錦織圭 全仏。 【錦織特集2】絶体絶命から勝利 全仏2019

【錦織圭】全仏オープン2019・準々決勝、「赤土の王者」ラファエル・ナダルに敗れる!

錦織圭 全仏

2019年5月26日から6月9日まで全仏オープンがパリで開催され、世界ランク7位の錦織圭選手が出場しています。 4回戦で錦織選手は世界ランク38位のブノワ・ペール選手と対戦。 過去の対戦成績は錦織選手の6勝2敗。 ペール選手はフランス出身の地元選手なので完全アウェーの中での試合でした。 第3セットは錦織選手が奪い返し、セットカウント2-1。 第3セット終了後、日没により試合中断(サスペンデッド)。 試合の続きは翌日に持ち越されました。 タイブレークでマッチポイントを2度握りましたが取り切れず、タイブレークを落とし逆にペール選手にこのセットを奪われてしまいました。 第5セットも厳しい展開に。 錦織選手の3-5でペール選手のサービング・フォー・ザ・マッチを迎えます。 錦織選手はこれを凌ぎ、この後4ゲーム連取。 錦織選手が7-5で最終セットを奪い、準々決勝に駒を進めました。 準々決勝の対戦相手は世界ランク2位のラファエル・ナダル選手。 上位シードが順当に勝ち上がった時の錦織選手の対戦相手は次のとおりです。 日時 試合 対戦相手 世界 ランク 結果 5月26日 日 20:00 Q. ナダル 2位 6月07日 金 未定 準決勝 R. フェデラー(予想) 3位 6月09日 日 未定 決勝 N. ジョコビッチ(予想) 1位 2.シード選手の世界ランキング・大会成績トップシード選手および錦織選手の対戦相手の世界ランキング(5月27日時点)はこちらです。 シード 選手 国 世界 ランク ポイント 昨年結果 今回結果 1 N. ペール全仏オープンの4回戦で錦織選手は世界ランク38位のブノワ・ペール選手と対戦。 セットカウント2-1となったところで日没によるサスペンデッド。 第4セットから始まった2日目。 タイブレークの末、このセットを落としてしまいます。 最終セットでは錦織選手は尻上がりに調子を上げて最終セットを勝ち取り、セットカウント3-2で錦織選手が勝利しました。 選手 1 2 3 4 5 SET 錦織圭[7] 6 6 8 6 6 8 7 3 B. ペール 2 7 10 2 7 10 5 2 [第1セット] 6-2で奪う第2ゲーム、錦織選手のサービスゲームでテンポの早い攻めに押されてペール選手にブレークを許します。 しかし直後の第3ゲームでペール選手が2度ダブルフォルトを犯し、ブレークバックに成功。 さらに錦織選手は第5、第7ゲームでもブレークを決め、怒涛の6ゲーム連取。 ゲームカウント6-2、わずか29分で錦織選手が第1セットを先取しました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 GAME 錦織圭[7] B K B K B K 6 B. そしてペール選手のサービング・フォー・ザ・セットで迎えた第9ゲーム。 あとのない錦織選手でしたが土壇場でブレークポイントを握ると、ペール選手のダブルフォルトでブレークに成功。 その後は互いにサービスキープし、タイブレークに突入。 一進一退の攻防が続きますが、10-8でタイブレークを制したペール選手が第2セットを獲得しました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 GAME 錦織圭[7] K K K B K K 6 8 B. さらに5-2で迎えた第8ゲームでこのセット2度目のブレークに成功。 ペール選手に1度もブレークポイントを掴ませない安定感を見せた錦織選手。 第3セットを獲得してセットカウント2-1、終了後に日没のためサスペンデッドとなりました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 GAME 錦織圭[7] K K B K K B 6 B. 第3ゲームで先にペール選手にブレークを許してしまいます。 第8ゲームで錦織選手が高いコートカバーを発揮。 はじめてのブレークチャンスを掴むとそれをしっかりと決めます。 その後は激しい攻防の末にタイブレークへ突入。 2度のマッチポイントを得た錦織選手でしたが、10-8でここを制したペール選手にセットを奪われてしまいました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 GAME 錦織圭[7] K K K B K K 6 8 B. 第7ゲームではミスの続いたペール選手から逆に錦織選手がブレークバックを奪いましたが、第8ゲームでペール選手の攻勢を凌げず、再びブレークを奪われてしまいます。 錦織選手の3-5で迎えたペール選手の窮地に立った錦織選手はしかしここから巻き返し、ブレークバックに成功。 5-5のイーブンに戻した錦織選手は、続く第11ゲームもブレークに成功し逆転。 サービング・フォー・ザ・マッチの第12ゲームも奪った錦織選手が勝負強さを見せて勝利。 ベスト8進出を決めました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 GAME 錦織圭[7] K K B B K B K 7 B. ATPファイナルに出場するために8位以内が目標。

