首 の 付け根 ゴリゴリ。 左肩を回すと首の付け根~肩からゴリゴリと音がします。

首こりの筋肉図

首 の 付け根 ゴリゴリ

首を回すと音がする、動かすとゴリゴリミシミシ音解消、首ストレッチで効果実感! この気持ちよさと効果を実感してみて下さい。 ~グッと強く押して効果実感! 押してるだけでも気持ちいい! TBSあさチャン! ・TV朝日Jチャン他 スマホ首 首を回すと音がする 動かすとゴリゴリミシミシ ジャリジャリシャリシャリ音 解消ストレッチ. 現代は首を回すと、動かすと音がする原因にあふれている! 人間は直立二本足歩行のため、背骨に大きな負荷がかかっています。 特に首の骨は背骨の先端に位置しています。 しかも重い頭を支え続けているので、首のズレや歪みが生じ、トラブルを引き起こしやすい急所です。 首の骨が歪むと神経や血管が圧迫されます。 首こり・肩こり・首ヘルニア・ストレートネック・首の痛みの原因が首の骨の歪みと関係しているとも言えるのです。 普段、同じ姿勢を続けたり、疲れを感じたりすると、無意識のうちに、首を倒したり、回したりしていませんか? それは、筋肉の硬直と骨のゆがみを感じた脳が指令を送り、ゆがみを正そうとしている本能による動作といえます。 安心の口コミ500件 - 【原因と改善法】 整形外科医が実証! 万病退治の新急所、首の付け根 「頸椎7番」を押せば、首こり・肩こり・頭痛があっけなく治りだす!! 整形外科医が実証! ストレートネック・首のこり・首の激痛・手のしびれが消えた! 首の歪み・首の痛み・頸椎症・首のヘルニア・偏頭痛治療法! タオル整体は3万人以上が実践し、わかさ出版「夢21」でも大ブームの首のゆがみを直す体操! タオルの交差部分を首の付け根にグッと押し当てれば 首の痛み、首コリが根本解消! TVで検証、タオル整体! 不定愁訴を改善する、万能タオル整体 健康雑誌に掲載された諸症状改善例 10年来の首を回すと音がする、動かすとゴリゴリミシミシ音が数回のタオル整体で低くなりそして消えた! 2年前よりあった首を回すと首の後ろが痛い、頭の後ろにズキンと響く痛みがタオル整体をしたら解消! 脊柱管狭窄症の首を動かすとジャリジャリシャリシャリ音と、首から肩にかけての痛みがタオル首枕ストレッチで治った! 自律神経失調症の不眠症、慢性疲労、倦怠感がタオル整体の首枕体操で改善、寝付きは大変良くなった! 寝付きが悪かった時になりやすい朝起きがけの背骨の痛み、首の骨の痛み、首筋の痛みがタオル整体で大きく改善! 身体の柔軟度チェック タオル整体をやれば体の柔軟性が増します。 やる前と後で、上の図のように柔軟性をチェックしてみよう。 準備の仕方 用意するものタオル2本。 そして、結び目が首の付け根に来るように、首の後ろを通してタオルを両肩にかける。 このとき、タオルが緩まないようにしっかりと固定するのが大事。 タオルを引っ張ったまま、タオルを真横に持ってくる。 このとき、首の付け根にタオルの結び目を当てる。 そして、右手にタオルを巻きつけ、左手を右手の上に乗せる。 タオル整体 基本編 やり方 基本姿勢 背もたれの動かない椅子にゆったりと寄り掛かる。 右肘は直角に曲げ、左手は右手の上に乗せる。 深く座らず、全身の力を抜く。 足は肩幅に開く。 首回し整体 右回し、左回しをそれぞれ20回を目安に行う。 基本姿勢の状態から下を向き、首を右方向にゆっくりと大きく回していく。 タオルは強く引っ張らず、首の付け根を強く押し付けるようにするのがポイント。 首を後ろから左方向に回し、1周したら1回とする。 首倒し整体 20回を目安に行う 基本姿勢の状態から頭をゆっくりと前に倒し、タオルに首の付け根を押し付けながらゆっくりと正面を見る。 