テリーのワンダーランド 配合 ドラゴン系。 【テリワンSP】おすすめ配合表【テリーのワンダーランドSP】

ドラゴンクエストモンスターズ〜テリーのワンダーランド〜 悪魔系配合表

テリーのワンダーランド 配合 ドラゴン系

もくじ• 本記事の信頼性 当ブログは、『テリーのワンダーランドレトロ』の攻略情報に特化したサイトです。 月間の閲覧数は43万回を記録しています。 (2020年月6月11日現在) Googleにサイトの信頼性が評価され、「テリーのワンダーランドレトロ」のキーワードで検索上位。 予測検索で「kenblog テリー」が表示されました。 僕のブログ、kenblogでは「テリーのワンダーランド レトロ」の攻略記事が人気なのですが、なんとGoogleの検索窓で「kenblog」と入力するとサジェストワード(検索予測)で「kenblog テリー」と表示されるようになりました。 (ホイミスライム、スライムファング、キングスライム、メタルキング、ゴールデンスライムは除く) スライム系の特徴としては、 素早さが非常に高く先手を取りやすいです。 全体的に状態異常系やデバフ系の呪文に強めだが、 一回休み系の特技にめっぽう弱いのが特徴。 スライム系は素早さが高いので先手を取りやすい。 せっかくなので「ドラゴラム」を使ってやろう。 貴重な特技「まねまね」を覚えるのも特徴だ。 状態異常にやや強い傾向がある。 「ホイミン」を血統に「ドラキー」を相方に配合すればHP回復の「ホイミ」の他に、毒を回復させる「キアリー」序盤のBossを眠らせる「ラリホー」を引き継げるので回復も補助もこなせるぞ。 素早さが高く、ほぼ先制で回復できるので生存率が跳ね上がる。 ユニコーンが作れる時まで使える子。 絶対先制攻撃の「しっぷうづき」や息系を反射する「おいかぜ」など利用価値の高い特技を覚える。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意して下さい。 配合レシピも単純で「スライム」に「きりかぶおばけ」や「じんめんじゅ」と配合すれば序盤でいきなり作れる。 「マヒこうげき」は効く相手には何もさせずに倒せるほど効果が絶大。 この特技だけで主力になり得る実力の持ち主。 序盤のBossは眠りにめっぽう弱いので「あまいいき」もあり。 とはいえ上位のストーンスライムに劣る。 「ぶっしつけい」を血統に「スライムつむり」を配合すると、配合でしか仲間にすることができない「あくまのつぼ」ができあがるのがポイント。 攻撃、回復、補助とバランスの良い特技を覚える。 序盤で回復役を増やす際に役立つぞ。 見た目の通り毒を受け付けない強さを持っている。 持っているモンスターが少ない特技「ぶきみなひかり」を覚えることができる。 スライム系の状態異常耐性を強化してやりたい時はこいつと何度か配合してやろう。 スライム系の混乱耐性を底上げしたい時に使ってやろう。 特徴の無いモンスターだと思われがちだが、「ぶっしつけい」を血統に「ボックススライム」を配合すると割と強力なモンスター「ミミック」ができあがる。 それ以外は、配合で作ることができないのでダンジョンで捕まえてこよう。 ちなみに最強の呪文「マダンテ」を覚える数少ないモンスター。 一番最初に仲間にできるモンスターと言うこともあり、その愛着感から配合を繰り返し強化したことのあるおじさんプレイヤーは多いはず…。 【耐性】 補足: 一見、強耐性に見えますがグラフの耐性レベルが3までしかないので、見方に注意して下さい。 名前は「ホイミン」。 なにげにダンジョンでは登場することがなく、ストーリー進行以外では配合限定のモンスターとなっている。 その回復能力から序盤では必須と言えるモンスターだ。 