マスク 簡単 作り方 大人。 型紙・ミシン不要!大人用の手作りプリーツマスク

【マスク不足解消】手作りマスクがこんな簡単に!今すぐできる作り方をご紹介!

マスク 簡単 作り方 大人

1.生地を中表にたたみ、アイロンをかける 2.縫い代1cmで両端を縫い合わせて筒状にする 3.縫った部分をアイロンで割り、全体にアイロンをかける 4.生地を表に返す 5.生地の端を隠すために片側を1cm折り、アイロンをかける 6.生地を三つ折りにしてマスクの形を作る(このとき片方の端を1cm残す) 7.6で折った部分にコバステッチ(折り目のぎりぎりで縫う)をかける 8.反対側は縫い代1cmで縫う 9.マスクの上下にコバステッチをかけて補強する(ゴム通し部分は縫わないように注意) 10.マスクゴムを片側約30cmに切り、マスクゴムを通す 11.糸の始末をして完成 平面マスク作りの失敗点 平面マスクを本当に簡単に作れるのか、手芸初心者である筆者が試してみました。 初めてのマスク作りでは失敗点もありましたが、子どもができ上がったマスクに大喜びしてくれたので、ほっとしています。 これからマスクを作る方は、実体験を踏まえた次の注意点を参考にしてみてくださいね。 ・大雑把はNG マスクは顔の正面に使用するものなので、生地が少しでもずれているととても目立ってしまいます。 筆者は裁断と縫製をやや大雑把にしてしまったため、マスクを折りたたんだときに上下がそろわず、生地がはみ出てしまうというミスがありました。 初歩的なことですが、正確さ(型紙通りに裁断することやまっすぐに縫うこと)がとても大事だと感じました。 ・糸の色に注意 マスクの表の部分にカラー糸でステッチをかけたらかわいいのではないかと思い、子どもの好きなピンクで縫ってみました。 しかし、おしゃれどころかかえって縫い目のずれが目立ってしまい、白い糸で縫い直しました。 ミシンやガーゼ生地に慣れていない場合、糸と生地の色を合わせることが大事だと思いました。 ・失敗しても良いように2個作る 生地を反対に縫った、縫い目がずれたなどのミスがあっても良いように、2つ同時に作ることをおすすめします。 1つ目のマスクで失敗したとしても、2つ目は失敗を踏まえて作れるため、より完成度が高いマスクが作れると思います。 動画は100均の手ぬぐいを使用しています。 1.大きいほうの生地を中表にして半分に折る 2.1の上部を縫い、筒状にしてから生地を返す 3.生地の縫い目で折り、アイロンをかける。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 5cmのところに印を付ける 5.1. 5cmの印を付けたところで折り、アイロンをかける 6.5の折り目からさらに1cmのところで折りアイロンをかけてプリーツを作る 7.小さい生地をマスクの端に合わせて縫い代1cmで縫う 8.小さい生地を反対側に倒し、アイロンをかけながらマスクの端を折り込む 9.8で折り込んだマスクのサイドを縫う 10.反対側も同様の手順で行う 11.マスクのゴムを通し、ゴムの両側を結ぶ プリーツマスクは思いのほか簡単 平面マスク作りに慣れてから、プリーツマスクの手作りに挑戦しました。 プリーツマスクは平面マスクに比べてやや工程が多いですが、平面マスクでガーゼ生地に慣れたこともあり、思いのほか簡単に作れました。 プリーツの折り方は試行錯誤し、より自分の口元にフィットしやすくなるように調整しました。 次に作る機会があれば、メインの生地とサイドの生地の柄を変え、切り替えデザインに挑戦したいです。 完成した手作りプリーツマスクは日常的に使用していますが、使い捨てのプリーツマスクよりも肌触りが良いです。 プリーツの広がり方が大きいので、顎の下までしっかり覆うことができます。 ガーゼは保温性が高いので、自転車での子どもの送り迎えに重宝しています。 立体マスク作りの注意点 ・左右・表裏の生地のズレ 立体マスクは左右・表裏の4枚の生地を縫い合わせます。 そのため型紙通りに切っていなかったり、縫っているズレてしまったりするといびつになってしまいます。 きちんと型紙通りに切る、左右がズレないようにするという点に気をつけると良いでしょう。 まち針の代わりにマスキングテープを利用すると便利でした。 ・生地の中心合わせが難しい 左右の生地の柄の中心をあわせると、見た目がきれいに仕上がると思います。 今回はそこまで気が回らず、左右の柄がズレてしまいました。 左右の柄合わせに自信がない方は、柄が小さい生地を選ぶと良いでしょう。 ・数枚重なって縫う部分は慎重に 立体マスクは左右の表地と裏地が重なる部分があるため、縫うときに注意が必要です。 ガーゼ生地はやわらかく糸が絡まりやすいため、重なっている部分は慎重に縫うと良いと感じました。