後に頭をゆっくりと倒す。 頭を正面に戻したら1回とする。 注意点 首の状態や症状の度合いには個人差があり、回数はあくまでも目安です。 首を回したり、倒したりしたときにめまいを感じたらタオル整体をやめ、めまい等不快感が治まってから再開する。 頚椎症や頚椎ヘルニアなどで首を動かすと激痛がある人は、決して無理にやらないこと。 あなたの首は大丈夫? 首を回したり左右に振る癖がある人は? 【診断】 無意識のうちに首を回してたり、どちらかに倒したりしているのは、首に不調がある証拠? 私たちは、首に激痛がはしらないまでも、何らかの不快を感じると、どうにかして心地よくしようとして、首を動かして筋肉をほぐそうとしたり、首をバキバキ鳴らして爽快感を得ようとします。 これは、人に備わった自己矯正本能。 首に手を当てる癖がある場合も筋肉が凝り固まっている=首の骨に問題がある可能性が高いです。 荷物を持つ手がいつも同じ人は? 【診断】 荷物を持つ手がいつも同じだと、左右の筋肉のバランスが崩れやすくなります。 特に重たいものをいつも同じ手で持っていると、そちら側の筋肉だけが鍛えられてしまいます。 また、ショルダーバックをいつも同じ方にかけている人は、いつもバックをかけている方の肩を上げる癖がついているかもしれません。 筋肉のバランスが悪くなると、それに応じて骨のバランスも崩れるので、首の不調の度合いは高めと言えます。 気づくと肩を回したり上下に動かしている人は? 【診断】 肩を回す、上げ下げする、手で揉んだり触ったりするのは、いずれも凝り固まった肩周辺の筋肉をほぐしたり、動かしたりすることで血行を良くしようとする動作。 血行が悪くなって肩がこるのは緊張状態にあるせいです。 そして、肩の筋肉が緊張しやすいのは首の骨のバランスが崩れているせいで神経が圧迫されているから。 肩こりがひどい場合は間違いなく骨にズレや歪みなどがあります。 後を振り向いたとき、左右のどちらかが振り向きにくい人は? 【診断】 骨が不自然な湾曲を描いていて、左右にもずれていなければ、両方とも同じ位スムーズに後を振り向けるはず。 どちらかを向いた時に振り向きにくいと感じたら、首の骨に不調があります。 首を横に向けることさえ難しい場合は、かなりの重症! そこまで首に不調があれば、体のあちこちに痛みや不快感があることでしょう。 はじめは少しずつで構いませんので、早速タオル整体を始めてください。 バンザイをすると手の高さが左右で違う人は? 【診断】 自然に手を挙げた時、左右の高さが違うのは、肩の高さが左右で違ってしまっているか、一方の肩だけが凝り固まっているのが原因。 肩の高さが明らかに違う場合は、骨が左右アンバランスな状態で固定されているので、首の骨のバランスが崩れている可能性が大! 凝り具合に山があるのも首の不調が原因です。 五十肩などの激痛で手が上がらない場合も、タオル整体をして本来の位置に戻すことで痛みが軽減します。 顔の中心に定規をあてると、ずれている人は? 【診断】 定規をまっすぐにあてたとき眉間、鼻の頭、唇の中央、アゴ先、鎖骨の凹みの中央が1直線上にありますか? 顔の中心がまっすぐならば、ひとまず安心。 では全身はどうでしょう?まっすぐに立って誰かに写真を撮ってもらってください。 そして顔から鎖骨の中央、おへそ、股間、足先を通るように定規をあててみましょう。 ここが1直線になっていない人は首に何らかの不調があると考えられます。 首を守る姿勢、痛める姿勢とは? 目線を上げて、首の激痛にサヨナラ 今ある痛みをとることが最優先ですが、痛みが出ないように予防することも大切です。 首の骨が自然な状態を保つのは、正座や膝を伸ばして立ったまっすぐな姿勢の時。 