玉置 浩二 病気。 玉置浩二が病気・統合失調症だったことを告白!発症原因や現在はどうなのかを徹底調査した!

玉置浩二はドラッグ依存じゃない! 音楽関係者が明かす「奇行」の原因

玉置 浩二 病気

総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていた玉置浩二さん 玉置浩二さんは、ソニー・ミュージックレコーズ内の自主レーベルである、「ソルトモデラート(Saltmoderate)」に所属している、日本のミュージシャン・俳優です。 玉置浩二さんは、ロックバンド「安全地帯」のボーカルでもあり、その圧倒的歌唱力は芸能界でもナンバーワンだといわれているほどです。 そんな玉置浩二さんは、総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていたそうです。 玉置浩二さんの経歴、芸歴は? 玉置浩二さんは、1971年、旭川市立神居小学校を卒業すると、旭川市立神居中学校に入学し、1972年、中学2年時に転入生の武沢豊さんと同級生になります。 そして、1973年、武沢豊さんと二人でロックバンド「安全地帯」を結成。 1974年に、旭川市立神居中学校を卒業した後、玉置浩二さんは、北海道旭川農業高等学校に入学し、1981年、井上陽水さんのバックバンドを務めるため上京します。 1982年2月25日、「安全地帯」は、キティレコードより「萠黄色のスナップ/一度だけ」でメジャーデビューし、それ以降、「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など毎年のようにヒット作品を発表して、確固たる人気を確立します。 玉置浩二さんは、1983年、同郷の一般女性と結婚しますが、1986年に離婚。 同年、映画「プルシアンブルーの肖像」で俳優デビューを果たします。 1987年には、シングル「All I Do」でソロデビューも果たします。 1991年、シングル「胸の振り子」の作曲を担当したことを機に、玉置浩二さんは、交際していた薬師丸ひろ子と再婚します。 1993年には、「安全地帯」の活動を休止しソロに専念するようになります。 1996年には、NHK大河ドラマ「秀吉」に足利義昭役で出演し、また、自らが主演したテレビドラマ「コーチ」の主題歌である「田園」が大ヒットし、同年末の第47回NHK紅白歌合戦への出場を果たします。 このNHK紅白歌合戦に出演した際のバックバンドには、本来のツアーバンドではなく、TOKIOを据えたため、59. 1998年、薬師丸との離婚を機に玉置浩二さんは、軽井沢町へ移住し、その後、1999年、ツアーバンドの一員でキーボード奏者であった、安藤さと子さんと結婚し、また、軽井沢にログハウスを建築します。 2002年、約10年ぶりに「安全地帯」の活動を再開し、2002年と翌2003年にアルバムをリリースし、同時にツアーも行いましたが、2003年いっぱいで「安全地帯」の活動を休止します。 2004年、個人事務所・アンクルオニオンを設立したことを機に、ソロ活動に専念するようになり、翌2005年、ソニー復帰後、初のソロアルバムをリリースします。 2005年には、8年ぶりとなるテレビドラマ、「あいのうた」に出演。 2007年12月1日には、安藤さと子さんと離婚し、その後、2008年、急性膵炎を発症し、その療養のため、活動を休止します。 2009年2月25日、女優の石原真理さんと婚姻届を提出したが、石原の籍が前夫と婚姻したままになっていた為、不受理に終わってしまい、2009年9月4日には、石原真理と破局、と日刊スポーツで報道されます。 2009年12月25日、所属レコード会社により「安全地帯」活動再開第1弾シングル「蒼いバラ」のショートクリップが公開され、2010年1月8日には、6年ぶりの「安全地帯」活動再開を発表します。 2010年7月16日、玉置浩二さんは、タレントで女優の青田典子さんと結婚し、2012年7月1日、ソニーミュージックへ3回目の移籍。 その後、自主レーベルだる「ソルトモデラート」を立ち上げ、「安全地帯/玉置浩二」それぞれの活動を開始します。 玉置浩二さんは、前述のとおり、総合失調症や躁うつ病ではないかと疑われています。 この総合失調症とは、精神的疾患の一種とされており、脳内のネットワークが何らかの原因で働かなくなり、急に周りが見えなくなったり、ちょっとしたことでも感情が激しく変化したりする病気とされています。 玉置浩二さんは、自著の中で、長い間、この統合失調症によって苦しんでいたことを告白しています。 また、玉置浩二さんは、躁うつ病であったのではともいわれています。 躁うつ病とは、別名「双極性障害」とも呼ばれる精神疾患の一種で、とにかく気分がハイになる「躁状態」と気分が落ち込んでしまう「うつ状態」が極端にあらわれるようになります。 玉置浩二さんの現在の妻である青田典子さんによると、何度も言い合いをしては仲直りをするという繰り返しであり、機嫌が悪い時には何を言っても無駄で、まるで人の話を聞いてくれないそうです。 しかし、逆に機嫌が良い時にはものすごく優しく接してくれるそうです。 玉置浩二さんには、前述の通り、3度の離婚歴がありますが、前妻の方々はこの躁うつ病の症状による両極端な性格についていけず、離婚に至ってしまったのかもしれません。 4度目の離婚という事にはならないようにしてほしいなと思います。

