法事 香典。 法事に出席する際の香典の相場とマナー : お葬式なるほどチャンネル

法事の香典(不祝儀)の金額相場と香典袋の書き方について|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

法事 香典

法事・法要でお金を持っていくのはいつ? 初七日から四十九日まで 葬儀の後、四十九日までで法事・法要でお金を持っていくのは、初七日や四十九日など、忌日法要が行われるときとなります。 初七日法要は遺族や故人に近い知人のみで行われることが多く、一般の参列者は香典を用意しないケースが多いでしょう。 ただし、通夜・葬儀・告別式の案内の際に、同日に初七日法要が行われる旨で参列を誘われた場合や、別日に行われる初七日法要に参列する場合には、香典を持参することになります。 その後、二七日(ふたなぬか)、三七日(みなぬか)、四七日(よなぬか・ししちにち)、五七日(いつなのか)、六七日(むなぬか)と、 七日おきに供養が行われますが、遺族のみで行われるのが一般的です。 そして、最後に 七七日(なななのか)となり、 忌明け法要とも呼ばれる四十九日法要が行われます。 忌明けまでの通夜、葬儀、初七日などは、「御香典」や「御霊前」としてお金を包み、四十九日法要以降は「御仏前」とします。 四十九日の後 四十九日の後は、忌明け後の 初めてのお盆となる初盆(はつぼん)・新盆(しんぼん・にいぼん・あらぼん)や一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌といった年忌方法が行われ、主に近親者や親戚などが参列します。 三回忌までは、親戚や友人・知人を呼んで法要を行うこともあります。 四十九日が明けて、初盆や年忌法要に呼ばれた場合には、「御仏前」や「御供物料(おくもつりょう)」としてお金を包んだり、「御供(ごくう)」としてお供え物を持参します。 なお、四十九日が終わった後は御香典という呼び方を使わずに御仏前と呼ぶケースもあります。 法事の香典の相場は?親・親族・知人・孫など 法事・法要で包むお金の額は、故人との関係によって決まります。 近い関係にある人ほど、多めに包むのが一般的です。 相場としては、 親戚・親族で1人で出席する場合、法要のみなら1万円程度、夫婦で出席する場合は、夫婦両名の名義で2万円程度です。 また会食がある場合は1人あたり5千円~1万円をプラスしたり、お供え物として品物を贈ってもよいでしょう。 知人として招かれた場合は、法要のみなら5千円~、会食に参加する場合は1万円~が相場とされています。 なお、金額として四と九がつく数字の金額は、死や苦につながる数字として避けるのがマナーです。 法事で包むお金の相場 法要のみ 法要+会食 親族・親戚で1人で出席する場合 1万円~ 1万円~3万円 親族・親戚で夫婦連名の場合 2万円~ 3~5万円 知人として招かれた場合 5千円~ 1万円~ 故人が親の場合の香典は? 故人が自分の親の場合、遺族や施主側にもなりえる近い関係となります。 そのため、法事でも香典の相場は1~5万円と幅が広くなっています。 親の法事の場合は、施主と相談して、金額を決めてもよいでしょう。 回忌ごとの香典の相場は? 法事は、葬儀以降では四十九日法要が最も規模が大きく、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌と年が経つにつれ規模が小さくなっていきます。 それに伴って香典の金額も少なくなっていく傾向があります。 しかしながら、一周忌以降の年忌法要の相場は、おおむね上記のようになっています。 