パワプロスタミナ査定。 スタミナ

パワプロで中継ぎはスタミナがEという風潮 : オリックス速報@なんJまとめ

パワプロスタミナ査定

各守備位置のポジションレベルは、守備指標や守備率を参考にする。 査定上、2軍である程度守っているなら適正ありと見なし、ポジションレベル3以上とする。 ただし、そのポジションを1軍で守らないのであれば、5以下に留めておく。 1軍での守備機会がある程度あっても、コンバートしたてで慣れない場合はポジションレベルは控える。 メインもサブも7というパターンや、守備機会の関係でメインが5でサブが7というパターンもある。 そのポジションを前の年まで守っていても査定年で守ってない場合は、ポジションレベルは5以下にする(当選手がレギュラー格の場合は2にする)。 また、1軍でも2軍でも3年以上守っていないポジションは完全に削除する。 中継ぎエース…7~8回のホールドのつく場面にセットアッパーとして投げる投手。 勝利の方程式。 リード時…準セットアッパー投手。 接戦時…中盤以降、接戦の時に起用される事の多い投手。 先発降板後の勝ちパターンへの繋ぎ役。 リリーフエース不在やビハインドゲームが多い等のチーム事情でイニングを問わず同点や僅差ビハインドで登板する事のある投手にも。 ビハインドでも…中盤以降、同点もしくは僅差ビハインド時に起用される事の多い投手。 左のワンポイント…左打者へのワンポイントとして起用される投手。 スタミナは控えめに。 敗戦処理…大量ビハインド時に起用される投手。 「おまかせ」よりは優先起用される。 セーブ狙い…勝利の方程式が確立していない守護神不在のチームのリリーフエースに。 おまかせ…登板の少ない投手。 リリーフの優先度としては一番低くなるので、いわゆる便利屋には付けない方が良い。 60本 A225 S100 59本 A222 S99 58本 A219 S99 57本 A216 S98 56本 A213 S98 55本 A210 S97 54本 A208 S97 53本 A206 S96 52本 A204 S96 51本 A202 S95 50本 A200 S95 49本 A197 S94 48本 A194 S94 47本 A191 S93 46本 A188 S93 45本 A185 S92 44本 A183 S92 43本 A181 S91 42本 A179 S91 41本 A177 S90 40本 A175 S90 39本 A172 A89 38本 A169 A88 37本 A166 A87 36本 A163 A86 35本 A160 A85 34本 A158 A84 33本 A156 A83 32本 A154 A82 31本 A152 A81 30本 A150 A80 29本 A147 B79 28本 A144 B78 27本 A141 B77 26本 B138 B76 25本 B135 B75 24本 B133 B74 23本 B131 B73 22本 B129 B72 21本 B127 B71 20本 B125 B70 19本 B122 C69 18本 B119 C68 17本 B116 C67 16本 B113 C66 15本 B110 C65 14本 C108 C64 13本 C106 C63 12本 C104 C62 11本 C102 C61 10本 C100 C60 9本 C96 D58 8本 D92 D56 7本 D88 D54 6本 D84 D52 5本 D80 D50 4本 E75 E47 3本 E70 E45 2本 E65 E42 1本 F60 E40 0本 ~F59 F39.