「ホイミスライム」を血統にキアリー持ちの「ドラキー」を配合して「はねスライム」を作れば、序盤は安心してダンジョンに潜れるようになる。 それ以外は配合でしか入手できない。 攻撃力が非常に高くアタッカーとして十分使える能力。 さらに配合素材としても優秀だ。 「けものけい」を血統に「スライムファング」を配合すると回復のエキスパート「ユニコーン」が作れるぞ。 支配の扉にて「だいぼうぎょ」がうざいと思った方は多いはず。 見た目によらず「たかくとびあがる」で宙を舞い、全体攻撃として優秀な「がんせきおとし」を覚えられる。 配合して作るのも面倒なので捕まえてしまおう。 ステータスの伸びも良く仲間として十分使える。 配合で作成するにも素材が豪華すぎるのでダンジョンで捕まえるのが手っ取り早い。 デイン系に耐性がある。 スライム系の弱点である行動不能系の特技にやや強い。 おぼえる特技はパッとしないものが多いが、メタルキングやゴールデンスライムを作る時の素材になる。 なにげに耐性が素晴らしくスライム系の弱点である「行動不能」にする特技に強い。 こいつを配合することで「スライム系」の弱点を補うことができるぞ。 肉を与えることで仲間にすることが可能。 配合で作るのが面倒なモンスターなので、他国マスターが持っているのを仲間にしたい。 ちなみに王妃イベントでキングスライムが必要となる他、スライムけい最強の「ゴールデンスライム」の素材にもなる。 おぼえる特技も非常に使えるものが多いのもポイント。 HPが極端に低いので強いモンスターが相手だと使いずらい。 逃げやすいうえに倒しづらいが、経験値を多く持っている。 仲間にするのも割と大変なので「しもふりにく」は必須。 星降りの大会クリア前までに、王妃の間でメダルおじさんの持っている「メタルスライム」とお見合いができるので、こちらもメタルスライムを出すと「はぐれメタル」が手に入る。 支配の扉21階付近で経験値稼ぎする時に良く狩られる存在。 「ベギラゴン」や「イオナズン」など強力な呪文を覚えるので、仲間としても十分使えるぞ。 ちなみに、鉄壁を誇るはぐれメタルに敵の攻撃を引き付ける特技「におうだち」をさせると強力。 捕まえるのがかなり面倒なのでお見合いで作りとりあえず図鑑に登録してしまおう。 王妃の間にいるメダルおじさんの持っている「メタルスライム」にこちらも「メタルスライム」を出せば作れるぞ。 この場合、特技「みがわり」が相手から引き継げるので「におうだち」が可能になる。 できればそれ以外の配合レシピで作成することをすすめる。 さすがスライム系最強クラスのモンスター。 おぼえる特技も「ギガデイン」や「ジゴスパーク」と非常に強力なものが揃っている。 かなりの鉄壁で打たれ強いので回復呪文との相性が良い。 「ホイミ」や「ザオリク」を引き継げる「キングスライム」から作るのがベストです。 おぼえるモンスターが少なく貴重な「パルプンテ」。 さらに強力な攻撃呪文である「ビックバン」を覚える。 配合の際はメタルキング同士で作成するとHPが低くなりがちになるので注意。 できればそれ以外のレシピで作りたい。 スライム系なので「あしばらい」など行動不能系の特技にめっぽう弱いが、ぶちキングと配合を繰り返すことで苦手な行動不能耐性を強化することができる。 さらにHPの強化も平行して行えるのでおすすめ。 さらに「ゴールデンスライム」は大樹の町最下層の通せんぼしているじいさんの扉を開く際に必要となる。 1匹は必ず作ることになるだろう。 【耐性】 【出現する扉】 なし 【おぼえる特技】 パルプンテ ビックバン ひかりのはどう 【配合レシピ】 血統(先に選ぶモンスター) 相方(後に選ぶモンスター) ぶちキング キングスライム メタルキング ゴールデンゴーレム メタルキング メタルキング.