基本的には故人との関係性と当日会食がふるまわれるかどうかによって変わってきます。 法事の香典 孫の相場は? 孫が祖父母の法事に出席する場合、施主と同居しているかどうかや就労状況などによって香典の必要性や相場が変わってきます。 まず、孫が施主と同居している場合、孫は遺族になり、香典を受け取る側になるので必要ありません。 孫が施主と同居しておらず、未就労や学生の場合は親が負担するのが一般的です。 孫が社会人なら会食がなければ5千円~、会食に出席する場合は1万円~が相場となります。 施主と同居しておらず、働いていて収入があるなら、香典を渡した方がよいでしょう。 法事の香典 孫の相場 施主と同居 施主と同居していない 未成年・未就労のケース 遺族なので不要 親が負担 社会人のケース 遺族なので不要 会食なし・1万円~ 会食あり・1万円~3万円 法事の香典の表書きは? 四十九日までの法要の表書きは「御霊前」や「御香典」、 四十九日法要以降の法事・法要では「御仏前」や「御供物料」と書きます。 水引の下には中央にフルネームで会葬者の氏名を書きます。 夫婦で出席する場合は、夫の氏名を書き、その左側に妻の名を添えます。 数名が連名で出すときは、水引の下に2人の名前を左から右に向かって年長順に書きます。 人数が多い場合は、代表者名を中央に書き、他一同や外一同と添えて書きます。 四十九日までの表書きは「御霊前」や「御香典」 四十九日以降の法要は「御仏前」や「御供物料」 表書きは、宗教や宗派によって変わってきます。 例えば、浄土真宗の場合は「霊」の観念がなくすぐに成仏すると考えられているため、葬儀や通夜でも「御仏前」とします。 また、中袋には、金額、住所、氏名を記入します。 表書きを正しく記入するのはもちろん、誰がいくら香典を渡したのか、わかりやすいようにしておくことが大切です。 法事のお金は新札でもOK? 通夜や葬儀に包む香典に新札を用いるのは避けるべきです。 これは、あらかじめ新札を用意していたと思われないようにという意味が込められています。 一方で、法事の場合は、あらかじめ日程が決まっているので、新札でもよいとされています。 また別の見方で、慶事の祝儀袋に包むお札は新札で、弔事の不祝儀袋に包むお札は旧札を使うのが本来のマナーという考え方もあります。 つまり、どちらの考え方もあり、 あまりこだわらなくてもよいというのが現在の状況といえるでしょう。 もし旧札を入れる場合は、汚すぎるお札も失礼にあたりますので、普通に流通しているきれいめのお札を包んでおけば問題ないでしょう。 法事の香典の包み方・渡し方は? 香典は袱紗(ふくさ)に入れて持参するのがマナーです。 袱紗が用意できない場合は、黒や紺など暗い色のハンカチで代用しましょう。 会場の受付などで香典を渡す場合、袱紗から香典袋を取り出して両手で渡します。 また、渡す際は無言ではなく「心ばかりですが仏前にお供えください」など一言添えつつ、相手が文字を読める向きで表側が見えるように渡しましょう。 一方、法事が遺族宅などで行われる場合、受付がないケースもあります。 その際も自分から仏前に香典をお供えするようなことはせず、事前に施主の方に確認しましょう。 もし法事に参加できない場合はお詫びの手紙を添え、現金書留で香典を渡すのがマナーです。 まとめ ・初七日や四十九日法要、初盆、年忌法要の際には香典を持参する。 ・四十九日までの表書きは「御霊前」か「御香典」、四十九日法要以降は「御仏前」。 ・包む金額は、故人に近い人ほど多めに、金額の数字は「四」と「九」を避ける。 ・孫で働いていない場合は、香典は不要。 ・香典は袱紗(ふくさ)に入れて持参する。