次の

玉置浩二 病気は統合失調症?躁鬱?薬師丸ひろ子との離婚原因は?天才といわれる歌唱力!コンサートで聞きたい曲目トップ5は?

玉置 浩二 病気

新宿溝口クリニックで栄養療法を行っている溝口徹医師のブログに気になる記事があったので紹介させて頂きます。 実は重度の栄養不足が原因で、精神疾患と呼ばれる症状が出る場合がある事をご存知でしょうか?薬を用いた対処療法だけではなく、体の根本から改善させるアドバイスを日々情報発信しています。 jugem. 心に響く歌と、繊細な人間性が大好きです。 安全地帯というグループのリーダーで、ソロでも何枚もCDを出しています。 「ワインレッドの心」という曲が大ヒットしたことで知られていますし、玉置さんの個人では「田園」という曲がヒットしました。 どちらも昔の曲なので、今の若い方々はご存じないと思いますが・・・。 内容は玉置さんの半生を志田歩という人が取材をして書いたノンフィクションです。 玉置さんのファンはおもしろいと思いますが、そうでない人には退屈でしょう。 その本の中に、玉置さんが人間不信に陥り、精神的に不安定になり精神科の病院に入院したときの記述がありました。 何かの参考になるかもしれないと思ったのでご紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (省略)事務所とのトラブルやバンドとしての一体感の喪失があった。 ・・・本来はもっとも頼もしい仲間だったはずの人間が、彼を理想から遠ざける障害のように見えてしまうというパラドックスの中で、玉置は疲弊していった。 (省略) こうした状況で彼は精神病院に入院する。 (省略) だが病院の彼に対する扱いは、あまりにも薬に依存したものだった。 省略) 【本人の言葉】 ほんとは何ヶ月も入院しろっていわれたの。 でも3日で脱走した。 だってね、病院入っているとね、1日中眠らされるんですよ。 これ飲みなさいってクスリもらって飲んで、はっと起きると、何日経ったかわかないくらい、16時間ぐらい寝てるんですよ。 で、起きるとまたクスリ飲まされる。 「あ〜、こんなことしてららダメだ」って思って、抜け出して北海道の実家で半年間静養してたんです。 そしたらある時、おふくろに「お金のことも、メンバーのことも、いっさい考えなくていいから。 あなたの家族のことも、なんにも考えなくていいから。 音楽やってそんなに悩むんだったら音楽やめて、いっしょに農家やろう。 」って言われた。 そしたら肩フワッと軽くなってね。 わあーっと泣いて、1日中空を見ているような感じで半年ぐらい過ごしたの。 そのときに北海道の仲間たちが、毎日俺のそばにいてくれてさ、昔話とかしているうちに、だんだん精神が回復してきた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ こうして玉置さんは、徐々に回復し再び歌手として再出発することになるのです。 そこで生まれた曲が、「田園」だったことがこの本を読んで始めて分かりました。 田園の歌詞には、次のフレーズが繰り返されるのです。 そして、自分の経験から生まれた、本心をうたった「田園」がミリオンセラーになったのは、本当に嬉しかったと書かれています。 玉置さんの半年間の静養に似た治療が必要な方がとても多くいらっしゃるのではないかと思います。 もしかしたら僕もそうかも・・。 そんな状況のときに、薬漬けにされる3ヶ月の入院はどんな結果を招くのでしょう? もちろん必要な状況があることは、十分に承知していますので・・・。 shinjuku-clinic. jugem. これまで、このような精神疾患や心の状態は、ストレスとの関係や遺伝的なこと、あるいは疫学的な統計によって原因を論じられてきました。 また、セロトニンなどの神経伝達物質に対する研究も進んでいます。 心の状態は、いいかえれば脳の状態ともいえます。 今回の講演では視点を変え、心のトラブルといわれていた多くの疾患について、栄養面から改善を試みる栄養療法について紹介します。 ロフィール 溝口 徹 (みぞぐち とおる) 神奈川県出身。 1990年福島県立医大卒業。 横浜市立大学付属病院、国立循環器センター勤務を経て、神奈川県藤沢市に溝口クリニック(現:辻堂クリニック)を開設。 ペインを中心に、広く内科系疾患の診療にも従事。 2000年から一般診療に分子整合栄養医学的アプローチを応用し始め、治療が困難な疾患に対する栄養療法を実践し、多くの改善症例を持つ。 2003年には、日本初の栄養療法専門クリニック「新宿溝口クリニック」を開設。 毎日の診療とともに、患者や医師向けの講演活動を行っている。 shinjuku-clinic. jugem. その場合は事前にファックスでのお申し込みが必要となります。 フォーラムの前に「指導士会定例会議」を12時から1時まで開催いたします。 関西在住の予防士・指導士の方は是非ご参加ください。 holistic-kansai. html selected entries• 1 archives• 3 recommend.

