グロー センス。 グローセンスがコンビニから消えました・・・あんなに話題になっていたのに何故!?グローセンス販売縮小を考察してみた。

glo sens(グローセンス)の吸いごたえや使用感をレビューします!

グロー センス

本日よりグロー オンラインストア(東京都在住者限定)で抽選による購入予約が開始されており、2019年8月19日からグロー ストア青山、グロー ストア吉祥寺で発売する。 本体となる「グロー・センス キット」の希望小売価格は3,980 円(税込)。 また、「グロー・センス」専用のカートリッジ「neo pods(ネオ・ポッド)」6 製品(各税込 490 円)も同時に発売される。 「ネオ・ポッド」を装着した「グロー・センス」。 カラー展開は左から、ブラック、ホワイト、レッド、ブルーの4色 たばこ葉を直接加熱しない低温加熱式でフレーバーがより豊かに 「グロー・センス」は、専用のカートリッジ「ネオ・ポッド」をセットして楽しむ加熱式タバコだ。 「グロー」が「たばこ葉を直接加熱する」ことでニコチンを楽しむスタイルなのに対し、「グロー・センス」は、「専用のフレーバー・カートリッジ内のリキッドが加熱されて生じる水蒸気が、タバコ・ポッド内のたばこ葉を通過する」ことで発生するニコチンを味わうスタイルを採用している。 つまり、構造としてはJT「プルーム・テック」「プルーム・テック・プラス」に近いイメージだ。 加熱温度は「グロー」よりも大幅に低く、「グロー」よりも豊かなフレーバーを楽しめるという。 「グロー・センス」の構造イメージ 「グロー」と「グロー・センス」の比較。 操作ボタンがフロントにひとつという点は「グロー」と同様だが、「グロー」と違うのは、電源を入れてからたばこ葉が十分に加熱されるまでの待ち時間は必要なく、ボタンを3回押せばすぐに最初の一服が楽しめるということ。 なお、高性能バッテリーを搭載しているので、外出先でも1日中使用できるという。 さらに、180回吸い終わったらカートリッジを取り替えればよいだけなので、クリーニングの必要もない。 タバコ・ポッドの交換タイミングはユーザーの好きなタイミングで問題ないが、フレーバー・カートリッジが180回吸えるということなので、60回を目安に交換するのがよいという フレーバーはタバコ風味を含む全6種類を用意 「ネオ・ポッド」のフレーバーは、以下の6種類用意されている。 発売当初からこれだけの選択肢を用意してくれるのは、ユーザーとしてはうれしいところ。 さすがは、加熱式タバコの中で最多のフレーバー数を誇る「グロー」シリーズだ。 なお、タバコ風味を楽しめるのは「ネオ・リッチ・ブレンド・ポッド」と「ネオ・リッチ・ブレンド・ポッド」で、リキッドでタバコの風味を再現しているという。 「ネオ・リッチ・ブレンド・ポッド」:豊かで深みのあるアロマティックなフレーバー 「ネオ・メロー・ブレンド・ポッド」:ほんのりバニラが香るまるみのある豊かなフレーバー 「ネオ・クリスタル・メンソール・ポッド」:極寒メンソールの刺激が広がるフレーバー 「ネオ・ブリーズ・ミント・ポッド」:メンソールとペパーミントがほんのり香る爽やかなフレーバー 「ネオ・サンシャイン・ベリー・ポッド」:ブルーベリーのような香りが広がる、爽快なメンソールフレーバー 「ネオ・エレクトリック・フルーツ・ポッド」:甘くスパイシーな赤いフルーツの香りが広がるフレーバー 左から、リッチ・ブレンド、メロー・ブレンド、クリスタル・メンソール、ブリーズ・ミント、サンシャイン・ベリー、エレクトリック・フルーツ。 「ブルー系はタバコ風味」と覚えておくとわかりやすい 好みや気分に合わせて気軽にカラーをカスタマイズ 「グロー・センス」のデバイスは 4 色だが、組み合わせて個性を表現できる専用のアクセサリー「シェル」が、10 色用意されている。 デバイス専用シェルの希望小売価格は880 円(税込) デバイスの背面からかぶせるようにかちっとはめるだけ BATは喫煙スタイルに幅広い選択肢を提供し、タバコ市場をリードしていく意気込み 前述のとおり、2019年8月19日の発売日時点での「グロー・センス」の販売地域は東京都限定。 しかも数量限定だが、2019年内に全国での販売を視野に入れているという。 BATによると、「BATは、成人喫煙者に対する様々なイノベーションの提供を心掛けている。 グロー・センスの発売は、タバコ業界のイノベーションをリードしていくという当社の姿勢を象徴するもの」とのこと。 フィリップ・モリスが紙巻きタバコからの撤退を表明するなど、メーカーによって今後のタバコ市場に向けての姿勢はさまざまだが、BATに関しては、多くの喫煙者の喫煙スタイルや嗜好にマッチするよう選択肢を広げていきたいという考えのようだ。 <関連記事> 「グロー・センス」の発売によって、BATの展開するタバコ関連製品は、「たばこ葉を燃焼」「たばこ葉を加熱」「気化されたリキッドとたばこ葉の融合」の3カテゴリーに.