次の

法事 香典の金額相場は? 香典袋の包み方・表書きなどについて

法事 香典

Contents• 法事の香典袋とは 香典は何かはお分かりだと思います。 では香典は何の為でどのくらいのお金を入れたらいいか等の作法があるのかわかりますか? ここでは香典の歴史や作法について紹介させていただきます。 香典の歴史 「香典」はかつて「香奠」と書きました。 この意味から転じて「香典」「香資(こうし)」「香料」とされるようになってきました。 専門家によると、お墓に香花(樒)を捧げたことに由来するのではないかといわれています。 室町時代後期には武士が金銭にて香奠を出したとの記録があるようですが、その頃は貨幣による経済が未発達だった為、農村部などにおいては専ら香奠として米などの食料をもちよっていました。 そんな時代が長く続き、貨幣経済が発達し庶民の生活スタイルが変わり始めた明治頃に多くの都市部において、金銭での香奠が一般的になってきたようです。 現在のような金銭香典より以前は食料を香典とした時代があった事はお分かりだと思います。 仏教的にお香が「仏様の食べ物」とされておりそれが転じて食料になったという考えもあります。 実際葬儀の席での食事の振る舞いが盛んに行なわれていたことからその助けになると、香典が食料になった事にはじまります。 葬儀の期間、喪家の地域に住む人々は子供も含め自分の家では食事をせず、喪家の振る舞いに与っていたという記録もあるようです。 喪家では故人の成仏を願い滅罪する為の布施として、親戚や地域の人に食事を振舞いました。 現在でも食事の席に親戚やお世話方を連ねるのはこのためです。 香典はそうした状況に対する相互扶助としての意味を持っていました。 今でも、かつて自分の家で葬儀を出した時の香典帳が保存されており、他の家で葬儀があると前にいただいた金額と同等の香典をおくるというのが一般的ですが、香典は地域社会における義理の一つであり、義理を返すことは相互扶助精神の表れであるといえるでしょう。 香典とは 故人に対する供養の気持ちを表わすものです、線香や花の代わりとして法事・法要の際に持参します。 法事の場合、年を経るごとに、次第に遺族による追悼が中心となっていき、遺族以外の参列者は特に故人と親しかった人やお世話になった人のみとなります。 葬儀に持参することができない場合は現金書留などを 用いて郵送します。 香典袋の仕様に関しては、宗教、宗派、その地方のしきたりにより様々な形式がみられます。 香典袋 ・香典袋とは、お香典を入れる不祝儀用の袋のことです。 ・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください。 ・初七日をはじめとし、四十九日までの間、法要は七日ごとにあります。 また、その後も、百箇日、一周忌、三回と きます。 香典を持参するのは、主な法要のみで、他は遺族による焼香やお供えが行われます。 法事 香典袋の種類 郵便受けをみると1通の友人の法事の案内状が入っていて出席することは、人生の中で何度か経験される事で しょうその時に「香典がいいかお供え物がいいか」「香典の金額はいくら」等色々な法事のしきたりやまマナーに悩まれた事があると思います。 特に香典については金額も含め色々とあります。 そんな方の為に『困らない香典情報』をお伝えします。 香典袋の選び方 御霊前や御仏前などの表書きは漢字通りの意味があります。 まず気を付けることは、葬儀の宗教宗派です。 仏教、神式、キリスト教式など様々ですからね。 それに合わせることが大切です。 できれば訃報を受け取った時にどの宗教なのか聞いておくと困る事がありません。 宗教がわからないときは「御霊前」とし、白無地で黒白の水引というのが一般的です。 ただし浄土真宗・真宗は霊になるという考え方ではないので仏教ということがわかっているなら表書きは「御香典」としましょう。 蓮の花が描かれている包みは仏教のみ、十字架や百合が描かれている包みはキリスト教のみで使われますので注意してください。 尚、香典と呼ぶものは一つですが宗教、宗派によって表書きが違ってきます。 日本には仏教を中心に主要13宗という宗教に 全国には13宗派以外の宗教が多数あり、各宗教毎に作法が違うようですので冠婚葬祭の時は喪主、家族に確認を行って進められると 現場で困らないですみます。 法事 香典袋の書き方 葬儀や法事の案内状が届いて急いで香典袋買いに行かれる事だと思います。 その時に店頭に並んである香典袋見ながら暫く、考えませんか、「宗教は何か」 「香典はいくら包めばいいか」「表書きになんて書けばいいか」等分からない 事が出てきます。 そんな時困らないでように次をお読みください。 四十九日などの葬儀よりあとの法要で使います。 表書き: 御香典、御香料 2. 水引: 黒白または双銀の結びきり 3. 「御仏前」という表書きは四十九日以降に使用されるj 表書きで、仏教以外には用いません。 四十九日以降の法事・法要は「御仏前」「音香料」「御香奠」 (墨は濃い墨)です。 ・中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。 ・水引きの本数はお悔やみ事なら2本、4本、6本など偶数。 ・水引きの位置は濃い色が右側になるようにします。 ここでは水引きを外せるタイプ について説明します。 三名の場合は中心に一名の氏名を書き、その左右両側に一名ずつ 書きます。 人数が4名以上になる場合には代表者名を中央に書き「他5名」などと左下に書き添えても良いで しょう。 不祝儀袋は、一般的には「お悔やみ用のし袋」「お悔やみのし袋」 あるいはもう少し具体的に「香典袋」などと呼ばれます。 法事 香典1,3,7,13回忌 法事とは、故人の供養のために行なう行事のことをさします。 現在では法事と法要はほとんど同じような意味にわれることが多いのですが、もともとは法事とは仏教の儀式全般をさす言葉でした。 仏教では、亡くなってから49日間を「中陰」と呼び、四十九日までの間は七日ごとに法事・法要があります。 