正座をすると骨盤が起きて、背骨は理想的なS字カーブになります。 膝を伸ばして立つと、横から見たときに耳、肩、腰、膝、足首が一直線になります。 つまり下に向かって垂直に体重がかかり、重たい頭を全身で支えることができるのです。 一方日常生活で首を痛める要因となるのは、ケータイ、スマホ首、首猫背など、頭の重さを首だけで支えることになる前かがみの姿勢。 膝が曲がっていると腰を後ろに引いてしまうため、骨盤が下がって猫背になります。 するとバランスを保とうして頭を前に突き出す格好になるので、首に大きな負担がかかります。 パソコンを使うなら、姿勢を正したときに、ちょうどいい高さになる机と椅子を使うこと。 床に新聞を広げて読む、携帯電話のメールをうつ時に手元を覗き込む、座ったまま居眠りをするなども良くありません。 ケータイ、スマホ首、首猫背と、首ががくんと前に折れて負担が増大します。 できるだけ目線を下げないように気をつけましょう。 また重い荷物を持つ時や車から降りる時も顔を下げないことが大事。 ウェイトリフティング競技を見るとわかりますが、ぐっと力を込める時は顔を正面に向けていますよ。 あれは全身に力を込めたときに首にかかる負担を軽減するための姿勢なのです。 普段から首を折り曲げないことに注意するだけで、首の痛みを軽減できます。 首の激痛を訴える患者さんの多さは、半端ではない! 私は、「首こそ急所!首こそ名医!慢性症状の隠れ原因は頸椎にあり」を信条に、頸椎矯正の治療をしています。 体の痛みを治すためには、首を治療するといいのです。 首が悪ければ全身に不調が現れ、首が治ればそれだけで全身が治ってしまう。 そういう意味で、首は急所であり、名医だと思っています。 そんな私の整体院にいらっしゃるのは、首の痛みを抱えている方が大半です。 首が痛い方は、たいてい肩も痛いし、頭も痛いですね。 首や肩の痛みは凝っているせいだと思ってしまいがちですし、 頭痛については首の不調から来ているなんて、夢にも思わないわけです。 そこで病院に行くけれど原因が一向にわからない。 そうしているうちにやっと、もしかして首と関係があるんじゃないか?と、私のところに足を運んでこられるわけです。 また、首が痛いからと 病院に行ってレントゲンを撮ると、明らかな異常が見つかり、治すには手術をした方が良いと言われたというような方も大勢来られます。 ところが、そのような患者さんによく聞いてみると、手術をしても良くなる確率は半々だと言われたりするのだそうです。 さすがに大切な首を手術するのはいかがなものかと 思われて、皆さん手術をせずに治す方法を懸命にお探しになる。 私のところに来られる方は、首が痛くて苦しいから本当によく勉強されていて、首が体の中でとても大切な部分だと言うことをわかっていらっしゃいますね。 首の激痛で手術を迫られた症状も改善 患者さんがよくおっしゃるのは首が痛いと訴えても、直接首を治療してくれるところが見つからないと言うことです。 普通の整体士やカイロプラクターなら、首の重要性は重々承知していますから、うっかり手を出したくないと言うのは本音なのかもしれません。 しかし体の中でも首の痛みだけは、直接治療しないと良くならない場所です。 私のところでは、問診を十分にして、患者さんの骨の状態を見極めた上で、首の骨(頸椎)に直接働きかける治療をします。 指で圧をかけて骨の歪みを治す治療です。 一口に歪みといっても、症状は様々。 骨の並びが左右にずれている、7個ある頸椎のうち、下部頸椎が後に飛び出している、あるいは骨と骨の間の軟骨(椎間板)が押しつぶされて詰まっている、などの症状が挙げられます。 首周辺の筋肉が凝り固まっていると、骨を押し戻そうとしてもこわばった筋肉がそれを阻むことがあるので、先にこりをほぐすこともあります。 