次の

glo sens(グロー・センス)は販売終了しません!オンラインとgloストアのみで販売継続!

グロー センス

glo sens「グロー・センス」はプルームテック にそっくり? glo sensは 低温加熱式の電子タバコデバイスです。 と同じく、蒸気にしたリキッドをたばこ葉を通して吸引することで、たばこ本来の吸いごたえを実現しているのが特長です。 しかし、その技術は「模倣」ではなく、独自開発したもの。 らしいです。 素人目にはプルームテック の二番煎じにしか思えないんですけどね… でもコイル周りのリキッド供給方法がちょっと特殊? 早く入手して分解してみたい(ウズウズ) おそらく、JTの特許技術に抵触しない方式をgloが開発したものと思われます。 でも、でもですよ。 gloと言えば、「電気加熱式喫煙システムの特許権」でフィリップモリスに訴訟を起こされていたりするので、この新デバイスももしかしたらJTから… なんて考えてしまいますよね。 だって、真似したとしか思えないですもん。 システム概要はプルームテックほぼそのもの、のように感じるんですけどね。 要は「VAPE」プラス「たばこ葉」な訳で、 気化したリキッドをたばこ葉の中を通して、たばこ葉の成分を吸引できるシステムなのです。 その特長とメリットをgloは2つ上げています• においが少ない• JTはプルームテック の販売戦略として、高温加熱式のPloomSにおいても「周囲への配慮」としてにおいが少ないことを挙げていますから。 まさに二匹目のどじょうを狙った商品なのです。 glo sensの構造と特長 そんなちょっとグレーっぽい製品、まぁ後追い製品だから似てしまうのはしょうがないのかもしれないですけどね。 でも、見た目は全く違います。 PloomTech製品:従来型の紙巻きたばこを意識したスティック形状• glo sens:枠にとらわれない新しいフォルム(VAPEに近い) VAPEユーザーであれば抵抗感はないかと思いますが、一方で今まで普通のタバコしか吸ってこなかったユーザーにとっては形状に抵抗感があるかもしれないですね。 ちょっとデカ目のという感じのフォルムです。 glo sensの構造 ではでは、その構造はどうなのか?と言えば、これまた プルームテック プラスっぽさ全開なのですよ。 まず、glo sensは3分割式• 内容量:2ml(約180回分)• 味:発売時点で6種類 glo sensデバイス本体 バッテリー部分ですね。 フレーバーカートリッジの電力供給する専用規格のもので、今の所詳細なスペックは公表されていませんが、一日中楽しめる恋性能バッテリーを搭載しているらしいです。 ざっくりすぎますね… 個人差もあるだろうに。 と思ったら 180回吸引分使えるようですね、あまりバッテリーの持ちは良くなさそう。 180回分が紙巻きたばこ一箱分の計算ですから、それ以上吸うユーザーなら、途中での充電もしくは本体複数持ちが必要。 そして充電時間は「最短75分〜最長330分」って幅ありすぎだろっ! 使用環境でそんなに変動しないと思うのですけどね、急速充電という割には遅すぎる。 