若年 性 アルツハイマー なり やすい 人。 若年性アルツハイマーになりやすい人の3つの特徴

若年性アルツハイマー遺伝確率は?遺伝子以外にも注意しないといけない事とは?

若年 性 アルツハイマー なり やすい 人

アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どのような人でしょうか? それを明確にするために、まずはアルツハイマー型認知症になるリスクについて見て見ましょう。 これには、その人の 生活習慣が大きく関わっているとされています。 食生活では、肉や間食の食べ過ぎ、アルコール摂取、野菜が苦手にあてはまる人が、アルツハイマー型認知症になりやすい人と言えそうです。 もちろん、習慣的に運動不足が続いたり、不摂生な生活を送っている人も、アルツハイマー型認知症になるリスクが大きくなります。 性格面でも、几帳面でネガティブ思考、人見知りの人は、アルツハイマー型認知症になりやすい人のタイプに属します。 喫煙者もアルツハイマー型認知症になりやすい人と言われています。 アルツハイマー型認知症になりやすい人への対処は? アルツハイマー型認知症になりやすい人への対策や対応は、どのようにすれば良いのでしょうか? まずは、頑張りすぎないように注意することと、ストレスをためこまないようにすることです。 介護者が気をつけることとしては、のんびり過ごせる環境にすることでしょう。 ご家族も環境に配慮しましょう。 極端な肥満や、痩せ過ぎの人も、アルツハイマー型認知症になりやすいといわれています。 ですので、該当する方や家族は、適度な運動と食生活の見直しをすることをおススメします。 喫煙やアルコールはストレスを溜めてしまっては元も子もありませんが、できるだけ控えるようにしましょう。 アルツハイマー型認知症だけでなく、他の老齢期の生活習慣病予防にもなります。 アルツハイマー型認知症予防のために、日頃から、頭を使ったり、適度な運動をしましょう。 アルツハイマー型認知症は、初期のころなら進行を抑えることは可能です。 ご家族の協力で、ゆったり過ごす時間をもち、家族もちょっとしたことは大目に見るなど、余裕を持って接しましょう。

次の

ドラマ【大恋愛】はあり得ない。若年性アルツハイマー病を早期発見するには?

