ハングル表記表。 ハングル文字一覧(反切表)と発音を分かりやすく。覚え方・書き方の歌も

合成母音と子音のハングル表(反切表) | みんなが知りたい韓国文化

ハングル表記表

ハングルは24文字の組み合わせで出来ている 韓国語の学習を始めたい方に、韓国語の文字となる「ハングル 한글」の基本について紹介したいと思います。 レシピにも韓国語の料理名を紹介していますが、ハングルの大まかの仕組みを理解しておけば、覚えやすくなると思います。 ハングルはいっけん複雑そうに見えるかもしれませんが、 分解すればたったの24個の記号(文字)になります。 ただ、24個の文字は単独では使えず、最低でも二つ、最大四つを組み合わせないと意味をなしません。 基本となるハングル表(反切表) 下記表の上の10個が母音で、左の14個が子音です。 この24個の組み合わせで1つの文字(=音節)になります。 例えば、子音「ㄱ(g)」+母音「ㅏ(a)」=「가(ga)」 基本は、ローマ字の発音通りで問題ないですが、発音が似たようないくつかの母音があるのでそこだけ追加説明をします。 詳しくは、参考映像の発音を聞きながらチェックしてみてください!• ㅓ(o) :口を広く開けて「ア」の口で「オ」と発音• ㅕ(yo):口を広く開けて「ヨ」と発音• 発音と書き方に参考になる映像と歌 韓国で子供向きに制作されたハングル教育映像です。 明るい歌と一緒に学習できます~! 上記表のすべての文字を本気で覚えたい方は、2番目の映像がとっても参考になります。 最初は細かいことに気にせず、リズムよく覚えていくのが大事だと思います。 1【 子音の歌】14個の子音を覚える歌です。 すべての子音に母音「ㅏ(a)」をつけています。 その文字で始まる単語も合わせて紹介しています。 2【 書き方付き】すべての文字の発音と書き方をリズムに合わせてレクチャーします• 3【 母音の歌】10個の母音を覚える歌です。 すべての子音に子音「ㅇ(ng)」をつけています。 母音の後は、子音の歌などもあります。 ハングルの全体文字一覧 上記の基本のハングルから、子音と母音がもう少し増えていきます。 それが下記の表(=拡張反切表)になります。 たくさん増えたからといって恐れることはありません! 基本の子音と母音をもとに組み合わせした子音と母音が増えただけです。 4つのブロックになっていますが、左上のブロックが先程紹介した基本の母音と子音で出来上がった文字です。 それ以外で追加された母音と子音について簡単に説明をします。 ハングルの拡張反切表(韓国のwiki나무위키より出典) 左下の子音5個「ㄲ, ㄸ,ㅃ,ㅆ,ㅉ」 よく見ると、基本子音「ㄱ,ㄷ,ㅂ,ㅅ,ㅈ」がダブルになっています。 ダブルなので(?)ローマ字入力でキーボードを打つときと同じく、真っ赤(Makka)カッター(Katta-)出っ歯(Deppa)のように、日本で言うと小さい「つ」が入る音に近いです。 까(kka):息を出さずに「ッカ」のように発音• 따(tta):息を出さずに「ッタ」のように発音• 빠(ppa):息を出さずに「ッパ」のように発音• 싸(ssa):息を出さずに「ッサ」のように発音• 짜(ccha):息を出さずに「ッチャ」のように発音 韓国ドラマで女の人が年上の男の人に「 オッパ 오빠」と呼んでいるのを聞いたことがありませんか。 この「ッパ」も、子音が重なる 빠(ppa)の音です。 右上の母音11個 下記で発音表記が同じものがいくつかありますが、 それは 韓国人も区別できない発音なので、 発音自体は同じだと考えてください。 ただ、 音は同じでも意味が変わる場合があるので、 同じ音のものでも一つだけ覚えればいいというわけではありません。 ㅐ(e) :「エ」の音• ㅒ(ye):「イェ」の音(「ㅐ」からyの発音が入る半母音)• ㅔ(e) :「エ」の音• ㅖ(ye):「イェ」の音(「ㅔ」からyの発音が入る半母音)• ㅘ(wa):「ワ」の音。 母音「ㅗ」+「ㅏ」の組み合わせ• ㅙ(we):「ウェ」の音。 母音「ㅗ」+「ㅏ」+「ㅣ」の組み合わせ• ㅚ(we):「ウェ」の音。 母音「ㅗ」+「ㅣ」の組み合わせ• ㅝ(wo):「ウォ」の音。 母音「ㅜ」+「ㅓ」の組み合わせ• ㅞ(we):「ウェ」の音。 母音「ㅜ」+「ㅓ」+「ㅣ」の組み合わせ• ㅟ(wi) :「ウィ」の音。 母音「ㅜ」+「ㅣ」の組み合わせ• ㅢ(ui) :「ウィ」の音。

