落とし込めば、感染が身近に差し迫ってきているということです。 あなたに、あるいはあなたの身の回りの方に感染が起こったら、どのように動けば良いか十分シミュレーションはできているでしょうか。 仮に、あなたに37度台の微熱とだるさの症状が出たとします。 少しだるさはあるけれど、動けないほどではなく比較的元気。 感染者と接触した記憶はない。 コロナウイルス感染かもしれないけれど、そうではないかもしれない。 ただの風邪かもしれない。 そんな時、あなたはどう動きますか?同僚に仕事の負担をかけたくないから、出勤しますか?それともすぐに休みをとりますか? 写真:Shutterstock 会社を休む、休まない。 判断基準はどこ? コロナウイルス 感染症の症状は、発熱、だるさ、せき、食欲低下、筋肉痛、息苦しさなど多岐に渡ります。 ここに書いたものが主な症状ということになりますが、最も頻度の高い症状であると言われてきた発熱も、報告によっては4割の人にしかなかったとするものもあり、信頼できる基準とは言えません。 また、各国からの報告を見ると、急に出現する匂いや味覚の異常で気づかれる例、皮膚の発疹、下痢や吐き気といった症状からコロナウイルス感染症と診断される例も報告されています。 とすると、何か限られた症状を頼りにコロナウイルス 感染かどうかを判断すると間違えることになりそうです。 区別に苦労する風邪やインフルエンザの患者数が減ってきたいま、特にコロナウイルス感染が蔓延してきた地域では、蓋を開けたらコロナウイルス感染だったという確率は一層増えてくるでしょう。 このため、その症状がなんであれ、体調を崩したら、一歩立ち止まって休みを取ることが大切です。 「私は下痢しかないから違う」ではないのです。 部下に「体調が悪い」と言われたら、上司はどうするべきか 少し見方を変えると、もしあなたが上司なら、部下が休みやすい雰囲気を作っておくことが大切です。 なぜなら、もし感染していたら、多くの社員に感染させ、かえって迷惑をかけることになるかもしれないからです。 会社名が公開され、社会的な損失も生んでしまうかもしれません。 そして何より、自分自身の体調回復のために休まなければなりません。 しかし、もし体調を崩しても、イコール、コロナウイルス 感染というわけではないことにも注意が必要です。 発熱やだるさ、匂いを感じにくいといった症状は、いわゆる風邪でも出ることのある症状です。 このため、症状だけを根拠に、発病したとしてSNSに情報をばらまくといった行動は不適切と言えます。 自分が体調を崩したら 体調を崩したら、自宅にとどまり、まずは会社に連絡を入れましょう。 会社は、産業医や保健所に連絡をとり、その後の対応を相談する必要があります。 そして、よく休みましょう。 あまり周りのことを心配する必要はありません。 まずは自分の体調回復優先です。 特筆したいのは、多くの方は、治療などなしに自然回復していく病気だということです。 もちろん何かご不安があれば、医療機関に連絡してください。 もし熱があり辛ければ、それが何度であれ、アセトアミノフェンやカロナールと呼ばれる解熱剤を飲んでいただいてかまいません。 また、熱が出ると、汗で水分を失いやすくなりますから、水分補給をこまめにしましょう。 そして、自分の症状を日々よく観察してください。 メモを取っておくのもいいかもしれません。 その上で、もし症状が悪化してきているなと感じたら、その時は医療機関に連絡をする時です。 特に、咳や痰、息切れといった症状が強くなってきていたら、肺炎のサインかもしれません。 その場合には速やかに医療機関に連絡を取りましょう。

次の