若年 性 アルツハイマー なり やすい 人

最終更新日:2018年11月8日 物忘れの増加にはじまり、深刻な障害にもつながるアルツハイマー型認知症...... 認知症のなかでもっとも発症する割合の高い病気ですが、高齢者にばかり見られる病気ではありません。 40代や50代で両親を介護するような年齢の方、早ければ高校生であっても、発症する可能性があるのです。 によると、平成21年度時点で、全国における65歳未満の若年性認知症者数は3. 78万人と推計されています。 30歳以降、5歳刻みで認知症全体の有病率はほぼ倍に増える傾向があり、推定発症年齢の平均は41歳〜61歳で40代から60代前半で特に発症する可能性が高いとされています。 つまり認知症の両親の介護をされている方自身も、認知症になる可能性があるのです。 この記事では65歳以下で発症する「若年性アルツハイマー型認知症」について解説していきます。 若年性アルツハイマーの原因は生活習慣にあり? 原因はまだ完全に解明されていませんが、若年性アルツハイマーの原因は、通常のアルツハイマー型認知症と同様と考えられています。 アルツハイマー病の代表的な症状は「物忘れ」です。 もちろん高齢になれば、誰でも物忘れが多くなり、物を探したりするものですが、アルツハイマー病の場合は「物をどこかに置いた」という事実自体を忘れてしまいます。 あるいは、物を誰かに盗まれたと勘違いし、不安な気持ちを隠せずに周囲を疑ってしまう「物盗られ妄想」が見られることもあります。 そのほかに「頭痛」「めまい」「不眠」「不安」「抑うつ」などの症状や、仕事や家事のように手順を踏むような作業ができなくなる、好きだったことに対して意欲がなくなる、他人への配慮がなくなるといったことも初期症状でよく見られます。 若年性認知症でもっとも多いのは脳血管性認知症 こういった症状が、加齢による衰えとは関係なく比較的若いうちに発症するのが「若年性認知症」です。 65歳以上の高齢者の場合、認知症でもっとも多く見られるのがアルツハイマー型ですが、若年性の場合、アルツハイマー型よりも脳血管性認知症の方が多いのが特徴です。 これらは脳梗塞やくも膜下出血の後遺症として現れる認知症でもあるため、働き盛りの世代で多く見られるのも頷けます。 その他にも若年性認知症に罹患しやすいケースを紹介します。 【若年性認知症の原因と考えられる要因】• アルコールの過剰摂取• 高血圧• 遺伝的要因• 薬物乱用• 生活習慣の乱れ 過度の飲酒や喫煙は血流に影響を与えるものですので、血管にもダメージが及びます。 その結果、脳梗塞や動脈硬化になるリスクも高まります。 同時に多忙な日々を送る人にとってはストレスも大きな敵です。 生活習慣が乱れることによって、食事、睡眠が不十分になり、認知症を含めたあらゆる病気にかかるリスクが高まります。 また、日々のストレスを少しでも発散しようと、お酒やタバコの摂取量が増えるようではさらなる悪循環に陥ります。 アルツハイマー型については遺伝子が大きく影響する研究結果もあります。 心配な方は、親族で過去に若年性認知症を発症した人がいないか確認してみましょう。 遺伝要因は個人の努力で防ぐことはできませんが、少しでも認知症に関心を持ち、日ごろから健康的な生活を心がけることによって発症のリスクは抑えられるかもしれません。 若年性認知症で現れる中核症状と周辺症状(BPSD) 基本的に高齢者の認知症で見られる中核症状や周辺症状と大差はありません。 しかし、若い分だけ体力はあります。 」感情が不安定なときは高齢者に比べ声も大きく、力も強いですし、移動のスピードも速いため、徘徊」などが起きると短時間で遠くまで行ってしまうことも考えられます。 そのためケアする側の負担や苦労も大きくなるのです。 ここでは若年性アルツハイマーの中核症状と周辺症状を紹介します。 また、家族を別の人物と混同する(妻と娘を間違えるなど)といったこともあります。 重度になると車の接近に気がつかなかったり、踏切の警報機が鳴っていることにも気がつかなかったりします。 自分が伝えたいことに対してもうまく理論立てて説明することができなくなります。 認知症が進むと中核症状の「理解力・判断力の低下」で説明したとおり独力で自宅へ帰れなくなる危険もあります。 「誰かが自分の〇〇を盗んだ」という被害妄想がよくあるパターンです。 夜中に幻覚を起こすと、それが気になって眠れなくなるので生活習慣が乱れます。 若年性アルツハイマーの疑いがあるときに、やっておきたいチェックリスト 若年性アルツハイマー型認知症かもしれないと思ったときのチェックリストを以下に用意しましたので、不安を感じている方はご確認ください。 ただ、年齢が若いため、ほかの精神疾患と間違えられることも少なくありません。 このチェックリストを参考に、病院受診の際には医師に相談してみましょう。 早期発見・早期治療が大切 若年性認知症は、年齢が若い分、高齢者と比べ脳が委縮していくスピードも速いため注意が必要です。 少しでもおかしいと感じたり、周りから注意や心配を受けた場合には、医療機関で受診することをおすすめします。 若年性アルツハイマーは早期発見・早期治療が病気の進行を遅らせるためには非常に重要です。 またアルツハイマー型認知症は、本人が気づいていないことがほとんどです。 親しい人にそのような不安がある方がいらっしゃる場合は、病院に連れていくことを検討してください。 完治は難しいが、食事や香りが有効 アルツハイマー型認知症は、1度発症してしまうと完治は難しい病気と言われています。 そのため、できる限り進行を遅らせるような対策を取り入れることが有効です。 病院を受診して薬を服用するのももちろんですが、生活面でも食事のバランスや睡眠など、生活習慣を見直しも必要です。 また、人との接触の機会を増やしたり、体を動かす有酸素運動を取り入れたりすると脳が刺激を受け、症状の進行が緩やかになることもあります。 特に効果があるとされているのが「食事」です。 魚やアマニ(アマという植物の種子)、えごまに多く含まれる油やナッツ類、柑橘類、カレーに含まれる香辛料を使った料理をしてみるのも効果的と言われています。 また、アロマの香りは鼻から直接脳へ刺激を与えることができる唯一の方法です。 香りをかげば脳が刺激されて記憶の定着率も上がります。 アルツハイマー型認知症の方にも、アロマの香りで脳に刺激を与えてあげると記憶にもよい効果が得られるかもしれません。 まとめ 若年性アルツハイマー病についてお伝えしてきましたが、働き盛りの世代の人は家にいる時間もそう長くないため、家族は体の異常に気づくのが遅れがちです。 また、本人が異常を感じたところで、「認知症は高齢者の病気」という思い込みがあるため、早期発見の障害ともなります。 しかし、症状が出てしまうと完全に治すことができません。 そのため、少しでも気になる点があるのであれば、病院に受診して検査をおこなうことをおすすめします。 ただの注意散漫、ちょっとしたもの忘れであれば安心して日常を過ごすことでできるでしょう。 そして、将来的に自分もなる可能性があることを意識していき、日々の生活の見直しをする機会になれば幸いです。 食事、睡眠、運動、ストレスに注意した生活を心がけるようにしてみましょう。