次の

型紙・ミシン不要!大人用の手作りプリーツマスク

マスク 簡単 作り方 大人

いらないTシャツで「切るだけ」手作りマスク 「ガーゼが手に入らない」という場合は、家にあるいらなくなったTシャツで大人用マスクができますよ。 こちらは、Tシャツとコーヒーフィルター、ホチキスだけで簡単手作り。 作り方は、コーヒーフィルターのサイズに合わせてTシャツをカットし、双方をホチキスて留め合わせれば完成です。 なかなかの離れ業ですが、見た目はスタイリッシュでおしゃれ。 大人用マスク作りの材料がないときに役立つはずです。 両面テープで簡単「貼るだけ」手作りマスク 縫わなくても、両面テープがあればきちんとした大人用マスクは手作りできるのです! こちらの作り方は、布を折りたたみながら両面テープで貼り合わせるだけの簡単手順でOK。 バイアステープで両脇を留めれば、より耐久性が増します。 また、ノーズワイヤーを入れることでフェイスラインにフィットしやすくなっていますね。 ワイヤーは、市販マスクから抜いたものや通常の針金などでも代用できます。 市販のように見える「不織布」手作りマスク 「あまり目立ったマスクをしたくない」「ガーゼマスクは息苦しい」という人におすすめの不織布の手作り大人用マスク。 こちらでは、衣類や革製品などの保存用袋で使われる薄手の不織布を使っています。 作り方も簡単。 不織布は蛇腹に折り目をつけ、あとは両脇にゴムを挟み込んでテープで留めれば完成です。 見た目が市販の使い捨てマスクのようなので、男性でも抵抗なく付けられますよ。 2カ所縫うだけの「ハンカチ」手作りマスク 「少しなら縫えるかも」という人は、手元にあるタオルハンカチで簡単な手作り大人用マスクにチャレンジしてみましょう! 作り方は、タオルハンカチを折りたたみ、両脇をミシンか手縫いで縫い付けるだけ。 折り幅を変えれば子供用にもアレンジできるため、家にあるハンカチで家族みんなのマスクがあっという間に作れますね。 動画のように、正面にイラストがあるタオルを使うとワンポイントになって可愛らしいですよ! 大人用手作りマスクの作り方《シンプル型編》 直線縫いだけの「シンプル」手作りマスク 最近はマスクの形がいろいろありますよね。 ここからは、「シンプル型」の大人用マスクの作り方をピックアップしていきましょう。 まずは、裁縫初心者さんでも簡単な直線縫いだけでできる手作り大人用マスクです。 ガーゼをマスクの形に折りたたみながらミシンで縫っていくので、高度なテクニックが要らず簡単。 失敗しないコツは、縫う前にアイロンで折り目をしっかり付けることです。 100均グッズの「ガーゼタオル」で手作りマスク わざわざ高価な材料を買い揃えなくても、100均グッズで手軽に大人用マスクを作ることもできちゃいます。 こちらでは100均のガーゼ生地タオルを使って手作り。 作り方は、型を取った生地の周囲をミシンで縫っていくだけです。 端のほつれを予防するために、周りにバイアステープを縫い付けておくのがポイント。 お好みの柄を選んで、マスクのおしゃれも楽しみましょう。 ミシンが無いなら「手縫い」で手作りマスク ミシンがない場合は、すぐチャレンジしやすい手縫いの大人用マスクを手作りしてみては? 面倒な型紙はいらず、生地のパーツを四角く採寸するだけで準備はOKです。 採寸した生地は蛇腹に折り、端をザクザク手縫いします。 縫い目は内側に隠れてしまうため、上手く縫えなくても大丈夫。 これなら、おうち時間に子供と一緒に作ってみても楽しいですね。 傷みにくい「取り外しワイヤー」手作りマスク フィルターとノーズワイヤーを出し入れできる手作りの大人用マスク。 