きよみ ガーデニング。 ナチュラルなガーデニングの作り方!お手本にしたい画像まとめ|feely(フィーリー)

ナチュラルなガーデニングの作り方!お手本にしたい画像まとめ|feely(フィーリー)

きよみ ガーデニング

記事の目次• ナチュラルなガーデニングの作り方・準備 広い庭がなければガーデニングができないとあきらめている人はいないでしょうか。 ガーデニングはポット、プランター1つから手軽に始められることが一番の魅力です。 マンションやアパートでも小さなベランダがあるだけで、ナチュラルなガーデニングができます。 歴史あるイングリッシュガーデンのように綿密なプランや配置を練る必要もなく、自然な風景を再現することに重点を置くだけで簡単にできます。 これからナチュラルなガーデニングを始めるという方のために作り方や準備の仕方を説明しましょう。 広さに合わせて完成イメージを固める ベランダの一角や小さな庭であっても自然の四季を身近に感じられるナチュラルなガーデニングをつくることはできます。 まず始めにやるべきことは、ガーデニングに使用できるスペースを確保し、その広さを把握することです。 初心者ほどガーデニングを始めると、あれもこれもと欲張ってしまい収拾がつかなくなることもあります。 広さに合わせた完成イメージを頭のなかで固めておくことが大切です。 設計図を作成する ガーデニングに使用できるスペースが確認できたら、どんなつくりにするのか設計図を作成するとアイデアを具体的に目に見える形として表すことができます。 実際にガーデニングをする際に迷うこともないので作業時間の短縮となるだけでなく、プランニングされたガーデニングには意図した趣を盛り込むことができます。 平面だけで考えるのではなく高さを考慮した立体的な設計図を作成できるようにするといいでしょう。 アンティークレンガや枕木など必要なアイテムをピックアップする ナチュラルなガーデニングづくりには、季節の植物を選ぶことも重要なポイントとなりますが、それと同時にポットやプランター、小物などのアイテム選びも大切です。 自然な雰囲気を出すためには、人工的な物や極力排除するとともに、ヴィンテージ感のある古びた味のあるアイテムを選ぶことが大切です。 新しく揃えましたという感じにならないようにするためには、アンティークレンガや枕木など、使い古された感のある物を選ぶようにするといいでしょう。 ホームセンターや専門店でガーデニングの雑貨などをチェックする ホームセンターやガーデニング専門店には、植物だけでなくガーデニングに必要な道具や雑貨などが豊富に揃っています。 リーズナブルに購入できるものも多いのでついつい買い過ぎてしまいがちですが、小物が多くなるとごちゃごちゃして落ち着かない庭になってしまいます。 雑貨類は自然を感じることができる物を最小限にとどめて購入するようにします。 ナチュラルな雰囲気を醸し出せるような物を選ぶようにしましょう。 季節に合わせて花や草木を購入する ナチュラルなガーデニングづくりでは、自然の四季の移り変わりを植物を通して感じられることが重要なポイントとなります。 春の訪れを知らせてくれる植物、夏の強い日差しや乾燥にも負けない植物、秋口や冬の寒さなどの気候の変動に対応できる植物などをポイントとして選ぶようにするといいでしょう。 ポット1つから販売されているので、組み合わせがわからない場合は四季の花や草木がセットになったキットを購入するのもおすすめです。 ガーデニング用具を揃える ベランダでプランターを置くだけなのか、庭を土から耕す必要があるのか、などによってもガーデニングに必要となる用具の種類は変わります。 シャベルやスコップ、ジョウロ、ホース、はさみ、などが基本のアイテムとなりますが、用途や目的に合わせて揃える必要があります。 さまざまな道具がありますが、ガーデニングスペースの規模やスタイルに合わせて少しずつ揃えていくと無駄もないでしょう。 ナチュラルなガーデニングのコツ ナチュラルなガーデンはほったらかしの自然そのままの状態の庭というわけではありません。 ナチュラルであるからこそ、雑草がはびこり、病虫害が発生することもあります。 定期的に除草や間引きといった作業をする必要があるため、手間をかけるのが苦手という方には合わないかもしれません。 また、安価で手に入りやすい人工的な物があるとナチュラルな雰囲気が壊れてしまいます。 自然の良さを最大限に発揮するナチュラルなガーデニングのコツについて考えてみましょう。 プラスチックに代表される人工物は使用しない 最近では、100円ショップやホームセンターにもさまざまなガーデニンググッズが揃っています。 おしゃれで可愛く、置くだけでインテリアとして機能するものが数多くありますが、そのほとんどはプラスチックなどの人工物ではないでしょうか。 