クチート 技構成。 クチート育成論 : 【耐久を捨てろ!】ACぶっぱ両刀クチート【トリルアタッカー】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

[ポケモンGO]クチート・スーパーリーグ用の技と対策ポケモン。キバで相手を追い詰めるはがね+フェアリー

クチート 技構成

1=344 X=261)にもなります。 ふいうちによる縛り性能も優秀で幅広い範囲に戦えます。 またメガ前の威嚇も優秀で、対面物理相手なら一致弱点を突かれようがだいたい耐えるので初手対面に限れば対面倒せる範囲は広いです。 Sが低く上から被弾することが多く Z技に弱いのと、高速ATなどに対して 縛り関係を逆転するために 要員を入れている構築が多い。 1番多いものが じゃれはたきふい@1で、 ・ は、 低速サイクルへの崩しやふいうちの縛り範囲 ・ カンチは、ドヒドやムドー意識 ・ レンチは、カバやランドグライ意識 ・ 炎牙は、 ナットカグヤミラー等意識 ・ アイヘは、命中不安のじゃれを抜いて命中安定やバナレブルル等への打点として といった採用理由になる。 岩技や気合いパンチなどは汎用性が低いので割愛。 まぁ交代読みやトリル下での役割遂行対象への打点。 以下、調整案。 激戦区である 60族あたりの低速(ポリ2アシレカグヤバンギガルドetc…)やミラーに対して上から殴れる。 Sが過剰と感じればを軽視してもう少しSラインを下げてもよいが、抜きあたりにS調整が集中しているため、ガルドなどS調整をすることが多い他の60族等に抜かれる可能性も高まる。

次の

【USUM

クチート 技構成

全国 No. 303 クチート 分類 : あざむきポケモン タイプ : はがね 高さ : 0. 6 m 重さ : 11. いかく バトルに出たとき、相手の攻撃のランクを1段階下げる。 手持ちの先頭にいると、レベルの低い野生ポケモンが出現しにくくなる。 隠れ特性 夢特性 ちからずく わざの追加効果が発動しない代わりに威力が1. 3倍になる。 クチートのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 クチートの特徴 【良いところ】• 珍しい単鋼タイプであり、いろいろなタイプの技に耐性があります。 また特性「いかく」を持つため、タイプ耐性と「いかく」を生かした交代出しができます。 耐久種族値は低いですが、耐性と特性で補えるケースもあります。 ドラゴン技に耐性があります。 ガブリアス@こだわりスカーフ のドラゴン技や相手ドラゴンの「げきりん」に交代出しし、「れいとうパンチ」を当てることができます。 その他、「こだわりスカーフ」で技が縛られている相手の技をピンポイント読みして交代出しすることができます。 ヘラクロスの「メガホーン」・バンギラスの「ストーンエッジ」などを読んで出すことができます。 タイプ耐性が多いため、ピンポイント読みはしやすいです。 技が縛られていない相手に出すと次のターンの先制「じしん」が怖いので、「こだわりスカーフ」持ちの相手に出していくことがオススメです。 【悪いところ】• 弱点のタイプがメジャーです。 特に物理アタッカーは「じしん」の使用率が高いので、耐性を生かして交代出ししても次のターンに「じしん」で弱点を突かれてしまいがちです。 耐久種族値が低いです。 「いかく」とタイプ耐性込みでも、「こだわりハチマキ」持ちのバンギラスなど強力な物理アタッカーにはゴリ押しで負けてしまいがちです。 耐久が安定しない上に火力がなく、相手を強力に流すことができないためゴリ押しには弱いです。 かといって「こだわりハチマキ」を持たない相手には、次のターンの先制「じしん」で弱点を突かれてしまいます。 ロトムのように、低い種族値を「おにび」などで誤魔化すこともできません。 また、耐久を重視しすぎると同タイプで準伝説のレジスチルを使った方がよくなってしまいます。 クチートが参戦するようなルールでは、準伝説は禁止されているかもしれませんが・・・• 弱点のメジャーさから交代出しできる場面が限られてしまいます。 交代出しが安定しないので、単なるアタッカーとしてパーティに組み込むことも考える必要があります。 タイプ一致技は「アイアンヘッド」で威力80と低いです。 攻撃種族値も低めなので、アタッカーの割には火力がありません。 マイナー縛りルールや、種族値制限ルールならそこまで問題ありませんが・・・• 「バトンタッチ」を習得できます。 「アンコール」「ちょうはつ」「ほえる」などのコンボ封じ技で完封されてしまう不安もあります。 また、このコンボはハッサムでもできてしまいます。 得意な相手への交代出しが安定し、汎用性のあるハッサムでやった方がよいと言えます。 「だいもんじ」のダメージも、HP振りクチートの方が特防特化ハッサムよりも大きいものとなります。 性格・努力値について。 相手を流すための火力が必要なので、攻撃特化のいじっぱりとします。 同じく単鋼タイプでより耐久に優れるレジスチルよりもアタッカー寄りのスタイルとなります。 物理アタッカーに交代出しするためにHPに振ります。 防御に振ってもそこまで物理耐久が上がらないため、汎用性のあるHP振り推奨です。 持ち物について。 これといった固定アイテムはありませんが、「こだわりハチマキ」などの火力UP系がオススメです。 相手への交代出しを重視するなら「オボンのみ」が無難です。 技について。 「アイアンヘッド」「選択肢」「選択肢」「選択肢」という技構成とします。 「アイアンヘッド」はタイプ一致で威力が最高の物理技です。 「れいとうパンチ」はボーマンダ・ガブリアスなどのドラゴンの牽制です。 当てるチャンスは交代読みのみとなります。 ガブリアス@こだわりスカーフ のドラゴン技読みで後出しした際にも撃つことができます。 ボーマンダの「いかく」に強い「れいとうビーム」にする手もありますが、クチートは特攻が低くダメージが「れいとうパンチ」とほぼ変わらないためコチラを採用します。 「ふいうち」は素早さの遅いクチートと相性がよく、「れいとうパンチ」と合わせて出てきたドラゴンを狩れることもあります。 また、コレがあることによりスターミーやラティオスを呼び寄せにくいです。 使うターンには相手に無償で交代されてしまう点に注意です。 「みがわり」は相手の交代読みで張ります。 交代際に「みがわり」を張っておけば、比較的安全にドラゴンに「れいとうパンチ」を当てることができます。 「きあいパンチ」と組み合わせてもOKです。 「きあいパンチ」は交代読みで撃ちます。 多くの相手に等倍ダメージを入れることができ、タイプ一致の「アイアンヘッド」よりも火力が高いです。 交代読み「みがわり」と組み合わせて撃ってもよいです。 ジバコイルへの牽制技にもなります。 「いかりのまえば」は交代読みで使い、相手のHPを一気に削る技。 交代先が誰であってもそこそこダメージを与えることができます。 ギャラドスなど耐久がある相手に当てたいところです。 「かみなりパンチ」はギャラドスやスターミーの牽制です。 スターミーには「ふいうち」もあるため、実質ギャラドスピンポイントの技となります。 4倍弱点を突けるとはいえ、HP振りギャラドスに「いかく」込みで6~7割のダメージとなります。 基本的にドラゴンの対策である「れいとうパンチ」の方が優先されます。 役割関係.