次の

パワプロ系 : よたかもめのゲーム日誌

パワプロスタミナ査定

必要経験点が多いのでコツを取得できるキャラをデッキに入れ、コツを取ってから取得しよう。 優先して取得すべき特殊能力 特能 一覧 特能 必要 経験点 査定 査定効率 72 72 0. 92 90 72 0. 80 62 36 0. 58 125 72 0. 58 124 72 0. 58 125 72 0. 58 125 72 0. 58 125 72 0. 58 126 72 0. 57 126 72 0. 57 125 72 0. 57 150 72 0. 48 150 72 0. 48 251 108 0. 43 188 72 0. 38 188 72 0. 38 上記の特能は査定効率が良く査定を伸ばしやすい。 査定効率の良い金特 査定が高くても下位コツを用意しよう 変化や球速に能力を振ると経験点が足りなくなる場合が多い。 査定の高い・査定効率が良い金特を取る場合でも下位コツを用意できる編成にしよう。 査定効率の良いオススメ金特一覧 金特 必要 経験点 査定 査定効率 35 144 4. 11 174 288 1. 66 131 216 1. 65 131 216 1. 65 130 216 1. 56 146 216 1. 48 130 180 1. 38 132 180 1. 36 131 216 1. 35 174 216 1. 24 174 180 1. 03 349 288 0. 83 上記の金特はコツレベルが低くても査定効率が良い。 効率が特別良いものと、重たいが単体査定が高いものの2種類あるので取りやすいものを選んで編成しよう。 査定効率の良い基礎値 基礎能力 の上げ方 基礎能力上限UPは査定効率が良い 基礎能力上限UPを100〜101に上げたとき、 単独査定は432と金特を上回る数値となっている。 上限UPがある場合は特能を取るより基礎値を101まで上げたほうが良い。 変化球の効率の良い上げ方 必要経験点が少ない球種を取ろう 球種によって査定は異なるが、必要経験点が少ないスライダーやパームが査定効率が良い。 第2球種は必要経験点の少ない超スローボールがオススメ。 コツレベルが低い場合はコツを取れるまで待っても良い。 70以上は技術と精神のあまり具合で特能かコントロールかに振り分けよう。 スタミナの査定効率は先発or抑えで変わる 先発育成はスタミナを70以上あげる スタミナが低いと査定が下がってしまうため、先発ピッチャーを育成する場合はスタミナをB 70 以上にしたほうが良い。 中継ぎ育成はスタミナ40止めが良い スタミナは約10上げるごとに、査定が36刻みで上がる。 中継ぎの場合はスタミナが査定に与える影響は少ないので、特能を取得した方が査定効率が良い。 パワプロアプリ他の攻略記事 デッキまとめ• リセマラランキング• 初心者記事まとめ• キャラ評価一覧•

次の

【パワプロアプリ】投手特殊能力(金特・虹特)の査定一覧表

パワプロスタミナ査定

もくじ• 投手の球速査定について まずは 投手の生命線となる球速からです。 naver. 基本的にパワプロアプリでは投手のサクセス初期能力値は 高くても130㎞ぐらいから始まるので、査定に引っかかる 最低ラインの140㎞にまで上げるのでかなりの経験点が 必要になります。 特に筋力点が膨大に必要になりますね。 練習で球速練習やスタミナ練習をする必要があるので、 査定にこだわるのなら球速は初期値にして他の練習を した方が高査定の投手ができそうです。 投手のコントロール、スタミナの査定について お次はコントロールとスタミナの査定です。 naver. 必要経験点や査定の事を考えるとベストなのは コントロール、スタミナの両方をBどまりにしておく事ですね。 しかし、投手の役割の関係もありますし、 抑え投手や中継ぎならあえてスタミナは捨てて、 変化球や特殊能力に重きを置くのが私は好きですね。 投手の変化球の査定について 投手査定で一番響くのがこの変化球です。 naver. ここでグッと査定が上がっているので、 投手査定を 重視するなら変化量は4で止めてそれ以降は次の 球種を取得した方が良いという事になります。 しかし、3球種目以降は球種を覚えるのに必要な 経験点がものすごく多いので、現実的な事を 考えると3球種の変化量が4の合計12というのが 目標になると思います。 naver. しかも、ピンチ、対左打者、打たれ強さなど、 普通にとったらかなりの経験点が必要な物が多いので、 必要経験点と査定を考えたら 無理やり取得する必要を 感じませんね。 しかもその内の3つは彼女候補から取得できる金特殊能力。 しかも鉄腕は査定は高い、必要経験点は少ない、 試合で役に立つと3拍子揃った金特殊能力ですので 役割関係なく取得したい所です。 以前に査定を考察した記事はコチラ 早く良い選手を育成したい方の為に パワーストーンを 無料でゲットする方法を お伝えしています。

次の