身に覚えのないあざ 原因。 手首に覚えのないあざが出来た時の対処法は?原因と痛みがある時は?

身に覚えがない『あざ』ができる原因は6大病気の警告サインかも!?

身に覚えのないあざ 原因

スポンサーリンク そもそも『あざ』って何? どこかに腕をぶつけたときに「青あざができたー」とか言いますよね? そもそも「 あざ」ってなんなんだ? 「あざ(痣)」というのは、 皮膚の一部の色が変化したり腫れたりするものを言います。 イメージしやすいのは、 どこかに体の一部をぶつけたときにその部分に痛みが起こり、その後に色が赤紫や青紫に変化しますよね!? これがいわゆる「あざ」と呼ばれるものですね。 では、 その「あざ」ができるのはなぜか? それは皮膚の下で血管が破れて出血するからなんです。 なので、基本的にあざができるというのは、 皮膚の下の「 血管が破れる」ことでその色が出るということになります。 「赤いあざ」と「青いあざ」の違いって? あざの色というのは内出血が原因であるという話は先に話しました。 でも、あざって「 赤っぽい」とか「 青紫っぽい」とかあるよ?? という声が聞こえてきそうなんですが・・・ 同じ「あざ」というものができたとしても、色の違いがありますね! 色の違いというのはあざができた部分の 「 時期の違い」によるものです。 赤い色は血管が破れたことによってあふれ出た「血液の色」です。 青い色は、出血した血液の成分である 「ヘモグロビンが壊れて、その色素がなくなる」ため、青紫のような色に変化していきます。 基本的に皮下で血管が破れて出血を起こすと、患部の周辺が腫れて熱を持ちます。 そして、しばらくすると 赤いあざから広がりながら青いあざへと変化していきます。 気になるアザを早く消したい方はこちらの記事を参考にしてくださいねー あざの種類別の原因・症状・診断科等を総まとめ! 実はあざができる原因は複数あって、 その出かたも原因もかなり違うんです! なので、きちんと整理しておけば、医者に行く時のヒントになると思ったので、 以下のように整理してみようと思います。 小さな血管のつまりによる循環不全(肺塞栓(はいそくせん)による呼吸困難)• 出血傾向(口腔粘膜の出血、鼻血、血便、吐血など)• 身に覚えのない(ぶつけたりしていない)のにあざができることがある• 複数個所にできる• 色が濃くなったり、いぼのような腫瘤(しゅりゅう)ができる場合もある。 ブクマ登録で最新記事やTOPでピックアップ記事がすぐにチェックできるので気軽にご利用くださいませー.

次の

高齢者の皮下出血の原因と予防策を知ろう

身に覚えのないあざ 原因

痣の原因は? 今回判明したアザの原因です。 汗で蒸れたり、ストレスでじんましんが出ると痒くなりますよね。 太もものあたりは、立ってても座っててもつい掻いてしまいがち。 眠っているときも、無意識にかきむしっていたりすることも。 ぶつけた時に「青タン」ができますが、それと同じような症状です。 強く打ち付けたりすると、内出血で青タンができます。 青紫色になって、まるで呪いです。 掻きむしってしまうことで内出血が起こり、やがてあざになります。 季節的に薄着なため、気が付きやすいともいえます。 寒冷蕁麻疹 かんれいじんましん 真冬の寒い時期の他に、真夏にも寒冷蕁麻疹が発生します。 夏場の寒冷じんましんの原因は冷房によるものです。 自分が思っている以上に、冷房によって身体は冷えています。 冷えすぎた室内では、直接冷房の風に当たらないように気をつけましょう。 どうやって治すの?治療方法は? 病院で診察してもらうのが一番ですが、面倒ですよね。 私の場合、薬局でかゆみ止めなどを買って塗ります。 かゆくて掻いてしまうし、就寝時は無意識にかきむしってしまいがちです。 あまりにかゆいときは、ステロイド系のを買って使うこともあります。 ウナコーワ クールパンチを塗って、スースーすることもあります。 ただ、何か病気のサインかもしれませんので、病院に行くことも大切です。 最近あざができやすいとか、なかなか治らないという時は、早めに病院に行きましょう。

次の

なぜ内出血?原因に覚えがない出血斑とその理由!注射による内出血・あざの予防法!

身に覚えのないあざ 原因

スポンサーリンク 高齢者に多く見られる皮下出血について考えていきたいと思います。 高齢になれば、よろけたりもしますし、ほんの少しイスにぶつかっただけでも内出血が起きてしまうこともあります。 アザが出来ている部位によっては、虐待を受けているのかもしれないと心配されることもありますが、一体なぜ皮下出血が起きてしまうのでしょうか。 その原因と予防方法について説明します。 【高齢者に多い赤紫色のアザの正体とは】 少しだけ壁に当たってしまったことで、四肢に大きく広がる皮下出血が起きてしまうことがあるのは高齢者だけかもしれません。 年齢とともに血管はもろくなります。 ほんのちょっとの出来事で毛細血管にキズがついてしまい、皮下出血を引き起こしていることが考えられます。 これは高齢者特有の紫斑病である可能性が高いです。 実は毛細血管の周りには筋肉や太い血管がありますが、老人になるとすべて弾力を失い、とても薄い血管内膜だけになってしまいます。 ぶつけたことでもろくなっている毛細血管から出血すると皮下出血として大きく広がってしまうのです。 これが赤紫色の原因で老人性紫斑と呼ばれている紫斑病なのです。 【血管がもろくなるから仕方ない?原因を知り予防策を考える】 皮下出血の原因が紫斑病であれば、高齢者特有のものだから諦めるしかないのかもしれませんが、予防法などがあれば知りたいものです。 血管だけでなく皮膚までも年をとってしまうので出血も引き起こしてしまいますが、高齢者の場合には高血圧や脳出血など血圧を下げる薬を服用していることも多く、血液もサラサラで固まりにくくなってしまいます。 予防するにせよ他の重大な疾患が隠れていることもありますので注意する必要があります。 スポンサーリンク 【普段の食生活でも予防策がある】 皮下出血の原因がわかっているのであれば、予防策があるはずです。 高齢者だからと諦めずにできることからはじめてみましょう。 皮下組織は高齢になればコラーゲンが減少してしまいます。 毎日、コラーゲンを摂取することが必要です。 また、いとも簡単に皮下出血ができますので原因を作らないように生活することが大切です。 高齢者だから皮下出血ができやすいかもしれません。 それが原因で薄い皮膚に血液が広がり紫斑病にかかりやすいこともわかっています。 予防するには日常生活にゆとりを持ち、決して焦らないことです。 少しでもどこかに触れてしまうだけでアザが広がってしまうのであれば余計に予防しましょう。 スポンサーリンク.

次の