高校 野球 茨城 大会。 全国高等学校野球選手権茨城大会

高校野球、茨城・島根・三重は独自大会を開催へ|ニフティニュース

高校 野球 茨城 大会

歴史 [ ] 茨城県勢はのから地方予選に参加。 1972年のまでは茨城大会の上位校が2次予選へ進出し、全国大会への出場校を決めていた。 なお、、の予選は記念大会で1県1代表となったため、2次予選は開催されなかった。 茨城県勢ではの第66回大会でが、の第85回記念大会でがそれぞれ全国制覇を果たしている。 年度 参加県 1916年(第2回) - 1917年(第3回) 茨城・東京・神奈川 1918年(第4回) - 1919年(第5回) 茨城・栃木・千葉 1920年(第6回) 茨城・栃木・群馬・千葉 1921年(第7回) - 1925年(第11回) 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉 南関東大会 1926年(第12回) - 1935年(第21回) 茨城・千葉 1936年(第22回) - 1957年(第39回) 茨城・栃木・群馬 東関東大会 1959年(第41回) - 1972年(第54回) 茨城・千葉 歴代代表校 [ ]• 1941年は県予選のみ実施• 参加校数は日本高野連の発表に基づき連合チームを1校としてカウント 年度 県勢参加 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会 関東大会 1916年() 1校 慶應普通部(東京) 13-9 早稲田実 - 1917年() 3校 慶應普通部(東京) 2-0 横浜商 - 1918年() 3校 (初出場) 6-2 千葉師範 (中止) 1919年() 3校 竜ヶ崎中(2年連続2回目) 11-3 茨城商 1回戦 1920年() 4校 竜ヶ崎中(3年連続3回目) 7-1 前橋中 1回戦 1921年() 5校 竜ヶ崎中(4年連続4回目) 10-1 茨城商 2回戦(初戦) 1922年() 5校 竜ヶ崎中(5年連続5回目) 8x-7 大田原中 1回戦 1923年() なし 宇都宮商(栃木) 7-5 千葉中 - 1924年() なし 宇都宮中(栃木) 4x-3 前橋中 - 1925年() 8校 前橋中(群馬) 13-3 茨城商 - 南関東大会 1926年() 4校 千葉師範(千葉) 8-7 水戸中 - 1927年() 6校 (初出場) 7-3 千葉中 1回戦 1928年() 6校 関東中(千葉) 3-2 竜ヶ崎中 - 1929年() 8校 (初出場) 4-2 千葉師範 2回戦(初戦) 1930年() 13校 水戸中(2年連続2回目) 7-4 茨城工 2回戦(初戦) 1931年() 15校 千葉中(千葉) 9-8 茨城工 - 1932年() 15校 千葉中(千葉) 5-3 茨城工 - 1933年() 14校 (7年ぶり2回目) 3-2 銚子商 2回戦 1934年() 16校 関東中(千葉) 17-4 銚子商 - 1935年() 15校 千葉中(千葉) 5x-4 茨城工 - 北関東大会 1936年() 13校 桐生中(群馬) 10-1 高崎中 - 1937年() 12校 高崎商(群馬) 2-0 栃木商 - 1938年() 12校 高崎商(群馬) 7-3 茨城工 - 1939年() 11校 桐生中(群馬) 11-1 桐生工 - 1940年() 11校 高崎商(群馬) 1-0 足利工 - 1941年() 9校 水戸商(出場なし) 1-0 茨城工 (中止) 1946年() 17校 桐生工(群馬) 5-2 桐生中 - 1947年() 27校 桐生中(群馬) 5-0 鹿沼農商 - 1948年() 27校 前橋(群馬) 4-1 水戸商 - 1949年() 31校 水戸商(16年ぶり3回目) 2-1 桐生工 2回戦 1950年() 37校 宇都宮工(栃木) 3-0 水戸一 - 1951年() 31校 桐生(群馬) 3-2 宇都宮工 - 1952年() 35校 水戸商(3年ぶり4回目) 5-3 桐生 2回戦 1953年() 35校 宇都宮工(栃木) 2x-1 宇都宮商 - 1954年() 34校 (24年ぶり3回目) 4-1 桐生 1回戦 1955年() 35校 桐生(群馬) 5-0 水海道一 - 1956年() 33校 足利工(栃木) 2-1 藤岡 - 1957年() 34校 (初出場) 6-1 高崎 2回戦 1958年() 34校 水戸商(6年ぶり5回目) 10-5 日立一 3回戦 東関東大会 1959年() 36校 (初出場) 3-1 成東 1回戦 1960年() 36校 水戸商(2年ぶり6回目) 7-5 銚子商 1回戦 1961年() 36校 銚子商(千葉) 4-0 市銚子 - 1962年() 37校 習志野(千葉) 7-5 市銚子 - 1963年() 42校 (初出場) 8-7 水戸商 1回戦 1964年() 49校 千葉商(千葉) 4-1 成東 - 1965年() 53校 銚子商(千葉) 9-0 日立一 - 1966年() 55校 (44年ぶり6回目) 5-1 千葉商 2回戦 1967年() 56校 習志野(千葉) 8-0 竜ヶ崎一 - 1968年() 58校 (初出場) 3-0 日立工 1回戦 1969年() 60校 取手一(2年連続2回目) 1-0 土浦日大 2回戦 1970年() 60校 銚子商(千葉) 2x-1 成東 - 1971年() 62校 銚子商(千葉) 12-1 竜ヶ崎一 - 1972年() 68校 習志野(千葉) 2-0 銚子商 - 茨城大会 1973年() 70校 取手一(4年ぶり3回目) 2-1 大宮 1回戦 1974年() 73校 (初出場) 3-1 取手二 2回戦(初戦) 1975年() 75校 竜ヶ崎一(9年ぶり7回目) 4-0 