こうした治療を一通り終えると、痛くて後を振り向けなかったのにスッと向けるようになる、頭を締め付けるような痛みが取れるなど、ご自身でもハッキリとわかる位の効果が現れるのです。 重い頭を支え、働きづめの首に痛みが出るのは当然 7個ある頸椎は、背骨の1部。 背骨には脊髄と言う神経の束が通っていて、ここを損傷すると命に関わる事はよく知られています。 頸椎は5キロから6キロもある重たい頭を支え、動かして日々酷使されています。 それなのに、胸椎、腰椎に比べて実にきゃしゃ。 当然、大きな負担がかかりますので、首の痛みを訴える方が多いのはごく自然でしょう。 タオル整体とは、治療費ゼロ、通院不要で、首の激痛が消え、大病が治ると、今評判になっている画期的な自宅療法。 その驚きの効果が口コミで広がり、さらにNHKをはじめ、テレビや健康雑誌で紹介され、実践者は数万人に上っている。 「首の激痛は自分で治せる」そしてこれが、数万人に及ぶタオル整体実践者が出した結論。 さらに首の骨を矯正することで、体中の痛みや不快感も吹き飛んでしまうのだ。 もう整形外科やマッサージ、指圧などに通う事はない。 シップ薬やお灸やマッサージチェアにお金をかける必要もない。 その爽快さを一刻も早く体験していただくことを願うばかりである。 首は神経の通り道!だから、首が全身の痛みを解決する 頸椎の歪みを正すと、全身の痛みが消える! 首の痛みを訴える患者さ んのお話を伺うと、首周辺の肩や頭だけでなく、腰や股関節、膝の痛みや腕のしびれなど、他にも複数の不快症状を持っているこ とが多いのです。 これは当然のことです。 なぜなら、背骨の中を神経の太い束が通っているからです。 頸椎を含む背骨が正常な状 態ならば神経は真ん中を通っていて、骨に触れる事はありません。 この状態であれば神経が圧迫を受ける事はないと言うことで す。 ところが骨がズレる、飛び出すなどの異常が起きると、骨の芯がずれて神経に触れます。 これが、神経が圧迫されるということ です。 そうすると、圧迫された神経が司る部分に異常をきたすことがあるのです。 また神経は骨の中を通るものだけでなく、骨と骨の間の隙間からも体中に伸びていて、脳からの指令を隅々まで伝える働きをしています。 ですから、頸椎の間隔が詰まってその神 経が圧迫されても、同じように体のあちこちに不具合が起きるのです。 これが首の痛みを持つ方が、首とは離れた部分にも痛みを 感じる理由です。 だから、首を直せば他の所の痛みも取れると言う訳なのです。 腰を伸ばせないほどの腰痛が首の治療で治る! ここで、腰痛の痛みでいらした患者さんの例をご紹介しましょう。 その日は休診日で著書の出版の為、整体院で撮影をしていまし た。 そこにたまたま腰が痛くて歩くこともままならない女性がやってきました。 その姿は腰を深く折り曲げていて見るからに痛そうで す。 腰をまっすぐに伸ばすなどいたくてとんでもないので、仕事を休んでいらしたとの事でした。 ちょうど撮影の真っ最中だったの で普段のような治療は行いませんでしたが、あまりにも気の毒でそのまま返すわけにもいきませんでした。 そこで椅子に座った状態 で応急処置を施すことにしました。 私は首の骨を押し戻しました。 症状を伺って、首に触れることたったの5分で、「ずいぶん楽にな りました。 これなら歩いて帰れそうです」と、 先ほどまで痛みで顔を歪めていたとは思えないほどすっきりとした笑顔で帰られました。 彼女は腰痛を訴えていましたが、私が触ったのは首だけです。 そう、もうおわかりですね?腰につながる神経が、上で圧迫されて いたことが痛みの原因だったのです。 このような方は他にいくらでもいます。 