アイフォン 8 強制 再 起動。 iPhone X/iPhone 8の再起動・強制再起動のやり方

iPhoneがフリーズしたときに強制的に電源をオフにする方法

アイフォン 8 強制 再 起動

iPhone8・8Plus・Xの強制リセット方法 iPhone8・8Plus・Xの強制リセット方法• ボリュームボタンの上を押す• ボリュームボタンの下を押す• スリープボタンを長押し 真っ暗になればOKで、再度スリープ 電源 ボタンを押して再起動させてみて下さい。 丁寧な強制リセットとしては、真っ暗になってリンゴマークが一瞬あらわれて消えるまでやってみる方法もあります。 セーフモードで再起動させる リンゴループからの復活方法で効果的といわれているのが「セーフモードでの起動」です。 アプリなどは機能させずに、iOSの基本機能だけで起動する不具合発生時用のモードになっています。 強制リセットから再起動してもクルクルやリンゴループに、また入ってしまう場合は、セーフモードで立ち上げます。 セーフモードで起動させる方法• ボリュームボタンの上を押しながら電源ボタンを押す• リンゴマークが表示されたら電源ボタンから指を離す ボリューム上は押しっぱなし 立ち上がってパスコード、ホーム画面表示されたら完了です。 指を離して下さい。 このセーフモードで立ち上がっても、リンゴループやクルクルの原因がアプリやアップデートミスなどのエラーだった場合、また再発の可能性があります。 立ち上がっているうちにiCloudやiTunesでバックアップをとっておきましょう。 心当たりがあるアプリがある場合は、アンインストールをしてみましょう。 解消したあとには、通常通りに電源を切ってから再起動で大丈夫です。 セーフモードで立ち上がっても再発するときは? とりあえずセーフモードでは起動するけど、通常モードになるとまたクルクルやリンゴループが再発してしまう場合は、原因がアプリなど基本OS以外にあります。 OSのバージョンがiOS11. 1以前のバージョンはアプリの通知と相性が悪いために起きている現象があります。 アプリのアンインストールで解消されない場合は、一度すべての通知をオフにしましょう。 アプリごとにオフするのは大変なので、「おやすみモード」にすれば一時的に一括オフできます。 おやすみモードの設定• 設定を開いて「おやすみモード」をタップ• 「通知」を「常に知らせない」にチェックする• ホーム画面に戻り下からスワイプしてコントロールセンターを表示• お月さまマークをタップ これで通知は全てオフにされます。 おやすみモード中のうちにOSのアップデートをしましょう。 パソコンのiTunesに接続する リカバリモードでも立ち上がらない場合、iPhone単体での復元もできないときでも、パソコンのiTunesに接続できれば、解消できる場合がおおくあります。 こちらの記事内では様々なiPhoneのトラブルでもパソコンが認識できるように3つの復元方法を解説していますので、参考にして下さい。 関連記事: それでも治らない場合は? 2016年に発売されたiPhone7、7Plusの修理が増えているようで、初期症状として「スピーカーやボイスメモのボタンが灰色になって選択できなくなる」といった現象があるようです。 ほっておくとクルクルやリンゴループが続くといった現象になるようですが、こちらについては「 落下の衝撃や、ポケット内で折り曲がるような状態」が続くと、内部で断線が起こっている。 ということが原因と見られています。 高性能なiPhoneは防水にはなっていても、まだ耐衝撃に対しては弱い。 という気持ちで扱うように心がけましょう。