また、四十九日目にあたる日を「満中陰」と呼び忌明けとされます。 更に命日と同じ日に一周忌、三回忌、七回忌などの年忌法要もあります。 亡くなってから七日目に行う「初七日」から、四十九日めに行う「四十九日」までの法要を追善法要と言い、四十日目で忌明けとなります。 この間、初七日以外の法要はふつうは遺族だけで供養が行なわれますが、四十九日の法要だけは忌明けの日として親族・友人・知人たちも参列し僧侶による読経のあと、焼香や会食が行なわれます 一周忌法要 故人が亡くなってちょうど一年目の命日を一周忌(いっしゅうき)。 と言います一周忌には、一周忌法要の儀式が営まれます。 ここでは一周忌の法要について、遺族側の準備(手配、お供え、お布施、引き出物)および、参列者側の服装や心得、香典などについてご説明いたします。 仏教において故人を供養する儀式を法要と言います。 亡くなってから七日目に行う「初七日」から、四十九日めに行う「四十九日」までの法要を追善法要と言い、四十九日目で忌明けとなります。 更に、命日から一年目、三年目、七年目など、節目となる年ごとに行われる法要を年忌法要と言い、一周忌とは亡くなってから満一年目の同月同日のことを言います(命日と同じ月の同じ日が毎年一年に一度やってきます。 この日のことを祥月命日と言います)なお、厳密には法事という言葉は仏教の行事全般をさしますが、法要は追善法要および年忌法要のことをさします。 年忌法要法要 3回忌、7回忌、13回忌 仏教では、亡くなってから49日間を「中陰」と呼び、四十九日までの間は七日ごとに法事・法要があります。 また、四十九日目にあたる日を「満中陰」と呼び忌明けとされます。 更に節目となる年の命日と同じ日に一周忌、三回忌、七回忌などの年忌法要もあります。 仏教では亡くなって初七日えを始めに55回忌迄があり、いかに仏教では死者を敬うかよくわかります。 特に四十九日や初盆はしんみりと故人を敬うというような雰囲気ではない、イベント的になっている地域もあり、日本は 長い歴史の間このような死者を敬う慣習が長く続いてきました。 それは今後とも若い人たちが、この日本の文化を引き継げるように教える人たちが今若い世代受け継がなければいけないと思います。 次のページに法事・法要の内容について照会しています。 最低でもこの法事を理解するようにしましょう。 best-manner. html 香典袋のマナー 香典袋のマナーとして 関西やれることは 考えられることは 次のような点があると思うのです。 香典はいつ渡せばいいのかな? [通夜・葬儀の時は] 香典は通夜または葬儀のいずれかに持参します。 ・通夜と葬儀の両方に出席する場合には、香典はどちらの時に出しても構わないのですが、もし通夜の時に受付で香典を渡した場合には、葬儀の際は記帳だけとなります。 また、通夜に急いで駆けつけたというような場合には香典を持参しないで受付では記帳だけをし、葬儀の時に改めて香典を持参します。 ・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください。 [法事の時] 初七日をはじめとし、四十九日までの間、法要は七日ごとにあります。 また、その後も、百箇日、一周忌、三回忌…と続きます。 香典を持参するのは、主な法要のみで、他は遺族による焼香やお供えが行われます。 香典はいくらぐらい包めばいいの? 入れるお金のマナー ・死や苦を連想させる数字として(四、九)がつく金額は避けるのが一般的です。 少額の場合は連名で香典を出すなどして、 3千円、5千円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円、20万円、30万円など、キリの良い金額にします。 なるべく新札を使いましょう 又、香典の中包み(または中袋)に金額にを書く場合、難しい漢字を使うのが慣例です。 「一」「二」などの文字は後で線を書き加えるだけで簡単に数字の改ざんができてしまうため、数字の改ざんができないようにという考え方か らきています。 なお、最近では金額を書く欄が横書き用で、アラビア数字で書く場合もあるようです(例:金30,000円也)。 香典の相場 Q3. お金のいれかたか? ) お札の向きをどうするのかについて気にしないという場合でも、二枚以上のお札を入れる時には、お金の向きを揃えて入れるようにしてください。 新札を用いると、まるでご不幸を見越して用意していたようだということから、新札は用いない方が良いとされています(地域によってマナーが異なりますがやはり新札は用いない方が無難です。 どうしても新札しか手持ちがない場合には、一旦二つに折ってから袋に入れてください)。 逆に汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札も失礼にあたりますので注意して下さい。 中袋に現金を入れたら、外包みで包みます。 お布施とは 葬儀や法事法要の際にお寺に(僧侶に)渡す謝礼をお布施と言います。 戒名を頂いたときの謝礼は戒名料(または院号料など)とされ、お布施とは分けて考えられますが、お寺にお渡しする際に戒名料も含めて「お布施」としてお渡しすることもあります。 枕経〜お通夜〜葬儀・告別式〜還骨勤行までをまとめてお布施を渡します。 ・最近では、初七日までの分をまとめて「枕経〜通夜〜葬儀・告別式〜還骨勤行〜初七日」という形でお渡しするケースも多くなっています。 もし日にちを分けて初七日の法要を行なう場合には、お布施は別途お渡しします。 読経などの謝礼としてお渡しするお布施とは別のもの ですが、お寺にお渡しする際に戒名料も含めて「お布施」としてお渡しすることもあります。 まとめ いかがでしたか? 色々な作法やきめごとがありましたが全て覚えるのは大変なことで。 今回あげたことを最低でも覚えてみると現場で困らないですみますのでこのくらいは必要なことだと思いますので是非覚えてみてください。