neo pods RICH BLEND「ネオ・リッチ・ブレンド・ポッド」• 豊かで深みのあるアロマティックなフレーバー• neo pods MELLOW BLEND「ネオ・メロー・ブレンド・ポッド」• ほんのりバニラが香るまるみのある豊かなフレーバー• neo pods CRUSTAL MENTHOL「ネオ・クリスタル・メンソール・ポッド」• 極寒メンソールの刺激が広がるフレーバー• neo pods BREEZE MINT「ネオ・ブリーズ・ミント・ポッド」• メンソールとペパーミントがほんのり香る爽やかなフレーバー• neo pods SUNSHINE BERRY「ネオ・サンシャイン・ベリー・ポッド」• ブルーベリーのような香りが広がる、爽快なメンソールフレーバー• neo pods ELECTRIC FRUITS「ネオ・エレクトリック・フルーツ・ポッド」• 甘くスパイシーな赤いフルーツの香りが広がるフレーバー 発売時点でフレーバーがかなり豊富! 定番のタバコ系にメンソール・ミント系だけでなく、フツーツフレーバーも2種類よういされています。 glo sensは「フレーバー」味にフォーカスした製品なので、今後ももかなり種類が増えそうです。 glo sens(グロー・センス)の使い方 使い方は簡単そうですね! glo sensの本体には、gloシリーズのアイデンティティーを感じるボタンが1つあるので、これを操作します。 電源オンオフ:ボタン3回連続押し(3クリック)• メリットも同じで、紙巻きたばこや高温加熱式たばこのように一本吸い切る必要はなく、好きな時に好きなだけ吸うことができます。 つまり、1回だけ吸って中断するのも可能ですし、タバコポッドやフレーバーカプセルがなくなるまで吸い切ることも可能なんですよ。 glo sensの値段と販売方法 VAPEユーザーとして非常に気になる製品のglo sens、速攻買おう!と思ったんですが、かなり販売方法が限定されているんですよ。 2019年内 全国販売予定 速攻申し込もうと思ったんですが、最初は東京在住の人しか買えないんですよ。 かなり気になる製品なので、早く入手したい! VAPEユーザーとしてどう思うのか? かなり気になる製品ではあるものの、 これじゃなかった感をかなり感じる。 多分詳細時術などを見れば、プルームテックの特許技術には多分触れてないんだと思うので、別の商品だと言うことはわかるんですが「二番煎じ」感は否めない。 まぁでも値段も安いし、これで使い勝手や味わい・キックが良ければ、いまいちヒットしきれない プルーム・テック・プラスにとって代われる製品なのではないか?と思ってしまう。 ただ、気になるのは「匂いは少ない」と言っておきながら、「フレーバー推し」なので、どの程度の味わいが実現できているのか?基本的に味わいを重視すれば香りは強くなってしまうので、相反するところではある。 また、gloサイトの動画見て思ったのは「ミスト多い!」ということ。 PloomTechのブランド戦略は「周囲への配慮」もあるので、ミストはほどほどにしか増やせないが、BATの戦略はまた違うんだと思う。 VAPEユーザーとして何を望むのか? 多分法的な問題があって実現できていないのだろうけど、ミストをたばこに通すのではなくて、 たばこ成分をリキッドに溶かし込む製品が出てきたら?と思っています。 技術的には可能だし、実際にそういうものを体験したこともある。 リキッドとたばこ葉を別々に売って、DIYで入れるのも技術的には可能(と言うか実現できている)なんだけど、発売はされないんですよね。 なんで出てこないのかなぁ。 たばこ成分が溶けたリキッドの取り扱い?それを売るのも法に触れるから? そういう製品が出れば、VAPEももっと盛り上がると思うんですけどね。 話は逸れましたが、 glo sensはかなり気になる製品です。 買える状況になったら、いち早くゲットしてレビューする予定ですのでお楽しみに!.