次の

iPhoneが再起動から動かない!?リンゴループの原因と対処法を解説

アイフォン 8 強制 再 起動

なので、iPhone 8を強制再起動できない方も多いです。 それでは、今回は、iPhone 8を強制再起動できない時の解決法を4つまとめてご紹介します。 iPhone 8を強制再起動できない時の対処法 方法一: iPhone 8で正しい強制再起動する方法を利用する 従来の方法と違うから、iPhone 8を強制再起動したい時、正しい方法を使ってください。 具体的な手順は以下のようになります: Step 1: 音量上げボタンを軽く押して、すぐに放してください。 Step 2: 音量下げボタンを軽く押して、すぐに放してください。 Step 3: アップルログが表示されるまでスリープボタン・電源ボタンを長押しします。 写真元: sp7pc. com — iPhone 8を強制再起動できない 方法二: iPhone 8を充電してみる もしiPhone 8を強制再起動しても反応しないなら、バッテリー切れの可能性もありますから、一応、iPhone 8を充電した後、もう一度強制再起動します。 そして、念のため充電ケーブルが壊れていないかを確認してください。 方法三: パソコンと接続してiPhone 8を強制再起動する 上記の方法を試してもiPhone 8も強制再起動できないなら、次の方法を使ってみてください。 詳しい手順については、次の部分をご参考ください: Step 1: iPhone 8をUSBケーブルでパソコンと接続 > パソコンでiTunesを起動します。 Step 2: iPhone 8で音量上げボタンを一回軽く押す > 音量下げボタンを一回軽く押す > 電源ボタンをiTunesマークが表示されるまで長押しします。 Step 3: リカバリーモードになったから、電源ボタンを放すと、「復元」と「アップデート」の選択肢が表示されます。 この時、「アップデート」を選択してiOSを再インストールします。 方法四: Appleサポートに問い合わせる もしこれらの方法をすべて試してもiPhone 8も強制再起動できないなら、Appleサポートに問い合わせて修理を依頼してください。 オススメ記事: 最後に 以上はiPhone 8を強制再起動できない問題を解決する3つの方法です。 いかがでしょうか?もしiPhone 8を使っているユーザは同じ問題にあったら、ぜひ上記で提供された方法を試してください。 以上、参考になれば幸いです!この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

次の

iPhone8の強制再起動方法はiPhone7と違う

アイフォン 8 強制 再 起動

iPhone8・8Plus・Xの強制リセット方法 iPhone8・8Plus・Xの強制リセット方法• ボリュームボタンの上を押す• ボリュームボタンの下を押す• スリープボタンを長押し 真っ暗になればOKで、再度スリープ 電源 ボタンを押して再起動させてみて下さい。 丁寧な強制リセットとしては、真っ暗になってリンゴマークが一瞬あらわれて消えるまでやってみる方法もあります。 セーフモードで再起動させる リンゴループからの復活方法で効果的といわれているのが「セーフモードでの起動」です。 アプリなどは機能させずに、iOSの基本機能だけで起動する不具合発生時用のモードになっています。 強制リセットから再起動してもクルクルやリンゴループに、また入ってしまう場合は、セーフモードで立ち上げます。 セーフモードで起動させる方法• ボリュームボタンの上を押しながら電源ボタンを押す• リンゴマークが表示されたら電源ボタンから指を離す ボリューム上は押しっぱなし 立ち上がってパスコード、ホーム画面表示されたら完了です。 指を離して下さい。 このセーフモードで立ち上がっても、リンゴループやクルクルの原因がアプリやアップデートミスなどのエラーだった場合、また再発の可能性があります。 立ち上がっているうちにiCloudやiTunesでバックアップをとっておきましょう。 心当たりがあるアプリがある場合は、アンインストールをしてみましょう。 解消したあとには、通常通りに電源を切ってから再起動で大丈夫です。 セーフモードで立ち上がっても再発するときは? とりあえずセーフモードでは起動するけど、通常モードになるとまたクルクルやリンゴループが再発してしまう場合は、原因がアプリなど基本OS以外にあります。 OSのバージョンがiOS11. 1以前のバージョンはアプリの通知と相性が悪いために起きている現象があります。 アプリのアンインストールで解消されない場合は、一度すべての通知をオフにしましょう。 アプリごとにオフするのは大変なので、「おやすみモード」にすれば一時的に一括オフできます。 おやすみモードの設定• 設定を開いて「おやすみモード」をタップ• 「通知」を「常に知らせない」にチェックする• ホーム画面に戻り下からスワイプしてコントロールセンターを表示• お月さまマークをタップ これで通知は全てオフにされます。 おやすみモード中のうちにOSのアップデートをしましょう。 パソコンのiTunesに接続する リカバリモードでも立ち上がらない場合、iPhone単体での復元もできないときでも、パソコンのiTunesに接続できれば、解消できる場合がおおくあります。 こちらの記事内では様々なiPhoneのトラブルでもパソコンが認識できるように3つの復元方法を解説していますので、参考にして下さい。 関連記事: それでも治らない場合は? 2016年に発売されたiPhone7、7Plusの修理が増えているようで、初期症状として「スピーカーやボイスメモのボタンが灰色になって選択できなくなる」といった現象があるようです。 ほっておくとクルクルやリンゴループが続くといった現象になるようですが、こちらについては「 落下の衝撃や、ポケット内で折り曲がるような状態」が続くと、内部で断線が起こっている。 ということが原因と見られています。 高性能なiPhoneは防水にはなっていても、まだ耐衝撃に対しては弱い。 という気持ちで扱うように心がけましょう。

次の