次の

クチート

クチート 技構成

剣盾のS4にて使用したパーティを紹介します とニコニコで【フチ 対戦レポート!】という動画を投稿しているフライです。 今回はシーズン4で最終3桁ですがいい構築が出来たと思うので構築記事を書きました(前期のは知らん) (最高順位は直撮り忘れてて…一応動画撮影してたのでそこからスクショしました) 【構築経緯】 剣盾になってからもずっと使ってるフチの並びを使いたいので と は確定。 とタイプの相性がいい を入れていつもの。 今回のの型的にも特殊フェアリーに強く出れる型の を入れて相手のサイクル崩しや 入りに対して強く出れる を入れて完成。 最終的なパーは になりました。 この二体の特殊型だと基本的に勝てない に対しても地割れで強引に突破も出来る。 あと特殊型にした理由は鬼火環境だというのとHBの にを耐えられることがあったのとスカーフ持ちで打つと裏にいるフェアリータイプのに最低二ターンの間起点にされるため特殊型にした。 弱点保険持ちの に対しても最遅にされない限りブレード状態の に大文字当てることができ最低乱数引かない限りは対面で倒せます。 (補正込みで)何気に大文字入れたおかげで に起点にされにくいのも強い点。 入りの構築で有利対面になったときは基本に交換されるので蜻蛉帰りが安定するが に関しては裏にが居ることもあって 対面で 積んでくるのでアイへで倒してました。 拘り鉢巻は基本読まれないのでアイへ打つだけで勝てる試合も何回かありましたwただ羽休めがない分体力管理が重要になってくる試合が多いのでそこは注意。 や の並びでサイクル回した後に出して全抜きするのが強かった。 初手出しは弱いと思ってるので基本してません このも体力管理しないと命の玉ダメで落ちて負けになることもあるので注意。 の欠伸や の毒々に対しても強く出れて に対しても欠伸読みで後出ししてからの悪巧みからのが強かった。 悪の波動は貯水の 対策です。 に対しての打点にもなる。 最近鬼火が増えてきたので空元気を採用は対策で零度は交わすことで対策。 ヘビーボンバーはフェアリー対策 チョッキを持たせたおかげで特殊型のにはだいたい勝てる。 が苦手な に対して後出しから勝てるのもいい点。 ただ や に何もできないのがきつい。 ここはお好みで 【体感選出率】 これに関してはほとんど偏りなく選出してたと思います。 がちょっと選出率高めなくらい…あと 入りには は出さないと構築組んだ時には決めてましたが 普通に選出して悪巧みの起点にされてました\ ^o^ /まぁやである程度対策は出来てましたけど… 【きついや並び】 7世代でも8世代でも対策分からん。 いや本当にこれは & の並びは上手く を通さないと負ける。 でもだいたい特殊型は読まれないので通せることが多い。 & の並びに が居たらだいぶきついことになる(が何もできないので) HBの鬼火食べ残し型がきつい。 それ以外は何とかなる は蜻蛉帰り打たれないことを祈りながら で対面処理 倒し方が分かりません。 その場のプレイングで上手く対処 【あと がたり】 本当ならフチ構築で最終二桁。 最高順位1桁を目指したかったんですけど今期に関しては二桁すら行けませんでした。 でもこの構築自体は強いと思ってるのでプレイングをしっかりしていれば瞬間二桁行けてたと思います。 (タイトルの4刀流の意味はある有名実況者のパクりです) シーズン5はで動画投稿頑張りたいので潜るとしても終盤で切断バグが治ってから本気で潜ります(チャンネル登録してくれると嬉しいです…) 最後にフチ構築で最強を名乗れるよう今後も頑張ります! ここまで読んで下さりありがとうございました。

次の