次の

神道の法事 霊祭の日程や香典などのマナーは?

法事 香典

【もくじ】 ・ ・ ・ 法事では御供物料(おくもつりょう)を用意 仏式の法事に出席する場合は、故人の霊を慰めるために捧げる供物(くもつ)を持参するのが礼儀でした。 供物には線香や生花、果物、菓子などが用いられていましたが、最近では供物の代わりに「御供物料」として現金を包むことの方が一般的になっています。 現金を持参するということで、通夜・葬儀に持参する「香典」と同じような意味のあるものですが、法事で渡す場合は「香典」ではなく「御供物料」と呼ばれます。 キリスト教式の場合は、現金ではなく生花を渡すのが原則ですが、食事のもてなしを受ける場合は「お花料」などとして現金を包むこともあります。 法事に出席できないとき 法事・法要の案内を受けたら、 早めに出欠の返事を出すのが礼儀です。 法事・法要の案内を受けたものの、やむをえない事情で欠席するときは、法要の日までに届くように、供物か供物料を送るのが礼儀です。 や四十九日の法要であれば、 として、手紙や品物を送ってもいいでしょう。 供物は果物や供花が選ばれることが多いです。 5,000円程度の金品を目安にして用意しましょう。 法事に持参する御供物料の金額 法事に持参する御供物料の金額は、法要の規模や故人との関係などによって異なりますが、通夜・葬儀に持参する香典の5~7割程度が目安とされています。 通夜や葬儀では連名で香典を出すこともありますが、法事の場合は 個人単位で御供物料を持参するのがマナーです。 ただし、家族の場合は家族単位で用意しても問題ありません。 御供物料の金額相場は、親族であれば1万~5万円、友人・知人であれば1万~3万円程度です。 法要では僧侶による読経が終わった後に会食となり、食事がふるまわれることが多いため、それを考慮した金額にするのが適当なのです。 会食がなく法要だけの場合には、故人との関係性にかかわらず、1万~3万円程度を包むようにしましょう。 供物を持参する場合 もともとは法要には供物を持参するならわしでしたが、近年では「御供物料」して渡す方が一般的なので、品物よりも現金で持参する方が無難です。 御供物料は、供物の代わりに現金の形で持参するものなので、両方を持参する必要はありません。 それでも、現金と品物の両方を持参する場合には、御供物料を主として、品物は添える程度のものにするのがいいでしょう。 御供物料を包む不祝儀袋について 御供物料は、香典と同じように不祝儀袋に包んで持参します。 宗教・宗派や、何回忌の法要かによって、使用すべき不祝儀袋の種類や表書きの書き方が異なりますので、確認してから用意するようにしましょう。 地域によってもしきたりが異なることがありますので、わからない場合は近しい年輩者などにきいてみるといいでしょう。 水引の選び方 水引の色は、仏式の場合、四十九日法要までは黒白のものを使用します。 それを過ぎたら黄白が使われることも多いです。 黄白は関西でよく用いられています。 三回忌以降は双銀が使われることもあります。 神式の場合は双銀の水引を使います。 キリスト教式では、水引は使用しません。 御供物料を包む際の表書き 法事・法要の際の表書きは仏式の場合、「御供物料」または「御仏前」とすることが多いです。 ただし、宗派によっては仏に現金を供えるのは失礼になる場合もあるため、「 御仏前」とするときは 注意しましょう。 「供物のためのお金」という意味の「御供物料」や、「供物としての香の代金として」という意味の「御香料」という言葉が、宗派を問わず使える表書きです。 神式の場合は、「御玉串料」「御神饌料」「御榊料」とします。 キリスト教式の場合は、現金を包む習慣はありませんが、用意する場合は「お花料」などとしましょう。 ちなみに、通夜や葬儀に持参する香典の表書きは薄墨で書くのがしきたりですが、法要の御供物料の場合は、普通の墨で構いません。 法要に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 法要に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の