次の

玉置浩二は病気・統合失調症や躁鬱を患っている?青田典子が献身的に支えている!

玉置 浩二 病気

ミュージシャンでありアーティストとして長く活動を続けている玉置浩二ですが、2010年にFNS歌謡祭ドタキャン事件を起こしたことによって統合失調症を発症している事が判明しました。 FNS歌謡祭ドタキャン事件とは名前の通り、当時出演予定であった生中継番組であるFNS歌謡祭を病気を理由にドタキャンしたと言う内容のものです。 病気が理由であるならば仕方ないと思われるのですが、問題となっていたのは当時みられていた玉置浩二の奇行です。 FNS歌謡祭前に開催された福岡でのコンサートでは開始早々ろれつが回っていない状態だったため客からのブーイングが酷く、それに対しても暴言を吐き捨ててコンサートが途中で中止してしまうと言う出来事がありました。 これによってファンなどから様子がおかしいと言う声が多く届くようになり、FNS歌謡祭ドタキャン事件をきっかけにして長いこと統合失調症で苦しんでいたと言う事実が公開されたと言われています。 ただしこの事件での病気は統合失調症によるものなのかどうかと言うよりも治療に用いられていたステロイドが原因ではないかと考えられている部分もあったようで、特に状態が酷かった時期はステロイドを始めとして多くの薬を使った治療が行われていたことから副作用で体調が悪化したのではないか?とも言われています。 また統合失調症のほかにもうつ病を患っていると言う報告もあり、それによって気分が上下してしまったりとテンションがおかしくなっている時もあるようで、そちらも関係しているのではないかと言うファンの声もあります。 いずれにしてもドタキャン事件はステロイドによるものなのか病状の悪化なのかと言う部分は不明とされており、いずれも考えられるということから多くのファンが不安と心配を抱えています。 現在の病状としては統合失調症に関しては入院治療を行った時期もあったためある程度安定しているとされているのですが、憩室炎や急性膵炎など精神面の状態以外にも身体面の状態が悪化してきている部分も見られています。 そのため休養などを時折挟みながらの活動となっているので、今後どのように病状が変わっていくのかと言うところに注目が集まっています。

次の