取り外しができるようにすることで、洗濯中に破れたり縮んだりするのを防ぎます。 また、フィルターをこまめに取り替えれば、マスクはいつも衛生的。 ノーズワイヤーが手に入らない時は、ラッピング用のワイヤータイなどで代用することも可能です。 今あるもので簡単にマスクを作ることができたら素敵ですよね。 タンスの肥やし「さらし」の手作りマスク 実家のタンスにずっと眠っている「さらし」はありませんか? 手作りマスクの材料が見つからない時は、こんなタンスの肥やしをリメイクするのもエコでいいですね。 さらしはガーゼのように肌触りがサラサラしたものが多く、色も白地なのでシンプルな大人用マスク作りに最適。 同じものをたくさん作って、いざという時のためにストックしておくのもおすすめです。 大人用手作りマスクの作り方《立体型編》 ミシン要らずの「手縫い」手作り立体マスク フェイスラインに沿ってピタッとフィットする立体マスクも、実は簡単に手作りできちゃいます。 こちらでは、「立体型」の大人用マスクの作り方もご紹介しましょう。 まずは、手縫いで作れる立体マスク。 ミシンがなくとも、ザクザク縫って裏返せばスタイリッシュな大人用マスクが完成します。 作り方のコツは、表地と裏地を貼り合わせること。 強度が増し、フィルター効果も高まります。 50回洗える「付け心地抜群」手作り立体マスク 2種類の布を使った、息苦しさを感じない手作り大人用マスク。 こちらでは、表にシワができにくい「ポリエステル」、裏に肌触りの良い「さらし」を使っています。 異なる素材の2重構造にすることで、見た目と付け心地をスッキリカバー。 縫い代を大きめに取ると失敗しにくいので、ミシン初心者さんは採寸に余裕を持たせておきましょう。 2枚を中表に合わせるのも、間違えないよう注意が必要です。 耳まで長い「ロングタイプ」の手作り立体マスク 「動くたびにマスクがズレてストレスを感じる」という人におすすめなのが、耳まで伸びた横長の手作り大人用マスク。 顔をガバッと覆ってくれるので安心感があり、花粉やウイルスがすき間から侵入するのを防ぐ効果も期待できます。 大きめサイズになるため、ミシンをかけやすく特別なテクニックはいりません。 お出掛け以外にも、乾燥しやすい就寝時にもおすすめのマスクです。 男性も安心「顎下ロング」手作り立体マスク マスクを付けるとき、鼻や顎が出てしまっていては意味が無くなってしまうとも言われています。 特に大人の男性は顔の骨格が大きく、顎がはみ出てしまいやすいため注意が必要です。 そこでおすすめなのが、顎下を長めに作った手作り大人用マスク。 作り方は他の立体マスクと変わりなく、顎下部分を大きめに取った型紙を使っています。 立体型なので、顎下が大きくても違和感なく覆ってくれますよ! 「自分だけの型紙」で作る手作り立体マスク いくらマスクの大きさに配慮しても、人の顔の形は千差万別。 ピタッとフィットさせたいなら、やはり自身の顔のサイズに合わせた型紙で作ることが一番です。 一見難しそうですが、型紙の作り方は意外と簡単。 巻き尺を使って顔の横幅と縦幅を図り線で結んでいくだけです。 マスクを理想の大きさに調整することができるので、まさにオーダーメイド感覚で大人用マスクの手作りが楽しめますね! 大人用手作りマスクの簡単な作り方まとめ 使いたい時に手に入らないこともあるマスク。 特に大人用はサイズや形によって付け心地が大きく変わるため、できるなら自分にピッタリのものが作れる手作りがおすすめです。 わざわざ材料を買いに行ったり、ミシンを押入れから出さなくても、簡単一手間でできちゃう方法もたくさんあります。

次の

簡単・布マスクの作り方!平面も立体もプリーツも!手作りのコツ・ガーゼ生地の扱い方を徹底解説!