頸肩腕症候群でしびれて痛い腕が、たった1回の治 療で消えた方、 首の痛みでいらしたのに股関節の痛みまで吹き飛んで驚かれた方、諦めていた肩こりが患部をもんだ時とは比べ 物にならないほど軽くなったと喜ぶ方、 椎間板ヘルニアの痛みが軽減された方、…。 皆さん「首しか触っていないのにどうして?」と 不思議そうな顔をしておっしゃいます。 だるさや集中力の低下を招くストレートネック 激痛が走る、ここが痛い!という具体的な痛 みを伴わないものの、疲れやすい、集中力が続かない、体力がない、 体のバランスが悪くて転びやすいといった症状を招きやすい 「ストレートネック」と呼ばれる状態があります。 首の前側に緩やかなカーブがあるのは正常な状態です。 ストレートネックは、本来あ るべき自然な頸椎のカーブがありません。 そのため、常に首を前に突出しているような状態になり、頭を支えるべき首や肩周辺の 筋肉も育ちにくくなるのです。 頸椎の並びがまっすぐなままだと、首のバランスだけでなく、体のバランスも悪くなり、痛みを感じない までも、体にさまざまな不調が出やすくなるのです。 最近肩こりや首の不快感で来られる10代から20代の若い方には、ストレートネ ックの傾向が多く見られます。 これは携帯やパソコンなどを長時間使うことにより、前かがみの姿勢をとり続ける習慣がついている のも関係していると、私は見ています。 整体師の手の代わりにタオルを使うタオル整体は、自分でできる簡単療法! 患者さんの 体が首の重要性を教えてくれた! 様々な体の痛みを取るカギは首にあると確信した私は、 整体院を訪れる頭痛、神経痛、目の疲 れ、手のしびれなどの症状で悩んでいる方の首を次々に調整しました。 すると「痛い患部とは遠い首に触ってもらって、なぜか患部 の痛みがとれた」と言っていただけるようになったのです。 こうして自分の治療は間違っていなかったことがハッキリし、治療に励ん でいたのですが、今度は「ここに来るとよくなるけど、痛くても来られない時は本当に辛い」と言う声を耳にしました。 私はその辛さを なんとか和らげることができないかと思うようになりました。 整体院では私の手が骨を押し戻しますが、その手が必要なときには整体 院に来ていただくしかありません。 そこで、私の手の代わりとなるものを使って自分で整体ができればと考え、手ぬぐいやさらしなど で骨を押し戻した状態で、首を動かして骨を自分で調整する方法を誕生させました。 そして講習会を開き、そこに足を運んでくだ さる方々と接しているうちに、今度は、首の矯正がより効果的にできる道具があればと思うようになりました。 そこで素材選びから引 き締まり具合を試行錯誤し、首の矯正専用「組みひも矯正具」を作りました。 これは誰もが的確にポイントを押さえることができるも のとなっています。 どこの家にもあるタオルが整体師の手の代わり! さらに10年前、この組みひも矯正具と同じような効果をどこの 家にもあるタオルで得られるタオル整体に発展させました。 タオル整体の講習会を開けば、膝が曲がらない、肩が上がらないと言う 方々が痛みをおしてきてくれます。 ひと通りタオル整体をしたら、股関節が痛んで歩けなかった人がスタスタ歩いて帰るというような様子をたくさん目にしてきました。 ぎっくり腰や五十肩のような激痛も、タオル整体で首の骨の歪みをとって筋肉を緩めると、痛みが和らぎ、回復に向かいます。 タオルとイスさえあればできますから、痛い時にすぐに行えます。 毎日続ければどこに行っても治らなかった首の痛みが消えるのです。 Si prega di attivare i Javascript! Javaskripta ko calu karem! Qing dakai JavaScript!