水戸一 1回戦 1976年() 75校 (初出場) 2-0 土浦日大 2回戦(初戦) 1977年() 78校 (初出場) 3-2 土浦日大 2回戦 1978年() 82校 取手二(2年連続2回目) 7-1 鉾田一 1回戦 1979年() 83校 (初出場) 3-2 竜ヶ崎一 2回戦 1980年() 82校 (初出場) 9-0 2回戦(初戦) 1981年() 89校 取手二(3年ぶり3回目) 6-2 1回戦 1982年() 90校 鉾田一(6年ぶり2回目) 4-0 土浦日大 2回戦(初戦) 1983年() 91校 (初出場) 6-3 水戸商 2回戦(初戦) 1984年() 97校 取手二(3年ぶり4回目) 13-3 竜ヶ崎一 優勝 1985年() 100校 (初出場) 8x-7 3回戦 1986年() 103校 土浦日大(12年ぶり2回目) 6-3 取手二 2回戦 1987年() 107校 (初出場) 7-2 竜ヶ崎一 準優勝 1988年() 108校 常総学院(2年連続2回目) 5-0 下妻一 2回戦 1989年() 107校 常総学院(3年連続3回目) 12-0 日立工 1回戦 1990年() 108校 竜ヶ崎一(15年ぶり8回目) 5-1 水戸短大付 2回戦 1991年() 108校 竜ヶ崎一(2年連続9回目) 2x-1 3回戦 1992年() 108校 常総学院(3年ぶり4回目) 3-2 日立工 2回戦(初戦) 1993年() 108校 常総学院(2年連続5回目) 2-0 水戸商 ベスト4 1994年() 108校 水戸商(34年ぶり7回目) 2-0 土浦日大 ベスト8 1995年() 109校 水戸商(2年連続8回目) 3-2 竜ヶ崎一 1回戦 1996年() 109校 (初出場) 2-1 2回戦 1997年() 109校 茨城東(14年ぶり2回目) 4-1 水戸商 2回戦(初戦) 1998年() 110校 常総学院(5年ぶり6回目) 8-4 土浦日大 ベスト8 1999年() 111校 水戸商(4年ぶり9回目) 6-5 土浦三 3回戦 2000年() 112校 水戸商(2年連続10回目) 5-3 常総学院 2回戦(初戦) 2001年() 113校 常総学院(3年ぶり7回目) 8-5 藤代 2回戦 2002年() 115校 常総学院(2年連続8回目) 9-7 水戸商 3回戦 2003年() 115校 常総学院(3年連続9回目) 7-1 藤代 優勝 2004年() 113校 (初出場) 8-2 常総学院 1回戦 2005年() 114校 (初出場) 2-1 2回戦 2006年() 109校 常総学院(3年ぶり10回目) 10-4 1回戦 2007年() 106校 常総学院(2年連続11回目) 8-3 2回戦(初戦) 2008年() 106校 常総学院(3年連続12回目) 3x-2 霞ヶ浦 1回戦 2009年() 104校 常総学院(4年連続13回目) 3-2 水戸桜ノ牧 1回戦 2010年() 103校 (初出場) 11-0 霞ヶ浦 2回戦(初戦) 2011年() 102校 藤代(6年ぶり2回目) 6x-5 霞ヶ浦 2回戦(初戦) 2012年() 103校 常総学院(3年ぶり14回目) 3-0 水城 2回戦 2013年() 103校 常総学院(2年連続15回目) 4x-2 霞ヶ浦 ベスト8 2014年() 100校 藤代(3年ぶり3回目) 12-3 霞ヶ浦 1回戦 2015年() 101校 (初出場) 2-0 日立一 1回戦 2016年() 102校 常総学院(3年ぶり16回目) 1-0 ベスト8 2017年() 98校 土浦日大(31年ぶり3回目) 10-9 霞ヶ浦 1回戦 2018年() 98校 土浦日大(2年連続4回目) 6-1 常総学院 1回戦 2019年() 94校 霞ヶ浦(4年ぶり2回目) 14-0 常磐大高 1回戦 テレビ・ラジオ中継 [ ]• は茨城県内向けに とで準決勝・決勝をそれぞれ中継する。 NHK水戸放送局がからデジタル放送限定で総合テレビの県域放送を開始した後も、テレビ中継は決勝に限り関東ブロック放送される。 開会式は総合テレビで中継が行われる。 は3回戦から決勝まで中継する。 (かつては1回戦から中継を実施していた が、中継規模の縮小後、2010年まで3回戦、2011年 - 2014年は4回戦から中継を行っていた。 の局では、日立市民球場の全試合を生中継する(2007年までと2014年から)。 2014年からは開会式と水戸市民球場で行われる準々決勝・準決勝も生中継。 他に日立市内にある高校の試合を録画放送する。 は土浦市営球場で行われる試合を生中継する(2013年までエリア内にある高校のみ)。 2014年からは水戸市民球場の準々決勝・準決勝も放送(2014年は録画、2015年は生中継)。 2016年は土浦市営球場が改修工事により試合を行わないため、水戸市民球場から開会式・1回戦から準決勝までの試合を生中継する• 茨城県には県域民放テレビ局が存在せず、でまで放送されていた地方大会決勝戦の中継はが制作を担当した。 は、同年に発生したで被害にあった茨城県の応援として、茨城県の一部地域(・など)で視聴可能であるでも決勝を録画中継で放送した。 実況は千葉テレビ放送独自のものであり、の実況アナウンサーの1人であるが担当。 スカイ・エーでも放送された。 2017年はバーチャル高校野球で準決勝以降が配信され、音声は茨城放送の実況を使用している。 使用される球場 [ ]• (2011・2012年は使用せず)• (2011・2012年は使用せず)• (2016年は使用せず)• (2012年使用) 2011年は東日本大震災の影響を受け上記の6球場から4球場(水戸市民・土浦市営・日立市民・笠間市民)での開催に変更された。 脚注 [ ].