次の

全仏オープンテニス3日目 錦織圭登場、相手はコキナキス

錦織圭 全仏

2019年5月26日から6月9日まで全仏オープンがパリで開催され、世界ランク7位の錦織圭選手が出場しています。 4回戦で錦織選手は世界ランク38位のブノワ・ペール選手と対戦。 過去の対戦成績は錦織選手の6勝2敗。 ペール選手はフランス出身の地元選手なので完全アウェーの中での試合でした。 第3セットは錦織選手が奪い返し、セットカウント2-1。 第3セット終了後、日没により試合中断(サスペンデッド)。 試合の続きは翌日に持ち越されました。 タイブレークでマッチポイントを2度握りましたが取り切れず、タイブレークを落とし逆にペール選手にこのセットを奪われてしまいました。 第5セットも厳しい展開に。 錦織選手の3-5でペール選手のサービング・フォー・ザ・マッチを迎えます。 錦織選手はこれを凌ぎ、この後4ゲーム連取。 錦織選手が7-5で最終セットを奪い、準々決勝に駒を進めました。 準々決勝の対戦相手は世界ランク2位のラファエル・ナダル選手。 上位シードが順当に勝ち上がった時の錦織選手の対戦相手は次のとおりです。 日時 試合 対戦相手 世界 ランク 結果 5月26日 日 20:00 Q. ナダル 2位 6月07日 金 未定 準決勝 R. フェデラー(予想) 3位 6月09日 日 未定 決勝 N. ジョコビッチ(予想) 1位 2.シード選手の世界ランキング・大会成績トップシード選手および錦織選手の対戦相手の世界ランキング(5月27日時点)はこちらです。 シード 選手 国 世界 ランク ポイント 昨年結果 今回結果 1 N. ペール全仏オープンの4回戦で錦織選手は世界ランク38位のブノワ・ペール選手と対戦。 セットカウント2-1となったところで日没によるサスペンデッド。 第4セットから始まった2日目。 タイブレークの末、このセットを落としてしまいます。 最終セットでは錦織選手は尻上がりに調子を上げて最終セットを勝ち取り、セットカウント3-2で錦織選手が勝利しました。 選手 1 2 3 4 5 SET 錦織圭[7] 6 6 8 6 6 8 7 3 B. ペール 2 7 10 2 7 10 5 2 [第1セット] 6-2で奪う第2ゲーム、錦織選手のサービスゲームでテンポの早い攻めに押されてペール選手にブレークを許します。 しかし直後の第3ゲームでペール選手が2度ダブルフォルトを犯し、ブレークバックに成功。 さらに錦織選手は第5、第7ゲームでもブレークを決め、怒涛の6ゲーム連取。 ゲームカウント6-2、わずか29分で錦織選手が第1セットを先取しました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 GAME 錦織圭[7] B K B K B K 6 B. そしてペール選手のサービング・フォー・ザ・セットで迎えた第9ゲーム。 あとのない錦織選手でしたが土壇場でブレークポイントを握ると、ペール選手のダブルフォルトでブレークに成功。 その後は互いにサービスキープし、タイブレークに突入。 一進一退の攻防が続きますが、10-8でタイブレークを制したペール選手が第2セットを獲得しました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 GAME 錦織圭[7] K K K B K K 6 8 B. さらに5-2で迎えた第8ゲームでこのセット2度目のブレークに成功。 ペール選手に1度もブレークポイントを掴ませない安定感を見せた錦織選手。 第3セットを獲得してセットカウント2-1、終了後に日没のためサスペンデッドとなりました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 GAME 錦織圭[7] K K B K K B 6 B. 第3ゲームで先にペール選手にブレークを許してしまいます。 第8ゲームで錦織選手が高いコートカバーを発揮。 はじめてのブレークチャンスを掴むとそれをしっかりと決めます。 その後は激しい攻防の末にタイブレークへ突入。 2度のマッチポイントを得た錦織選手でしたが、10-8でここを制したペール選手にセットを奪われてしまいました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 GAME 錦織圭[7] K K K B K K 6 8 B. 第7ゲームではミスの続いたペール選手から逆に錦織選手がブレークバックを奪いましたが、第8ゲームでペール選手の攻勢を凌げず、再びブレークを奪われてしまいます。 錦織選手の3-5で迎えたペール選手の窮地に立った錦織選手はしかしここから巻き返し、ブレークバックに成功。 5-5のイーブンに戻した錦織選手は、続く第11ゲームもブレークに成功し逆転。 サービング・フォー・ザ・マッチの第12ゲームも奪った錦織選手が勝負強さを見せて勝利。 ベスト8進出を決めました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 GAME 錦織圭[7] K K B B K B K 7 B. ATPファイナルに出場するために8位以内が目標。