次の

アルツハイマー型認知症になりやすい人とは?

若年 性 アルツハイマー なり やすい 人

若年性認知症になる人は、若い人が多いため、本人が認知症と思わない場合が多く発見が遅くなりがちです。 たとえば、仕事でミスが目立ち始めるといった異変があっても、本人が"疲れているせい"などと思って認知症とは疑わないのです。 逆に、本人は何かおかしいと思っても、家族や同僚に「大丈夫」などと言われて、見過ごしてしまうケースもあります。 若年性認知症の進行を防いだり遅らせたりするには、早期診断と早期治療が何よりも重要です。 仕事で単純なミスが続いたときなどは、念のため早めに受診してください。 ただし、医療関係者の間でも、若年性認知症の理解はまだ十分とはいえないので、場合によっては更年期障害やうつ病などと診断されることもあります。 認知症が疑われる場合は、物忘れ外来や認知症疾患医療センターなど、専門の診療科や医療機関を受診することをおすすめします。 受診する際は、家族も同行して一緒に説明を聞くことが大切です。 若年性認知症は、仕事や家事、育児などをしている年代の人が発症するため、うまくいかないことが増えてくると、自分でもおかしいと思い、ミスしないよう敏感になります。 ところが、それでもうまくいかないため、イライラしたり、不安になったり、ショックを受けたりします。 それが高じると、うつや興奮、妄想、攻撃的になるといった「行動・心理症状(BPSD)」が現れやすくなります。 行動・心理症状の対策で重要なのは、本人が安心できるように接すること。 家族や周囲の人は、本人の気持ちを考えながら、時間をかけ余裕を持って接するようにします。 認知症の進行を遅らせたり、症状を出にくくしたりするためには、残っている脳の機能や体力、意欲を維持することが大切です。 そのためにも仕事や趣味、人とのかかわり、運動など、活動的な生活を続けるように心がけましょう。 どうしても退職せざるを得ない場合は、企業の 障害者雇用の枠で再就職する方法を考えます。 ハローワークで再就職のためのトレーニングを受けながら、働く機会を見つける方法もあります。 認知症が進行して仕事をすること自体が難しくなった場合は、障害年金など公的な制度による経済的支援を早めに受けましょう。 認知症疾患医療センターや地域包括支援センターなどで相談できます。 仕事をやめると、生きがいをなくしてしまう人もいます。 そんな人たちによくすすめられるのがボランティア活動です。 たとえば、幼稚園で子どもに絵本の読み聞かせを行ったり、登下校の見守りを手伝ったり、誰かの役に立っていると実感することで認知症の進行を抑える効果も期待できます。 40歳以上で若年性認知症の人は、介護保険によるサービスを受けることができます。 ただ、若い人に適した介護施設があまり多くないのが現状です。 若年性認知症の人はデイサービスに通うケースが多いのですが、高齢の利用者が多く、高齢者向けのプログラムだと、なじめずに通わなくなってしまうケースが少なくありません。 まずは若年性認知症の人向けのデイサービスを探して通うことを第一に考えましょう。 最近は特に首都圏などでは若い人向けの施設が増えています。 近くにない場合は、デイサービスのスタッフに相談するのもよいでしょう。 ボランティアで軽作業を手伝ったり、高齢者の話し相手をしたりするなど、本人がやりがいを感じられる方法を考えてくれる場合もあります。 そういった情報を知るためにも、まずは地域包括支援センターに問い合わせてください。

次の