自然の風景を再現するナチュラルなガーデニングに人工物は似合いません。 すのこや木製の棚、ブリキ、レンガ、テラコッタなどナチュラルな雰囲気を出せる小物を活かすようにしましょう。 自然な素材を使って作成する ナチュラルなガーデニングでは、自然素材を使用することが基本となります。 例えば、100円ショップなどでも購入できるレンガ。 レンガを積み上げたり、縦にして仕切りをつくったりするだけでもナチュラルな雰囲気を出すことができます。 ベランダしかない場合にもレンガがあるだけでそれらしくなります。 少し広い庭がある場合は、ラティスを使うだけでも木の風合いがナチュラルな雰囲気を醸し出してくれます。 プランターを吊り下げたり、ラティスの前に置いたりするだけでもナチュラルなガーデニングの装いとなるでしょう。 いきなりすべてを作り上げるのではなくコツコツと作り上げていくのがおすすめ ナチュラルガーデンは、自然の風景を再現したものであり、自然風景をもっと大切にしたいという願いから広まったものです。 全体的な統一感や洗練された美しさではなく、自由に季節の変化を楽しむためのものでもあります。 植物によって四季の移り変わりを自然に感じられることが目的となるので、一度に完成できるものではありません。 年を重ねてこぼれ種などで増えていく植物を活用して時間をかけてコツコツと作り上げていくものです。 参考にしたい!ナチュラルなガーデニング例 建物の横やちょっとした庭など、よく見ると家の外にはちょっとしたスペースがあるものです。 スペースさえ見つかれば、どんな小さな空間でもナチュラルなガーデンをつくることはできます。 ただ、ガーデニング初心者にとっては、植物の選び方だけでなく何を使ってどのようにレイアウトすればいいかがなかなかわからないものです。 ナチュラルガーデンは計算しつくされた完璧なものではなく、植物を育てる人の感性やアイデアが活きます。 初めてナチュラルガーデンにチャレンジするという人のために参考となるガーデニングを見てみましょう。 ハシゴに鉢植えを飾るガーデニング 出典:? 木製のはしごも白く塗れば、立派なプランター棚に変身します。 限られたスペースでもたくさんの植物を置けるだけでなく、立体感を出すこともできます。 上段にはツルの伸びる植物を飾ってもおもしろいでしょう。 白にさまざまな緑のグラデーションが映えます。 小物を活かしたガーデニング 出典:? ところどころに残る白いペンキの跡も独特の風合いです。 ブリキや陶器、プラスチックなどの素材、サイズもさまざまなプランターの配置もアトランダムで面白い雰囲気を醸し出しています。 ミニサイズの鳥かごや猫の置物など、オブジェとして目立たない程度に小物を配置しており、中央の垂れさがった三角旗が全体を占める役割をしているようです。 棚に鉢植えを飾ってもかわいい 出典:? 庭の木々の緑とのコントラストが絶妙でガーデニングスポットと一体となってナチュラルガーデンを作り出しています。 棚を使用すると季節や気分に合わせて飾る植物を簡単に入れ替えることができるのもメリットでしょう。 レンガやアルファベットのプレート、スコップなどもインテリアとしていい味を出しています。 ナチュラル系のフラワーを集めて 出典:? 淡くて優しい色のナチュラル系のフラワーが揃えられているため、人工的につくられた庭という雰囲気がほとんどしません。 散歩しながら季節ごとのさまざまな種類の花の色や香りを楽しめそうです。 直線状に植えられているので、美しく見せるためのお手入れも楽でしょう。 季節によって植え替えや配置換えするのもまた楽しいのではないでしょうか。 多肉植物の鉢植えを寄せて 出典:? しかし、サイズの大きなインパクトのあるものをメインとして、多肉植物の寄せ植えを添えることでグリーンカラーのバリエーションを楽しむことができます。 特に、最下段にある大きなプランターは、多肉植物がさまざまなバラの花を咲かせているような華やかさを感じることもできます。 また、最上部の金属のボックスから顔を出すように咲く様子が可愛さをプラスしています。 まとめ ガーデニングというと設計や配置などが洗練された英国風のものをイメージすることが多いですが、ベランダでも建物の横でもちょっとしたスペースを活かしてナチュラルガーデンをつくることは誰にでもできます。 一度に作り上げるのではなく、少しずつ手を加えていけば作業も苦になることはないでしょう。 インテリアでは得られない自然の癒しを感じながら毎日の生活を潤いのあるものに変えてみませんか。 魅力的なお庭に出会うと、とても気持ちがよくウキウキした気分になりますよね。 今トレンドはイギリスやフランスの田舎風ガーデン。 ナチュラルで力まない趣が、現代人の疲れを癒してくれるのかもしれませんね。 自分のお家にお庭がある人もない人も、すてきなお庭の写真を壁に飾ってみるのもいいのではないでしょうか?.