次の

全仏オープン2019錦織圭の組み合わせと試合日程と結果

錦織圭 全仏

5月19日世界ランクを発表。 錦織圭選手が6位から7位に後退• 5月21日に錦織圭選手と大坂なおみ選手が一緒にディナーを楽しみました• 5月21日に世界ランク26位のFベルダスコ(スペイン)とコート・スザンヌ・ランランで初練習を行いました。 時折、腰を気にする場面があったようです。 以上を踏まえての「全仏オープン2019」になります。 「全仏オープン2019」大会情報• 大会名:(Le Tournoi de Roland Garros 2019)• 開催日時:2019年5月26日(日)~6月9日(日)• 別名:全仏オープン2019、フレンチオープン2019• 開催地:パリ・フランス• グレード:グランドスラム(四大大会)• コート:屋外クレーコート• 日本との時差:7時間 「全仏オープン2019」錦織圭選手の試合日程・試合時間・対戦相手 錦織圭選手は1回戦から出場。 23日にが発表され1回戦の対戦相手が決まりました。 対戦時間は分かり次第追記します。 各試合の詳細・ハイライトについては下にまとめています。 1回戦:クエンティン・ハリーズ(アリス)戦 錦織圭選手とは初対戦になるクエンティン・ハリーズ。 フランス人で名前がカンタン・アリスと書かれている場合もあります。 — Roland-Garros rolandgarros ストレートで勝ち上がり2回戦に進出。 「特に第1セットと第2セットは完璧だった」と錦織選手は語っています。 2回戦:ジョー・ウイルフリード・ツォンガ戦 2回戦はジョー・ウィルフリード・ツォンガ(85位・フランス)と対戦することが決定しました。 ツォンガと言えば過去に世界ランキング5位まで上り詰めたこともある強敵です。 選手名 1セット 2セット 3セット 4セット 錦織圭 4 6 6 6 Jツォンガ 6 4 4 4 元世界ランク5位のツォンガ選手、昨年は膝の怪我で欠場が続いていましたが、今年は調子を戻しつつある中での錦織選手との試合。 1セット目を落としますが、タフな粘りの攻めで逆転勝ち。 3時間以上の試合となりました。 ジェレとは初対決。 5月31日(金)試合開始時間19:20以降。 「大きな武器はなさそうだが、サーブとストロークがいい」とコメントしています。 選手名 1セット 2セット 3セット 4セット 5セット 錦織圭 6 6 6 4 8 Lジェレ 4 7 3 6 6 錦織選手試合後のインタービュー「第5セットの0-3の時はつらかった。 負けについては多少はかすめた。 大事なのは最後まであきらめないこと。 疲れている。 早く終わらないかなと考えながらインタビューに答えてる(笑)。 多分大丈夫。 」 ポイントは第2セット目。 4-2でリード、40-0から落としたことに、錦織選手自信も「今日一番忘れたい場面。 でも最も反省しないといけない」とコメントしています。 なんと4時間26分の死闘を制し4回戦に進出です。 4回戦:ブノワ・ペール戦 ベスト16となる4回戦。 対戦相手は地元フランスのブノワ・ペール選手となりました。 「ドバイテニス選手」以来の対戦になります。 コートはスザンヌランラン。 選手名 1セット 2セット 3セット 4セット 5セット 錦織圭 6 6 6 6 7 Bペール 2 7 2 7 5 6-2、6-7、6-2になったところで 日没サスペンデッドとなり、 3日に順延となりました。 同じくコートはスザンヌランラン2試合目。 次の日、4セット目を取られ万事休す。 5セット目の5-5で、相手に何度かアドバンテージを繰り返されるも、それを逆転したのが今回のポイント。 粘りの錦織がでました。 本当に精神力の強い、タフな選手ですね。 ローランギャロス公式では「マラソン」と表現しています。 合計時間3時間55分の戦いを制しました。 試合後のサイン「チョレイ」。 Always fight! (常に戦う)」 準々決勝:ラファエル・ナダル戦 準々決勝はナダルとの対戦、錦織選手は「クレーコートではベストプレーヤー」と語っています。 サスペンデッドもあり3日連続の試合。 コートはフィリップ・シャトリエ。 選手名 1セット 2セット 3セット 4セット 5セット 錦織圭 1 1 3 Rナダル 6 6 6 ナダル戦、錦織選手はミスが多く、途中から完全にナダルペースになってしまいました。 連戦による疲れがでていたのかもしれません。 思ったよりはメンタルは良かったそうですが、それにプレーがついていかなかったのが敗因と錦織選手は試合後ののインタビューで分析しています。 本人も「凡ミスが増えて悪い流れになった。 戦術的に彼のプレーに飲み込まれた」と語っています。 グランドスラムで見ると四大会連続のベスト8となりました。 決勝はナダル(1位)vsティーム(4位)。 ナダルが3年連続12度目の優勝。 「全仏オープン2019」テレビ放送 テレビ放送 サイト 全試合LIVE放送(大会1日無料放送) 地上波独占放送、LIVE or 時差放送 NHK 放送なし DAZN 放送なし 「全仏オープン2019」はグランドスラム(四大大会)にあたるため、WOWOWが全試合ライブ放送となっています。 試合を確実に見たいのであればWOWOWに加入しましょう。 一部ですが地上波「テレビ東京系列」でも放送があるようです。 いつも放送している動画配信サービス「DAZN」は、四大大会の放送はありません。 WOWOW独占になります。

次の