次の

ハングルの読み方を一覧表にまとめたよ!【反切表あり】

ハングル表記表

日本語かなのハングル表記:対応表 日本語とハングル表記の対応早見表です。 PDFは以下よりダウンロードできます(5ページ目に掲載)。 しかし、いくつか気を付けるべきポイントがありますので解説します。 「う」と「お」の表記 日本語の「う」と「お」に当たる母音が、韓国語には우と으、어と오の2種類ずつあります。 その中で、日本語表記に対応しているのは우と오になります。 ただし以下のような例外もあります。 「す」は「스」 「ず」は「즈」 「つ」は「쓰」 「づ」は「즈」 特に「つ」のように韓国に無い発音は、近い音で代用しています。 平音と濁音の使い分け か行、た行、ちゃ行にはハングルの文字が2つずつ記載されています。 これは、語頭で使うときは左側の文字、語中や語末で使うときは右側の文字を使うと言う意味です。 例えば「田中」は「다나카」と書き、語末の「か」は「카」を使用しています。 これをもし「가」にしてしまうと、「たなが」というふうに濁音になってしまいますので注意が必要です。 長音の表記について 日本語ではよく、「おう」と書いて「おー」と発音することがあります。 例えば東京は「とうきょう」と書きますが、実際には「とーきょー」と発音しています。 このように長く伸ばす音のことを長音と言います。 日本語では通常横棒を使って表記しますが、韓国語では長音は表記しません。 例えば「東京」は「도쿄」、「大阪」は「오사카」となります。 英語表記でもTokyoとかOsakaと書くので、同じように覚えたらよいと思います。 「ん」、小さい「っ」を書く方法 「ん」はㄴを使います。 例えば「こんにちは」は「곤니치와」と書きます。 小さい「っ」はㅅを使います。 例えば「札幌」は「삿포로」と書きます。 地名が漢字の場合 山、川、島などの地名が漢字の場合、語尾に산, 강, 섬を重複して記載する場合があります。 例えば「荒川」は「아라카와 강」、「父島」は「지치지마 섬」と書いたりします。 また、都市名が漢字の場合は韓国の漢字音で読まれることがあります。 先ほどの「東京」は「도쿄」と書かれることもあれば、「동경」と書かれることもあり、どちらでも通じます。 以上です。 まずは自分の名前をハングルで書くところから始めてみてください。 ただし、先ほども言いましたようにハングルに無い発音もいくつかありますし、日本語からハングルへの変換というのは実はあいまいな部分が多々あります。 例えば「田中」という名前は実際には다나카, 다나까, 타나카, 타나까といろいろ方法で記載されたりしています。 しかしどれかが絶対に間違っているといえるものでもありません。 ただ、韓国語にした時に、面白い名前にならないようにすることも重要なポイントで、これは、初心者には分かりづらいので、ネイティブの友達や先生に自分の名前の書き方で合っているか確認したらいいと思います。 例えば、先ほどの田中さんも、다나가と表記すると、韓国語で「全員出ていけ」という意味と重複してしまいます。 ですので、激音、濃音などを入れて、表現が重複しないようにすべきです。 他にも、小島(おじま)さんとかは、韓国語に表記する時に、오지마としてしまうと、「来るな」という意味と重複しますので、ここでは、名前の表記を어지마にした方がまだましだと思います。 他にも、「つ」を「쓰」と書くのに抵抗がある日本の方は多くて、「츠」や「쯔」を使う人もいますし、それを見て間違っていると指摘する人はいないと思います。 ですので、特にご自身の名前の表記については原則を理解した上で、最終的には自分でどの文字を使うのか決めたらよいと思います。 ただし、明らかに発音的に間違っているような文字は使わない方がいいですから、一度は韓国語が分かる方に、この文字を使うので問題ないかどうか確認されることをお勧めします。