次の

ナチュラルなガーデニングの作り方!お手本にしたい画像まとめ|feely(フィーリー)

きよみ ガーデニング

ー 植え付けについて ー 用土はどんなものがいいのでしょう? 有機質に富んだ水はけの良い土をご使用ください。 昨年使用した土、畑の土、庭の土などをそのまま鉢植えの土に使用されることはおすすめできません。 土壌改良をするか、新しい草花用培養土などを購入してお使いください。 苗を買ってきました。 すぐにポットから植え替えた方がいいですか? ポリポットのままにしておくと根づまりをおこします。 お買い上げ後、苗はすぐに植え付けましょう。 またポリポットから出した苗の土は落とさないようにしてください。 根を傷めると枯れることがあります。 植え終わったら、たっぷりと水を与えてください。 置き場所はどんな所がいいの?日陰でも咲くのでしょうか? サントリーフラワーズの花は、ほとんどが日当たりのよい屋外を好みます。 日陰では花が咲かないばかりか、充分に生長することができません。 植物により異なりますので、各商品ページの「フラワーデータ」をご確認ください。 ー 新芽のカット(摘芯・ピンチ)について ー 新芽のカット(摘芯・ピンチ)はいつ頃がいいですか? 苗を植え付け後、2~3週間が目安です。 心を鬼にして、鉢からはみ出した新芽の部分をカットしましょう。 植物は上端の芽が先に生長するので、そこに養分を回さない分、分枝が促進され、咲く花の数もぐっと多くなるのです。 2~3回繰り返し、鉢全体が葉で覆われるようになったらパーフェクト。 後はこんもり咲くのを待ちましょう。 ー 水やりについて ー 水やりの回数やタイミングは? 基本的には、土の表面が乾いたら鉢底からあふれ出るくらいにたっぷりとあげてください。 決まって週に何回やらなければいけないというものではありません。 やりすぎは根腐れの元です。 極端に寒いとき以外は、なるべく朝方に水やりを行ってください。 夏場の日中に水やりを行うと、土中で水温が上がり、お湯のようになってこれも根腐れの原因になります。 冬越し可能な花の場合、冬場は水やりを控えめにし、あげる時も人肌程度のぬるま湯をあげると根にも優しいでしょう。 また、花壇植えの場合は雨水のみで十分ですが、何日も雨の降らない日が続いた時は水やりが必要となります。 ー 肥料やり(施肥・追肥)ー 植え付け時、置肥は何粒与えればいいですか? 花苗1株あたり5粒程度、その後1ヶ月ごとに定期的に施します。 土の表面に置いても、指先で土中に少し埋めてあげても構いません。 草花用培養土など、あらかじめ元肥が含まれている土を使用する場合は、植え付け時にさらに与える必要はありません。 液肥はいつからあげたらいいの? 植え付け直後は元肥を施していますので、必要ありません。 花苗の根が活着してくる植え付け2~3週間後から、水やりの際に液肥を適宜希釈して与えてください。 ー 花がら摘みについて ー 花がら摘みはどうして必要なのですか?結構大変なのですが。 花を結実させるとそちらに養分を取られ、花をつけようとする力が衰えるからです。 また、種の出来ない品種でも、花がらをそのまま放置しておきますと、落下して葉にくっついたり株元に溜まったりして、カビ発生の原因になります。 街角で見事にサフィニアを育てている方は、きっと花がら摘みを毎日の日課とされていることと思います。 ー その他 ー 写真のように生長しない、花が咲かない、葉が黄色くなってしまいました。 日当たりや、用土、肥料の与え方など、基本的な栽培管理に原因があることが多いようです。 アブラムシやハダニなどが原因のこともありますが、初めてのガーデニングでは分かりづらいことが多いです。 そんな時は、葉を2~3枚園芸店へお持ちになり、対処方法のアドバイスを受けてはいかがでしょうか。

次の

『キヨミさんの庭づくりの小さなアイデア』長澤淨美著

きよみ ガーデニング

156• 136• 166• 154• 117• 138• 370• 158• 481• 541• 1256• 801• 174• 178•

次の