次の

今すぐ「首」を揉むのをやめなさい!〜その「ひと揉み」が実は万病のもと(週刊現代)

首 の 付け根 ゴリゴリ

首は手で触ったり鏡で目にしたりすることの多い部位です。 もし、首にしこりができていれば、自分で気づくことが多いかもしれません。 体調不良が続くと思っていたら、首にしこりを見つけた• 首の片側にだけしこりがあるのを発見…体調は普通だけど• ずっと首にしこりがあるが、特に他の症状もないので放置している など、首のしこりに関する不安を抱える方も多いでしょう。 実は首のしこりにはさまざまな原因があり、中には病院での治療が必要な病気が潜んでいることもあります。 首のしこりが現れる病気 首は、甲状腺などの臓器、神経や血管、筋肉、多数のリンパ節など、さまざまな器官や組織が集まって複雑な構造をしている場所です。 そんな複雑な部位である首にしこりが現れた場合、一口に首のしこりと言っても、これらのうちのどの部位が腫れているかをまず知る必要があります。 首のしこりの原因の中で最も多いのは、リンパ節の腫れです。 リンパ節の腫れによる首のしこり 急性リンパ節炎 細菌やウイルス、真菌などがリンパ節に感染して生じる病気で、リンパ節が腫れる原因としては頻度が高いようです。 やなど近くの組織で起きている感染症がリンパ節に拡大して起こり、しこりを押した時に痛みを伴うことがある点が特徴です。 喉の痛み、鼻水、発熱などの風邪のような症状を伴うこともあります。 伝染性単核球症やネコひっかき病など、特徴的な経路で感染する病気によって引き起こされる場合もあります。 リンパ節の腫れが起こる他の病気 悪性リンパ腫 は、白血球の一種であるリンパ球ががん化した病気です。 首をはじめとするリンパ節の多いところに、通常は痛みのないしこりとして現れます。 発熱や体重減少などを伴うことが多く、首だけではなく腋の下や足の付け根など体の他の部分にもしこりが生じることがあります。 気になる症状がありましたら内科などで相談してみましょう。 がんの転移 がん細胞は、血管やリンパに入り込み、血液やリンパの流れに乗って別の臓器や器官に移動します。 そのため、リンパの流れが集まるリンパ節への転移は非常に起こりやすくなります。 菊地病 壊死性リンパ節炎 原因不明の良性ので若年に多く、発熱が数週間持続することもありとの鑑別が困難な場合もあります。 診断には組織の検査が有用です。 予後は良好で2週間から2か月で自然治癒することがほとんどですが再発することもあります。 しこりが大きくなり、自分で触れるようになっても他には何も自覚症状がないのが特徴です。 唾液腺腫脹をきたす疾患は、一般的な疾患から非常に稀な疾患まで様々ですが、腫瘍によるものとそうでないものに大きく分けられます。 腫瘍によらない唾液腺腫脹は、ウイルスや細菌の感染によるもの、、結石などによります。 は、腫れが生じる部位によって耳下腺腫瘍と顎下腺腫瘍に分けられます。 耳の下に症状が現れる場合は耳下腺腫瘍、顎の下の場合は顎下腫瘍と呼ばれています。 良性腫瘍と悪性腫瘍があり、腫瘍が良性の場合は主な症状はしこりのみですが、悪性の場合はしこりに加え顔面神経の麻痺や痛みを伴うことがあります。 受診の目安とポイント 通常、元々の病気が良くなるとしこりは小さくなり、痛みも治まって来ることがほとんどです。 しかし、腫れたリンパ節が硬くなってしこりが慢性化し、その場合は外科的にしこりを切除する場合もあります。 首のしこりでもっとも多いのはリンパ節の腫れですが、腫れているのがリンパ節かどうかを自分で判断することは難しいとされています。 原因がはっきりわからないまま自然に改善する場合もありますが、しこりが消えない場合には医師の診察を受けましょう。 また、しこり以外の他の症状が強い場合やしこりが大きい・強い痛みがあるような場合には、放置せず、早めに耳鼻咽喉科、内科などでまずは医師の診察を受けましょう。 その際、しこりに気付いた時期や他の症状、思い当たることなどを医師に伝えましょう。 いつからしこりがあるのか、他にどんな症状があるのかなど、心当たりのある情報をまとめていくと医師の参考になるでしょう。