次の

低温加熱式タバコ『glo sens(グロー センス)』は買い?使用レビュー!|タバコマニア

グロー センス

グローセンスの温度は明らかになってませんが同程度の加熱温度と予測できます。 共通するのはどちらも火を使わないため匂いが少なく残らずで、紙巻きに比べて有害物質を削減する。 と謳われてます。 が、高温より低温の方がさらに「負担」が少ないです。 吸い応え重視の方には高温加熱型がおすすめですが、自身含め周囲にも気を使いたい方には様々な観点から低温型のメリットの方が遥かに大きいです。 てことで、今回ご紹介の低温加熱のグローセンスを開封してみました。 glo sens グローセンス レビュー マグネット開閉式の立派なパッケージ。 限定カラーを除けばブラック、ブルー、レッド、ホワイトの4種類。 今回はブルーを選択してみました。 キャンペーン価格がそのまま定価になりました。 それにしても980円て。。 付属品 同梱品は以下の通りです。 glo sens本体• ACアダプター• USBケーブル micro• 収納袋• デバイスキャップ• カートリッジ&ポッドのダミー• 取扱説明書 付属品は他製品よりも種類豊富で豪華です。 収納袋とシリコン製のキャップまで。 衛生面にも気を使われてます。 実は本体には予めダミーカートリッジとたばこポッドが装着されてる状態で「使用不可」と記載済み。 「これ何に使うの?」と感じますが特に使用目的があっての同梱ではないようです。 とはいえ、先端の空PODを使えばノンニコチンでフレーバーを吸引できるので捨てるのも勿体ない。 本物のPODにはタバコ葉が詰めらてニコチン有りになります。 外観 外すと格好悪いのでダミー装着のままパシャリ。 スペックは以下の通りです。 低温加熱だとバッテリーも小さくコンパクトです。 充電時間の幅が凄いことになってますが、本体温度によって差が出ます。 充電ポートは本体下部 付属品にACアダプターがあるためコンセントでもUSB給電でもOKです。 5V1AなのでPCからの低電力で問題なく充電できます。 同メーカーの高温加熱に囲まれてみました。 こう見ると大きさはさほど変わりないですが、丸みがあって薄くて軽いです。 そもそも黒い部分が加熱式だとヒートスティックにあたるので、これがなければだいぶ変わってきますよね。 あと低温型になっても従来シリーズの特徴は受け継いでるな~と印象です。 外観はこんなところ。 そろそろダミー外して専用ポッドを装着してみます。 neo pods ネオ ポッド の取り付け ダミーを外すと接点が見えます。 専用タバコのneo podsはコンビニやたばこ販売店ではこちらの5種類。 左から簡単に説明しますと、• メロー・ブレンド:バニラ風味のレギュラーたばこ• クリスプ・メンソール:定番メンソール• アイス・ブルーベリー:ブルーベリーのメンソール• ドルチェ・ティラミス:コーヒー系フレーバー• ゼスティー・アップル:アップルのメンソール まぁこんな感じです。 ちなみに全12種類もありまして、 オンライン限定で2種類、 オンライン&gloストア限定が5種類ご用意されてます。 カートリッジ1つで180パフ 吸引 できまして、ポッド1つが60パフ分です。 つまり1つのカートリッジを使い切る前に3回ポッドを交換して、廃棄です。 このままカートリッジを本体にカチッとハメて、続いてポッドを装着すると完成です。 とても簡単。 プルームテックプラスと大きな違いでグローセンスは ボタンを押しながら吸引することになります。 こんな感じでパフボタンを押しながらマウスピースから吸いましょう! 吸い方は加熱式や紙巻きと同じ要領でOKですが、 ゆっくりと吸引する方がフレーバーの味を感じやすい。 バチッ、ジー。 と鳴るのはVAPEに近いですね~ glo sensを吸ってみた 使ってみた 感想 ボテッとしたフォルムがなかなか使いやすくて気に入りました。 吸ってみた感想は最も仕組みが近いプルームテックプラスとの比較になりますね。 まずグローセンスの吸い応え キック感 は弱めです。 喉にあたる感覚が若干乏しい! プルームテックプラスはタバコ感が大きくて喉にガツンときますが、グローセンスは優しい喉あたり。 しかしミスト量がとても多い。 フレーバーの味がみずみずしくて美味しい。 最初は独特なにおいと言いますかクセもあったんですが、次第にそれも感じなくなり、、慣れたようです。 純粋に香りではグローセンスが一枚上手かなぁと、そしてモクモクミストの爽快感も良いですね。 悪くないですが、単純にキック感を重視するならプルームテックプラスを推しときます。 あと1箱あたりのパフ回数も要チェック。 名称 吸引回数 1箱値段 グローセンス 180パフ 500円 プルームテックプラス 250パフ 500円 キック感に加えてコスパで考えてもプルームテックプラスが上になっちゃいます。 どちらにも良いところありですね。 もう1度言いますと、グローセンスのミスト量としっとりしてみずみずしいフレーバーは好きです。 glo sensの特徴 基本的な使い方は先に説明しましたが、その他性能は下記になります。 フル充電で180パフ可能です。 ちなみになんですが、 いちいち数える人もいないと思うので、味が薄くなったな~と思った時に交換すれば良いだけでもあります。 つまり、何ものにも縛られず交換のタイミングは自分で決めるわ!って方にはメリットにもなり得ます。 動作温度にちょっと厳しい エラー時の赤LED20回点滅。 これにちょいちょい遭遇します。 例えば、• 8秒以上の一服時間• 過剰な使用 による加熱• 8秒とかそんなに吸わないで宜しいって感じですが、連発して使っても本体温度が上昇してエラーになりやすいのかなと 多少。 落ち着けってことでしょうか。 あと寒い時の屋外や車内では本体温度が下がってエラーに。 私は北海道なんで、寒さ負けするケースにたまに出会います。 そこまで気にする必要にあらずですけど、他の加熱式に比べてちょっと厳しめかなという印象です。 低温加熱型グローセンスまとめ 880円のシェル装備中 タバコてきな観点からみると、• においがほぼしない• キック感は弱め• ミスト量が多い• フレーバー本来の味を楽しめる フルーティなフレーバーだとむしろ、良い匂いがする~とまで言われてしまうほどの低温加熱式は周囲配慮にもおすすめです。

次の