次の

あいうえお(五十音)ー韓国語(ハングル)《すぐわかる対応表》

ハングル表記表

01現在他のブラウザは韓国語に対応していないようです) 漢字のハングル表記 当サイトのテーマである『「漢字語」をベースにして芋づる式に韓国語(ハングル)の語彙数を増やす』の漢字語がベースになっているハングルの法則(例外もありますが・・・)を説明します。 まず、韓国語(ハングル)には、次の3つの種類があります。 「固有語」 ~ 古来から朝鮮で使われている言葉。 「漢字語」 ~ 元々中国で発祥した漢字がベースとなっている言葉。 「約束(약속)」「道路(도로)」「契約(계약)」など日本語に似ている言葉も多い。 「外来語」 ~ 英語圏など朝鮮以外の言葉がベースになっている言葉。 多くは聞けばある程度意味がわかるものが多いですが、独特の変化がされているものもあるため、「ん?」となるようなものもあります。 ですので、同じ「海」という意味でも単に「海」という時には固有語である「바다」が使われ、単語(熟語)として使われる時は「해:海外(해외)、海草(해초)」となります。 日本語の音読みの仕方別に対応するハングルの一覧は下記リンクよりどうぞ。 1つの漢字に対して対応するハングルは原則として1つ 日本語の場合は1つの漢字に対して「音読み」「訓読み」がそれぞれ1つまたは複数ありますが、ハングルの場合は、基本的に漢字1文字に対してハングル1文字が割り当てられています。 1 姓+1文字の名の場合 ~ 최 린 (최 인)とはならない 2 略語の場合 ~ 国際連合は「국제 연합」で略すると「국연」となりそうだが「국련」となります。 母音字の規則 「ㅐ」に相当するのは、日本語の「アイ」の音 対応ハングル 例 日本語の読み 例 対応する漢字 例 개 カイ 改介皆開 ガイ 概慨 내 ナイ 内 タイ 耐 대 タイ 待帯対隊貸 ダイ 台大代 태 タイ 太胎態怠跆 래 ライ 来 매 マイ 妹毎 バイ 売買 배 ハイ 杯背輩配排俳 バイ 培倍賠陪 애 アイ 愛哀 재 サイ 才栽裁災再載 ザイ 在材財 해 カイ 海解 ガイ 害該 「ㅓ」「ㅕ」のパッチム(ㄴなど)付きは、日本語の「エ」の段の音 対応ハングル 例 日本語の読み 例 対応する漢字 例 ㅓ 건 ケン 乾件建健鍵 적 テキ 的摘適敵嫡 セキ 籍積跡績 점 テン 店点 성 セイ 性星盛成省声聖 정 セイ 正政静精 テイ 定庭貞停程 헌 ケン 献憲 험 ケン 険験 ㅕ 견 ケン 見遣 결 ケツ 決結訣潔 경 ケイ 警景経軽敬傾 력 レキ 歴暦 련 レン 練連 령 レイ 令霊 면 メン 免麺面綿 명 メイ 名明命鳴 편 ヘン 編偏遍扁片 역 エキ 駅易疫役亦 연 エン 鉛演延煙宴縁 영 エイ 映泳営英永栄影 レイ 零 ゲイ 迎 子音字の規則 基本的には日本語の子音と対応しています。 ハングルの発音変化• リスニング問題に挑戦• ハングルで簡単な文章を作ろう• また、スピーカーボタンをクリックして流れる発音は「」を利用したものです Chromeをご利用ください。 All Rights Reserved.

次の