次の

足首がゴリゴリする原因とは?ストレッチで解消しよう。

首 の 付け根 ゴリゴリ

首の付け根のゴリゴリの正体 頭を動かすと首の付け根がゴリゴリいうのはなぜでしょうか? この答えは、首周りの筋肉のコリになります。 こっている首の筋肉は、後頭下筋群というものになります。 後頭下筋群は4つの筋肉から形成されていて、首を様々な方向に動かせるようになっています。 スマホやパソコンを1日中やっていたりすると、同じ姿勢のまま首が固定されてしまいます。 このように筋肉を動かしていないと、硬直して硬くなっていきます。 後頭下筋群が硬くなってしまうと、そこを通っている頭や目の神経を圧迫します。 このため首こりが酷くなると、頭痛や目の奥の痛みが出てくることもあります。 また、後頭下筋群の表面には、首から肩を覆うように僧帽筋という筋肉が広がっています。 後頭下筋群のコリが酷くなると僧帽筋まで硬直することになり、肩こりまで出てきてしまいます。 よく、首から肩にかけてコリが酷くなるなることがありますが、こういった原因もあったりします。 筋肉のコリは血流を悪くし、体内に老廃物が溜まりやすくなります。 慢性的に疲れがとれない原因にもなってしまうので注意が必要ですよ。 辛い首こりを解消する方法 頭を動かすとゴリゴリいう首こりを解消する方法は次のとおりです。 自分でできるものになるので、セルフケアをしてみてください。 ストレッチをする 凝り固まった筋肉をほぐすにはストレッチが効果的です。 筋肉の柔軟性を取り戻すことで、痛みやコリを解消することができます。 血流も改善され、老廃物の排出を促すこともできるでしょう。 首周りを動かすストレッチを実践しましょう。 首を前後左右に動かして、筋肉をまんべんなく伸ばすようにしてください。 マッサージをする 首の後ろ側を指で押したり揉んだりしてマッサージしましょう。 自分で首の付け根をさわってみると、どの辺りが痛かったり凝っているかがよくわかります。 自分が思っている以上に凝っていることもありますよ。 後頭下筋群は奥の方にあるので、その部分をマッサージするように意識してみてください。 丁寧に揉みほぐしてあげることで、首の筋肉の緊張がとれてきます。 リラックスしてやるととても気持ちいいので、試してみてください。 もちろん専門のマッサージ店に行ってプロの人にやってもらってもOKです。 お金はかかりますが、そのほうが効果も高いし気持ちいいのは間違いないでしょう。 首周りを温める 首のゴリゴリの凝りは、冷えも原因になります。 筋肉が冷たくなると血流が悪くなり、固まりやすくなります。 寒い冬場は全身の筋肉が硬くなることから、お分かりいただけると思います。 首こりが酷いときは、首周りを温めるようにしてください。 湯船に首までしっかり浸かったり、熱いシャワーを首に当てるのも効果的ですよ。 まとめ 気になる首の付け根のゴリゴリの正体は、首周りの筋肉のコリが原因であることがわかったと思います。 首の後ろ側の筋肉である、後頭下筋群のコリを解消することで首の付け根のゴリゴリもなくなります。 辛い首こりに悩まされている人は、今回ご紹介した首こりを解消する方法を試してみてください。 どれもちょっとしたことなので、毎日の習慣にすると自然とよくなってくると思いますよ。

次の