次の

全国高校野球選手権 茨城大会

高校 野球 茨城 大会

茨城県高野連は9日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった第102回全国高校野球選手権茨城大会の代替えとなる独自大会の概要を審議し、開幕日を7月11日とし、8月4日にノーブルホーム水戸で決勝を実施することを決めた。 当初は7月11日〜8月2日までの土日祝日に試合を組む日程案で検討されていたが、球場確保などの影響で、唯一決勝だけは平日開催となった。 大会名は「2020年夏季茨城県高校野球大会」。 トーナメント方式で行われ、抽選会は代理により6月23日に実施する。 1、2回戦は県内4地区内の学校同士で対戦し、3回戦から再度抽選し対戦カードを決める。 会場はノーブルホーム水戸を主球場とし、例年通り6球場を使用。 より多くの3年生の出場機会をつくるため、従来20人の選手登録の上限は設けない。 感染防止のためベンチに入る選手数は15人に限るが、試合ごとに入れ替えも可能で登録選手全員が出場可能とした。 試合は無観客で実施するが、部員と保護者 部員1人につき2人まで のスタンド入りは許可する。 試合と試合の間は少なくとも1時間空け、ベンチやスタンドの消毒を行う。 県高野連の塚本敏雄会長は「生徒たちの夢や思いが断たれぬよう、よりよい大会の実現を目指してさまざまな意見を集約した」と説明した。

