オラフ声優。 新オラフの声優・武内駿輔って誰?イケメンで歌手?彼女がいるかも調査【音声アリ】

【アナ雪2】オラフの声に「違和感ない」と絶賛!代役の声優・武内駿輔の評判は?

オラフ声優

続編の出演について、アナ役の神田沙也加さんとエルサ役の松たか子さんは、意気込みをこのように語る。 アナ役・神田沙也加さん 『アナと雪の女王2』でもアナ役を演じさせていただくことになり、とても光栄に思っております。 より大人の女性らしさが増したアナとエルサの姉妹の絆、ドラマティックな歌にもご注目してご覧いただきたいです。 前作を、音楽も共にたくさん愛していただけたことが本当に嬉しかったので、続編を待ち望んでくださった皆様に感謝の気持ちを込めて、力を尽くしてまいります。 エルサ役・松たか子さん エルサがその力を与えられた秘密が明らかになる『アナと雪の女王2』、再びエルサに出会える喜びと、どんなストーリーが待っているのかというドキドキでいっぱいです。 また新しい世界での旅を、是非ご一緒に。 どんな人? 前作ではオラフの声の吹替はピエール瀧さんが担当。 『アナと雪の女王2』では、誰がオラフ役の吹替を担当するかに注目が集まっていた。 日本語版予告が解禁されると、オラフの新しい吹替は、若手人気声優のさんが務めると報じられた。 武内さんは、1997年9月12日生まれの22歳。 若手ながら、これまで多くのテレビアニメなどで声優として活躍してきた。 2016年の『第10回声優アワード』では、新人男優賞を受賞していた。 ディズニー関連では、2018年9月に発売されたコンピレーションアルバム『Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Selection』の7曲目で、映画『アラジン』の『フレンド・ライク・ミー』を、人気キャラクターのジーニーさながら変幻自在の声で歌唱している。 (一部視聴は、こちら).

次の

武内駿輔さんが【オラフ】に!!〜経歴は?どんな声優さんなの?

オラフ声優

続編の出演について、アナ役の神田沙也加さんとエルサ役の松たか子さんは、意気込みをこのように語る。 アナ役・神田沙也加さん 『アナと雪の女王2』でもアナ役を演じさせていただくことになり、とても光栄に思っております。 より大人の女性らしさが増したアナとエルサの姉妹の絆、ドラマティックな歌にもご注目してご覧いただきたいです。 前作を、音楽も共にたくさん愛していただけたことが本当に嬉しかったので、続編を待ち望んでくださった皆様に感謝の気持ちを込めて、力を尽くしてまいります。 エルサ役・松たか子さん エルサがその力を与えられた秘密が明らかになる『アナと雪の女王2』、再びエルサに出会える喜びと、どんなストーリーが待っているのかというドキドキでいっぱいです。 また新しい世界での旅を、是非ご一緒に。 どんな人? 前作ではオラフの声の吹替はピエール瀧さんが担当。 『アナと雪の女王2』では、誰がオラフ役の吹替を担当するかに注目が集まっていた。 日本語版予告が解禁されると、オラフの新しい吹替は、若手人気声優のさんが務めると報じられた。 武内さんは、1997年9月12日生まれの22歳。 若手ながら、これまで多くのテレビアニメなどで声優として活躍してきた。 2016年の『第10回声優アワード』では、新人男優賞を受賞していた。 ディズニー関連では、2018年9月に発売されたコンピレーションアルバム『Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Selection』の7曲目で、映画『アラジン』の『フレンド・ライク・ミー』を、人気キャラクターのジーニーさながら変幻自在の声で歌唱している。 (一部視聴は、こちら).

次の

『アナ雪』オラフ声優・武内駿輔、地声がイケボすぎると反響!

オラフ声優

ピエール瀧からオラフを引き継いだのは誰? オラフは『アナと雪の女王』に登場する陽気で純粋な雪だるまのキャラクターです。 日本語吹き替え版では俳優のピエール瀧(52)がオラフの声優を担当していましたが、2019年3月にコカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕。 この騒動を受けウォルト・ディズニー・ジャパンは声優の変更を発表し、 若手声優の武内駿輔(22)がオラフ役を引き継ぎました。 すでにディズニーの動画配信サービス「Disney DELUXE」では、『アナと雪の女王』の関連作品を含めたすべての作品において、オラフの声が武内に差し替えられていますが、視聴者からは「 気づかなかった」という声があがるほど違和感がないそう。 若手ながら実力もあってしかもイケメンなので、15日の放送を機に増々人気が上がりそうな予感が…。 そこで今回は若手声優・武内駿輔について紹介したいと思います。 高校生でTVアニメデビュー そして17才のときに、アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』(TOKYO MX系)のプロデューサー役に大抜擢され徐々に知名度を上げていきます。 プロデューサー役で登場した際は「 渋くてダンディな声」と称されるなど、いい意味で演技に初々しさがなく「 17歳なの忘れてた」と言われることもしばしば。 武内Pという愛称で視聴者から温かく受け入れられていました。 その後、2016年の「第十回 声優アワード」で新人男優賞を獲得。 劇場がどよめくほど歌が上手い その後も順調に出演作を増やしていきますが、筆者が印象深いのは『KING OF PRISM by PrettyRhythm』というアニメ映画です。 超平たく言うと「プリズムスタァ」と呼ばれるイケメンアイドルたちが困難を乗り越えて成長していく物語なのですが、本作で武内は大和アレクサンダーという、主人公たちと敵対するキャラクターの声を担当しています。 大和アレクサンダーはゴリラのようにムキムキなキャラクターで、というかもはやゴリラなのですが、プリズムスタァなので歌も歌います。 一体どんな野太い歌声なのかと思いきや…… 映画の中盤で大和アレクサンダーがライバル視するキャラクターとのダンスバトルが始まるのですが、 その歌声が劇場に流れた瞬間あまりの美声(もちろん低音ボイス)に観客がどよめいたほど。 そう武内、声も良けりゃ歌もメチャクチャ上手い! 噂によるとお母さんがソプラノ歌手だそうで、英才教育のたものなのか受け継がれし才能なのか知りませんが、とにかく歌が上手いんです。 声優界のホープといっても過言ではないのでしょうか。 ちなみに、Apple MusicやSpotifyなどのサブスク音楽配信サービスを利用している人は「EZ DO DANCE -K.

次の