次の

配合レシピ【スライム系】|テリーのワンダーランドレトロ攻略

テリーのワンダーランド 配合 ドラゴン系

『 ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド 公式ガイドブック 上巻 ほしふりの大会突破編』 この攻略本では、主に テリワンの基礎知識が紹介されています。 ゲームの取扱説明書の詳しい版的な位置づけだと思います。 テリワンを初めてプレイされる方にとっては有益な情報が書かれているかもしれません。 しかし、 過去にプレイしたことがある方にとってはそこまで有益ではないと思います。 また、テリワン初心者の方でも、プレイしていればそのうち身に付く知識が多いので、わざわざ購入するほどではないかもしれません。 私は初代テリワンを現役でプレイしていました。 その頃の知識は今もある程度残っており、テリワンレトロをプレイするにあたって正直この本は不要でした。 この本よりも次の「下巻」のほうがかなり有益です。 人気ゲームボーイソフト「ドラゴンクエストモンスターズ」の攻略本。 アイテム、特技、配合について一応の解説はあるのだが穴があり過ぎて 全然完璧ではない。 攻略のヒントみたいなのがだらだら書かれているが そんな物はプレイしていれば必然的に分かる事であり読む意味があるとは思えない。 それに反してぬし攻略は役に立った。 それぞれのぬし毎に有効な補助特技が 違うのでそれぞれ書いてあるこの本は中々有用。 またスカイドラゴンのロープ迷路、すべる床等の攻略ルートも役に立つ。 とは言ったもののほしふりの大会まではそんなに苦もなく突破できると 思うので必ずしも必要な攻略本とは思えない。 下巻は全モンスターリストに配合表など「モンスターズ」を極める上で 必須の項目が多いので そちらを買って尚且つほしふりの大会までがクリアできずお金に余裕のある人は買ってもいいかもしれない。 『 ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド 公式ガイドブック 下巻 究極モンスター育成編』 初代テリワンを現役でプレイしてた頃にも持っていました。 一度売却してしまったので、再度購入。 この攻略本はかなり有益な情報が書かれています。 当ブログにもこの本で得た知識を参考に書いた記事があります。 この本には大きく分けて以下の3つのことが書かれています。 旅の扉の情報• モンスターの情報• 特技の情報 他にも様々な有益情報が記載されています。 【旅の扉の情報】 テリワンレトロに登場する全ての旅の扉の情報が記載されています。 旅の扉の情報とは以下の内容です。 出現するモンスターの情報• 入手できるアイテムの情報• スペシャルフロアの情報• ボスモンスターの情報 【モンスターの情報】 テリワンレトロに登場する全てのモンスターの情報が記載されています。 モンスターの情報とは以下の内容です。 覚える特技• 出現場所• 配合での作り方 特に配合方法については、一部とかではなく全てのバリエーションが書かれています。 【特技の情報】 テリワンレトロに登場する全ての特技の情報が記載されています。 特技の情報とは以下の内容です。 特技の概要• 消費MP• 使用できるタイミング• 覚える条件 Switch Liteを買ったので、何か面白そうなゲームを探していました。 2019. 17にダウンロードが始まった ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETROを買ったのですが、 このゲーム、非常に奥が深いことが今更ながらに分かりました。 1998年にゲームボーイ版をクリアはしましたが、 その当時は、ダークドレアムとか、「???? 系」が15体もいることも知らず このゲームの育成の醍醐味を堪能せずに終わっていました。 今回、RETROを買ってみて色々調べていると、この攻略本のことを知りました。 かなり良い本だと思います。 ボクは、最強マスター究極データブックと併用して、 色々配合して楽しんでいます。 『 ドラゴンクエストモンスターズFINAL EDITION』 テリーのワンダーランド(GB)に関する攻略本で最後に発売されたものです。 公式大会用に作られたもので、ただのモンスターデータだけでなく、 モンスターを強くするための最適配合(メタル化を意識)も書かれています。 この本を読んでいると『あれも育てたいこれも育てたい』と、無性にテリワンがしたくなってきますw これ持ってました。 ゲームもしないでこの本ばっか読んでました。 これ高かったんですよね。 1200円ぐらいしておかんに本屋でお願いしまくって買ってもらいました。 この本のすごい所は一昔前の攻略本にもかかわらず、ピッキーとデスタムーアの攻撃ダメージ量比較とか、細かい育成論的なものまで書いてあったことです。 ゲーム買わなくてもこの本だけで楽しめるそんな本でした。 B5~A4くらいの大きさで結構でかいです。 モンスターズやったことある人ならおすすめの本です。 出典: マンガ 4コママンガ劇場.

次の

ドラゴンクエストモンスターズ〜テリーのワンダーランド〜 悪魔系配合表

テリーのワンダーランド 配合 ドラゴン系

ホークブリザード・ひくいどりを1体ずつ入手してすぐに、にじくじゃくを作れるわけではない。 あくまの書を使えば1体ずつでOK あくまの書を利用すれば、ホークブリザード・ひくいどりをそれぞれ1体ずつしか持ってないなくても、にじくじゃくを作成可能だ。 親となるモンスターがそれぞれスキルを3つ覚えている必要があるが、手軽に作る方法としておすすめ。 にじくじゃくがおすすめな理由 攻撃面・耐性面のどちらも優秀 にじくじゃくは、「こうどうはやい」の特性でターンの最初に行動可能。 ダメージソースとして活躍しやすい。 また、メラ・イオ・ヒャド・デインなどに耐性があるため、被ダメージを抑えやすい。 スキルで解放できる特技が強力 にじくじゃくのスキル「にじくじゃく」にポイントを振っていくと、マダンテやオーロラブレスといった強力な特技を覚える。 敵全体に大ダメージを与えることが可能だ。 配合に必要なモンスターの種類が少ない にじくじゃくを配合するには、ホークブリザード・ひくいどりの2種類のモンスターだけで作成可能だ。 それぞれ2体ずつ集める必要はあるが、Sランクモンスターの中では比較的手に入りやすい。 各モンスターの入手方法.

次の