マスク 簡単 作り方 大人

材料 【用意するもの】 表布・・・ガーゼのような薄い布(サイズは下記参照) 裏布・・・ユニクロのエアリズム(サイズは下記参照) マスクゴム 45cmから55cmぐらい (ゴムがない場合はエアリズムでも代用可能) ノーズ用ワイヤー 使い捨てマスクのワイヤーを再利用 アイロン 糸(糸は縫い糸なら1本取り、ミシン糸なら2本取りで縫います。 その場合は布を切るとき縦の長さから2cm引いてくださいね(上のサイズ寸法を参考にしてください)。 作り方 大人用、こども用、園児用すべて作り方は同じになります。 ここでは 大人用で説明していきます。 1.マスクの外側になるガーゼの鼻の部分の布の処理をします。 長い方の辺を1cmで折り、もう一度1cmで折ります(三つ折縫い)。 2.並み縫いします。 並み縫いとは針を上、下、上、下と交互に通す基本の縫い方です。 3.端まで縫ったら、親指と人差し指で布をつまみながらしわがないように伸ばした後、玉止めします。 4.ノーズワイヤーを通したい方は、使い捨てマスクのノーズワイヤーを解体して鼻の部分に入れます。 (使わない方はこの工程は飛ばしてください) 使い捨てマスクを切るとワイヤーが抜けます。 このとき真ん中を折っておくとマスクの中心と合わせやすいです 真ん中まで通します。 5.今回はエアリズムを作りやすいよう、裾の部分を利用しています。 裾を利用しないのなら、生地の処理が必要となりますので、先ほどのガーゼ面のように1cmで折り、さらに1cmで折り、並み縫いをします(三つ折縫い)。 縫いにくいので引っ張らずに、平らな状態で縫うことを心がけてください。 ずれやすいのでまち針も多めにとめると縫いやすいです。 6.中表(ガーゼの表側とエアリズムの表側が内側に来るように合わせる)にして、あご側を縫います。 下端から1cmのところを並み縫いします。 縫い終わったところです。 広げるとこのような状態になってます 7.今縫ったところを下にして、外表(ガーゼの裏側とエアリズムの裏側が内側に来るように合わせる)にします。 このとき、ガーゼが下から1cm折られているのが分かります。 8.プリーツを折りながら、2枚一緒にアイロンをかけていきます。 プリーツの折る寸法はこちらを参照にしてください。 園児用(数字の単位はcm) 鼻から4cmのところを山折り、 そこから1. 5cm(園児は1cm)のところを谷折りにします。 横から見るとこんな感じです。 鼻を上にしたときにプリーツが下向きならOKです! さらに4cm下のところを山折り そこから1. 5cm(園児は1cm)を谷折り と、4本アイロンをかけます。 大体9センチ幅になっていればOKです。 裏返すとこうなってます。 ひろげるとこんな感じになります。 ガーゼにはしっかり線がつきますが、エアリズムには線がつかなくても大丈夫です。 9.エアリズムの折り目の重なっているところの端から5mmのところに軽く糸でとめていきます。 まち針がとまっているところ左右2箇所、計4箇所になります。 後から隠れる部分なので雑でかまいません。 10.再びガーゼとエアリズムを外表で重ねます。 11.ガーゼの右端がエアリズムの右端に来るように一回折ります。 このとき、ガーゼの端を三角に折ると仕上がりがきれいになります。 12.さらにもう一回折りこむとこんな感じになります。 アイロンをしっかりかけます。 浮きやすいので待ち針でとめると良いです。 13.反対側も同様に折ってアイロンをかけます。 14.下図のようにガーゼのエアリズムに近い端から1~2mmのところを並み縫いします。 厚みがあるので針を上に出して糸を引っ張り、下に出して糸を引っ張りと一針ずつ進めていきましょう。 縫いはじめと縫い終わりは丈夫にするために返し縫い(同じところを数針戻って縫う)するといいです。 15.出来ました! 裏 表 16.最後にゴムを通します。 ゴム通しにマスクゴムを通したら、マスクに入れていきます。 ゴムの端を縛ります。 このとき仕上がりをきれいにするために反対側のゴムを引っ張って、マスクの中に結び目を隠します。 反対側も同様に通したら完成です.

次の