次の

高校野球 茨城

高校 野球 茨城 大会

第102回全国高校野球選手権大会と茨城大会が新型コロナウイルスの影響で中止されたことを受け、県高校野球連盟は26日、規模を縮小して県独自の大会を開催すると発表した。 大会の詳細や感染症対策などは、6月9日の理事会までに詰める。 茨城県高野連は同日、水戸市内で臨時理事会を開き、県独自の大会開催を全会一致で決定した。 榎戸努・専務理事は開催を決めた理由として、5月6日から県内で感染者が確認されていないことや、6月8日に県立高が再開される見込みとなったことを挙げた。 独自大会は7月11日開幕で、試合日を土日祝日とし、8月2日に決勝を行う日程案で検討している。 通常、夏の茨城大会は県内全校がトーナメントで戦うが、移動による感染リスク軽減などを視野に規模を縮小するため、4地区に分かれて地区大会を行い、上位校が県大会に出場する形を想定。 抽選会は、監督や各地区の県高野連理事による代理抽選とする考えだ。 原則として無観客で開催する方針で、県高野連は、チームを3年生中心で構成するよう希望している。 県大会はノーブルホームスタジアム水戸(水戸市)やJ:COMスタジアム土浦(土浦市)など4球場を使う。 6月9日の理事会で、ベンチ入りメンバーの人数や感染症対策などの詳細について決定する方針。 感染状況によっては中止の可能性もある。 塚本敏雄会長は「3年生に区切りを付けさせてあげたいという思いは高校野球に関わる誰もが持っている。 各地区の意見を吸い上げ、話し合いを進めたい」と話した。 21世紀枠で昨春の選抜大会に出場した石岡一高。 分散登校が始まった25日に自主練習を再開した。 26日は私服やジャージー姿でグラウンドに集まり、キャッチボールやトスバッティングなどに取り組んだ。 小松崎駿投手(3年)は昨秋の県大会準決勝で常総学院に敗れてから、強豪にも通用する強気のピッチングを磨いてきた。 「常総を倒して優勝したい。 集大成としてベストを尽くし、皆で笑って終わりたい」。 林健一郎監督(45)は「ありがたい決断。 思い出づくりではなく真剣勝負で戦う」と意気込みを語る。 藤代高の菊地一郎監督(49)も「区切りとなる機会をいただいた。 3年生の持つ色を出したい」と歓迎。 藤平(ふじひら)翔馬主将(3年)は「結果を出し、支えてくれた人たちに恩返しをしたい」と話す。 明秀日立高の金沢成奉(せいほう)監督(53)は20日の選手権大会の中止発表後、3年生部員31人と面談して進路を話し合った。 ほとんどが大学でも野球を続けたい意向だったが、公式大会の中止でスポーツ推薦などの基準が不透明な状況に頭を悩ませている。 「甲子園という目標を失い、大学進学や就職にも気持ちを切り替えられなかった部員にとっては救いになる。 再スタートだと思って、目の前の大会でベストを尽くしてほしい。 指導者として、その後のケアをしっかりしていきたい」。 木下大我主将(3年)も「目標がひとつできてほっとした。 全員で優勝旗を取りにいきたい」と話した。 (佐野楓、伊藤良渓) 独自大会の高野連案の概要 ・地区大会:7月11、12、18、19日 ・県大会:7月23~26日、8月1日、2日 ・原則として無観客で、土日祝日のみ開催 ・県内4地区で地区大会を行い、上位校が県大会に出場 ・チームは3年生中心 ・ベンチ入りメンバーは上限20人に制限しない ・県大会はノーブルホームスタジアム水戸など4球場を使用 「いい判断、唯一の救いだ」 木内幸男・元常総学院監督 甲子園大会は中止になったが、独自大会をやれるのは唯一の救いだ。 野球部はミーティングなどで密になることが多い。 感染する人がたくさんいたので中止は当然と思っていたが、日にちが経つごとに少なくなってくると、もうちょっとどうにかできないものかと思うようになる。 でも、第2波が来る可能性もあるし、一つの球場に多くのチームが集まることを考えれば、いい決断だと思う。 世論が「やらせてやれ」とか「可哀想だ」などと言ってくれるのは、ありがたいことだと感じる。 独自大会は指導者にとって難しい大会になる。 下級生を多くして秋に備える考え方もあるが、最後の大会なので、3年生主体のチームになるのでは。 昔は「3日休んだら1週間、10日休んだら20日間ないと元に戻せない」と言われていたが、今の選手たちは平気。 休んでいても力が出せる。 ただ、これだけ休むと、どういうメンバーを組んだらいいか、指導者は悩ましい。 最近は「甲子園がなければ神宮があるさ」という人もいる。 切り替えも必要。 野球を続けられる人は続けた方がいい。 仲間ができるので、社会や会社の中で孤立することもなくなる。 (聞き手・小松重則).

次の